爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    藤崎マーケット



    (出典 entamelabo.com)



     吉本興業が新たなエンターテインメントを届ける発信基地とする大阪・西梅田の『ポストよしもと』が31日、オープン。こけら落とし公演として『語ルシス』が開催され、お笑いコンビ・藤崎マーケットらが出演した。

    【写真】仮想通貨への愛が止まらない藤崎マーケットのトキ

     『語ルシス』は語りたいことがある芸人、文化人、スポーツ選手など、1人10分、テーマを持って熱く語るイベント。藤崎マーケットの田崎佑一のテーマは「人間ドック」だった。昨年、左腎腫瘍、左腎がんが人間ドックで発覚。同11月21日に入院し、翌22日に腹腔(ふくくう)鏡手術で患部のある左腎臓を部分切除した。

     入場すると「お先にがんさせてもらいました」と軽くボケ。人間ドックでがんが見つかったからこそ語れるトークを展開した。昨年に結婚し、1週間にわたって「人間ドック行かな」と思いがめぐり続けたという。すると、その週末にテレビ番組でちょうど人間ドックのVTRを見た。「これのことなのかとビビってきた。紹介していただいて行ったら見つかった」と明かした。

     さまざまな検査方法も紹介。「きょう、僕が話すことで、みなさんのきっかけになったら。1つの検査ではなく、複合的な検査を。みなさんも人間ドックに行って健康に幸せな生活を送りましょう!」と呼びかけた。

     また、相方・トキのテーマは経済。ジンバブエのハイパーインフレを例に貨幣経済の問題点を指摘。そして投資先として「一つだけいいものがあります。仮想通貨です。仮想通貨があれば大丈夫」と悪い笑顔を浮かべた。

     トキと言えば全貯金をNEMに投資し、1月にコインチェック流出の被害を受け「仮想通貨がすべて盗まれました。貯金すべてなくなりました。仕事ください」と惨状をツイートしていた。これに全く懲りていないようで、盗まれるのではとヤジられると「銀行に強盗入る。一緒じゃないですか」とにやり。流出したNEMも無事に日本円で返金されており「仮想通貨は危ないものじゃない。返ってきましたし、保証もされている」と力説していた。

     『ポストよしもと』はお笑いだけにとどまらない、あらゆるジャンルのエンターテイメントの才能を発掘・育成・確立していくための劇場。従来の寄席を中心とした劇場ではなく、笑いの常識にとらわれない、次のよしもと=”ポスト”よしもとを目指し、新しいエンターテインメントを届ける自由な空間を目指す。『語ルシス』は4月1日も同所で開催される。
    人間ドックについて語る藤崎マーケットの田崎佑一 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】藤崎マーケット・田崎、人間ドックの大切さを語る トキは仮想通貨の大切さを熱弁…】の続きを読む



    (出典 scontent-sea1-1.cdninstagram.com)



    (C)まいじつ

    仮想通貨取引所『コインチェック』から約580億円分の仮想通貨『NEM(ネム)』が流出した事件で、被害者のひとりであるお笑いコンビ『藤崎マーケット』のトキが13日、自身のツイッターを更新し、NEMが無事に日本円で返金されたことを報告した。

    【関連】 たむらけんじ「そんなに税金払わなあかんの?」ネット記事に反論 ほか

    全貯金をNEMに投資していたトキは、1月にコインチェック流出の被害を受けて、絶望を感じさせる投稿をしていた。


    その後『コインチェックにてNEM盗られ日記』をつづるなど、完全にこの事件をネタにしていたのだが、返金はよほどうれしかったとみえる。

     

    「盗まれた仮想通貨が返ってきた!」あの芸人が大喜び

    「次は何に投資?」

    トキの投稿には多くの祝福のコメントが寄せられた。

    《おめでとうございます(゚∀゚)僕も昨日返ってきました(^^)》
    《トキさんよかったねえホントに!!!!》
    《よかったーー!!!!》
    《確定申告は15日までです。申告期限に間に合って良かったですね。。》

    しかし、こういった投稿のなかに混ざって、新たな投資を促す意見もあった。

    《良かったですね☆彡 戻ってきたお金でNEM買い戻せば NEMの枚数を増やせます NEMと仮想通貨の本番はこれからです☆彡》
    《しっかり眠、買うんや!》
    《良かったですね!これからは私の情報も参考にどうぞ。》
    《よかったですね。ではそのお金をどの仮想通貨に変えましょうか?》

    今回の騒動の発端となったコインチェックは、一部のサービスも再開すると発表している。また、流出の原因として複数の従業員が外部から送られたマルウェアが含まれるメールを開いてしまったことを挙げた。外部のネットワークからこれらの従業員のパソコンを経由して同社のネットワークに不正アクセスし、遠隔操作ツールを用いて、ネムの秘密鍵を盗み出したという。

    セキュリティ対策が必要になってくるが、まずは被害者への救済が進んでいることが証明されたといえるだろう。

     




