爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    芸能



    (出典 futaba05.com)



     お笑いコンビ「マテンロウ」の大トニー(旧芸名:大野大介)が、バラエティ番組で我を忘れて怒鳴りまくる失態を犯した。5月30日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、自分の身代わりを見つけると鉄格子の檻から脱出できるという監禁ドッキリ企画を放送。ここでパンサーの菅良太郎に電話で呼び出された大トニーは、自分が鉄格子に閉じ込められたことを理解するやいなや、「何がおもしれえんだよ、若手芸人使ってよ」「おーい、偉れぇヤツよ、出てきて説明しろよ!」「おメーらがやってることなんかお笑いじゃねーかんな!」と吠えまくったのである。

    「大トニーは午前2時半過ぎに東京都中野区で飲んでいたところを呼び出されたようです。監禁場所は神奈川県東神奈川で、すでに電車もない時間ですから、1万4000円ほどをかけてタクシーで移動したはず。パンサー菅からは『財布を忘れて飲み代が払えない』との理由で呼び出され、ピュアな善意で駆け付けたところをいきなり檻に監禁されたのですから、我を忘れて怒りまくったのも無理もないところでしょう」(お笑い系のライター)

     そんな大トニーの激怒ぶりに視聴者からは「あれはブチ切れるのも無理はない」と同情の声も寄せられていた。当の大トニーは番組の放送後に「お見苦しいとこをお見せしてしまい申し訳ありませんでした」とツイート。さらにリプの中で〈ダメなとこがでてしまいました〉〈誰がお笑い語ってんだって自分で思いました〉と反省しきりだったようだ。だが、そんな大トニーに対して心ない声が浴びせられているという。

    「大トニーが激怒した姿はネットニュースでも取り上げられました。すると『水曜日のダウンタウン』を観たことのない層から《大トニーって誰?》《知らない芸人が怒鳴りまくっていて草》などと、知名度の低さを小ばかにする批判が寄せられたのです。確かに大トニーは相方のアントニーに比べて知名度が格段に低く、典型的な“じゃないほう芸人”の一人。ただ、『水曜日のダウンタウン』ではその格差をイジられる機会が多く、本名の大野大介から“大トニー”に改名したのも同番組での格差調査がきっかけで、名付け親は松本人志なのです」(前出・お笑い系ライター)

     みずからも失態と反省する姿を見せてしまった大トニー。しかし今回の一件で少しだけ知名度を上げることができたのかもしれない。

    (金田麻有/写真:パシャ)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】松本人志命名「大トニー」が“監禁ドッキリ”に激怒も世間から心ない声浴びる!】の続きを読む



    (出典 netsuai-geinou.com)



    お笑い芸人のおばたのお兄さんが5日、自身のインスタグラムを更新。30歳の誕生日を迎えたことを報告し、俳優の小栗旬からお祝いメッセージが届いたことを明かした。

    おばたのお兄さん(左)と小栗旬

    おばたは、首をかしげて『花より男子』花沢類役・小栗旬のモノマネ「まーきのっ」をしている写真をアップ。このモノマネ風に、「みーーーそじっ。30歳になりました」と報告した。

    そして、「20歳の頃の僕よ。君が夢中になって見てる映画【クローズZERO】で『かっけぇなぁ』と好きになった滝谷源治、いや小栗旬さんからまさか10年後『おめでとう』と寝てる間にメッセージが届くなんて夢にも思わないだろ?」と小栗からのメッセージに感激。「30歳一発目は秩父でアリを捕まえる仕事です」と記した。

    さらに、「#まーきのっ #と言って人の名前をささやいて #首を傾けることによって #お金を稼ぐ30歳 #すてきやん」とハッシュタグも添えた。

    ファンからは「お誕生日おめでとうございます」「素敵な30歳になりますように」と祝福メッセージが殺到。「小栗さんステキな人だね」「小栗旬さんからおめでとうなんてすごい」「小栗旬さんからメッセージ届くなんて素敵すぎますー」「小栗さんかっけぇ、、」と小栗からのメッセージも話題を呼んでいる。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】おばたのお兄さん、小栗旬からの誕生日メッセージに感激…】の続きを読む



    (出典 thetv.jp)



