爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    芸能



    (出典 geitopi.com)



    1 スマ姐さん :2016/08/14(日) 06:55:55.13 ID:/TXtlptZ.net

    さんタクと眠れないのどっちを取るんだ?


    【【芸人】明石家さんまは今後、木村と中居のどっちを取るの?】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 王子 ★ :2018/02/13(火) 23:20:20.96 ID:CAP_USER9.net

     ダウンダウンの松本人志(54)が11日に更新したツイッターの投稿が話題になっている。同日、松本がコメンテーターを務めていることでも知られている『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されたが、番組に出演していた国際政治学者の三浦瑠麗(37)が放送中、北朝鮮にまつわる発言をしたことが話題に。ネット上でも物議を醸していた。

     三浦へのバッシングが過熱する中、松本はツイッターを更新し、「たとえばオレの番組にゲストで出たタレントさんが叩かれてたりするとツライです。きっとサービス精神でいろいろ話してくれたのに。ダウンタウンの番組に出て楽しかった!って思って欲しいもんなー」とツイート。

     このツイートが具体的に三浦氏を指しているとはつづられていないものの、タイミングを考えると三浦氏へのバッシングをフォローしているものという見方が強い。

     このツイートにファンからは、「ダウンタウンの番組はいつもめっちゃおもしろい!大丈夫大丈夫」「松ちゃんの意見に同意」「ほんとですよね…松ちゃんは本当に優しいなー」といった声も集まっているが一方では、「おいおい、あんな下衆を褒めたりしちゃダメだろうに」「サービス精神だからって何話しても良いわけないわな」という批判の声も寄せられていた。

     三浦も自身のブログで反論記事を出したことからいまだ終息を見せないこの問題。松本の次のツイートにも注目が集まる。

    文・内村塩次郎

    2018.02.13 22:00 デイリーニュースオンライン
    http://dailynewsonline.jp/article/1403548/


    【【芸人】松本人志、三浦瑠麗へのクレーム殺到に苦言?】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が主演を務めるオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)。個性的な4人の監督が4つのエピソードを監督し、あらゆるジャンルを網羅したまったく新しいエンターテインメントの誕生に大きな期待が寄せられている。

    【写真を見る】「光へ、航る」で主演を務める草なぎ剛。太田の芸術的センスを絶賛!

    その一編、草なぎ剛が主演を務めるepisode.3「光へ、航る」でメガホンをとるのは漫才コンビ・爆笑問題の太田光。芸人として数多くの賞を受賞する傍、その知識の豊かさとシニカルな視点から情報番組で司会やコメンテーターを務めるなど、その活躍は多岐にわたる。

    「映画を監督することは夢だったので“新しい地図”のスタートに僕を指名してくれたことは嬉しく思う」と笑顔を見せる太田。91年に劇場公開されたオムニバス映画『バカヤロー!4 YOU!お前のことだよ』の第1話で監督を務めて以来27年ぶりの監督業に「前回は教わることが多くて、妥協した部分が多かった」と振り返りながら「この映画ではアカデミー賞を狙いたい」と並々ならぬ意気込みを語った。

    そして2月中旬、埼玉県内のとある公園でクランクインを迎えた「光へ、航る」。物語は、夫婦が日本中を旅しながら息子の失った“右腕”を探すというもの。この日撮影されたのは、尾野真千子演じる裕子と、ささきゆうた演じる息子の航がキャッチボールをしているシーンと、劇中の終盤を飾る草なぎと尾野の2人のシーン。

    いずれも監督の太田が身振り手振りを交えながら演出をつけている姿が見受けられ、その表情はまさに映画監督そのもの。そんな太田が自ら脚本も執筆していることに、草なぎは「芸術的なセンスが抜群の人なので、監督の顔になっている太田さんを見たらますます楽しみになってきた」と語る。そして「でも僕が見てきた中で一番下手くそな絵コンテを描く監督です」と明かすと、太田は気恥ずかしそうに笑った。

    この「光へ、航る」は5日間にわたって関東近県で撮影。香取慎吾が主演するepisode.2「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」は2月上旬にクランクアップしており、2月後半には稲垣吾郎が主演を務め、園子温がメガホンをとるepisode.1「ピアニストを撃つな!」がクランクイン。そして3月上旬にepisode.4「新しい詩」がクランクイン予定だ。

    「episode.4は、この映画のまとめでもあるけど、もしかしたら次の作品や未来に繋がっていくような感じになると思います」と、早くも続編をにおわせた草なぎは「フルスロットルで駆け抜けて、最高の作品を作りますので期待していてください」と自信たっぷりに語った。(Movie Walker・取材・文/久保田和馬)

    『クソ野郎と美しき世界』episode.3「光へ、航る」がクランクイン!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】爆笑問題・太田光が草なぎ剛とアカデミー賞を狙う!?】の続きを読む



