爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    完熟フレッシュ



    (出典 trendy-da.net)



     今回取り上げるのは、お笑いコンビ・ガリットチュウの福島善成だ。

     

    ■泥の97年デビュー組

     

     彼らのことを語るときに、9年前に出演した『アメトーーク!』(テレビ朝日系)は避けて通れない。彼らは番組の中で、「泥の97年デビュー組芸人」というくくりで登場。その中で福島は、「周りのスタッフから毎年『5年後売れるよ』と言われ続けて、13年たった」「休日が多いことを嫁が心配するため、休みなのに仕事に行くフリをする」といったエピソードを披露。翌年に放送された「Part2」では、雨上がり決死隊・宮迫博之が「やったらアカン企画なんです。羽ばたいてもらわないと」と、出演していた芸人たちに活を入れていたが、福島はその中で、奥様からの手紙に、こみあげるものをおさえていた。

     そんなガリットチュウを含め、「泥の97年デビュー組」の芸人は、若手時代こそテレビに多少なりとも出させてもらっていたものの、トークなり雰囲気なりリアクションなり、とりたてて決め手がなかったことから次第にテレビから遠ざかっていった。

     

    ■一時期はユーチューバーになったことも

     

     そんな福島は、デビュー当初から得意だったモノマネをやり続けながらも、数年前にはYouTubeからのブレークを狙って、家族全員で、ディズニーランドのアトクラクションを何個制覇できるか挑戦したり、自宅をDIYする動画をアップするも、なかなか鉱脈は見いだせずにいた。その「ネットでの売り方」が、結果的に、現在フォロワーが急増中のインスタグラムに流れていく。もちろんそのインスタを始めたきっかけは、盟友・くっきー(野生爆弾)からの助言もあったとされている。

     

    ■出オチでも許されるポジション

     

     そんな福島の姿をテレビで見かける機会は年に1~2回、日テレの各番組が集結する『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦』(日本テレビ系)の中に見かけるくらいだった。その尺、長くても“15秒”程度の、いわば「出オチ」だった。

     だが、船越英一郎、ダレノガレ明美、貴乃花親方と旬な芸能人のものまねをして注目を集めることによって、そうしたポジションをさらに確立。各番組からの「出オチ」でのオファーを得ることに成功したのだ。

     

    ■無言キャラという前代未聞の芸

     

     さらにトークではあまり評価がされない彼にとって好都合だったのが、言葉少なに答えることで知られた貴乃花親方のモノマネだった。顔の表情と服装だけで笑いが取れるのである。

     14日に放送された土曜スペシャル『たけしが行く!わがままオヤジ旅3 古都金沢…爆笑珍道中』(テレビ東京系)では、ビートたけしや國村隼、岸本加世子を前に、いつもの長いストールにスーツという親方スタイルで、何も言わずに突っ立っているだけで、笑いを誘っていた。

     そんな彼が受け入れられる土壌には、近年、芸人というくくりが多様化したことで、無理にトークで笑いを取らなくても許されるようになった背景もあろう。

     

    ■「換気」芸人

     

     テレビ業界には「チェンジ・オブ・ペース」という言葉がある。言葉のごとく「気分転換」、つまり空気を変えるといった意味合いだが、同じメンバーによる展開が続くことで硬直化しそうなスタジオの流れを変化させるべく、あえて作為的に登場することで、さらに場をもたせるやり方だ。この役割に福島がハマった。空気を換える男、福島善成。今後、どんな風を吹かせてくれるのか楽しみだ。
    (文=都築雄一郎)

    ◆「ズバッと!芸能人」過去記事はこちらから

    ガリットチュウ・福島のインスタグラム(@fukushimayoshinari)より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】ガリットチュウ・福島善成が到達した「出オチ」「無言」という最強ポジション…】の続きを読む



    (出典 entamejoker.com)



     今年元日放送の「新春おもしろ荘」(日本テレビ系)で、オンエア直後からSNSを中心に話題をさらっているのが池田57CRAZY(42歳)と池田レイラ(12歳)の父娘コンビ「完熟フレッシュ」。テレビ誌ライターが解説する。

