爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    芸人(さ行)



    (出典 pbs.twimg.com)



    ジャングルポケット斉藤慎二

    (画像はジャングルポケット斉藤公式Twitterのスクリーンショット)

    競馬ファンが注目する、3歳馬最強を決めるG1レース・東京優駿(第85回日本ダービー)が5月27日開催。ワグネリアンに騎乗したベテラン・福永祐一騎手が同競走19度目の挑戦で初戴冠となり、感動を呼んだ。

    2日深夜放送『馬好王国』(フジテレビ系)では、その熱戦の裏で開催していたもう一つの激戦「炎の自腹1点勝負」を放送。ジャングルポケット・斉藤慎二(35)が100万円を目指し、1点勝負に挑戦した。

    ■これまで3戦全勝

    同企画は「馬券1点買いで100万円を目指す」毎年恒例の名物企画で、斉藤はこれまで3度挑戦し全的中。127万円、102万円、118万円を獲得している。

    2017年は平成ノブシコブシ・徳井健太が160万円を獲得し企画最高記録を更新しているため、気合の入る斉藤。

    さゆりんごこと乃木坂46・松村沙友理(25)は「二度あることは三度あるっていうけど、4度はないから不安」と口にするが、斉藤は「4度、5度と更新していく。新しいことわざを作る」と自信をのぞかせた。

    ■35万円1点勝負

    斉藤は3着までに入賞すれば的中となる複勝で1点勝負。挑戦するのはG2レース・目黒記念だが、この競走は出走馬の実績によって負担重量が変わるハンデ戦で予想が難しい。

    「今までで断然難しい」と悩み続ける斉藤だが、競走前の馬の様子が伺えるパドックで最終確認をした結果、サウンズオブアースで決断。

    人気によるが複勝は倍率が低いため、100万円を目指すには馬券購入額も必然的に高額となる。斉藤は35万円を投じ1点勝負することに。

    ■まさかの結果に視聴者も同情

    結果、斉藤の選んだサウンズオブアースは12着の大敗。一瞬で大金を失った斉藤はその場で崩れ落ち、ため息をついた。

    元AKB48・小嶋陽菜(30)は「この企画でここまで盛り下がったことはない」と辛らつ。斉藤は「この企画にまた呼んでください」と次回挑戦の意思をのぞかせた。

    視聴者も斉藤の挑戦には、さまざまな感想をもったようだ。







    ■最後まで迷った1頭

    斉藤が最後の最後まで迷っていたのは、トリオ名の由来でもあるジャングルポケット産駒のノーブルマーズ。このノーブルマーズは2着に入り、こちらを選んでいれば的中だった。

    競馬にはよくあることだが、35万円もの大勝負だっただけに競馬ファンも敏感に反応している。



    ■約3割は「馬券購入歴あり」

    しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,344名を対象に調査したところ、全体の27.6%が「馬券を購入したことがある」と回答した。

    馬券を購入性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    天才ジョッキー・武豊、名馬・オグリキャップの影響で空前の競馬ブームが到来したのも今は昔。若者の競馬離れが進んでいるようだ。

    多くの人にとって、100万円もの大金をポンと手にする機会はそうあるものではない。夢を追うという意味ではやはり競馬は魅力的だ。若者にも、身の丈に合った馬券購入でぜひ楽しんでもらいたい。

    ・合わせて読みたい→キャバ嬢は10年で絶滅する? 衝撃投稿に若者「金払って気を遣うのはムリ」

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
    対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

    ジャンポケ斉藤、自腹35万円を賭けた「競馬1点勝負」でまさかの結末


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】ジャンポケ斉藤、自腹35万円を賭けた「競馬1点勝負」でまさかの結末…】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



     サンドウィッチマンの好感度の高さを、身をもって体感することができた。きょう3日に放送される仙台放送制作のバラエティー番組『終着駅からはじめちゃう?! ~満腹&ハプニング! サンドが行くローカル線~』(フジテレビ系列26局ネット 後4:05~5:20)の制作発表会見でのこと。番宣VTRが2分ほど流れた後、伊達みきおが口を開いた。「もう、この2分だけで十分じゃないですかね」。そこからは、富澤たけしと絶妙なかけあいで会見場を“サンド劇場”へといざなった。

