爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    紺野ブルマ



    (出典 naotan-net.com)



     4月3日にAbemaTVで放送された「デスゲーム」に、「ちんこなぞかけ」でブレークした女芸人・紺野ぶるまが出演。長年封印していたブルマ姿を披露した。デスゲームは「過去に因縁のある芸人が拳の代わりにゲームで決着をつける」をコンセプトにした番組。敗者には勝者から突きつけられる凶悪な罰ゲームが即執行される。


     この日、紺野は、相席スタート「ミスちょうどいい女」山﨑ケイとWii「おどるメイドインワリオ」で対戦。敗れた紺野には、「ブルマをはいて昔のネタを全力披露」という罰ゲームが突きつけられた。

     芸名の由来にもなっている「ブルマ」は、紺野デビュー当時の定番ネタ。ブルマ姿のチアリーダーが妙な踊りを披露しつつ、最後に「サンキュー、ブルマッチ」と締めるのが恒例だった。しかし、このネタでブレークを果たすことはできず、最近はお蔵入りとなっていた。

     「31歳のブルマなんて、見てられないですよ」とボヤきながら着替えに向かった紺野は、チアリーダー風のシャツに、黄色いタイツと紺色のブルマという姿で現れた。ニワトリのオモチャを振り回しながら「Vから始まるバンバンジー」と叫び、ブルマの脇からフランスパンを出しては「ハミパン」と称すなど、寒すぎるギャグを連発。あまりもの破壊力に罰ゲームを指定した山﨑も声を失った。

     「サンキュー、ブルマッチ」でネタが終わると、スタジオは一種の虚脱感に包まれた。司会のかまいたちは「これは、どえらいものを見せられました」と声を絞り出し、「どこが面白いと思ってたの?」と直球の質問を紺野に投げかけた。「ハミパンのネタを思いついて、芸人になれると……」という答えに、スタジオは爆笑。紺野によれば、3年間R1で同じネタを披露し毎年1回戦敗退。その後、はっと我に返って、ネタを封印したとのこと。ブルマ姿のままエンディングを迎えた紺野は、疲れ切った表情で大きなため息をついていた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【女芸人】紺野ぶるま、自ら封印していた禁断のブルマ姿をついに解禁…】の続きを読む



    (出典 www.j-cast.com)



     4月3日にAbemaTVで放送された「デスゲーム」に、「いま一番下品な女芸人」として話題の紺野ぶるまが出演。持ちネタ「ちん〇なぞかけ」を肉親相手に披露した。デスゲームは「過去に因縁のある芸人が拳の代わりにゲームで決着をつける」をコンセプトにした番組。敗者には勝者から突きつけられる凶悪な罰ゲームが即執行される。

     この日、紺野は、相席スタート「ミスちょうどいい女」山﨑ケイとNintendo Switch「ウルトラストリートファイター2 ザ・ファイナルチャレンジャーズ」で対戦。両者ともに絶叫しながらただ殴り合うという泥仕合に敗れ、山﨑指定の罰ゲーム「親からお題をもらって『ちん〇なぞかけ』」が執行されることになった。

     母親は娘がこのネタを披露するたびに「ただただ辛そうにしている」そうで、紺野は「本当に親不孝ですよ」とボヤきながら、母親に電話をかけた。留守電に切り替わった瞬間、ほっとした表情を見せたものの、それでおしまいにならないのがデスゲームの怖いところ。すかさず「他の人に」の声が飛んだ。

     次いでかけたのは兄。普通のサラリーマンだという兄は、「出ないで」という紺野の願い空しく応答。紺野がおずおずと「ちん〇なぞかけするから、お題もらっていい?」と依頼すると、兄はとくにためらうこともなく「インターネットとかけまして」と問うた。

     「芽生えました」のお約束から紺野が披露したのは「自分でしすぎて凹んでいるチンコと解きます。その心は、どちらも血ィ~ミール(Gmail)でしょう」というもの。微妙な笑いに包まれたスタジオだったが、電話口の兄が「どちらもマウスで楽しむことでしょう」と助け舟を出した。妹を上回る下品な答えに、司会のかまいたちは爆笑。一本取られた形になった紺野も、これには苦笑するほかなかった。

    (C)AbemaTV

    ▶「デスゲーム#8」(見逃し視聴)
    ▶「デスゲーム#9」(視聴予約)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【絶句】「一番下品な女芸人」紺野ぶるま、実兄の下ネタ返し…】の続きを読む



    (出典 img.cdn.nimg.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/03/07(水) 10:04:25.96 ID:EjNJ6qRP0●.net BE:887141976-PLT(16001)


    (出典 img.5ch.net)

    2018年3月6日の19時から放送された『R-1グランプリ2018(フジテレビ系)』にてCブロックの投票結果が話題になっている。

    出場していたのは全盲お笑い芸人の濱田祐太朗、紺野ぶるま、霜降り明星粗品、マツモトクラブの4人。
    しかし紺野ぶるまはお茶の間票も審査員票も入らず。

    濱田祐太朗とマツモトクラブが同票となり並んだ。しかし濱田祐太朗がお茶の間票を多く獲得していたため、決勝進出となった。
    この場で一票も票を獲得できなかった紺野ぶるまの対応が素晴らしいとTwitterで話題になっている。
    自分に一票も入っていないにも関わらず、隣の濱田祐太朗に状況を逐一耳打ちして教えてあげていたのだ。
    お茶の間で36%トップになった際も「濱田さん3ポイントだよ」と教えているのがわずかながら聞こえる。
    審査員票が入っている際もワイプで濱田祐太朗と紺野ぶるまが映されており、耳打ちしている様子が確認できた。

    紺野ぶるまと言えば下ネタ芸で有名になったが、下ネタを封印すると宣言。

    Twitterでは「結果は一票も入ってなくて残念やったけど人として満点をあげたい」、
    「自分は一票も入ってないのに…なんかスゴくいいよねそういうの…」、「紺野ぶるまと濱田のさりげないやり取りが、とてもいい」、
    「紺野ぶるまさんの優しさに泣きそう」、「紺野ぶるまの好感度がめっちゃ上がってるwww」と彼女の好感度がかなりアップしているようだ。

    ちなみに濱田祐太朗は優勝。

    http://gogotsu.com/archives/37753

    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    (出典 gogotsu.com)


    【【話題】R-1グランプリで優勝した視覚障害者の濱田祐太朗を影で支える女性芸人の「紺野ぶるま」】の続きを読む

    このページのトップヘ