爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    ドラマ



    (出典 wordleaf.c.yimg.jp)



     人気ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で、異彩を放っているお笑いコンビ・アンジャッシュ児嶋一哉。児嶋は内田理央演じる荒川ちずの兄で居酒屋「わんだほう」の店主・鉄平を演じているのだが、芸達者な役者の中で引けを取らない個性を発揮していると話題になっている。

    「コンビの相方である渡部建も、妊娠中の妻・佐々木希とロッテ『その歯と100年。キシリトール。プロジェクト』でのおそろいの白い衣装を着たCM共演が話題になっていますが、佐々木の立場を守りながら芸人以外の仕事をする渡部と違って、児嶋にはそういった制約がありません。しかも児嶋は役者としての評価が高いんです。

     08年9月公開の映画『トウキョウソナタ』で香川照之と小泉今日子が演じる夫婦の次男が通う小学校の担任教師を演じてその素質を見抜かれてからというもの、およそ1年に1本のペースで映画出演し、ドラマは1年に2~3本は出演しています。前クールでも『もみ消して冬』(日本テレビ系)で癖の強いクリーニング屋を好演し、今回も『生クリームレバ丼』『鯖のヨーグルト煮』など斬新なメニューを続々とくり出す長渕剛風の“ミュージシャン居酒屋店長”を印象的でありながらもくどくならずに演じています。

     そうそうたる役者の中に入ってこれだけ爪痕を残せるのは、やはり児嶋の役者としての資質が豊かだからではないでしょうか」(映画誌ライター)

     ネット上でも「児嶋さんの出番が待ち遠しい」「アンジャッシュという芸人だったことを忘れる役者ぶり」など称賛の声が続出している児嶋。このまま“もっといい役者”に成長してほしいものだ。

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】芸人返上か?アンジャ児嶋一哉「おっさんずラブ」で磨きがかかる役者ぶり…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    お笑い芸人のおばたのお兄さんが2日、自身のインスタグラムとツイッターを更新。女優・杉咲花が主演を務めるTBS系火曜ドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』(毎週火曜22:00~)の第3話に登場した、小栗旬演じる花沢類を再現した動画を公開した。

    おばたのお兄さんのインスタグラムより

    1日に放送された第3話に、前シリーズ『花より男子』で小栗が演じた花沢類が登場。音(杉咲)を助けることができず晴(平野紫耀)が悔やんでいるシーンで現れた。

    SNS上では花沢類の登場に歓喜の声が続出。おばたもツイッターで「新幹線に乗ってる僕に優しい後輩が花沢類の登場シーンの動画を送って来てくれた。帰ったら、まずピンク色のパーカー探します。すげぇな、、、小栗さん。タイムスリップしたよ」と喜び、ピンクのパーカー探しを宣言していた。

    そして翌2日、ピンクのスウェットとピンクのバスタオルをパーカーに見立て、花沢類の登場シーンを再現した動画を公開。「ここ、君の場所だった? 寝心地良さそうだったからさ、つい」「司は野生だからさ、そのごちゃっとした中の一番大事なものしか眼中にないよ」とセリフも完コピした。

    おばたは「【花のち晴れ】第3話より。花沢類の登場シーン。ピンクのパーカーどこ売ってんだよ。ピンクのスウェットとピンクのバスタオル使ったよ。ったく、庶民だぜ」とコメント。「#花のち晴れ #花沢類 #声は似てんだろ? #俺は花沢類 #フードがないから #バスタオるい」とハッシュタグも添えた。

    この動画に、「面白い 最高!爆笑ww」「うける笑 似てます!笑」「絶対やってくれると待ってたw爆笑」とコメントが続々。「似てる」という声が多く、「声めちゃくちゃ似てる」「声本物だと思った」と特に声がそっくりだと話題に。おばたが「嬉しいけど『声嘘でしょ?』って言われるけど声僕だかんな。ぼぉくだかんな」とツイートすると、「え、本物の花沢類だと思いました」「再現率すご!!」「まじか、再現率高すぎ!!」と驚きの声が上がった。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】おばたのお兄さん、“花沢類”登場シーン完コピ!「最高」「似てる」と話題…】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)



     吉本興業や松竹芸能をはじめ、お笑い事務所は日本に数多く存在するが、萩本欽一と坂上二郎らを輩出した「浅井企画」も忘れてはならない。浅井企画は、関根勤や小堺一機、キャイ~ンらが所属する事務所で、最近ではみやぞんとあらぽんがコンビを組むANZEN漫才など、若手も活躍している。