    【写真】番組ポスターを仲良くアピールするサンドウィッチマン

     同番組では「そこから先には線路がない、鉄道の終着駅。その奥には何があり、どんな人が住んでいるのか?」をテーマに、さまざまな出会いや発見を通して、そこにしかない超・地域限定の魅力を徹底調査。サンドウィッチマンが青森県、いとうあさこ&鈴木福が秋田県へと分かれ、それぞれの終着駅からガチな聞き込みを行っていく。

     ここで気になるのは「なぜ、仙台放送で青森と秋田に特化した番組なのか」という点で、会見でもその質問が寄せられた。伊達が「東北全体の復興を…という観点で、仙台放送の番組で青森と秋田をフィーチャーするっていうのはまた面白いなと思いましたし、本当にただただ楽しかった。後継者問題なども出てくるので、そういう社会情勢も突いています」と意義を力説。一方の富澤は、自身がMCを務めるテレビ朝日系のバラエティー『帰れマンデー・見っけ隊!!』を念頭に置いてか「他局で似たような番組をやっていますから、間違って見てくれたら」と笑顔で呼びかけ、伊達から「やめなさい、趣旨が違うから」とツッコミを受けるなど、記者が気になるであろうところを先回りして笑いを誘った。

     自分たちの健康問題もネタにした。富澤は今回の撮影中に精巣上体炎にかかっていたと明かし、「相撲部の学生と相撲を取るというシーンがあって、僕もやりたかったんですけど(精巣が肥大していたため、まわしから)出てしまうっていうことで、相撲が取れませんでした」とポツリ。すかさず、伊達が同番組にも登場する津軽伝統人形芝居「金多豆蔵(きんたまめじょ)」とかけて「富澤の“きんたまめじょ”が…」とかぶせて、会見を盛り上げていった。

     今度は攻守交代とばかりに、昨年9月のイベントで“血圧200超え”を告白していた伊達が「降圧剤っていう強めのやつを飲んでいるんですけど、今そのおかげで下がっていまして、毎朝測っているんですけど、今朝も(上が)50の(下が)16でした。それでキープしています」とボケると、富澤が「低すぎるだろ! この間も、何もないのに楽屋で急に鼻血が出ていましたからね」と一喝。当の伊達は「何の刺激も与えてないのに出てきたので、どこかおかしいんでしょうね(笑)。まぁーでも、比較的健康ですね」と笑わせた。

     今月2日に発売された『日経エンタテインメント! 2018年6月号』の特集「タレントパワーランキングTOP100」で芸人最高位の6位を獲得するなど、コンビ結成20周年を迎えて好感度抜群の2人。コンビで出演することがほとんどだが、長年一緒いると“ストレス”を感じることも少なくないだろう。ただ、そんな心配は杞憂(きゆう)だったようだ。富澤が「いるのが当たり前になっているので、逆にいないとちょっと不安になっちゃったりして(笑)。ツッコんでもらえないので…」と話すと、伊達も「富澤がひとりだと、ただただ感じ悪い人になる(笑)。僕らはニコイチだと思います。25年以上も一緒にいるので、空気のような存在ですね」。絶対的なお互いへの信頼関係をもとに、時にはボケとツッコミを自在に入れ替えて、どこからでも笑いを取っていく…サンドウィッチマン人気はまだまだ安泰だと今回の取材を通して実感した。
    サンドウィッチマン (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】サンドウィッチマン、会見で見えた人気のワケ コンビ結成20周年がなせる妙技とは?】の続きを読む



    (出典 i0.wp.com)



    お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤(45)が、5月31日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『アメトーーク!』(毎週木曜23:15~24:10)で、「東京のハーレーのボス」に向けてメッセージを送った。

