爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    ガダルカナル・タカ



    (出典 i1.wp.com)



    (C)まいじつ

    内紛が報じられていた『オフィス北野』が、森昌行社長を筆頭に社員10名で再スタートすると報じられた。

    【関連】 「オフィス北野騒動」に対する世間の冷めた意見 ほか

    4月23日放送の『バイキング』(フジテレビ系)にたけし軍団のガダルカナル・タカが出演し、所属する俳優とタレントの79名に対する社員数の少なさについて、「社長もマネジャー換算にすると、5人で79人をマネジメントできるかが一番の問題。相当厳しいことになると思う」と厳しい状況であることを説明。一方で「いろんなところを聞くと、吉本(興行)ではひとりで100人ぐらい抱えている人もいると」と、他社ではもっと過酷な条件でマネジメントを行っている例もあるとした。

    すると、コメンテーターとして出演していたよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ『ブラックマヨネーズ』の小杉竜一が「います」と、多人数の担当をしているマネジャーの存在を認め、「その代わり、その人間はデスクに張り付いて、電話で全部指示してますけどね。現場には行けないんで」と仕事の様子を明かした。

     

    ガダルカナル・タカ「新オフィス北野」圧倒的人不足に不安を吐露

    「ニセ社員、採用してみようかな」

    これを聞いたタカは「マネジメントって、スケジュール把握して回していく人と、現場に行ってタレントとテレビ局のあいだに入って動く人がいるじゃないですか。現場のマネジャーが圧倒的に足りない。募集かけてみたいと考えているが、まずは会社を建て直さないといけない」と、すぐに人数を増やすことは難しいと話した。

    「何と言っても大黒柱のビートたけしが抜けたことで、収入的にも打撃を受けている同社だけに、たとえ新たに募集したところで希望者がいるかどうかは分かりません」(芸能記者)

    タカは「ニセ社員、採用してみようかな」と、フジテレビの番組でオフィス北野の社員を語った“ニセ社員”騒動に言及し、笑いを誘っていた。

    SNSでは今回のオフィス北野再出発のニュースに関して、冷めた意見が目立つ。

    《たけしで成り立っていた事務所がたけし抜きで飯が食えるほど甘くない》
    《マネジャーに応募する奴がいると思うか》
    《たけしが入って状況を整理すべき》
    《79人を食わせるのにいくらかかるか計算すべき》

    「この騒動については、たけし本人がもう『飽きた』と言っています。内輪もめの話はみっともない、誰も喜ばないということでしょう」(芸能関係者)

    報道系バラエティー番組でも、オフィス北野の話題は扱わなくなってきた。このあたりで収束だろう。

     




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【騒動】ガダルカナル・タカ「新オフィス北野」圧倒的人不足に不安を吐露…】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 あちゃこ ★ :2018/03/16(金) 17:24:21.31 ID:CAP_USER9.net

     16日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)にタレントのガダルカナル・タカ(61)が生出演。
    師匠・ビートたけし(71)のオフィス北野退社やその経緯について語った。

     たけし軍団のタカは、たけしの独立話は「すでに数年前からあった」と打ち明けて、「忙しすぎて一緒に飲んだときに体調を崩したことがあった。
    『師匠、もうそろそろ仕事を減らした方が良いんじゃないですか』と言うことがあった」と振り返った。

     たけしは独立後の事務所に軍団を連れて行こうとしたという。しかしタカは「我々の方からたけしさんにお願いして離れることにした。
    軍団がついて行ってしまうと今までと同じになってしまうから、我々は残ります」と断ったことを明かした。

     タカは、たけしは自分が抜けた後の軍団とオフィス北野を心配して、株を処分したり退職金などを残すなど相当な額の資金を事務所に
    残したことも告白。「これで俺がいなくてもやっていけるよねということで。かなり、びっくりするくらいのお金を残してくれているので、
    運転資金としては心配することがない状況です」と話した。

     「俺たちももっと状況的に考えてあげる事も出来たはず、もうちょっとつらいとかきついとか思うことに時間を割けば良かった」とタカ。
    独立を決めたたけしが「今、夢中になっているのは小説をたくさん書くこと」と話し、映画についても「どういうモチベーションでいたのか
    分からないけど、映画のこともそうですし事務所のことも森社長と方向性が違ってきた事も感じていた」と説明した。

     MCの宮根誠司キャスター(54)から「たけしさんから卒業証書を渡された気分なのかな」と聞かれた、タカは「それはもうもらってもすぐ
    返しますから。いらない、いらないって返します」とスタジオを笑わせた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000162-sph-ent


    【【芸能】ガダルカナル・タカ、独立するたけしは「相当なお金を残してくれた」】の続きを読む

    このページのトップヘ