爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    オリエンタルラジオ



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    (C)まいじつ

    お笑いコンビ『オリエンタルラジオ』の中田敦彦がYouTubeにチャンネルを作っていることが分かった。中田は情報番組『ビビット』(TBS系)で3年間務めてきたレギュラーコメンテーターを卒業となり、番組で「3年前、初めてコメンテーターという仕事を仰せつかった。当時まだ32歳でよく社会に物申そうという勇気があったものだなと…」、「楽しかったこと、反省したこと、いろいろありました。盛り上がると思って必要以上に(発言が)攻撃的になってしまったことも」、「いまとなっては攻撃してしまった人たちに陳謝して回りたい」と振り返った。

    【関連】 しくじり先生終了「オリラジ中田を干すため説」の真偽 ほか

    確かに中田の番組での発言は、しばしば攻撃的で物議を醸した。2016年にベッキーが起こした不倫騒動に対して「不誠実でずるがしこい対応。公的に説明するべき」と発言したことで、司会の真矢みきと意見が対立したこともあった。また、違法薬物所持で元女優の高樹沙耶(本名=益戸育江)が逮捕された事件の際には、「7年前に千葉で同じような(コミューンの)生活をしていた高樹さんのロケに行ったんですけど、やっぱりそのときからちょっと怪しいなとは思ってました」とコメント。フジテレビの『バイキング』で坂上忍に「こういうことになって(=逮捕されて)、7年前に『怪しいなと思った』って、それはないだろ!」と批判されたこともある。

    こうした中田の発言が大きな騒動になったのは、番組以外でもあった。昨年2月、脳科学者の茂木健一郎氏がツイッターへ次のように投稿したことで端を発した一件だ。


    これは松本人志への批判だとされ、松本はこの投稿に対して「(茂木さんには)笑いのセンスが全くないから、この人に言われても刺さらない」と『ワイドナショー』(フジテレビ系)で発言。翌週の同番組に茂木氏は呼ばれ、「お笑いが本当に好き。(お笑い界への)エールのつもりで言ったのですが、誤解を招いてしまい、すみません」と松本らに謝罪をして騒動は収まったが、中田がブログで松本批判をしたのだ。その後、中田は「(吉本興業の)幹部と社長に、いま僕は『謝れ』と言われている」と明かし、「僕の意志としては謝らない。僕も覚悟を持ってやってますので。すごいんですよ、騒ぎ方が。会社と先輩と」と圧力があることを宣言した。

     

    炎上の予感?オリラジ・中田敦彦がユーチューバーに

    YouTubeチャンネル開設の狙いとは?

    そういった騒動を起こした中田がユーチューバーとして最初にアップした動画のタイトルは『NKT official channelで何がしたいのか?』である。

    動画のなかで中田は「正直ここでは僕は、再生回数を見込みたいわけではない。Youtubeの広告収入で生活していかなければいけないとは毛頭思ってない。自己表現の原点に立ち返りたいってことなんです」と明かした。その上で「一体自分が何をやりたかったのか。それを伝えるときに、僕はこれをやるしかないってことに行き着いた。どこにたどり着くのかを見てもらいたい欲求がすごい強いんでしょうね」と“むきだしの自分”にこだわっていることを話した。そして、「もちろんタレントやってるわけですから、テレビでは『どうも~!!』ってやるし制作陣の意図に沿った振る舞いもするけれど、それだけでいいのかっていうふつふつした欲求」に突き動かされ、動画アップするという。

    「みんなが見たがるものを届けようとすると、マスになって個が消えてしまう」ことから、再生回数を増やすことを目的にしないことを語り、動画をアップしていくそうだ。

    何やら早くも大きな炎上騒動に発展しそうな雰囲気が漂っている。

     




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】炎上の予感?オリラジ・中田敦彦がユーチューバーに…】の続きを読む



    (出典 lh3.googleusercontent.com)



     オリエンタルラジオの中田敦彦が3月28日、情報番組「ビビット」(TBS系)のコメンテーターを卒業した。中田といえば、他の芸人コメンテーターとは一線を画し、タブーに対してもズバリと踏み込み姿が業界内では話題だったという。

    「中田はダウンタウン・松本人志や雨上がり決死隊・宮迫博之といった事務所の先輩をメッタ斬りにしたかと思えば、ベッキーのような好感度の高いタレントにも歯に衣を着せない態度で斬り込むなど、その姿勢は一部の業界人から絶賛されていました」(テレビ局関係者)

