爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    8.6秒バズーカー



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    お笑い芸人の中には、ブレイクしたものの翌年にはすっかりメディアから姿を消してしまう“一発屋”と呼ばれる人たちも存在します。では、“平成の一発屋”と思われているのは一体誰なのでしょうか。
    そこで今回は、“平成の一発屋”と聞いて思い浮かぶお笑い芸人について探ってみました。

    1位 波田陽区
    2位 8.6秒バズーカー
    3位 日本エレキテル連合
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「波田陽区」!

    ギター片手に「〇〇ですから〜!残念!」というフレーズで一般人や有名人をネタにした“ギター侍”で大ブレイクした波田陽区。ブレイク当時は真似しやすいネタであったことから、会社の忘年会や結婚式の余興で取り入れる人が多く、幅広い年齢層から支持されました。
    ブレイク後は『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)にレギュラー出演していたものの、番組終了と同時にテレビで見かける機会は激減。気がついたら過去の人に…。一気にブレイクしただけに、その後の失速も大きく、一発屋のイメージが定着。1位となりました。

    2位は「8.6秒バズーカー」!

    「ラッスンゴレライ」が若者を中心に大ブレイクした8.6秒バズーカー。全身赤の洋服とサングラスに、キレッキレの歌とダンスが印象的。ブレイク当時は彼らのネタを真似したパロディー動画が「YouTube」に多数投稿され、話題になりました。
    意味が分からない歌詞と小気味よいテンポのラッスンゴレライは「一度聞いたら忘れられない」とハマった人が続出。しかしラッスンゴレライのインパクトが強すぎて、それ以降のネタを知らないという人が多数、2位に選ばれました。

    3位は「日本エレキテル連合」!

    「ダメよ~ダメダメ」の台詞でおなじみのコント「未亡人朱美ちゃん」で大ブレイクした日本エレキテル連合。白塗りおかっぱヘアの朱美ちゃんのルックスも人気を集め、その年のハロウィンで朱美ちゃんに仮装した女性グループも少なくありませんでした。
    その後、別のコントを披露したものの、朱美ちゃんほどのインパクトを残すことができず、翌年からテレビ出演が激減。3位となりました。

    このように、社会現象になるほどインパクトがあるネタで大ブレイクした芸人が上位にランク・インする結果となりました。気になる4位~40位のランキング結果もぜひご覧ください。

    みなさんは、平成の一発屋と聞いてどのお笑い芸人が思い浮かびましたか?

    写真:タレントデータバンク
    波田陽区|1975/6/5生まれ|男性|O型|山口県出身)

    調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
    有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
    調査期間:2018年2月15日~2018年2月15日
    「平成の一発屋」といえば?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【質問】「平成の一発屋」といえば?】の続きを読む



    (出典 rr.img.naver.jp)



    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・8.6秒バズーカーが反日ソングで消える
    ・原爆に関係あると2015年4月に拡散
    ・当時を真相を語る

    落寸号令雷

    お笑い芸人、8.6秒バズーカーがブレイク直後にその逆である歌を反日ソングではないかと指摘する1つのツイートが話題になった。
    2015年4月にそれが瞬く間に拡散。

    そのときに投稿された内容は次のもの。

    8.6秒→8月6日原爆
    落寸号令雷(ラッスンゴレライ)←米軍が原爆を落とす号里枝を暗喩
    ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん←エノラゲイ搭乗員に対する抑止文句を暗喩
    落寸号令雷(ラッスンゴレライ)ってなんですの?←原子爆弾に対する日本人の動揺を暗喩
    (以下略)
    ※落寸号令雷はデマと発覚

    ラッスンゴレライは原爆を歌っており反日ソングではないかと指摘が相次いだ。更に歌の中で出てくる「ちょっと待って、ちょっとまってお兄さん」に似ている「Chotto Matte」号(機体番号 44-86400)が存在したことも発覚。ちなみに広島に原爆を投下したのはエノラ・ゲイで“機体番号 44-86292”となっている。

    こんなこじつけや偶然、更には、はまやねんがデビュー前である学生時代に「もう日本オワタ。中国とロシアに一気に攻め込まれる(笑)植民地ぷぎゃあ」というツイートを行ってたことが発覚。
    その真相を8.6秒バズーカー公式YouTubeチャンネルで語られた。

    「落寸号令雷」はデマ

    「Chotto Matte」号

    ・「日本から出て行け」 スポンサーにもクレーム殺到

    その頃人気絶頂だった8.6秒バズーカーは日本中から非難され「日本から出て行け」とバッシングされたという。しかし田中シングルは「両親とも日本人なので」ときっちりと日本人であると語った。

    それだけではなく、出演している番組のスポンサーにクレームが殺到。企業側はネットの情報がデマだとは分かっているが、出演するたびにクレームが来てはたまらないということで、オファー済みの物がキャンセルとなり収録済みのものがお蔵入りになったこともあるという。また自身たちの実力不足があったことも認めた。
    日本から出て行け

