爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    笑福亭鶴瓶



    (出典 img.cinematoday.jp)



    笑福亭鶴瓶のコミュニケーション能力

    (画像は笑福亭鶴瓶Instagramからのスクリーンショット)

    『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合)は、笑福亭鶴瓶のコミュニケーション能力の高さがよくわかる番組だ。どんな人の心も開かせる力は、まさに「人たらし」といえるだろう。

    しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,344名に「コミュニケーション能力について」の調査を実施。

    「笑福亭鶴瓶のコミュニケーション能力がうらやましいと思う」と考えている人は、全体で34.5%。やはり、憧れている人はいるようだ

    ■ため口でも腹が立たない

    年代別では、次のような結果になっている。

    笑福亭鶴瓶のコミュニケーション能力グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    鶴瓶の会話力は、30歳を超えた辺りから実感をするのかも。

    「初対面の人の懐にも、上手に入っていく能力がすごい。たぶん今まで誰にも言わなかったことでも、鶴瓶さんとやり取りしているうちに話してしまいそう」(30代・女性)

    鶴瓶の会話術は、ただ表面を真似ただけでは失敗してしまう。

    「芸能人が一般の人にため口を使うのが、見下している感じがしてあまり好きではない。ただ鶴瓶だけは、どんなにため口でも観ていて嫌な気持ちにならないから不思議。

    たぶん彼の場合は、親しみを込めたしゃべり方だからだと思う」(30代・男性)

    ■もし会社に笑福亭鶴瓶がいたら…

    笑福亭鶴瓶のような人が、会社にいてくれればいいと思う人も多い。

    「お笑い界ではめちゃくちゃ大御所なのに、偉そうにしていないところがまず好感が持てる。それでいて話しをしても、その感じが変わらないのだから多くの後輩から慕われているのも納得。

    あんな上司がいれば、仕事がやりやすいのに…」(30代・男性)

    管理職だけでなく、プレイヤーとしても活躍をしそうだ。

    「飛び込み営業をすれば、ものすごい成果を上げそう。小さな相談やお年寄りの話相手など、仕事以外のところまで巻き込んで、多くの人から信頼される感じになると思う」(40代・男性)

    ■あのコミュ力はスーパーマンレベル

    笑福亭鶴瓶は、確かにすごい存在である。しかしあのようなコミュニケーション能力は、後から身につけられるものではないとの声もある。

    「あれを真似てみようと思っても、絶対にできないと思う。生まれ持った才能のようなもので、だからこそ大成功をしているのだから…」(30代・女性)

    鶴瓶を目指さなくても、自分なりのコミュニケーションをすれば十分だという人も。

    「あのコミュ力はスーパーマンレベルだから、凡人が目指すところではない。自分なりに周囲の人たちと楽しく会話できれば、十分だと思う」(40代・男性)

    無理をせずに自分らしさで勝負をすることが、長い人生では重要になるだろう。

    ・合わせて読みたい→鶴瓶・出川「芸人が副業する意味がわからない」 その理由がカッコよすぎる

    (文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
    対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

    コミュ力の高さをうらやましく思う人も 素人にも神対応な笑福亭鶴瓶


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【羨ましい】素人にも神対応な笑福亭鶴瓶 コミュ力高すぎ…】の続きを読む



    (出典 tubuyaki3.com)



    「似てないように思われるけど似てる」、笑福亭鶴瓶(66)は出川哲郎(54)をこう評した。

    6日深夜に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系)で2人が本音トークを展開。芸人の副業に否定的な理由を明かし、視聴者から賞賛の声が上がっている。

    笑福亭鶴瓶

    (画像は笑福亭鶴瓶Instagramからのスクリーンショット)

    ■出川「副業は1ミリも考えない」

    横浜の老舗海苔店である出川の実家の話題になった際、鶴瓶は「副業とかは考えない?」出川に問いかける。

    出川は「1ミリも考えない。副業をやる意味がわからない」と即答すると、鶴瓶は「俺と一緒。副業するのが悪いわけやないけど、全然(副業をやる気は)ない」と賛同。その理由を語った。

    ■芸人は己の腕で稼げ

    出川は「お客さんが笑顔になってくれて、こんな素敵な仕事をやらしてもらっているのに、なんでわざわざ副業が必要なんだ」と熱を帯びる。

    さらに2人は「気が散る」「朝、仕事に出かける時、楽しい。こんな楽しいことはない」、本業の芸人を心から楽しんでいる本音を明かす。

    「この楽しい時間がいつまでも続けばいい。若い時は生活のために必要だったとしても、お金なんて1ミリも関係ない」、副業で目先の収入を得ることに否定的な2人は、「欲しいものがあれば、己のここ(腕)で稼げばいい」と断じた。

    ■視聴者賞賛

    「全面的に副業を否定するわけではない」としながらも、2人の芸人としての矜持が垣間見えたトークに、視聴者も惜しみない賞賛を送っている。





    ■26%が「好きなことを仕事にしないほうがいい」

    しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,344名を対象に調査したところ、全体の26.0%が「好きなことを仕事にしないほうがいい」と回答した。

    好きなことを仕事にする性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    「好きなことが嫌いになりそう」など理由はあるだろうが、否定的な層は一定数いると明らかになっている。

    それでも、老若男女に人気の鶴瓶と出川は「好きなこと」を仕事にし、仕事と人生を楽しむべきだと主張した。副業に励む芸人とは異なるその姿が、多くのファン獲得に繋がっているのだろう。

    ・合わせて読みたい→出川哲朗が号泣 売れない時期を救った松村邦洋の言葉

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
    対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

    鶴瓶・出川「芸人が副業する意味がわからない」 その理由がカッコよすぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【鶴瓶・出川「芸人が副業する意味がわからない」 その理由がカッコよすぎる!】の続きを読む

    このページのトップヘ