爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    かまいたち



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    ●タクシー内でのルールを明かす
    4日にスタートしたTBSラジオの番組『かまいたちの ヘイ!タクシー!』(毎週水曜 21:00~21:30)でパーソナリティを務めるお笑いコンビ・かまいたち。4月から東京進出する彼らにとって、初東京レギュラーのラジオ番組となる。

    かまいたちの2人に、新ラジオ番組への思いはもちろん、東京進出の話題についても聞いた。
    ○異例なラジオ収録での苦労を語る

    ――ラジオ番組といえば、ラジオブースからトークを展開するのが一般的ですが、『かまいたちの ヘイ!タクシー!』はタクシー内でトークを繰り広げたりと、かなり異例の形ですよね。

    濱家隆一(以下濱家):ほんまに芸歴14年でいろんなことをやらせてもらってきましたけど、初めての感じですね。

    山内健司(以下山内):やる前からいろんな人に「あの番組、どんなん?」って聞かれて、めちゃくちゃ楽しみにされてました。ハードルが上がりすぎて、僕らからすると側だけ奇抜で、中身追いつくんかなとすごい不安なスタートでした(笑)。

    ――3月までやられていたABCラジオの『俺達かまいたち』もスタジオ収録でした。やはりスタジオとタクシーとでは、かなり違いがありますよね(笑)。

    濱家:そうですね。一回撮録ってみたんですけど、後ろに僕たちとスタッフさんの3人で座るんですよ。とにかく狭いですね。

    山内:狭いので、暑くなって「冷房つけて」って言ったら、「音が入るから(ダメ)」と言われてました。もちろん窓も開けられないですしね。だからスタジオの方が良いですね(笑)。

    ――タクシーの中だと、そんな苦労もあるんですね。ところで、かまいたちの構成作家さんがタクシー運転手もされているんですよね。

    濱家:僕らが大阪にいたとき、一緒に単独ライブで付いてくれてた子なんですけど、何年か前にその子が東京行っていて、僕らが東京来たらいつの間にかタクシードライバーの正社員にもなっていて(笑)。そこから話が盛り上がって、今回の内容に繋がったんだと思います。
    ○かまいたちが気になる東京のスポット

    ――番組では、タクシーで都内のいろんなスポットに行くとのことですが、お2人が気になっているスポットはありますか?

    山内:白金とか麻布十番とか、お金持ちのエリアですね。社長が多いんで、スポンサーをオンエア中に見つけたりとか、いろんな可能性があるなと思います。

    濱家:僕は下町的なところですね。結構、ディープなところ行きたいです。狭くて古い立ち飲み屋が好きなので、酔っ払いのおっちゃんとかとしゃべってみたいです。

    ――とあるバラエティ番組でバナナマンさんが「タクシーの奥側に乗るか、手前側に乗るか、ジャンケンで決めた」と話してました。かまいたちさんはそういったルールはありますか?

    山内:濱家がいつも奥ですね。

    濱家:これに関してはそんなに話したことないですけど、いつも山内がネタ書いてくれてるからという、ちょっとした細かい心配りです。奥の方が座るの面倒くさいので。他にもそういった心配りをいくつかしてるんですけどね。

    ――山内さんはそういう理由だったことをご存知でしたか?

    山内:いや、知らなかったですね、「いつも奥乗るなー」と思ってました(笑)。

    『かまいたちの ヘイ!タクシー!』前代未聞! スタジオを飛び出してタクシーでお喋りするラジオ番組! パーソナリティーを務めるのは、キングオブコント2017王者のかまいたち! この春 満を持して東京へ進出したかまいたちが、タクシーに乗って、都内を知り尽くす! 様々な街、人、モノ!?と触れ合いながらエンジン・フル回転で喋る! 初のかまいたち東京レギュラーラジオにして、神出鬼没ラジオ!

    ●とろサーモン久保田&千鳥ノブからのアドバイス
    ○参考にする番組は山里亮太の『不毛な議論』

    ――TBSラジオでは多くの芸人さんがラジオ番組をされています。番組をやるにあたって、参考にしたものはありますか?

