爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    玉袋筋太郎



    (出典 www2.myjcom.jp)



     春の芸能界を襲ったビートたけしの事務所独立騒動だが、4月9日にオフィス北野の森昌行社長が「お知らせ」と題した終息宣言を出したことで、一応の決着がついたかにみえる。

    「3月中旬にたけしが自ら設立したオフィス北野から独立し、新事務所T.Nゴンに移籍すると発表されました。すると、複数の週刊誌が独立の糸を引いているのはたけしの愛人だと報道。すると、その噂をかき消すかのように4月1日、たけし軍団のダンカンやつまみ枝豆、グレート義太夫、水道橋博士が一斉にブログを更新し、たけしの独立は森社長が原因だと猛批判を展開。“たけし軍団vs.森社長”という構図になりました。これを受けて森社長も『週刊新潮』(新潮社)で反論しましたが、世論的には森社長に不利な状況が続いていました」(テレビ局関係者)

     そんな、たけしがメガホンを取ったヒット映画『アウトレイジ』さながらの展開だったが、ここに来て和解ムードに戻りつつある。

    「これ以上事態を泥沼化させたくない軍団と森社長の間で、“手打ち”があったようですね。しかし、森社長も『新潮』で語っていましたが、あれだけメディアでボロクソに軍団から批判されただけに、“はい、そうですか”とすんなり握手できたのか、疑問視する声はありますよね」(芸能事務所関係者)

     たけし軍団は騒動の間、一貫して“一枚岩”をアピールし、9日、10日にはダンカンやつまみ枝豆らがブログを更新。前向きな言葉を発しているのだが、そんな軍団のメンバーたちとは一線を引いている人物がいるという。

    「玉袋筋太郎です。水道橋博士とのコンビ・浅草キッドの片割れですが、軍団内では売れ線にもかかわらず、玉ちゃんは騒動について沈黙を貫いています。その背景には、近年業界内で噂されている博士との不仲が影響しているといわれています。ここ何年も、たびたび解散の危機が報じられてきた浅草キッドですが、最近は本当にヤバいらしいんですよ。そんな最中でのたけしの騒動。森社長を攻撃することで一致した軍団でしたが、玉ちゃんだけは『兄さんたちには申し訳ないが、俺には(森社長を攻撃)できない』と頭を下げて断ったとか。理由ははっきりしませんが、たけしの愛人に対してよく思っていないという噂もあります。博士が軍団の先陣を切って森社長攻撃を展開したことについては、非常に冷ややかな目で見ていたそうです。そうしたこともあり、玉ちゃんのオフィス北野退社の可能性もあるんじゃないかと見る向きもいます。玉ちゃんだったら、退所しても食べていけますしね」(お笑い関係者)

     玉袋は11日に出席したTBSラジオ番組の会見で“オフィス北野残留”を表明したが、心中はいかに――。
    (文=編集部)

    玉袋筋太郎


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【騒動】玉袋筋太郎の憂鬱…オフィス北野攻撃のたけし軍団と「距離を置く」事情…】の続きを読む



    (出典 more-more-more.com)



     お笑いコンビ・浅草キッドの玉袋筋太郎が15日、都内で行われた映画『孤狼の血』公開記念トークイベントに登場。同作の内容にちなんで、師匠であるビートたけしの「オフィス北野」独立問題について「私の半径1メートルくらいで、キナ臭い抗争が起きていまして…」と自ら触れた。

    【写真】小向美奈子、壇上でビートたけしに突然の公開キス!

     玉袋は続けて「ガダルカナルタカ、つまみ枝豆、水道橋博士、ダンカンと声明文を上げている訳だよ。オレは上げてないんだよ。気持ちは(リングに)上がっているけど、あそこで戦う必要はない。そういった距離感なんだよ」と自身のスタンスを説明。「だって、オフィス北野とたけし軍団大変ですよ。実はきょう、夕方5時から渋谷の会議室でその会談が行われているんですよ。オレは(会談に参加せず)『孤狼の血』を大事にしているんですよ」とぶっちゃけて、会場を沸かせた。

     軍団会議などにも仕事で参加できていないそうだが「軍団がひと通り集まっているじゃない。あれは言ってみれば職安ですよ」とにっこり。「いいですか、芸人の大義名分は仕事をすることなんです。会社批判をすることじゃないんだ。仕事をすることによって、独立してしまいましたが、師匠に恩返しできる」と煽ったが、報道陣が取材に訪れていることを知ると「モザイクかけて」と懇願していた。

     その後も玉袋は“舌好調”で一連の騒動を競輪に例えて解説。「S級S1班で徹底先行のビートたけし、そのうしろにガッとくっついていたのが森社長だとしようよ。1着2着で行っていたら、ビートたけし選手があと3周あるにも関わらず、急に仕掛けちゃったわけ。それで、悠々1着でビートたけし独立。さー2着どうするか」とまくし立てた。

     会場が食い入るように聞き込む中、玉袋は「離れたところで果敢に襲ってくるのが、静岡チームのカージナルス。それとダンカン、グレート義太夫、松尾伴内っていう関東チームですよね。ひとり短気の井手らっきょが森社長に絡んでいったんだけど、体勢を崩して落車。そして熊本にお帰り(笑)。水道橋博士と柳憂怜。この中国・四国ラインもガーッと森社長に絡んでいって、第4コーナーでみんなでもつれあって、全員落車のままゴール。赤旗が上がって、今審議中。審議の結果と払い戻しの方法については後ほど発表しますので…」と笑わせていた。

     イベントにはそのほか、麻美ゆま、赤ペン瀧川先生らも出席。同作は5月12日より公開される。
    玉袋筋太郎 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【騒動】玉袋筋太郎、オフィス北野とたけし軍団の会談明かす…】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



     15日、東京・新宿歌舞伎町ロフトプラスワンで映画『孤狼の血』公開記念トークイベント「東映じゃけぇ、何をしてもええんじゃ~第二夜~」が開催され、お笑いタレントの玉袋筋太郎、元AV女優で歌手の麻美ゆま、映画コメンテーターの赤ペン瀧川らが登壇。玉袋が、師匠・ビートたけしの事務所独立騒動について語った。

     『孤狼の血』ではヤクザ同士の抗争が描かれているが、玉袋は「俺の半径1m以内でもきなくさい抗争が起こっている」と発言。これを受け、赤ペン瀧川が「事務所抗争のニュースが報道されている中、(玉袋は)写ってないが?」と質問すると、玉袋は「(自分は)声明文もあげてないの!気持ちはあがっているけど、あそこで戦う必要はない。(映画にも)そういう策士いるじゃん?」と自身のポジションについて説明した。


     さらに「大変ですよ!オフィス北野は森社長と大揉めですよ!今日も夕方5時から渋谷の会議室で会談が行なわれている」と、この日も絶賛協議中であることを暴露。「そっちに行った方がいいんじゃないですか!?」と赤ペン瀧川を驚かせていた。

     玉袋は「軍団会議が毎週行なわれているけど、俺は毎回仕事ですよ!あれは職安ですよ!(笑)仕事のない人間が行くところですよ!」と冗談交じりに発言。「芸人の大義名分は仕事をすること。会社を批判することではない。仕事をすることでうちの師匠に恩返しをすることができる」と自身の芸人感について語った。


    写真:野原誠治

    テキスト:堤茜子




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】玉袋筋太郎が「軍団会議」に参加しない理由とは…】の続きを読む

    このページのトップヘ