     多くの芸人コメンテーターと異なり、中田はいっさい、空気を読まない態度を貫いた。その態度が降板へとつながったと言われているが、今回の降板劇についてはなぜか、フジテレビが影響しているとの指摘もあるという。フジがTBSに対して、中田の発言に関してクレームを入れたとでもいうのだろうか。テレビ局の関係者が続ける。

    「もちろんテレビ局同士ではそんな揉め事はありません。降板の大きな原因はやはり、吉本を牛耳るダウンタウン・松本の逆鱗に触れたからだと言われています。中田は松本に対して臆することなく斬り込んでいましたが、その松本は最近、政治に関する発言が増えている。中でもMCを務める情報バラエティ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では政治関連の話題を取り上げることも多く、以前は『芸人が政治を語るなんて…』と冷ややかな目で見られていましたが、最近は『松本はなかなか鋭いことを言う』と評価されるケースも増えています」

     その政治については中田も慶大卒のインテリ芸人として、政治関連の鋭いコメントを繰り出すのが得意だという自負も強い。

    「それゆえ『ワイドナショー』で松本が政治関連の発言をすればするほど、それに対して中田が噛みつく可能性も高まります。TBSとしてはただでさえ、中田の先輩批判にはヒヤヒヤしているのに、フジでの発言をTBSの番組を使って非難されるのは厄介な話。自局でもダウンタウンの冠番組を持っているわけですからね。政局も混乱していることですし、このタイミングで中田を降板させるのが吉だと判断したのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

     そんな“タブー”無視の中田を今後、コメンテーターで起用する局は現れるのだろうか。

    (浦山信一)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】オリラジ中田、「ビビット」卒業はやはり松本人志との対立が原因だった?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



     オリエンタルラジオの中田敦彦が、番組のスタートから3年間コメンテーターを務めTBSの朝の情報番組『ビビット』から3月28日の放送をもって卒業した。

    「芸人のコメンテーター化が進む昨今ではありますが、無難な守りのコメントでやり過ごす芸人が多い中、中田は、自分の意見を明確に提示するスタイルを貫いてきました。特に、タレント・ベッキーの“ゲス不倫”騒動の際、ベッキーには『あざとく感じる』などと辛らつな発言を繰り返して大炎上。持ち前の分析力と芸人らしいトーク術を発揮した、番組内のニュース解説やプレゼン企画は好評でしたが、コメンテーターとしては視聴者からの評判はイマイチでしたから、節目の3年を迎えたことでお役御免となったのでしょう」(テレビ雑誌記者)

     卒業にあたり、番組内で、「時として、盛り上がるかなと思って、必要以上に攻撃的になることもありました。今となってはですね、そんな人たちに陳謝したい気持ちもあるわけですよ。『あのときはごめんね』なんて言ってね」とコメントし、レギュラー陣の笑いを誘った中田だが、「いまいちギャグになっていませんでしたね」と、ある放送作家はこう話す。

    「デビュー直後から“武勇伝”で大ブレイクし、下積みらしい下積みも経験していない30代の芸人に、いきなりご意見番気取りで正論を吐かれても、反感を買うに決まっていました。頭のいい彼のことですから、新たな芸人コメンテーター像を確立しようと、それなりの覚悟で発言していたはずですが、それをいまになって『陳謝したい』と言うのは、少し寂しいですね」

     オリラジは“武勇伝”以外にも、『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)準決勝進出や、藤森慎吾の“チャラ男”芸での大ブーム、15~16年にかけては、「PERFECT HUMAN」をヒットさせて音楽賞を総なめにし、『NHK紅白歌合戦』にも出場を果たすなど、芸人の枠にはまらない活躍で、テレビ・芸能界にさまざまな実績を残してきたが、コメンテーターとしては、何度かの炎上騒ぎを起こしたのみに終わってしまった印象だ。

    「やはり芸人コメンテーターとしては、本質を突きながらも、巧みに笑いの配合量を調節してマイルドに伝えるコメント技術が必要でした。じゃなかったら、俳優の梅沢富美男や元衆議院議員の杉村太蔵のように、何を言っても許される人間的なかわいらしさを備えていないと、なかなか難しいでしょうね」(同)