    濱家:TBSラジオは100期連続1位という化け物じみた成績なので、まずやるにあたって、ちゃんとせなアカンと(笑)。この前、山里(亮太)さんの『不毛な議論』に出させてもらったんですけど、リスナーが山里さん大好きなことがもろに伝わるので、そういうラジオにしていきたいなと思いますね。

    ――それでは少しラジオのことから離れまして、東京進出についてもお聞きします。まずこのタイミングでの進出が決まった理由をお教えください。

    山内:17年の『キングオブコント』で優勝したことで決定しました。ただ、関西でレギュラーがあったんで、そのレギュラーを卒業するために、半年間の猶予をいただいた形です。

    ――東京進出にあたり、先輩からアドバイスはありましたか?

    濱家:とろサーモンの久保田(かずのぶ)さんにデビュー当時からお世話になっていて、「東京行きます」と話したときに、「最初に高い家賃のところに住むなよ。絶対に後悔するから」と言われました。

    山内:僕は一番お世話になっている千鳥のノブさんに「一年は潜るぞ。そんなすぐにテレビ出ることはないから、そう思ってるんやったら気をつけろよ」と言われましたね(笑)。

    ――4月からの東京進出は、ダイアンや和牛さんなどと同じタイミングです。彼らと東京進出についてのお話はされましたか?

    濱家:「どこ住むん?」ってのはありましたね。ダイアンの津田(篤宏)さんに「どこ住むんですか?」って聞いたら、「めっちゃ良いとこあってんけど、家の前が小学校で、子供思い出して泣いちゃうから」って(笑)。そういう40手前で上京する人のリアルな話をしてました。

    山内:ダイアンの西澤(裕介)さんが「大阪でレギュラー6本あったうち、4本残して東京来る」って言ってて、「それ、大阪やん」と(笑)。「大阪の方がウエイトデカないですか」と思いました。
    ○「ザ・東京」の番組といえば『逃走中』

    ――今後、出てみたい番組はありますか?

    濱家:知名度が上がるような番組に出してもらいたいなと思ってますね。ロケを大阪でよくやってたので、それを活かせる『ヒルナンデス!』に出られたらありがたいですけど、すごい狭き門やなと(笑)。

    山内:僕は「ザ・東京」の番組に出たいです。『逃走中』ですね、東京といえば。

    濱家:そんなイメージなん?

    山内:『逃走中』と『開運!なんでも鑑定団』の2つに出たいです。『なんでも鑑定団』はお話をいただいたことあって、ばあちゃんの掛け軸をお宝で出したかったんですけど、ばあちゃんに断られて。でも、多分もうちょっとでばあちゃんも亡くなるので、そうなったら出ようかなと。

    濱家:待つな! そんなもん。

    ――では最後に、『かまいたちの ヘイ!タクシー!』への抱負をお聞かせください!

    濱家:珍しい形態のラジオなので、そこに注目してもらいたいです。それと、スタジオよりすごい自然体というか、リアルな普段の感じを見てもらいたいですね。街ゆく人との絡みなど、スタジオでできないことがホンマにたくさんあるので、そういった点をぜひ見てもらいたいです。

    山内:かまいたちといえば、あのタクシーのラジオやってるコンビと言われるくらいの番組にしたいです。タクシー系の仕事が全部僕らのところに来るようになればいいなと思います。

    濱家:どんな仕事やねん、14年間でタクシー系の仕事1回もないやろ。

    かまいたち左:山内健司(やまうちけんじ)1981年1月17日生まれ、B型、島根県出身。右:濱家隆一(はまいえりゅういち)1983年11月6日生まれ、B型、大阪府出身。2004年5月にコンビ結成。第28回「ABCお笑い新人グランプリ」(2007年)最優秀新人賞、第43回「上方漫才大賞」(2008年)新人賞、第33回「ABCお笑いグランプリ」(2013年)優勝、第10回「キングオブコント2017」優勝など、受賞歴多数。今年4月より東京進出。
    (佐野裕亮)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】かまいたち、異例の新番組に本音?「不安なスタートでした(笑)」】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)