    「元々、池田57CRAZYはロックスター池田という芸名で、お笑いコンビ『ロックンロールコメディショー』としてサンミュージックに所属していましたが、2013年に解散しています。その後、芸人を引退。家庭のためにスポーツジム・ライザップに勤務しましたが、結局、離婚し、娘と再び芸人として復帰したようです。有給休暇を使って出演したという『おもしろ荘』では、売れない芸人を続ける父親に迷惑を被った娘が、辛辣な正論を吐きながらグーパンチで厳しくツッコミを入れ、『生まれてくる家間違えた!』と叫び、爆笑をさらった。これを機に、大手芸能事務所・ワタナベエンターテインメントに所属しています」

     テレビで脚光を浴びて、ワタナベエンターテインメント入りした経緯は「にゃんこスター」と重なる。ブルゾンちえみwithB、サンシャイン池崎、あばれる君など、バラエティ番組向きの若手を売り込む実績がある同事務所だが、こんな“特典”もあるのだとか。

    「2007年頃に『女王様キャラ』でブレイクした、にしおかすみこですが、ほどなくして消えていき『一発屋』と呼ばれる存在に。ところが、2011年に“あの人は今”的に出演したテレビ番組で、営業などの収入で年収1000万円を超えていることを告白し話題になりました。さらに、同事務所のギター侍・波田陽区も、全く売れていない時期でも着ボイスで稼いだ収入などで1億円近い貯金があったとか。昨今、芸能界の“奴隷契約”が話題になっていますが、ワタナベエンターテインメントでは無縁な話のようです」(前出・テレビ誌ライター)

    「入った事務所がよかった!」ではネタにもならないが、父親に付き合わされて芸人をやらされている女子中学生・レイラには、幸せになって欲しいと願わずにはいられない。

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【注目コンビ】父娘芸人「完熟フレッシュ」、入った事務所が大正解な理由…】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)



     3月12日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ系)に、今話題の親子芸人「完熟フレッシュ」が出演。コンビ結成の経緯やネタ作りの方法などを語った。

     くりぃむしちゅー・上田晋也は「娘さんと組むキッカケは?」と質問。父親の池田57CRAZYは「M-1がキッカケなんですけど、(娘の池田レイラが)『タレントになりたい』って言ってきたんで、ボクも(お笑いに対して)悶々とした気持ちがあったので、『これだ!』と思った。それで、『M-1出ようぜ』って誘って」と、娘の夢に乗っかる形でコンビ結成に至ったことを告白。

     また、上田は「ネタはお父さんが書くんですか?」と聞き、57CRAZYが「全部ではないです。大筋を書いて、舞台にかけて(レイラに)ボロカスにダメだしされて、ネタができていく感じです。(練習中)めちゃくちゃアドリブ入れてきて、こっちが困る姿を見て喜んで、そこをネタに取り入れようとするんです」と、詰めていく段階で、娘の意見も取り入れながらネタ作りをしているようだ。

    「ネット上では、『完熟フレッシュおもしろすぎ』『今年の目玉』『この子なんか持ってるな』と好意的な声もありましたが、一方で、『嫌い。見てて辛い』『完熟フレッシュ嫌いなんだが誰かわかる?』『子供がなんか調子乗ってる感じ嫌い』など、親子の関係に違和感を感じている人も少なくなかったようです」(エンタメ誌ライター)

     長らく売れない芸人を続けてついに離婚した父親と、その環境で育った娘とのやりとりというネタ構成は「虚実入りまじった」ものとして、“よくよく聞いてみるとヒドイ話”ということもあるかも知れない。それだけに、拒否反応を示す反応もあるかもしれないが、昨年のM-1グランプリで準々決勝まで進んだ実績があり、しっかりと“芸”で評価されている。

    「できる子役ほど、拒否反応を示す声が出やすい。レイラちゃんも同様の評価をされているということなんだと思います」(前出・エンタメ誌ライター)

     4月から中学2年生に進級するレイラだが、一躍、今年のブレイク候補に「完熟フレッシュ」が名乗りを上げ、学業と芸の両立も大変になるだろう。今後の活躍を見守りたい。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【話題の父娘コンビ・完熟フレッシュ、ネット人気は「意外と低い」理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