    スポンサーにもクレーム

    ・「もう日本オワタ」については謝罪

    前出に書いた、「もう日本オワタ。中国とロシアに一気に攻め込まれる(笑)植民地ぷぎゃあ」というツイートが発覚したときに田中シングルは「なにやってんねん」と殺意すら覚えたという。
    当時、はまやねんは政治的な発言がしたかったが知識もなく、2ch用語を使いコピペのような感じでつぶやいたという。

    はまやねんは「いろんな人に迷惑をかけて、この場をお借りして改めて本当にすみませんでした」とサングラスを外して謝罪した。

    終盤には「デマ被害は放置せずにきちんと否定しよう。更に悪質な場合は法的な対処を行おう」とし、これは名誉毀損なので訴えれば良かったと田中シングルは述べた。

    最後には「節目節目にはSNSを必ずチェックする。また、不用意な書き込みをしない」と語った。

    もう日本オワタ

    きっちりと否定

    不用意な書き込みはしない




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】8.6秒バズーカーが当時の真相を激白…】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    1 (^ェ^) ★ :2018/02/20(火) 18:02:26.13 ID:CAP_USER9.net

    http://netgeek.biz/archives/113046


    (出典 netgeek.biz)


    (出典 netgeek.biz)



    (出典 netgeek.biz)


    (出典 netgeek.biz)


    2015年にラッスンゴレライというリズムネタで大ブレイクしたものの、過去の反日発言が次々と見つかってテレビに出られなくなった8.6秒バズーカー。3年越しでYouTubeに謝罪動画を公開した。
    8.6秒バズーカー公式YouTubeチャンネル「真相をお話します」

    まず8.6秒バズーカーは当時、大変な窮地に陥っていたと説明する。視聴者からクレームが殺到して番組が使えない事態になるのでテレビ局はトラブルを避けるために8.6秒バズーカーの起用を中止にし、さらにすでに収録済みの番組までお蔵入りさせた。

    そしてすっかりテレビ露出が減り、過去の人になったのだ。さて本題はここから。一体どういうことだったのか、何が起きていたのか、8.6秒バズーカーが説明する。

    まずは国籍について。2人とも両親が日本人で本当に純粋な日本人と説明。

    ネット上では「日本から出て行け」「帰れ」と書かれていたが、そもそも日本人なので帰る場所はないのだという。

    ではなぜ、はまやねんはあたかも日本に恨みがあるかのような投稿をしていたのか。

    こちらはまだ芸人になる前、はまやねんが大学生の頃のツイート。相方の田中シングルはこの投稿を見たとき、激怒したという。

    田中シングル「こいつ何してんねん!と。殺意すら湧きました。大喧嘩になりました」

    当時、はまやねんは2ちゃんねるに入り浸っており、斜に構えて政治的な発言をするのがかっこいいと思いこんでいた。2ちゃんねるで見たレスをコピペするようにTwitterに投稿していたのだ。

    この点について、はまやねんは非を認めてしっかり謝罪した。サングラスをとって頭を下げる。

    この他にもはまやねんの昔のブログには「世界の車窓から。ほんまおもろいわー。日本はクソって思える番組やから幸せ」などという書き込みが見つかっていた。こちらも2ちゃんねるに悪影響を受けたということだろう。

    番組ではネット上の発言、特にソーシャルメディアの投稿が炎上することは誰しもが経験しうることという流れになり、8.6秒バズーカーは次のように締めくくった。

    動画には現在、謝罪を受け入れるコメントとそれでもまだ疑うコメントが入り混じっている。そもそも反日的な発言があったのは事実なのでその部分は「デマ被害」とは言わないだろう。
    netgeekでは未だ不明瞭な点をまとめてみた。8.6秒バズーカーにはきちんと説明してほしい。

    (1)ハングルでHamane Ryotaを名乗るアカウントをつくったのはなぜだったのか。韓国がかっこいいと思っていたのか?

    (2)ラッスンゴレライの本当の意味は?放送できないレベルのようだ。

    参考:8.6秒バズーカー「ラッスンゴレライの意味は言えない。放送できない」

    (3)原爆ドームでダブルピースして記念撮影したのはなぜだったのか。

    (4)PV内にあった「日本製キムチ」とジェンガの意味は?

    8.6秒バズーカーがきっちり謝罪したことは受け止めたいが、やはりこれらの点が気になってモヤモヤした気持ちが残るという人は多いだろう。

    なお8.6秒というのは広島に原子爆弾が投下された8月6日とは関係なく、はまやねんの50m走のタイムだという説明があった。残る疑問点にもしっかり回答してほしい。


    【【芸人】8.6秒バズーカーが謝罪…】の続きを読む

    このページのトップヘ