    井戸田潤

    この日特集された「バイク芸人」に、前回に続いて出演した井戸田。その終盤でトークテーマが「ビビった話」になった。

    前回放送後のある日、井戸田は東京・麻布十番で飲んでいたところ、「結構ガタイのいい兄ちゃん」に話しかけられる。「おい。お前、バイク乗ってるらしいな。ハーレー乗ってるんだろ」「誰に許可を得て乗ってんだ」などと絡まれ、「東京でバイク乗るには、東京のハーレーのボスに面を通せ」と指示されたという。

    「どういうシステム?」と疑問に思う井戸田だったが、奥の座敷で開かれていた宴会に連れ込まれ、期せずしてそこにいた高身長で細めの男性(東京のハーレーのボス)と面会することになる。「お前、いつからハーレー乗ってるんだ。何台目だ」と尋問され、1台目のFXDLローライダーに乗っていることを正直に話すと「気に入った!」。

    しかし、それで一件落着とはならず、「お前の走りがみたい。走りを見ないことにはどうにもならない」「明日の正午に代々木公園に集合だ。仲間が全員来るから、お前の走りを見せてくれ。ビビんじゃねえぞ」とさらに面倒なことに巻き込まれてしまう。

    井戸田は「引いちゃったらヤバイ」と予感し、「俺、絶対に行きますよ」と約束。そして翌朝、「用意してたんですよ。テレビをつけたら、代々木公園が当時流行りのデング熱で閉鎖されていたんです」というまさかの事態に。

    「ビビった話」を終えた井戸田は、カメラ目線で「もし、東京のハーレーのボスが今これ見てるとしたら……俺はあなたたちにビビったんじゃない。デング熱にビビったんだ!」と呼び掛けていた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】井戸田、“ハーレーのボス”にメッセージ「あなたにビビったんじゃない」】の続きを読む



    (出典 eiga.k-img.com)



     24日に『極楽とんぼKAKERUTV』(AbemaTV)の3時間スペシャルが放送された。今回はKAKERUTV本気の勝負第4弾「コンビ芸能人最弱卓球トーナメント」だ。


     卓球最弱を決めるこのバトルに名乗りを挙げたのは、大会コミッショナーの極楽とんぼをはじめ、前々回の“へそピアスボウリング”で最下位になり、コンビでおそろいのへそピアスを付けることになってしまった品川庄司、アイドルグループのBOYS AND MEN、JOY&ユージ、原口あきまさ&はなわ、ガリットチュウ、ダイアンといった、初出場5組を含む計7組のコンビ芸能人。


     負け残り、最下位になれば地獄の罰ゲームを受けるという逆トーナメント方式はこれまでどおり。しかし、生放送中にへそピアスをあけるという罰ゲームは、へそピアスに腰が引けて番組に出る芸人がいなくなったことから、今回は「罰金100万円」「へそピアス」「タトゥー」「ヌード撮影」「歯の矯正」の5つから選べることになった。


     今回の最弱卓球は、先に13点を獲得したコンビが勝利となるが、12対12で得点が並んだデュースの場合は、以降2点差がつくまで試合が続くというルール。さらに7点取ったらスペシャルカードを1枚引くというKAKERUTV特別ルールが設けられた。

     準決勝第1試合は、ダイアンvs BOYS AND MEN。先に7点先取したBOYS AND MENはパンストをかぶってプレイするスペシャルカードを引いてしまい、せっかくのイケメンが台無しに。ダイアンも裸足で足つぼマットの上でプレイするスペシャルカードを引いてしまい、苦しい展開が続く。結局、BOYS AND MENが勝利し、ダイアンが決勝に負け残る結果となった。


     続いての準決勝第2試合は、原口あきまさ&はなわvs品川庄司の組み合わせに。スペシャルカードは原口あきまさ&はなわのクソものまねコンビが粘着ラケットに変更するカード、品川庄司がゲストの朝日奈央と丸山桂里奈に交代するカードを引く。しかし、朝日と丸山は全く活躍できず、13対11でクソものまねコンビが勝利。品川庄司が決勝に進出した。

     ダイアンvs品川庄司による最下位決定戦は、ダイアンが卓球女子ダブルスの選手と交代する最強のスペシャルカードを引き当て、一方的な展開となると思われた。しかし品川庄司も粘り、同じく女子ダブルス選手と交代するスペシャルカードを引いて追い上げたが、最終的にダイアンが勝利。最下位が決まった瞬間、品川庄司の2人は茫然自失とした表情を浮かべた。

