爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    芸人(か行)



    (出典 dayout.tokyobookmark.net)



    【ガンバレルーヤ・尼神インター/モデルプレス=4月21日】ガンバレルーヤ・よしこの初主演映画『Bの戦場』が21日、沖縄県内で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で上映され、ガンバレルーヤ、速水もこみち、久馬歩、尼神インター、並木道子監督が舞台挨拶を行った。

    【さらに写真を見る】舞台挨拶の模様

    誰もが認める“絶世のブス”であるため、自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働く香澄(よしこ)がある日突然三角関係に陥る恋の物語。香澄にプロポーズする自称“意識の高いB専”のイケメン上司・久世を速水が演じる。

    “主演女優”として中心に立ったよしこは「『ALWAYS 三丁目の夕日』の小雪です」とあいさつ。さらにまひるも「重大発表」として「実は私もこのたび女優デビューをさせていただきました。どこかで出ています。皆さん私を探してみてください」とアピールした。今回応援芸人として駆けつけた尼神インターの誠子は「悔しいな!私達はドラマとか映画とか一回も出たことない。まさかこんなブスに負けるとは」と後輩の飛躍にライバル心むき出し。「誠子さんはブスの先頭走ってますから。師匠ですから」と先輩を立てる(?)よしこだったが、渚も「これでもしガンバレルーヤがどんどん売れてきて新幹線が先にグリーン車になったら自分のマネージャーをしばく」と吠えていた。

    また、ガンバレルーヤの2人は好きなタイプについて「とにかく年下が大好きで、下なほど好き。若くてイケメンがとても好き」(よしこ)、「ものすごい年上。最低でも40歳。声が渋くて大人っぽい方が好き。夢に安田顕さんが出てこられて、私の背中を見て『まひるちゃん、猫背治そっか』って。そこからです」(まひる)と真逆の回答。誠子は「女芸人ならではだけど、面白い人しか好きになれない。だからこの中だったらもこみちさんより久馬さんのほうが好きなんですよ。もこみちさんごめんなさい」と勝手に速水を振り、久馬が“○○専”とかけて「魚介類というか…エビせん」とボケると「ぎゃははは!面白い、好き~」とすかさずアピールしていた。

    映画『Bの戦場』公開は2019年予定。(modelpress編集部)

    【Not Sponsored 記事】
    映画『Bの戦場』舞台挨拶に登壇した(左から)速水もこみち、ガンバレルーヤよしこ・まひる、尼神インター誠子 (C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【女芸人】尼神インター誠子、後輩ガンバレルーヤに女優デビュー先越され「まさかこんなブスに負けるとは」】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    4月16日、AbemaTVで『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。

    同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。

    この日は美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、グラビアアイドルの岸明日香、自称“ブス”メンバーに、お笑いコンビ・ニッチェの近藤くみこ、お笑いコンビ・ガンバレルーヤのまひるを迎えてお送りした。

    今回は「春はブスが苦手な季節SP」と題して、最初のテーマ「本当にあったブスの怖い話」では、春に一体どんな怖いブスが出没したのか、出演者に聞いた。ガンバレルーヤのまひるは「相方のよっちゃんから聞いた話なんですけど、よっちゃんの友達で、みんなで自転車に乗っている時に、男の子に心配されたくて、わざと自転車から落ちる女がいた。最初は、みんな心配していたみたいだけど、途中からわざとだとバレた」と話し、これに矢作は「くだらない」と言いながらも、笑いを抑えられない様子だった。

    続いて、自称“ブス”メンバーの芸人・吉住は「知り合いのブスが、好きな男の子に告白したら、『ごめん、君の友達が好きなんだ』と言われて、そしたらその友達のことを勝手に逆恨みして、その子の写真を勝手に使ってSNSでなりすましを始めた。そして絶対にその子が言わなさそうな罵詈雑言をめちゃくちゃ書いていたけど、すぐにバレて、そのブスを問い詰めたら、『私じゃない!』と暴れ出して…。暴れるブスが、めちゃくちゃ怖かった。ブスは暴れるんですよ!」と衝撃のエピソードを披露し、スタジオが騒然となる中、矢作は「ブスはあまり追いつめたらいけないんだね」、小木も「ブスは追いつめない方がいい」とコメントした。

