(出典 s.cinematoday.jp)



明石家さんま(©ニュースサイトしらべぇ)

天然すぎるキャラと突拍子もない発言から、奇才、天才と呼ばれるお笑い芸人・ジミー大西。

27日放送の『明石家さんまが語り継ぎたいレジェンド芸人20人』(毎日放送)で、明石家さんまがジミーの仰天行動を明かし、話題を呼んでいる。

■運命の出会いから運転手に

なんば花月で進行役として働いていたジミー。ドジばかりを繰り返していたところをさんまに助けられ、めでたくさんまファミリーの一員となる。さんまいわく「助けられた犬みたいにずっとついてきて」というほどに慕っていたようだ。

その後、さんまの運転手を務めたが、持ち前の天然さで困ったことも多々あったようだ。雨の日は「ワイパーつけたら寝てまうからなアイツ。催眠術みたいに」とワイパーなしで運転し、月に6回ほどは交通違反の切符を切られていたという。

■「あそこまでいくと楽しい」

また、ある日には「今日は早く行きますんで」と意気揚々に運転したところ、収録スタジオではなく自宅に戻ってしまう。大失態に気づき、己の無力さを痛感したジミーはハンドルを握りながら「家へ戻ってしまいました」と号泣してしまったという。

数々の天然行動に、スタジオからは「怒らないんですか?」との声が寄せられたが、さんまは「あそこまでいくと楽しい」とジミーのトラブルを楽しんでいたよう。渋谷で路上駐車している車の後ろに停まって「大渋滞です」と天然発言をしてきたこともあったそう。

そこでさんまが「そうか。おい、ジミー! 前の運転手、首がないぞ!」とジョークで返すと、ジミーは「え~っ!?」とさんまを信じて仰天してしまうこともあったようだ。

■芸能人の天然キャラは作っているだけ?

芸能界一の天然キャラといわれるジミーだが、世間は天然キャラのことをどう思っているのか。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342に調査したところ、約半数が「作っているだけだと思う」と回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

男女別で比較すると、10ポイントほど女性が上回る結果に。女性は「天然」を見抜く力が強いのかもしれない。

交通違反を繰り返していたときには、警察から「病院に行ってこい」と言われることも多かったというジミー。バケモノと言われるほどの天然さを扱えるのは、お笑い怪獣のさんまだけなのかもしれない。

・合わせて読みたい→みやぞん「話すエピソードがもう無い」と本音を吐露 「ぶっちゃけ過ぎ」の声も

(文/しらべぇ編集部・らむたそ イラスト/ミキシマ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

明石家さんま、ジミー大西のヤバすぎる天然行動に「怒らない理由」を語る


(出典 news.nicovideo.jp)

【【芸人】明石家さんま、ジミー大西のヤバすぎる天然行動に「怒らない理由」を語る…】の続きを読む