    (出典 masyuo.com)



     お笑い芸人のフジモンこと藤本敏史さんが2月14日、妻・木下優樹菜さんのInstagramで珍しく“インスタ映え”している姿を披露しました。これはイケてる。

    【画像】完全に「萎え」なフジモン

     クラシカルな雰囲気漂うカフェでキリッとした表情をして、どこかを見つめている藤本さん。オシャレな雰囲気にばっちりなじんでいるように見えますが、木下さんのコメントは「インスタ萎え」「ウェスティンホテルが狭く感じる」「顔デカイからね」となかなかに辛口評価でした。

     藤本さんと言えば、木下さんと露天風呂で撮影した2ショットに「インスタ萎え」と添え、ブームを後押ししたことで知られています。普段はおしどり夫婦と知られている2人。仲の良い2ショットでラブラブな姿を発信し続けていますが、Instagram上で最も輝いた著名人であるMVI(Most Valuable Instagrammer in Japan)にも輝いた木下さんとしては、どうしてもインスタ映えを狙いたいようです。2ショットには「インスタ映えする旦那ほしい」といった藤本さんには見せられない一言も。

     過去にはイケメンなダンスボーカルグループ「PRESI-D」のKOUKIさんと、インスタ映えした2ショットを披露したこともある木下さん。しかし、ファンからは「フジモン木こりの泉に落としたな!!」「フジモン泣くぞ」など、藤本さん側に立ったコメントが多く寄せられる事態に。今回の写真にも「めっちゃ写りいいじゃん」「これはインスタ映え!です」「あれ?めっちゃかっこいいですやん」と、久々に映えた藤本さんを称賛する声が多数寄せられています。みんなに愛されてる。

    「萎え」から「映え」へ(画像は木下優樹菜Instagramから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】「顔デカイからね」 フジモン、珍しくインスタ映えするも妻から辛口評価…】の続きを読む



    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)



    1 ホイミン ★ :2018/02/12(月) 20:40:08.42 ID:CAP_USER9.net

    お笑い界が揺れている。1月25日、お笑いコンビの芸人が、住居侵入と窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕されていたことが発覚したからだ。
    「逮捕された芸人は2月1日に処分保留となり釈放されていますが、この事件をきっかけに各芸能事務所では、楽屋管理の徹底が現場マネージャーに伝達されたそうです」(芸能記者)
    ■お笑い、アイドル界でも戦々恐々

     というのも、ここ最近、いわゆる“楽屋荒らし”被害が増えているからなんだとか。若手芸人の一人がこう打ち明ける。「僕らはテレビに呼ばれることはまれなので、局の楽屋事情はあまり分かりませんが、
    ライブ会場の楽屋などでは、財布やポータブルプレイヤー、タブレットなどがなくなることは珍しくありません。僕らのような若手は、個室ではなくて大勢の芸人が共用する大部屋の楽屋なので、
    誰が犯人なのか分からないんです。マネージャーに持っていてもらえばいいんですが、売れていない芸人は、現場にマネージャーがついて来ませんから……」

     アイドル界でも、同様の被害が報告されている。「国民的アイドルグループの楽屋から物がなくなる事件が多発していると、昨年の11月にメンバーが打ち明けたんです。
    紛失した手帳やスマホなどから、個人情報やプライベートの写真などが流出するのではと、関係者は戦々恐々としているそうです」(前出の記者)
    ■有吉弘行や渡辺直美も被害を告白

     ちなみに、お笑い界には、楽屋泥棒の要注意人物と目されている“ブラックリスト”が存在するという。「お笑い賞レースで優勝したこともある『K』のツッコミのほうや、ビートたけしも漫才の腕を認める
    『T』のボケ担当は“要注意人物”とされていますね。とはいえ、おとがめがないばかりか、むしろ、その大胆さを笑い話にするようなノリもあるのが芸人の世界なんです」(前同)

     売れっ子の有吉弘行も、自らの番組内で「後輩がオレの財布から金を盗んでいたことが分かった」と告白している。「ただ、有吉さんは金を盗んでいた後輩を“泥棒”と命名し、
    変わらずかわいがり続けているようですから、芸人の世界には“ネタになれば別にいいだろう”という大らかさがありますね」(民放局関係者)

     とはいえ、笑い事では済まされない例も。「タレントの渡辺直美が、〈なんで私の家にあるCDがヤフオクに売られているの?〉と、渡辺宛てにサインされたアイドルCDの盗難被害をツイッター上で告発しています」(前同)

     金は、自らの芸で稼いでほしいものだ。

    https://taishu.jp/detail/31691/


    【【芸能界】「楽屋泥棒」仰天事情…】の続きを読む

    このページのトップヘ