    続いてのテーマ「ブスの面接」では、就職、バイト、オーディションと、ブスはどんな扱いを受けたのか聞いた。すると自称“ブス”メンバーからは「居酒屋のバイトの面接で、面接官が途中退席し、そのまま1時間忘れられた」、「ガールズバーの面接で1時間放置された」、「履歴書に奇跡の写真をつけて送ったら、本人だと気付かれず雑に面接された」、「急募のバイトに応募するも面接もされなかった」など、これまで受けた扱いが明らかに。

    “美人コメンテーター”の岸にも「ブスの面接」目撃談を聞いてみると、「高校の時に3年間うどん屋さんでバイトしていたんですけど、器が1つ2キロくらいある陶器のもので、面接の時に『ちょっと重いけど、これを運ぶんだよ』と聞かされた。それで、そこで働いていたらブスの人が面接に来たんです。店長が面談したら、うどんの器を3つくらい並べて、『これを持つんだよ』と言っていた。

    このバイトはキツイと思わせるように、3つも持たせていた。結局その子はバイトに入らなかった」と明かしたところ、自称“ブス”メンバーからは「でも実際にブスが働けたとしても、可愛い子は(器が)1つだけど、ブスはどうせ3つ持たされる」、「美人はシフトが週1でもよくて、ブスは週5から」と返され、スタジオが笑いに包まれた。

    また、ガンバレルーヤのまひるは、「よっちゃんと昔、時給が2000円くらいする高級マッサージ屋さんのバイトの面接に行って、マンションのオートロックのカメラのところで『すいません、面接に来た2人です』と言ったら、電話をガチャっと切られた」と明かしたところ、おぎやはぎの2人は「すごいね!そこで判断されるんだ」、「そこで落ちる!?」と、驚きを隠せない様子だった。

    ©AbemaTV
    関連画像キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【女芸人】ガンバレルーヤまひる、高級マッサージ店の面接で…】の続きを読む



    (出典 www.j-cast.com)



    お笑い芸人の狩野英孝(36歳)が、4月13日に放送されたバラエティ番組「恵比寿マスカッツ1.5真夜中のワイドショー」(AbemaTV)に電話出演し、パチンコの仕事や最近の“女遊び”事情について語った。


    過去にいろいろと過ちを犯した狩野に対し、最近はどのような活動をしているのか確認するという体裁で、痛くもない腹を探られていく企画で、まず「本当に神主の仕事を手伝っているのか」という質問に対して、「お祭りとかお正月には手伝わせてもらっています」と回答する狩野。


    そして、「パチンコの営業に行かれていますが、儲かってるんですか?」という直球の質問に、狩野は「儲かっているわけではない」と否定。続けて、パチンコ番組への出演でいくら稼いでいるかとの問いには、まとめ録りであることもあって「正直1回いくらって感じで計算したことがないんでわからない」と答えた。

    最後に、狩野に対し「地方の局アナや読者モデルと交際しているというネタをつかんでいる」と事実無根のゆさぶりをかけたところ、「大人しいもんですよ。いないよいないよ。そういう所で噂が広がるからやめて。ガセネタですよ」と、この日一番マジメな対応をしていた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】狩野英孝に直球質問「パチンコ営業儲かってる?」】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    ●タクシー内でのルールを明かす
    4日にスタートしたTBSラジオの番組『かまいたちの ヘイ!タクシー!』(毎週水曜 21:00~21:30)でパーソナリティを務めるお笑いコンビ・かまいたち。4月から東京進出する彼らにとって、初東京レギュラーのラジオ番組となる。