     お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」のナダルが新横浜の駅前で正体不明の男たちに捕まり、倉庫街に連行。鍵の掛かった鉄格子の中に監禁された! これは5月30日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)にて放送された検証コーナー「数珠つなぎ企画で1番過酷なのジョジョの鉄塔システム説」の冒頭シーンだ。

     同企画では、自分の身代わりが鉄格子に入ると解放されるという仕組みを用意。ナダルは携帯電話で言葉巧みにジャングルポケットのおたけを呼び出して脱出に成功し、その後は数珠つなぎにパンサーの菅良太郎らが呼び出されては身代わりとして監禁されたのである。中にはサンシャイン池崎のように鉄格子を見ただけで帰ってしまう例もあり、アルコ&ピースの酒井健太は制限時間の24時間を超えてから現れたため、鉄格子に入ることなく謎の男たちに捕らえられ、ロケバスに押し込まれたのである。

    「今回の企画には視聴者からも賛否両論が噴出。鉄格子に閉じ込められた芸人が真顔で怯えたり、ガチギレするシーンに『めっちゃおもしろい!』との評価があった一方で、『鉄格子に閉じ込めるのはさすがにやりすぎ』『BPOにチクるべき人権侵害レベル』との批判も殺到しています。中でも冒頭でナダルが連れ去られたシーンについては、もはや犯罪同然との指摘もあるようです」(テレビ誌のライター)

     この手のドッキリ企画では芸人本人にこそ内緒にしているものの、所属事務所は企画の内容を了承しているもの。それゆえ連行や監禁もテレビの企画だとして犯罪行為にはならないわけだが、ここまで悪質なドッキリが流行ると、本当の犯罪を誘発しかねないというのだ。

    「連行監禁の現場ではテレビカメラが密着して撮影していますし、芸人が押し込まれるのは緑ナンバーのロケバスですから、第三者が見ても『テレビの撮影だな』とわかる仕組みです。でも悪意のある連中がニセのカメラクルーとマイクロバスを用意して誘拐行為に及んだら、周りの人はどう思うでしょうか?『ああ、バラエティ番組のロケだね』と思って見過ごす可能性も高く、犯罪行為が成功してしまいかねません。ほかにもユーチューブには、繁華街で子供を連れ去るふりをする悪質な動画もアップされています。そんな『犯罪行為のマネごと』をドッキリ企画に仕立て上げるのは、いくらバラエティ番組と言えどもさすがにやりすぎではないでしょうか」(番組制作会社スタッフ)

     今回の「水曜日のダウンタウン」にしても、ナダルの連行現場を見た一般人が「誘拐だ!」と義憤に駆られ、謎の男たちに殴りかかる可能性は否定できないはず。そろそろ「水曜日のダウンタウン」でも企画内容のエスカレートに歯止めをかけるべきなのかもしれない。

    (金田麻有)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【バラエティ】もはや犯罪!?「水曜日のダウンタウン」の監禁ドッキリに非難ゴウゴウ…】の続きを読む



    (出典 i0.wp.com)



    お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤(45)が、5月31日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『アメトーーク!』(毎週木曜23:15~24:10)で、「東京のハーレーのボス」に向けてメッセージを送った。

    井戸田潤

    この日特集された「バイク芸人」に、前回に続いて出演した井戸田。その終盤でトークテーマが「ビビった話」になった。

    前回放送後のある日、井戸田は東京・麻布十番で飲んでいたところ、「結構ガタイのいい兄ちゃん」に話しかけられる。「おい。お前、バイク乗ってるらしいな。ハーレー乗ってるんだろ」「誰に許可を得て乗ってんだ」などと絡まれ、「東京でバイク乗るには、東京のハーレーのボスに面を通せ」と指示されたという。

    「どういうシステム?」と疑問に思う井戸田だったが、奥の座敷で開かれていた宴会に連れ込まれ、期せずしてそこにいた高身長で細めの男性(東京のハーレーのボス)と面会することになる。「お前、いつからハーレー乗ってるんだ。何台目だ」と尋問され、1台目のFXDLローライダーに乗っていることを正直に話すと「気に入った!」。