    (写真/浅井企画提供)

     そんな浅井企画でいい味を出し、知名度を上げた芸人がいる。お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹だ。彼は1990年に浅井企画所属になったが、活躍できるタイミングがなく、2回のコンビ解散を経験。その後2000年に、今の相方・やすとお笑いコンビ「ずん」を結成した。


     ずんを組んだ直後、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーがピンで決まり、2001年から2004年まで同番組でレギュラーを務めた飯尾。当時は知名度が低かったため「あの人は誰?」という声も視聴者から寄せられ、実際に「あの人は誰ですか」という電話が殺到したと、タモリが番組で暴露している。


     しかし、今と変わらない独特な間合いとフレーズでじわじわと視聴者の心を掴み、その後、世間に飯尾の実力が知れ渡った。プチブレイクする以前も芸人仲間や業界関係者からはすでに一目置かれる存在であったが、コンビ結成時が同期の「キャイ~ン」と比べられてしまい、「売れっ子になるまで時間がかかっていたが、ここに来て“遅咲きブレイク”しましたね」と業界関係者は語る。


     もともと飯尾の芸風はハマる人にはハマる芸であり、世間に目立ちはしなかったが、テレビ出演は続いていた。ピンとしての出演が増えても、相方・やすのことを忘れることなく、新ネタを作り、コンビでの活動も精力的に行っていた。


     2010年頃から常にプチブレイク状態が続いている飯尾。バラエティー番組のみならずテレビドラマやCMをはじめ、あらゆる場所で引っ張りだこだ。2018年1月から3月まで放送されたドラマ『アンナチュラル』(TBS系)では、臨床検査技師の坂本誠役として出演。脇役だったが「いい味を出している」と俳優としても話題になり、いまだ毎週“アンナチュラル・ロス”になるファンの間で「飯尾さん最高」と好評だ。


     ではなぜ彼はプチブレイク状態が続いているのだろうか。飯尾の周りを見てみると、前述の「笑っていいとも!」をはじめ、タモリ、明石家さんま、とんねるず、ウッチャンナンチャンなど、大物お笑い芸人たちが常に横にいるではないか。彼らは飯尾について「面白い」と以前から知っていた。大物芸人らとうまく番組を作り上げることで、結果を残し、次に繋げている飯尾。そんな状態が長年ずっと続いているのだから、飯尾の評価は高い。


     さらに、飯尾のキャラクターや芸風を見てみると、人を傷つけて笑いを取ることが一切ない。その人柄も先輩に可愛いがられる理由なのだろう。スタッフからの評判もいい。テレビ局関係者はこう語る。


    「飯尾さんを悪く言っているスタッフは聞いたことがないですね。飯尾さんがまだ若手だった頃に番組のADだったスタッフが、今はプロデューサーなどのキャスティングができる立場になり、飯尾さんを番組に呼んでいるケースも聞きます。この状況も彼の人柄の良さが理由なのでしょう」


     先輩から好かれるだけではない。後輩からの人望もある。ある若手芸人はこう話す。


    「ひな壇に何人も芸人が出るような番組で……なかなか喋れずにいました。それに気付いた飯尾さんが番組のMCではないのに、話を振ってくれて。さらに場を“おいしく”してくれたんですよ。そのあと飲みにも連れて行ってくれたんです。優しすぎますよね」


     この後輩芸人は飯尾とは他事務所の後輩である。飯尾は所属も関係なく、分け隔てない優しさを持つ男なのだ。


     飯尾は間違いなく売れている。しかし“売れている感”を出さないところが、飯尾の素晴らしい芸風であり、人柄なのだろう。


    【開局2周年】バラエティ番組もAbemaTV(アベマTV)で放送中



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】ドラマ『アンナチュラル』でも好演 ずん・飯尾がバラエティーやドラマで引っ張りだこのワケ…】の続きを読む



    (出典 data.smart-flash.jp)



    お笑い芸人の宮川大輔(45)が5日に自身のインスタグラムを更新。4月15日から始まるドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)のオフショットを公開し、ファンの間で話題になっている。

    ■岩田剛典ら豪華キャストとランチ


    宮川の投稿した写真。主演を務めるJ Soul Brothers・EXILEの岩田剛典をはじめ、西尾まり、鈴木浩介、中村倫也、佐伯大地 、くっきー。チャド・マレーン、りょうと、豪華なメンバーだ。

    芸人が多く出演している作品なだけに、現場の雰囲気も良いのだろう。彼らの笑顔から楽しく撮影に臨んでいる様子も伝わってくる。

    ■「岩ちゃんかわいい」「くっきーの顔」

    この写真に対し、ファンからは以下のような声が寄せられることに。

    ・宮川く~ん! 羨ましいよ

    ・オフショットありがとうございます 現場の雰囲気の良さが伝わりますね

    ・岩ちゃんの隣にくっきーは危険性大ですよ!!