    かまいたちの2人に、新ラジオ番組への思いはもちろん、東京進出の話題についても聞いた。
    ○異例なラジオ収録での苦労を語る

    ――ラジオ番組といえば、ラジオブースからトークを展開するのが一般的ですが、『かまいたちの ヘイ!タクシー!』はタクシー内でトークを繰り広げたりと、かなり異例の形ですよね。

    濱家隆一(以下濱家):ほんまに芸歴14年でいろんなことをやらせてもらってきましたけど、初めての感じですね。

    山内健司(以下山内):やる前からいろんな人に「あの番組、どんなん?」って聞かれて、めちゃくちゃ楽しみにされてました。ハードルが上がりすぎて、僕らからすると側だけ奇抜で、中身追いつくんかなとすごい不安なスタートでした(笑)。

    ――3月までやられていたABCラジオの『俺達かまいたち』もスタジオ収録でした。やはりスタジオとタクシーとでは、かなり違いがありますよね(笑)。

    濱家:そうですね。一回撮録ってみたんですけど、後ろに僕たちとスタッフさんの3人で座るんですよ。とにかく狭いですね。

    山内:狭いので、暑くなって「冷房つけて」って言ったら、「音が入るから(ダメ)」と言われてました。もちろん窓も開けられないですしね。だからスタジオの方が良いですね(笑)。

    ――タクシーの中だと、そんな苦労もあるんですね。ところで、かまいたちの構成作家さんがタクシー運転手もされているんですよね。

    濱家:僕らが大阪にいたとき、一緒に単独ライブで付いてくれてた子なんですけど、何年か前にその子が東京行っていて、僕らが東京来たらいつの間にかタクシードライバーの正社員にもなっていて(笑)。そこから話が盛り上がって、今回の内容に繋がったんだと思います。
    ○かまいたちが気になる東京のスポット

    ――番組では、タクシーで都内のいろんなスポットに行くとのことですが、お2人が気になっているスポットはありますか?

    山内:白金とか麻布十番とか、お金持ちのエリアですね。社長が多いんで、スポンサーをオンエア中に見つけたりとか、いろんな可能性があるなと思います。

    濱家:僕は下町的なところですね。結構、ディープなところ行きたいです。狭くて古い立ち飲み屋が好きなので、酔っ払いのおっちゃんとかとしゃべってみたいです。

    ――とあるバラエティ番組でバナナマンさんが「タクシーの奥側に乗るか、手前側に乗るか、ジャンケンで決めた」と話してました。かまいたちさんはそういったルールはありますか?

    山内:濱家がいつも奥ですね。

    濱家:これに関してはそんなに話したことないですけど、いつも山内がネタ書いてくれてるからという、ちょっとした細かい心配りです。奥の方が座るの面倒くさいので。他にもそういった心配りをいくつかしてるんですけどね。

    ――山内さんはそういう理由だったことをご存知でしたか?

    山内:いや、知らなかったですね、「いつも奥乗るなー」と思ってました(笑)。

    『かまいたちの ヘイ!タクシー!』前代未聞! スタジオを飛び出してタクシーでお喋りするラジオ番組! パーソナリティーを務めるのは、キングオブコント2017王者のかまいたち! この春 満を持して東京へ進出したかまいたちが、タクシーに乗って、都内を知り尽くす! 様々な街、人、モノ!?と触れ合いながらエンジン・フル回転で喋る! 初のかまいたち東京レギュラーラジオにして、神出鬼没ラジオ!

    ●とろサーモン久保田&千鳥ノブからのアドバイス
    ○参考にする番組は山里亮太の『不毛な議論』

    ――TBSラジオでは多くの芸人さんがラジオ番組をされています。番組をやるにあたって、参考にしたものはありますか?