     “へそピアスボウリング”に続き2回目の最下位となった品川庄司は、罰ゲームカタログから「ヌード撮影」を選択。全裸になって2人で絡み合う写真を撮影するためにスタジオに移動するバスの車中では、品川庄司をはじめ出演者のアンダーヘアの処理についての話に花が咲いた。


     スタジオに到着した品川庄司はさっそくパーテーションの裏で全裸に。大事な部分を隠そうとする2人に、加藤は「出たら出たでしょうがない」と無責任な指示をする。そしてついに撮影が始まると、2人は満更でもないようで恍惚とした表情に。途中、BOYS AND MENの2人も参加し、数カットを撮影した。

     撮影終了後、感想を聞かれた品川が「へそピアス、ヌード撮影と罰ゲームをやっているのに、通常回には呼ばれない。これ以上エスカレートするのは勘弁してください」と泣きを入れ、スタジオは爆笑に包まれた。


    (C)AbemaTV



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】品川庄司、全裸で「ヌード撮影」 へそピアスに続いて罰ゲーム執行…】の続きを読む



    (出典 s.cinematoday.jp)



    明石家さんま(©ニュースサイトしらべぇ)

    天然すぎるキャラと突拍子もない発言から、奇才、天才と呼ばれるお笑い芸人・ジミー大西。

    27日放送の『明石家さんまが語り継ぎたいレジェンド芸人20人』(毎日放送)で、明石家さんまがジミーの仰天行動を明かし、話題を呼んでいる。

    ■運命の出会いから運転手に

    なんば花月で進行役として働いていたジミー。ドジばかりを繰り返していたところをさんまに助けられ、めでたくさんまファミリーの一員となる。さんまいわく「助けられた犬みたいにずっとついてきて」というほどに慕っていたようだ。

    その後、さんまの運転手を務めたが、持ち前の天然さで困ったことも多々あったようだ。雨の日は「ワイパーつけたら寝てまうからなアイツ。催眠術みたいに」とワイパーなしで運転し、月に6回ほどは交通違反の切符を切られていたという。

    ■「あそこまでいくと楽しい」

    また、ある日には「今日は早く行きますんで」と意気揚々に運転したところ、収録スタジオではなく自宅に戻ってしまう。大失態に気づき、己の無力さを痛感したジミーはハンドルを握りながら「家へ戻ってしまいました」と号泣してしまったという。

    数々の天然行動に、スタジオからは「怒らないんですか?」との声が寄せられたが、さんまは「あそこまでいくと楽しい」とジミーのトラブルを楽しんでいたよう。渋谷で路上駐車している車の後ろに停まって「大渋滞です」と天然発言をしてきたこともあったそう。

    そこでさんまが「そうか。おい、ジミー! 前の運転手、首がないぞ!」とジョークで返すと、ジミーは「え~っ!?」とさんまを信じて仰天してしまうこともあったようだ。

    ■芸能人の天然キャラは作っているだけ?

    芸能界一の天然キャラといわれるジミーだが、世間は天然キャラのことをどう思っているのか。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342に調査したところ、約半数が「作っているだけだと思う」と回答。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    男女別で比較すると、10ポイントほど女性が上回る結果に。女性は「天然」を見抜く力が強いのかもしれない。

    交通違反を繰り返していたときには、警察から「病院に行ってこい」と言われることも多かったというジミー。バケモノと言われるほどの天然さを扱えるのは、お笑い怪獣のさんまだけなのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→みやぞん「話すエピソードがもう無い」と本音を吐露 「ぶっちゃけ過ぎ」の声も

    (文/しらべぇ編集部・らむたそ イラスト/ミキシマ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
    対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

    明石家さんま、ジミー大西のヤバすぎる天然行動に「怒らない理由」を語る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】明石家さんま、ジミー大西のヤバすぎる天然行動に「怒らない理由」を語る…】の続きを読む

    このページのトップヘ