(出典 i1.wp.com)



 7日「篠崎愛の初体験ラボ」(AbemaTV)が生放送された。篠崎愛が世の中の人に代わっていろんなことを初体験し、結果を報告するアブナイ生検証バラエティだ。今回は「春のG-1グランプリ」として、篠崎をはじめ、忍野さら、☆HOSHINOらの胸に万歩計をつけて、芸人が「ネタ」「パフォーマンス」で笑わせ、その“揺れ”の数値を競い合った。


 霜降り明星・せいやは、「かしこすぎる坂田師匠」と称して円周率を暗唱し続けたり、「アルコ&ピース言いたいことがある」と前置きして「表札裏返してみろよ」「ゆっくりクリオネするよ」「わさび寿司」といった関連性の無い単語を次々に口走り、最後には正拳突きをして「なんなんじゃそりゃ」と叫んで胸につけた卓上ベルを「チン」と鳴らす……という、正気を疑うようなネタを披露する。


 アルコ&ピース・平子祐希が「吸引系ですか? 注射で直接?」と質問したが、せいやは「ぼく薬物やってない」と否定して「オッパイ揺らすにはこれくらいクレイジーなネタがいいと思って」「R-1ではできなかったんです。こんなクレイジーなネタ」と、AbemaTVだからこそできたネタだと説明した。


 続いて登場したパーマ大佐は「J-POPの歌詞によく出てくる単語やフレーズを見つけてきたので、それを1つの曲にまとめてみたら、こんな曲が出来上がりました」と歌ネタで勝負。「大切な人がすぐいなくなるの?」「永遠フォーエバーうるさい」などと“J-POPの歌詞あるある”を歌に乗せて紹介した。


 さらにパーマ大佐は、リクエストした曲を電車の発車メロディ風にアレンジする芸を披露。「アンパンマンのマーチ」「かえるのうた」「粉雪」を次々と見事にアレンジするとスタジオは大いに沸き、平子も「いいコンテンツ見つけたね」と、営業で確実に使えそうなパーマ大佐の新しい“武器”を評価した。


(C)AbemaTV



(出典 news.nicovideo.jp)

【【疑惑】霜降り明星・せいやの薬物使用をアルコ&ピース平子が疑う…】の続きを読む