    濱家:TBSラジオは100期連続1位という化け物じみた成績なので、まずやるにあたって、ちゃんとせなアカンと(笑)。この前、山里(亮太)さんの『不毛な議論』に出させてもらったんですけど、リスナーが山里さん大好きなことがもろに伝わるので、そういうラジオにしていきたいなと思いますね。

    ――それでは少しラジオのことから離れまして、東京進出についてもお聞きします。まずこのタイミングでの進出が決まった理由をお教えください。

    山内:17年の『キングオブコント』で優勝したことで決定しました。ただ、関西でレギュラーがあったんで、そのレギュラーを卒業するために、半年間の猶予をいただいた形です。

    ――東京進出にあたり、先輩からアドバイスはありましたか?

    濱家:とろサーモンの久保田(かずのぶ)さんにデビュー当時からお世話になっていて、「東京行きます」と話したときに、「最初に高い家賃のところに住むなよ。絶対に後悔するから」と言われました。

    山内:僕は一番お世話になっている千鳥のノブさんに「一年は潜るぞ。そんなすぐにテレビ出ることはないから、そう思ってるんやったら気をつけろよ」と言われましたね(笑)。

    ――4月からの東京進出は、ダイアンや和牛さんなどと同じタイミングです。彼らと東京進出についてのお話はされましたか?

    濱家:「どこ住むん?」ってのはありましたね。ダイアンの津田(篤宏)さんに「どこ住むんですか?」って聞いたら、「めっちゃ良いとこあってんけど、家の前が小学校で、子供思い出して泣いちゃうから」って(笑)。そういう40手前で上京する人のリアルな話をしてました。

    山内:ダイアンの西澤(裕介)さんが「大阪でレギュラー6本あったうち、4本残して東京来る」って言ってて、「それ、大阪やん」と(笑)。「大阪の方がウエイトデカないですか」と思いました。
    ○「ザ・東京」の番組といえば『逃走中』

    ――今後、出てみたい番組はありますか?

    濱家:知名度が上がるような番組に出してもらいたいなと思ってますね。ロケを大阪でよくやってたので、それを活かせる『ヒルナンデス!』に出られたらありがたいですけど、すごい狭き門やなと(笑)。

    山内:僕は「ザ・東京」の番組に出たいです。『逃走中』ですね、東京といえば。

    濱家:そんなイメージなん?

    山内:『逃走中』と『開運!なんでも鑑定団』の2つに出たいです。『なんでも鑑定団』はお話をいただいたことあって、ばあちゃんの掛け軸をお宝で出したかったんですけど、ばあちゃんに断られて。でも、多分もうちょっとでばあちゃんも亡くなるので、そうなったら出ようかなと。

    濱家:待つな! そんなもん。

    ――では最後に、『かまいたちの ヘイ!タクシー!』への抱負をお聞かせください!

    濱家:珍しい形態のラジオなので、そこに注目してもらいたいです。それと、スタジオよりすごい自然体というか、リアルな普段の感じを見てもらいたいですね。街ゆく人との絡みなど、スタジオでできないことがホンマにたくさんあるので、そういった点をぜひ見てもらいたいです。

    山内:かまいたちといえば、あのタクシーのラジオやってるコンビと言われるくらいの番組にしたいです。タクシー系の仕事が全部僕らのところに来るようになればいいなと思います。

    濱家:どんな仕事やねん、14年間でタクシー系の仕事1回もないやろ。

    かまいたち左:山内健司(やまうちけんじ)1981年1月17日生まれ、B型、島根県出身。右:濱家隆一(はまいえりゅういち)1983年11月6日生まれ、B型、大阪府出身。2004年5月にコンビ結成。第28回「ABCお笑い新人グランプリ」(2007年)最優秀新人賞、第43回「上方漫才大賞」(2008年)新人賞、第33回「ABCお笑いグランプリ」(2013年)優勝、第10回「キングオブコント2017」優勝など、受賞歴多数。今年4月より東京進出。
    (佐野裕亮)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】かまいたち、異例の新番組に本音?「不安なスタートでした(笑)」】の続きを読む