    ・岩ちゃんかわいい!!

    ・岩ちゃん写ってる写真投稿してくれてありがとうございます

    ・がんちゃーーーん くっきーの顔!笑

    とくに岩田のファンからのコメントが多いようだ。

    ■ドラマのキャストへの評価は?

    ちなみに、しらべぇ編集部では以前、「ドラマのキャスト」に関する調査を実施。

    ドラマ(©ニュースサイトしらべぇ)

    その結果、日テレは男性で3位。

    ドラマ(©ニュースサイトしらべぇ)

    女性で2位となった。「バラエティの日テレ」というイメージがあるが、ドラマの人気も高いようだ。

    岩田にとって、連ドラ初主演となる本作。現場の雰囲気だけでなく、クオリティ的にもいいものになることを期待したい。

    ・合わせて読みたい→「私なんかが岩田さんに…」 三代目JSB・岩田剛典のモテレベルが凄すぎる

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
    対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数)

    宮川大輔が『崖っぷちホテル』オフショット公開 昼食姿に歓喜の声


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】宮川大輔が『崖っぷちホテル』オフショット公開…】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (C)まいじつ

    優れた脚本作家を顕彰する『第36回向田邦子賞』に、お笑いタレントのバカリズムが選ばれた。受賞作は、バカリズムがOLになりきって架空の日常をつづったブログ『架空升野日記』を書籍化、それを映像化して昨年4月から6月にかけて読売テレビで放送された深夜ドラマ『架空OL日記』だ。

    『向田邦子賞』は、故・向田邦子さんがテレビドラマの脚本家として数々の作品を世に送り出し活躍してきた功績を称え、現在のテレビ界を支える優秀な脚本作家に送られる賞として1982年に制定された。前年度に放送されたテレビドラマを対象に選考委員がノミネート作品を選定し、本選を含めて4回の討議を経て受賞作品を決定している。選考委員による今回の『架空OL日記』の授賞理由は以下の通りだ。

    《「架空OL日記」は、OL達の私的な会話をスケッチしたセリフ劇である。更衣室の壊れたハロゲンヒーターについて、連句風にえんえんと続くOL達の会話は実に無意味でリアルで可笑しさに溢れている。しかし、リアリティに満ちた彼女達の会話はすべて虚構であるという作者の嘯きが題名の「架空」という文字から見えてくる。この見事に作られたセリフ群が示す才気に対し向田邦子賞を贈る。》

    バカリズムは「素晴らしい賞に選んでいただき、大変光栄です。この作品は出演者でもあったので、撮影をしながら控え室で次回の脚本を直すというなかなか忙しい現場でしたが、楽しんで書くことができました。今後もいろいろな作品に挑戦したいと思います」とコメントを寄せた。

     

    バカリズム「向田邦子賞受賞」で良かったことと悪かったこと

    業界からの評価は高いが…

    「バカリズムの脚本は、直せば直すほど仕上がりがよくなるといわれます。プロの脚本家よりも書くスピードが早いので、連ドラ向きではないでしょうか」(放送作家)

    このような業界からの評価とは裏腹に、SNSでは辛辣な意見が散見される。

    《芥川賞もだけど、有名人に受賞させて業界揚げて話題作りが透けて見える》
    《ひたすらOLがしゃべるドラマ。「やっぱり猫が好き」のパクリ》
    《話題性が欲しくてバカリズム脚本をうたっているドラマに向田邦子賞を与えるなんてな》
    《向田邦子が生きてたら、あんな脚本に賞はやらんだろう。素人目から見てもOLを安易に描きすぎ》

    「この賞を取って、バカリズムの脚本のギャラは50%増しくらいに跳ね上がることでしょう。その結果、脚本家として選ばれないという皮肉な結果に陥ることがあるかもしれません」(同・放送作家)

    バカリズムにとって、この受賞は良かったのか悪かったのか…。

     




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】バカリズム「向田邦子賞受賞」で良かったことと悪かったこと…】の続きを読む

    このページのトップヘ