     活動拠点を大阪から東京に移すお笑いコンビ・かまいたちが、“調査員”として出演していたABCのバラエティー『雨上がりの『Aさんの話』~事情通に聞きました!~』(毎週火曜 後11:17)から27日の放送をもって卒業する。最後の出演回では、彼らの代表作ともいえる「サバイバルシリーズ」で有終の美を飾るハズが、まさかの緊急事態が発生。それでも「無人島ロケで認知度が上がった」「番組のおかげでたくましくなった」と、2人が感謝のコメントを寄せた。

    【場面写真】最後の無人島サバイバルを放送

     かまいたちが担当していたのは、さまざまな謎を調査する「Q&Aさん」のコーナー。2人は、無人島で“サバイバルの事情通”と力を合わせ、さまざまな料理作りに挑む「サバイバルシリーズ」と、珍しい世界にハマった事情通にその魅力を教えてもらう「世界にひとつだけのAさん」をテーマに調査してきた。

     なかでも、「サバイバルシリーズ」は、サバイバルナイフ1本だけを手に無人島に上陸し、調理器具や道具、食材、食器に至るまで、すべてを自分たちで調達し、調理に臨むという超過酷なロケ。毎回、サバイバルのエキスパートでもある“サバイバルの事情通”の2人にさまざまなことを教えてもらいながら、数々の料理を完成させてきた。想像をはるかに超える彼らの奮闘ぶりは、スタジオの雨上がり決死隊や出演者たちから拍手が巻き起こるほど人気を博し、番組の名物企画となっていた。

     かまいたちの卒業記念となる今回は、「食材豊富な奄美大島の無人島で最高の一品を作れ!!」がテーマ。かまいたちチームVS事情通チームで対決し、どちらが最高の一品を作れるかを競うスペシャルバージョンを放送する。だが、ロケの途中から豪雨と強風に襲われ、無人島から脱出不能に。百戦錬磨の事情通ですら、「ワーストワン」とつぶやく史上最悪の緊急事態が発生する。そんな超過酷な事態を乗り越え、一行はどんな最高の一品を作るのか?

     「僕らの『東京に行きたい』という勝手なお願いで卒業ということになり、たいへん申し訳ないです」と話す濱家隆一は、「この番組でいろんなことをやらせていただいて、本当に育ててもらったなという気持ちでいっぱいです。無人島ロケのおかげで、他の芸人が持ってないような、火起こしなどの特技を身に付けることができて(笑)、たのもしくなりました」とコメント。山内健司も「『無人島ロケ、おもしろいね』と、いろんな人に言ってもらえて、認知度も上がりました。ありがたいです」と、感謝の言葉を述べながらも、「もう、やり残したことはないです(笑)」と、過酷な無人島ロケから開放されるうれしさを隠せない様子だった。

     特に悪天候に見舞われた最後のロケは「今までの無人島ロケの中で一番ヤバかったです。(サバイバルの事情通の)ランボーさんがいなかったら、僕ら、死んでたと思います(笑)」(濱家)。「体温が奪われて…。本当に地獄でした(笑)。でも、ランボーさんは根っからのサバイバーだから、『本物のサバイバルになってきたね~』『これ、ちゃんとしないとヤバいよ~』と、少し楽しそうにしていた…(笑)」(山内)と、映像に映っていない裏側を明かした。

     かまいたちの無人島ロケがお気に入りだった雨上がり決死隊の宮迫博之やケンドーコバヤシからは、「最後と言わず、半年か1年に1回やって!」とリクエストも。「絶対に嫌です!」という山内に対し、濱家は「一旦、持ち帰らせていただきます」と、大人の回答。そんな2人は口を揃えて、「一回、他の人が行ってる無人島ロケを観てみたい」と、スタッフに最後のお願いをしていた。
    活動拠点を大阪から東京に移すお笑いコンビ・かまいたち、ABCのバラエティー『雨上がりの『Aさんの話』~事情通に聞きました!~』3月27日が最後の出演に(C)ABC


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】かまいたち、東京進出前に最後の無人島サバイバル 『Aさんの話』卒業…】の続きを読む