     とはいえ、戦略的にブームを仕掛け、何度も成功してきた彼のこと。コメンテーター業は失敗したかもしれないが、もう次の手を準備しているに違いない。

    「3月中旬に、動画配信サイト・YouTubeに自身のチャンネル『NKT official channel』を開設し、すでに生配信をスタートさせています。3月中は、まだ『ビビット』があったため、挑戦的な内容はありませんでしたが、自己表現の原点に立ち返りたいというのが開設の動機だったといいますから、4月以降、動きが本格化してくれば、話題をさらうのでは」(お笑い関係者)

     そういう抜け目のないところが、またかわいくないところなのだけれど……。

    中田敦彦公式Twitterより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】オリラジ・中田敦彦『ビビット』卒業で干されても怖くない! 次なる一手をすでに用意済み!?】の続きを読む



    (出典 catana-blog.com)



     3月28日に放送された情報番組「ビビット」(TBS系)は、3年間コメンテーターを務めたオリエンタルラジオの中田敦彦の最後の出演となった。

     中田は番組卒業の挨拶の中で「盛り上がるかなと思って、必要以上に攻撃的になってしまったこともあり、今となっては攻撃してしまった人たちに陳謝して回りたいという思いもあります」と反省の弁を語った。

     ネットでは労いの言葉もあったが、辛辣なコメントが多数を占めた。「卒業というよりクビ」「知ったかぶりが多く、勉強をしている感じがあるのは一部だけ」「お笑い芸人としてもコメンテーターとしても中途半端」「面白くないのが致命的。知的に振る舞うのも無理がありすぎ」「要は、干されたと…」「陳謝して回るくらいなら最初から発言するな。コメンテーターの資格なし」など散々だ。

    「中田自身、初のコメンテーターとしての仕事であり、番組を盛り上げるために発言が過激になったと思います。しかし視聴者はごまかせなかった。付け焼き刃的な知識を振りかざし、乱暴な表現で笑いも満足に取れないと見る向きも多かったようです。それにしても芸能人を批判しすぎたのは、今後の中田の芸能生活にとってはマイナス以外何ものでもありません」(テレビ誌記者)

     例えば、2016年に発覚したタレント・ベッキーの不貞問題。スクープした「週刊文春」にベッキーが「不貞相手の妻に謝罪したい」などの手紙を送ったことに対して、中田は厳しく反応。手紙の内容が間接的に外部に伝わることをベッキーが狙っているとして、「あざとく感じる」と発言。一部から「そこまで批判する必要はない」などと反感を買った。

    「『ビビット』で歯に衣着せぬ発言を繰り返す中田に対して、MCの国分太一が『どこまで敵を作るんだよ』と突っ込んでいたほどですからね。これから中田が信頼を取り戻すのは大変でしょう」(前出・テレビ誌記者)

     張り切り過ぎたツケは大きい。

    (石田英明)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】オリラジ中田、「ビビット」降板後に待ち受ける罵詈雑言の倍返し…】の続きを読む



    (出典 omosiro-ch.com)



    大学生が抱えるさまざまな不安や悩みを著名人が受け止め、突破口になるアドバイスを贈る「相談窓口」。今回学生の悩みに答えてくれるのは、お笑い芸人でありながらダンス&ボーカルユニット「RADIO FISH」としても活躍するなど、幅広い活動を続けているオリエンタルラジオ。そんなオリラジの2人が、自身の経験を交えながら「大学生活や将来が不安」だという学生に、不安の克服の仕方を伝授します!

    Q.不安への対処の仕方がわかりません。

    将来が不安です。オリエンタルラジオの2人は、大学に入学したときに、将来の不安や大学生活への不安はありませんでしたか? また、不安があった場合にはどのように対処したのか教えてください。

    女性/23歳(大学4年生)/愛知県在住


    A.入学してまずは友達作りに専念して不安解消。
    同じ不安や悩みを抱えている友達が後々支えや
    力になってくれる



    大学に入学してサークルに入るのがひとつの夢、そこで友達をたくさん作った!