    (出典 trendy-da.net)



     今回取り上げるのは、お笑いコンビ・ガリットチュウの福島善成だ。

     

    ■泥の97年デビュー組

     

     彼らのことを語るときに、9年前に出演した『アメトーーク!』(テレビ朝日系)は避けて通れない。彼らは番組の中で、「泥の97年デビュー組芸人」というくくりで登場。その中で福島は、「周りのスタッフから毎年『5年後売れるよ』と言われ続けて、13年たった」「休日が多いことを嫁が心配するため、休みなのに仕事に行くフリをする」といったエピソードを披露。翌年に放送された「Part2」では、雨上がり決死隊・宮迫博之が「やったらアカン企画なんです。羽ばたいてもらわないと」と、出演していた芸人たちに活を入れていたが、福島はその中で、奥様からの手紙に、こみあげるものをおさえていた。

     そんなガリットチュウを含め、「泥の97年デビュー組」の芸人は、若手時代こそテレビに多少なりとも出させてもらっていたものの、トークなり雰囲気なりリアクションなり、とりたてて決め手がなかったことから次第にテレビから遠ざかっていった。

     

    ■一時期はユーチューバーになったことも

     

     そんな福島は、デビュー当初から得意だったモノマネをやり続けながらも、数年前にはYouTubeからのブレークを狙って、家族全員で、ディズニーランドのアトクラクションを何個制覇できるか挑戦したり、自宅をDIYする動画をアップするも、なかなか鉱脈は見いだせずにいた。その「ネットでの売り方」が、結果的に、現在フォロワーが急増中のインスタグラムに流れていく。もちろんそのインスタを始めたきっかけは、盟友・くっきー(野生爆弾)からの助言もあったとされている。

     

    ■出オチでも許されるポジション

     

     そんな福島の姿をテレビで見かける機会は年に1~2回、日テレの各番組が集結する『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦』(日本テレビ系)の中に見かけるくらいだった。その尺、長くても“15秒”程度の、いわば「出オチ」だった。

     だが、船越英一郎、ダレノガレ明美、貴乃花親方と旬な芸能人のものまねをして注目を集めることによって、そうしたポジションをさらに確立。各番組からの「出オチ」でのオファーを得ることに成功したのだ。

     

    ■無言キャラという前代未聞の芸

     

     さらにトークではあまり評価がされない彼にとって好都合だったのが、言葉少なに答えることで知られた貴乃花親方のモノマネだった。顔の表情と服装だけで笑いが取れるのである。

     14日に放送された土曜スペシャル『たけしが行く!わがままオヤジ旅3 古都金沢…爆笑珍道中』(テレビ東京系)では、ビートたけしや國村隼、岸本加世子を前に、いつもの長いストールにスーツという親方スタイルで、何も言わずに突っ立っているだけで、笑いを誘っていた。

     そんな彼が受け入れられる土壌には、近年、芸人というくくりが多様化したことで、無理にトークで笑いを取らなくても許されるようになった背景もあろう。

     

    ■「換気」芸人

     

     テレビ業界には「チェンジ・オブ・ペース」という言葉がある。言葉のごとく「気分転換」、つまり空気を変えるといった意味合いだが、同じメンバーによる展開が続くことで硬直化しそうなスタジオの流れを変化させるべく、あえて作為的に登場することで、さらに場をもたせるやり方だ。この役割に福島がハマった。空気を換える男、福島善成。今後、どんな風を吹かせてくれるのか楽しみだ。
    (文=都築雄一郎)

    ◆「ズバッと!芸能人」過去記事はこちらから

    ガリットチュウ・福島のインスタグラム(@fukushimayoshinari)より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】ガリットチュウ・福島善成が到達した「出オチ」「無言」という最強ポジション…】の続きを読む

    このページのトップヘ