    (出典 soremoiijanaika.com)



     カンテレの競馬予想番組『うまンchu』(毎週土曜 深1:15~1:45)に準レギュラーとして出演しているお笑いコンビ・かまいたちの山内健司が、4月からコンビで東京進出にすることになり、17日深夜の放送をもって卒業することになった。

    【写真】最後の馬券勝負のVTRをOA

     山内は、2014年4月19日放送の皐月賞(GI)予想回から、準レギュラーとして出演。半年後の10月12日に開催された毎日王冠(GII)で38万円を的中させ、競馬芸人としての実力を見せつけた。その後は、『歌ネタ王決定戦』の優勝時や、結婚が決まった時、さらには『キングオブコント』優勝時など、自身の人生の節目とともに馬券勝負を行い、番組を盛り上げてきた。

     『うまンchu』の前番組の『サタうま!』時代、競馬初心者の芸人に競馬を教えるロケに参加したことがきっかけで競馬を始めた山内。「最初は、当たる当たらないを重視していたんですけど、徐々に競馬そのものが好きになりました。馬券を買ってないレースでも見ていて楽しいし、応援していた馬の子どもが走っている姿を見るとすごく感動します。ゲートが開いた瞬間に『とにかく全馬無事に走り切って下さい』と思うぐらい(笑)」と、競馬の魅力にはまっていったという。

     その後、千鳥・ノブと入れ替わる形で準レギュラーとなり、ここ数年プライベートで競馬場に行った際、「当ててや!」と声をかけられるなど、競馬芸人として応援されるように。

     今夜の放送では、山内がうまンchuメンバーを緊急招集し、卒業会見を開いた模様を紹介。2017年度は、払い戻し金が0円と、全く結果が出せていない山内が巻き返しを図るため、3月11日に自身が挑んだ最後の馬券勝負のVTRを披露する。調教分析から導き出した馬券予想に定評がある競馬タレントの天童なこを助っ人に迎え、3レースで14万円をかけ100万円的中を狙った山内だったが、最後の金鯱賞(GII)で番組史上最大の事件が勃発。過去にレギュラーを卒業する際、120万円を的中させた先輩の千鳥・ノブに匹敵する引きの強さを見せつけたと宣言する山内。果たして、何が起こったのか!?

     収録後、山内は「東京で住む家はめちゃくちゃ大井競馬場に近いので、南関東の競馬もチェックしたいなと思っています。もし東京の競馬関係の番組に出させてもらったら、知識だけは関西の競馬芸人めちゃくちゃあると思うので、『関西の競馬芸人は当たるぞ!』ってアピールしていけたら」と今後の活躍を誓った。

     最後に『うまンchu』のファンに向けて「なかなか結果が出せてなかったんで、僕と八光さん要らないって声が相次いでいたと思うんですけど(笑)。僕の代わりに入る人が、どんどん大穴を当てていけるように応援してほしいですね」とエールを送っていた。

     17日はご意見番として安藤勝己元騎手を迎え、阪神大賞典(GII)を徹底予想する。

    ■放送局
    カンテレ、東海テレビ、テレビ西日本、テレビ新広島、4局同時放送
    かまいたち・山内健司、3月17日放送回をもってカンテレの競馬予想番組『うまンchu』を卒業(C)カンテレ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【バラエティ】かまいたち・山内健司、『うまンchu』を卒業…】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



     昨年『キングオブコント2017』(TBS系)で優勝し、年末の『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)でも決勝に進出したお笑いコンビ・かまいたちが、4月より活動の拠点を大阪から東京に移す。また、キングコングや南海キャンディーズの山里亮太と同期となる漫才コンビ・ダイアンも4月に上京。吉本所属の大阪の実力派コンビ2組が東京に出てくることについて、お笑い関係者はこう話す。

