(出典 news.mynavi.jp)



 ブレイクするまでは極貧生活を強いられるのが若手芸人の常識。そんな中、ブレイクの兆しが見え、昨年から給料が大幅アップしている女芸人たちがいる。

 まずは、昨年12月に最も面白い女性お笑い芸人を決めるコンテスト『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)に出演し、「ポール牧野のポールダンス」ネタを披露し、バカ受け。見事、準優勝をはたした牧野ステテコだ。

 彼女は茨城大学人文学部卒と高学歴の38歳。制作会社でADをやっており『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ系)などを担当したが、2004年にワタナベコメディースクールに入学。05年にコンビを組むも解散、06年12月にピン芸人としてデビュー。そこからはなかなか売れず、家賃9万3,000円の2Kで女芸人の友人とルームシェアをするなど、過酷な生活を送っているとテレビ番組で語っている。

 そんな彼女は3月29日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)の2時間スペシャルに出演。『女芸人No.1決定戦 THE W』で2位になったあと、知名度が一気にアップし、テレビ番組のオファーが続出。それゆえ給料が2,400円から17万円へと、約70倍になったと明かした。

「牧野さんはダウンタウンの松本人志さんも注目する個性派女芸人。苦労人で経験値が高く、頭も良いのでネタ以外にフリートークもイケる。事務所もお笑いが強い浅井企画なので、ポスト久本雅美になっていくだろうと業界では期待されています」(テレビ局勤務)

 また、現在ブレイク中の女性お笑いコンビ・ガンバレルーヤの2人も給料がアップ中だ。

 3月25日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演したガンバレルーヤのよしことまひる。番組では2人の月収が昨年に比べて20倍も跳ね上がったと紹介。よしこは昨年の月収が6,000円程度と明かし、番組テロップは現在の月収を12万円前後だと説明している。

 しかし、2人はこの給料にまだまだ不満があるようで、3月29日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に出演した際は「生まれ変わって芸人になるなら今の事務所に入りたい/入りたくない」との質問が出されるとよしこが「入りたくない」をチョイス。何が嫌なのかと聞かれると「睡眠時間少ないわりには、給料少ないですし……」とブツブツ。共演の事務所の先輩の尼神インター・渚が「最近お仕事いろいろ入れていただいてるやん。おまえ先月給料いくらやった?」と聞くと、「10万」と返答。渚はそれを聞いて「まあ、私はそんな少なくても吉本が一番良いですけどね」とコメントし、周囲に「偽善者!」とツッコミを受けていた。

 そんな尼神インターの渚も、給料が爆上がり中。2月25日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)にVTR出演した際は、自身の給料について「137万円!」と暴露。昨年7月に同番組に出演した際は「60万円」、10月放送では「90万円」と言っているので、約半年で2倍以上増加という脅威の伸び率を誇っている。

「今や勢いのある女芸人といえば、真っ先に名前が上がる尼神インターですからね。これからレギュラー番組がもっと増えていくでしょうし、CMなんかにも出演できれば月収はうなぎのぼり。まさに今、お笑いドリームを体現しつつあるコンビと言えます」(芸能事務所勤務)

 捨て身の女芸人たちも夢がある!?

牧野ステテコ公式ホームページより


(出典 news.nicovideo.jp)

【【月収事情】牧野ステテコは70倍、尼神インター・渚に至っては驚愕の金額!】の続きを読む