    しかし、それで一件落着とはならず、「お前の走りがみたい。走りを見ないことにはどうにもならない」「明日の正午に代々木公園に集合だ。仲間が全員来るから、お前の走りを見せてくれ。ビビんじゃねえぞ」とさらに面倒なことに巻き込まれてしまう。

    井戸田は「引いちゃったらヤバイ」と予感し、「俺、絶対に行きますよ」と約束。そして翌朝、「用意してたんですよ。テレビをつけたら、代々木公園が当時流行りのデング熱で閉鎖されていたんです」というまさかの事態に。

    「ビビった話」を終えた井戸田は、カメラ目線で「もし、東京のハーレーのボスが今これ見てるとしたら……俺はあなたたちにビビったんじゃない。デング熱にビビったんだ!」と呼び掛けていた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】井戸田、“ハーレーのボス”にメッセージ「あなたにビビったんじゃない」】の続きを読む



    (出典 up.gc-img.net)



    喜び 感謝
    バタコ / PIXTA(ピクスタ)

    5月30日にTBS系列で放送された『水曜日のダウンタウン』の内容が、またも物議を醸している。

    【関連】水曜日のダウンタウン「一歩間違えれば警察沙汰」で激怒と批判 ほか

    この日は漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のエピソードを再現する企画『数珠つなぎ企画で1番過酷なのジョジョの鉄塔システム説』がプレゼンテーションされた。お笑い芸人をひとりずつ倉庫へ閉じ込め、脱出するためには身代わりとなる芸人を電話で呼び寄せなくてはならないというものだ。

    最初に閉じ込められたお笑いコンビ『コロコロチキチキペッパーズ』ナダルは、『ジャングルポケット』のおたけを言葉巧みに誘い出して脱出に成功。テレビ番組の企画だと知らないおたけは、夜中に「タクシー代1万5000円をかけて倉庫までやってきたのに」と愚痴をこぼした。

    その後も多くの芸人が閉じ込められて、口々に「え!? 何どういうこと?」「ここから出せ!」などとパニック状態になっていた。

    特に視聴者の反響がすさまじかったのが『パンサー』の菅良太郎が身代わりとして呼んだ『マテンロウ』の大トニーが閉じ込められたときだ。大トニーは尊敬する先輩の菅から「財布を忘れて店から出られない」と嘘をつかれ、この企画へ参加したのだが、自分が騙されたことを理解した大トニーはカメラが回っている中で怒りを露わにし続けた。

    「マジ気持ちわりぃ!」
    「おい!偉ぇやつ出てこいよ!」
    「全然面白くねぇんだよ! 若手芸人使ってよ!」
    「お前ら(水曜日のダウンタウン)のやってることなんてお笑いじゃないからな!」

    ほかにも暴言を繰り返し、あまりの剣幕にスタジオこのVTRで見ていた『ダウンタウン』のふたりも呆れ果ててしまうほどだった。

     

    水曜日のダウンタウン「ドッキリ企画激怒芸人」一転して感謝

    ブチギレた大トニーを励ます声

    放送後に大トニーは自身のツイッターで謝罪をしている。


    この大トニーの投稿には、励ましの返信が多く寄せられた。

    《他人の心配をしてあんな夜中に倉庫まで行ってあげる大トニーさんほんとにかっこいいですキレて当たり前の企画だと思いますよ!》
    《番組大好きだけど、今回の説はさすがにやばいと思いました、、、大トニーさん正論だと思います》
    《いや、正論でした。怒っていい場面でしょう。》
    《さすがにアレはキツいし、審議かけられる企画ですよね。お疲れ様でした。》

    インターネットの掲示板でも番組への批判の方が目立つ。

    《放送前に第2弾撮るって言ってたからもうやってるはずだが放送できるんかな?》
    《これモラル云々抜きにして、ただ単純に面白くなかった》
    《ただただつまらなかったわ》

    大トニーはそのあとにも次のように投稿している。


    さすがに今回は番組の企画がやり過ぎだったといえるだろう。

    水曜日のダウンタウン「ドッキリ企画激怒芸人」一転して感謝まいじつで公開された投稿です。

    バタコ / PIXTA(ピクスタ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【バラエティ】水曜日のダウンタウン「ドッキリ企画激怒芸人」一転して感謝…】の続きを読む

    このページのトップヘ