    「かまいたちは、2009年から10年にかけて、フジテレビのコント番組『ふくらむスクラム!!』『1ばんスクラム!!』にレギュラー出演していましたが、その時は大阪から通っていました。それから約8年たち、満を持しての東京進出となります。実力的には申し分ないとは思いますが、大阪のテレビ番組に慣れすぎているがゆえに、東京の芸能界になかなかなじめない可能性もあるでしょう。ダイアンについても同様だと思います。最初は苦労しそうですね」

     一方、スローテンポな漫才で人気のコンビ・大自然も4月に大阪から上京する。

    「大自然は芸歴8年くらいで、コンビ歴は3年目。人気急上昇中ですが、かまいたちやダイアンに比べると、キャリアは浅く、大阪での仕事量も少なかった。大阪の芸能界が体に染み付いていない分、東京には順応しやすいかもしれないですね」(同)

     実力派こそが苦戦を強いられ、キャラクターが濃い若手芸人のほうが早く売れてしまうというのは、東京のお笑い業界ではよくあることだ。放送作家はこう話す。

    「今でこそ大ブレークした千鳥ですが、上京してから1年くらいなかなか結果が出なかった。そもそも実力派という触れ込みで上京してしまうとハードルは上がってしまうし、本人たちも肩に力が入りすぎて空回りしてしまうことが多々ある。全国区のバラエティー番組だと、瞬発的な笑いを求められることも多いので、結構難しいんですよ。でも、たとえば大阪では無名だった女性コンビ・ガンバレルーヤなどは、大阪で売れるより前に、全国区のバラエティーで活躍している。若手ということでハードルも低くなり、その分伸び伸びできて、結果につながりやすいんです」

     さらに、東京のお笑い界では、かまいたちやダイアンと競合する芸人が多すぎるという事情もある。

    「16年のM-1王者・銀シャリは東京で活動中ですが、そこまでブレークというわけでもない。また、17年のM-1王者・とろサーモンも、これから頑張らなければいけない状況です。そういったライバルたちがいる中で、かまいたちとダイアンは戦わなければならないため、かなり大変でしょう。吉本の中だけでなく、他事務所のライバルもたくさんいるわけですから、おそらくここから数年は正念場となると思います」(同)

     千鳥のように成功を収めるのは、どのコンビなのか? 熾烈な椅子取りゲームが始まる。

    吉本興業公式サイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】かまいたち、ダイアンが4月から上京「実力派の方が東京で苦戦する」のジンクスを破れるか?】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



     15日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、お笑いコンビの「かまいたち」が出演。ツッコミ担当の濱家隆一の“泥酔全裸写真”が公開され、「マタニティヌード?!」とスタジオをドン引きさせた。

    【大きい画像を見る】かまいたち【撮影:竹内みちまろ】


     2017年の「キングオブコント」で優勝し、旬の芸人の仲間入りを果たした「かまいたち」。プライベートでは、ボケ担当の山内健司と濱家がともに一般人女性の“美人妻”と結婚したことでも話題となったが、番組ではそんな濱家の美人妻から濱家へのクレームが公開された。

     なんでも濱家の美人妻は、濱家に対し「酔って全裸で寝るな」と不満を持っているのだという。その証拠として、濱家が全裸で自宅の洋式トイレに座り、両手を股間にあて、うなだれた姿で爆睡している写真が公開されると、有吉弘行は「『闇金ウシジマくん』じゃん。これはダメだ」と爆笑し、ゲスト出演していた女優の二階堂ふみも「ちょっと怖いです…」とおびえるなど、スタジオをドン引きさせた。

     さらに、濱家が泥酔後に全裸でベッドに横向きになり、頭の上に枕を乗せた状態で眠っている“泥酔全裸写真”も公開されると、濱家のお腹がポッコリと丸みを帯びて突き出ていたために、スタジオからは「マタニティヌード?」とのツッコミも。濱家は一連の写真について、「お酒がめっちゃ好きで、酔うといろんな所で熟睡してしまうんです」と懸命に弁解するも、スタジオからは悲鳴があがっていた。【ほかの画像を見る】かまいたち【撮影:竹内みちまろ】
    かまいたち【撮影:竹内みちまろ】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】かまいたち濱家の“泥酔全裸写真”にドン引きwww】の続きを読む

    このページのトップヘ