    オリエンタルラジオが「何かとやる気が出ない」学生の悩みに答える! 無理してやる気を出す必要はない

    藤森:最初の不安はやっぱ僕は、友達でしたね。長野からひとりも友達がいない状況で東京に来たんで。でも、僕の場合はサークルに入ったりしたんで、3カ月ぐらいで友達もたくさんできました。サークルに入るのが夢だったんですよね。

    長野の高校生からしたら、大学に行ってサークルに入って、キャンパスライフを送るために東京行く、っていうのがひとつの夢みたいなところはありましたからね。

    中田:僕は中3から東京なので、上京するという感じではなかったですけど、大学入ると同時に一人暮らしを始めたんです。でも、不安というよりは楽しみの方が強かったなぁ。大学に入った頃は楽しくて、将来の不安なんて考えもしませんでしたね。

    でもとにかく楽しかったなぁ〜。僕は藤森くんと出会う前に、大学で一緒だった中学時代の同級生と漫才コンビを組んで、学園祭で漫才をやったりしていたので、無我夢中でしたね。お笑いサークルを自分たちで作ったりもしてました。

    中田:しかもそいつがすごいバイタリティがあったから、応援してくれる女の子も2人いて、男3女2で誰も付き合ったりはしなかったけど本当にいい感じでした。

    ちょうどお笑いブームが爆発し始めた頃で、M-1が始まったのが2001年なんですけど、その年に大学生になったので、お笑いやるのがとにかく楽しかったです。芸人になりたかったんですけど、そういう意味では不安はありましたね。

    やりたいけど、芸人になって食っていけるのかって。だから、どうしても学生時代に結論を出さなきゃなっていう焦りはやっぱりどこかありました。結果出して、プロになれるっていう確信がほしかったし、それができなかったら就職なのかなぁって。当時はかなりネガティブに就職を考えていましたね。

    ひとりで頑張らず、仲間を見つけるやり方もある


    藤森:僕はお笑いをやろうと決めたのはもうちょっと後だったんです。もともとあっちゃんが組んでいたコンビの学祭の漫才の映像を見たんですけど、その時はもう解散したって聞いていたんで、「これはもったいないな」と思って(笑)。「あっちゃんにぶら下がったら僕はいけるぞ」というね。

    そういう気持ちだったんで、その頃はもう「いける!」っていう確信しかなかったですね。「この相方いたら僕は楽して売れるぞ」って。ひとつ言えることがあるとすれば、僕は本当に学生時代にいろんなサークルをやっていたんで、同じような仲間がいっぱいいたんです。髪が真っ赤だったり金髪だったりっていうのとずっとつるんでいたんですけど、あっちゃんみたいなタイプと友達になったのって初めてで。それが僕の人生変えましたね。

    めちゃくちゃ他力本願なんですよね。自分の力を使わずしていい生活ができればって考えです。ビジネスもパートナーが大事ですから。

    中田:たしかに藤森くんは友達を作るのがすごくうまいんですよ、今でも。なんかあったら助けてくれる友達を見つけるのがうまいっていうところはありますね。

    だから、そういうやり方もあるってことを知っておくのは大切です。1人で頑張らないで、うまく人を頼ったりしてもいいんです。

    大学にいる人の世代は一緒だから連携しやすいところもあるし、いろんな仲間を見つけるっていうのは不安を解消するひとつの方法ですよね。

    あと僕はやっぱりトライ&エラーでやってみて、ダメだったら何がダメだったのかを分析して、もう1回やるという発想でずっとやってきています。不安だからやらないっていうことの方が無意味だと思う。だから、ナイキの「JUST DO IT.」ですよ。

    僕は常にそう思っていて、思いついたらその日のうちに実行するっていう。なんでもいいからやってみる、で、ミスったらミスったときに修正するっていうことでやっていけば、不安は1個1個解消できるかなって思います。

    「不安だからやらない」は無意味。
    とにかくやってみて、ダメだったら修正する。
    そうやってひとつずつ不安をなくしていこう!


    自分のことを「他力本願」と言いながらも、大学に入って最初の不安は自分からサークルに入って活動することで解消できたという藤森さんは、中田さん同様「とにかくやってみる」ことを実践していたと言えるのかもしれません。ともあれ、不安を感じている時間があったらとにかく行動する! ことが、不安をなくす一番の近道といえそうですね。

    文・取材:落合由希
    撮影:中邨誠
    ヘアメイク:益子玲佳
    編集:学生の窓口編集部



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】将来の不安の対処術! 正反対のオリラジの2人が大学入学時からやっていた「同じこと」】の続きを読む

    このページのトップヘ