爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    ジョイマン



    (出典 s3if1.storage.gree.jp)



    (画像はジョイマン高木晋哉Twitterからのスクリーンショット)

    近年の芸能界は、移り変わりが早い。一発屋と呼ばれる人たちが量産されやすい環境なのだ。

    そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「芸能人について」の調査を実施。

    「一発屋は成功者だと思う」と答えた人は、全体で40.9%。一発だけでは、成功と認めない人のほうが多いのだ。

    ■一発さえも当てられない人が大半

    男性のほうが、成功者と評価する傾向がある。

    一発屋は成功者性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    芸能界で仕事をしたいと考える人で、成功を掴むのはほんの一握り。

    「世の中の大半の人は、一発さえも当てずに生涯を終える。一つでも成功を生み出せるのは、才能だと思う」(30代・男性)

    また男性には、一花咲かせたいとの思いが強い人も。

    「一瞬でもいい夢を見られるなら、幸せだと思う」(20代・男性)

    ■女性は一発屋に対して厳しい

    しかし、女性は一発屋に対して、厳しい評価をする人が多い。

    「一発だけでは、一生食べていくのが難しいと思うから」(20代・女性)

    男性と比べて、リアリストが多いのだ。

    「一発当てた後のほうが、人生は長くなる。たとえそのときに一生分の収入を得ても、その後の生活に張り合いがない気がして…」(40代・女性)

    ■有吉弘行の再ブレイク

    確かに、一発屋が再ブレイクをする例は数少ない。有吉弘行は、稀に見る成功例であろう。

    「テレビをつければ、常に有吉が出ているって感じ。猿岩石が終わってから、またこうやって観る日がくるなんて思いもしなかった」(40代・男性)

    また「テツandトモ」はテレビではあまり見かけなくても、地方営業では引っ張りだこだ。

    「演歌歌手も一曲当てた人は、営業で一生食べていけるって話をよく聞く。売れなくなったからと腐らずに、工夫しながら続けていくのが大切なのかも」(40代・女性)

    最近では、ジョイマンが再ブレイクの兆しを見せている。一発屋のまま終わる人ばかりでないのは、多くの人に希望を与える話だ。

    ・合わせて読みたい→一発屋芸人はかわいそう?高年収の人だけ圧倒的な傾向が…

    (文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
    対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

    一発屋は成功者? 敗者? 「まったく咲かない人が大半」との声も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【疑問】一発屋は成功者? 敗者? 】の続きを読む



    (出典 tubuyaki-burogu.com)



    17日深夜放送『俺の持論』(テレビ朝日系)に、「ナナナナ―」のリズムに合わせてラップを披露するネタでブレイクを果たした「一発屋芸人」、ジョイマン・高木晋哉(36)が登場。

    自身の現況を踏まえた上で「不幸の中に幸せがある」持論を熱弁。視聴者から共感の声が寄せられている。

    (画像はジョイマン高木晋哉Twitterからのスクリーンショット)

    ■月収200万円が5万円

    2008年にラップネタでブレイク。最高月収200万円だった高木だが、ブームが終焉した3年後には月収は5万円にまで落ち込む。現在は13万円まで戻したものの、妻子を養う大黒柱であり決して裕福とは言えない状況だ。

    「世間からは、不幸・可哀想・どん底と思われている」、高木は自分を冷静に分析。しかし、「幸せはずっと右肩上がり」だと本心を明かし「どん底の不幸の中にこそ幸せがある」持論を展開した。

    ■過度なインスタ映えに警鐘

    以前、高木がSNSに投降した「握手会で客ゼロ」の風景はネットで大きな反響を呼び、応援メッセージが殺到。

    「現代人の多くは不幸」、その理由は「頑張りすぎて疲れちゃう、背伸びをしたインスタ映え投稿」にあると高木は語る。

    「格好つけたインスタ映え」を狙い続ければ現実とのギャップで疲れていく、「人気がない現実、悲しい事実」をありのまま、見栄を張らずに発信することで「楽になれる」と主張した。

    ■生活の中にある幸せを探す

    「自分をよく見せて得た幸せは仮初のもの。身の丈に合った幸せに気づくのが大切」だと高木は続ける。

    「人の幸せを妬む前に、自分の不幸を笑って幸せになろう。他人の幸せを妬む暇があったら、自分の不幸をありのままに受け入れ、生活の中にある幸せを探すべき」

    仕事が減った時、「一緒に居られる時間が増えて嬉しい」と喜んでくれた家族。仕事がない日が続いても、「仕事ではない時間がたくさんある」と有意義に過ごす。苦しい中で幸せを見つけることの重要性を説いた。

    ■視聴者共感

    芸人としての栄華と挫折を味わった高木ならではの持論に、視聴者も大きく共感しているようだ。







    ■26.6%は「一発屋芸人はかわいそう」

    しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,365名を対象に調査したところ、26.6%が「一発屋芸人はかわいそうだと思う」と回答した。

    一発屋芸人(©ニュースサイトしらべぇ)

    「一発屋」になれるのも一握りとはいえ、その後の人生とのギャップから「一度でも目立ってしまって逆にかわいそう」だと感じる人も多いだろう。

    そういった世間の声も受け入れて、ジョイマン高木は幸せを模索し、「不幸の中で幸せを見つける」術にたどり着いた。再びブレイクしたとしても、今の小さな幸せを忘れずに活躍してもらいたい。

    ・合わせて読みたい→高橋真麻が「不幸でいたい」と本音 その理由に賛否両論の声

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
    対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

    月収200万円が5万円に ジョイマン高木「どん底の不幸の中に幸せがある」論に共感の声


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】月収200万円が5万円に ジョイマン高木…】の続きを読む

    このページのトップヘ