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】「盗まれた仮想通貨が返ってきた!」あの芸人が大喜び!】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



     仮想通貨取引所「Coincheck」から約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件の被害に遭っていたお笑いコンビ「藤崎マーケット」のトキさんが3月13日、Coincheckの返金補償実行により日本円での返金を受けた喜びをTwitterで報告しました。

    【画像:返金を示すスクリーンショット】

     1月に「コインチェックの仮想通貨が全て盗まれました。貯金全て持ってかれました。仕事ください」と“絶望のポーズ”で報告していたトキさん。その後Twitterでは連日「コインチェックにてNEM盗られ日記」をつづるようになりました。

     そこでは、路上にお金が落ちてないかコインチェックするまでになってしまったこと、芸人仲間には「NEM兄さん」「仮想おじさん」などのアダ名で呼ばれるようになったこと、相方の結婚式にはもらったスクラッチくじで当てた200円を祝儀とすることを本気で考えたりしたことなどを報告。目を覆うばかりのハードラックとダンスっちまった様子を悲哀混じりにつづってきました。

     その中では何とかポジティブに考えようとする場面もありましたが、好転しない事態に気持ちは空回り気味。しかし、41日目にして返金の光明が見えてきたことで「キタキタァァーー!!」と元気を取り戻し始め、流出被害に遭った約26万人を対象とする約466億円の補償を3月12日中に行うことがコインチェックからアナウンスされると、45日目の日記では「人間、全てを失えば、本当に大事なモノが見えてくる」と和尚みたいなことをいうまでになっていました。

     そして3月13日、「返ってきたぁぁぁーーー!!! NEMが、、NEMが、、日本円になり、、返ってきたぁぁぁーーー!!! 起きたら返ってた!!嬉しい!!」とこれ以上ない喜びの表情で絶叫する姿と、返金を告げるメッセージのスクリーンショットともに返金を報告。“起きたら返ってた”としつつも、スクリーンショットが12日深夜の時刻となっている辺りから実際に返金されるまでは気が気ではなかったのだろうなとも心情を察する部分もありますが、返金の喜びは何にも増して得がたいものであったようです。

     悲痛な姿を見続けたファンからは多くの祝福の声に加え、「お笑いで大金稼いで」など本業での活躍を求める声、「戻ってきたお金でNEM買い戻せ」という悪魔のささやきなどであふれ、「コインチェックにてNEM盗られ日記」は感動のフィナーレを迎えました。

    Coincheckの返金補償実行を受け絶望から一転、歓喜の表情に(画像は藤崎マーケット・トキTwitterから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】絶望の「コインチェックにてNEM盗られ日記」に奇跡 藤崎マーケット・トキ、仮想通貨NEMの返金受ける…】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     仮想通貨取引所「コインチェック」で仮想通貨「NEM(ネム)」が大量流出した問題。芸能界でも被害者が相次いでいるが、中でも悲惨なのは、お笑いコンビ・藤崎マーケットのトキだ。

     ほぼすべての財産をNEMにつぎ込んでいたといい、現在の財産は預金残高の6万円と、関西で発行されているICカード「PiTaPa(ピタパ)」に入金されている6,000円のみ。トキが仮想通貨の取引を始めたきっかけは先輩芸人のたむらけんじに勧められたからで「全部あの人のせいじゃないかなと。(今度会ったら)蹴っちゃったりするかも」とグチるしかない。

     他方で、出演オファーが殺到しているのも事実。現在、トキはTwitterで「コインチェックにてNEM盗られ日記」を“連載中”。「朝、久しぶりにテレビの星座占いを見る。今日の射手座のラッキーアイテムは『テーブル』だそうな。テーブルごときでどうこうできる問題ではない。投資は自己責任」や「今日は夕方から仕事の為、午前中は家でただただ座っている。どこかに行くにも金がない。自分が出ていたテレビの録画を観てみる。やけにテンションが高い。この時はまだ盗られていないんだった。そりゃ高いわけだ。CC破産という噂を耳にした。頼む!嘘であれ」など、自虐的につづっている。

     最初のうちはトキへの同情と、なんとも言えない開き直り感が好評を博していたが、このところは「売名行為だ!」とクレームも……。すべての取引が停止されているコインチェックで、唯一稼動しているチャットコーナーでは、トキのつぶやきについて「ふざけすぎ。いい加減やめろ」「こっちはトキの10倍の被害額なんだぞ」「面白くも何ともない」など、厳しいコメントが後を絶たない。

    「トキは被害には遭ったものの、芸人としてはオイシイことこの上ない。今回の騒動で注目を集めていることは明らかで、仮想通貨ネタでひと稼ぎできる。片や一般の被害者は、そうはいかない。不快に思うのも無理はありませんよ」(社会部記者)

     トキよりもシャレにならない被害者は、大勢いるようだ。

    藤崎マーケット・トキのTwitter(@fujisakitoki)より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】藤崎マーケット・トキ、コインチェック社“流出被害”でなぜか大ブーイング!!】の続きを読む

    このページのトップヘ