爆Channel

どうも爆Channelです。2chのまとめブログになっています。 面白い芸能・エンタメやスポーツ、ニュース…などを掲載します。 よろしくお願いします。

    ニュース



    (出典 geitopi.com)



     これも一種の母校愛なのか。爆笑問題・太田光の発言を巡って賛否両論が巻き起こっているという。太田は5月27日放送のラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」にて、日大アメフト部の内田正人前監督が出席した記者会見で繰り広げられた問答について言及した。

    同会見では日大側の司会者が記者からの質問を途中で打ち切ろうとしたことで、記者から「あなたの発言で日大のブランドが落ちますよ!」との批判が。それに対して司会者が「落ちません!」と反論したことが話題になっていた。このやり取りについて太田は「日大にブランドなんかねぇやって思って」と激白したのである。

    「太田は日本大学芸術学部を中退しており、いわゆる『日芸』の出身。その日芸には日大の学生との認識を持つ者もいれば、『日芸は日大とは違う』というプライドを抱いている者もいます。太田がどちらの立場かは明言されていませんが、前者であれば日大そのものにブランドを感じていないことになり、後者であれば『日芸は別』という上から目線の発言ということになりますね」(芸能ライター)

     いずれにせよ日大関係者にしてみれば、太田の発言は気持ちのいいものではなさそうだが、意外にも太田に対する反論は少ないというのだ。まさか日大関係者自身が日大にブランドを感じていないのだろうか?

    「太田は先ほどの発言に続けて『あそこで別に“日大ブランド”上げ下げの問題じゃねぇだろって思うんだけど』と指摘。つまり日大にブランド力があるかどうかではなく、あの記者会見の場で『ブランド』の話を持ち出すことが不適当だと指摘していたのです。日大の同級生である相方の田中裕二も、会見の目的は事実を明らかにすることであり、『ブランドどうこうは確かに違う』と太田に同調していました。多くの日大関係者も、何より日大アメフト部の中で何が起こっているのかを知りたがっており、日大ブランドの話には興味がないようです」(週刊誌記者)

     仮に日大のブランドが損なわれるとしたら、それは司会者の対応が原因ではなく、危険なタックルを指示した指導者の行為にこそ問題があるはず。多くの日大関係者はそう実感しているに違いなさそうだ。

    (金田麻有)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】日本大学中退の太田光が「日大にブランドなんかねぇ」と激白した理由とは?】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



     お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんが、4月22日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(毎週日曜 前10:00)に出演。テレビ朝日の女性記者に対するセクハラ疑惑で財務省の福田淳一事務次官が辞任した件について持論を語りました。

     番組冒頭、石原良純さんが「テープが本当かうそか、科学的に解析しないと分からない。ただ、あの発言をしてもセクハラと思わない人間もいる。あの人(福田氏)はセクハラじゃないと思っているかも」とコメント。

     松本さんは福田氏について「エロの塊みたいなおっちゃんで、セクハラだと思う」とし「であれば、そんなおっちゃんに女性記者を1年半取材させた責任はどうかと。テレ朝はセクハラと言うけど、そこに行かせたのはパワハラでは」と語りました。

     続けて「でも、テレ朝がパワハラではないと言うのであれば、女性はこの1年間、自ら前のめりに取材していたことになる。するとこれは『ハニトラ』じゃないのかともなる。セクハラ6、パワハラ3、ハニトラ1でどうですか」と持論を展開しました。

     山崎夕貴アナウンサーが「(ハニトラは)考えにくいと思います」と反論すると、松本さんは「もしくは、女性が嫌で嫌で仕方なかったらパワハラ4になりますよね」と説明。「でも、上司からこの人に取材するようにと担当が決められたら、嫌なことがあっても、責任感からすぐに(セクハラ被害を)上司に上げることはできない」という山崎アナに、松本さんは「誰か一人が悪いと決められない案件」と総括していました。(エンタメチーム)

    松本人志さん(Getty Images)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【騒動】松本人志、福田氏問題は「セクハラ6、パワハラ3、ハニトラ1」】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/04/22(日) 16:41:11.06 ID:KxyQ2KRI0●.net BE:745280713-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    フジ山崎夕貴アナ、財務次官セクハラ疑惑で松本人志に反論「考えにくい」
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/22/kiji/20180422s00041000182000c.html

    フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)が22日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、財務省の福田淳一事務
    次官を巡るセクハラ問題に言及。「セクハラ6、パワハラ3、ハニトラ1」と独自の見解を述べた「ダウンタウン」の松本人志(54)に反論した。

     福田氏によるセクハラ疑惑では、テレビ朝日が自社の女性記者が被害受けたと公表。それに対して福田氏が「(会話の)全体をみればセ
    クハラに該当しないことは分かるはずだ」と述べ、両者の言い分が食い違っている。松本は「福田さんっていう人は、エロの塊みたいなお
    っちゃんですよ。セクハラはセクハラだと思います」としながらも、「そんなエロの塊のようなおっちゃんに、女性記者1人を1年半に渡
    ってなぜ(取材を)させたんだって。させた側の責任はどうなっていくんだろうかと思うんですよ。そこに行かせたのだったら、これはパ
    ワハラじゃないのかということになってくると思う」と被害に遭った女性記者が所属するテレビ朝日の責任に言及。

     そして、「テレ朝さんがパワハラじゃないって言うのであれば、この女性は自らこの1年半取材をしてたんかっていうことになってく
    る。そうなってきたらこれはハニトラじゃないのかっていうことになってくる」と続け、「どれも全部1本じゃないと思う。私の見解としては『セクハラ6、パワハラ3、ハニトラ1』でどうですか?」と私見を述べた。

     これに異論を唱えたのが山崎アナ。あ然とした表情で松本の意見を聞いていたが「ハニトラ入りますか?」と疑問を口にし、重ねて
    「ハニトラないかな〜」と言う松本に「考えにくいと思います」ときっぱり。「この女性が最初から嫌で嫌でしょうがなかったってい
    うことなら『パワハラ4』になりますよね」と松本が述べると、「パワハラに関しては、上司から“この人を取材するように”ってい
    う担当が決められちゃったら、嫌なことがあってもすぐに上司に(報告)上げるのは責任感があったらなかなかできないと思う」と同じ取材する立場から反論した。


    【【芸人】松本人志、セクハラ問題について「ハニートラップだ」】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



     お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんが、4月22日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(毎週日曜 前10:00)に出演。「週刊文春」が報じた“女子大生買春騒動”を受けて辞任を表明した新潟県の米山隆一知事について持論を語りました。

     冒頭、石原良純さんが「(売買春は)良いのか悪いのかといったらいけないこと。ただ、それがおおっぴらになった時に誰がたたかれるのか。知事は辞任しなきゃいけないけど、無職のおじさんだったら…」とコメント。

     ピアニストの清塚信也さんは「どこからがダメなんですか? お金を渡すことって」と疑問を投げかけ、犬塚浩弁護士は「肉体関係への対価ですね」と指摘しました。

     東野幸治さんが「(米山氏は)賢い人だし知事やっていれば…」と水を向けると、松本さんは「これは米山さんが『10』悪いですよ。やっぱり、ちょっと僕はどうかと思うな」と力説。「相手が複数だとそれは恋愛ではない。(20歳は)超えてるけど、複数の相手に同じやり方で、というのはちょっと難しい」と持論を展開しました。

     石原さんが「去年ソープランドに行った代議士の写真が週刊誌に載った。ソープランドと出会い系は違うのか」と話すと、松本さんは「米山知事はそれでは興奮しない人なのかも…」と笑わせていました。(エンタメチーム)

    松本人志さん(Getty Images)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸人】松本人志、県知事の“女子大生買春騒動”に持論「相手が複数だと恋愛ではない」】の続きを読む



    (出典 www.madameriri.com)



    SNSのアイコンにしていた自分の顔写真を、勝手に加工されてネットに拡散されたという設定の、いじめ予防用DVD教材。「いちばん悪いのは誰ですか?」と尋ねた担任は、子どもたちの答えに絶句した。担任の前で見せる従順な顔とは裏腹に、そのクラスでは特定グループによる陰湿ないじめが横行していた――。

    ■「いじめる側は本能に従っているだけ」

    学校でのいじめを減らす方策の1つとして、子供たちへの予防教育がある。適切な予防教育が行われれば、いじめの発生数を減少させたり、もし発生した場合でも早期に発見・対処し、環境を含めた改善を行える可能性が高まる。文部科学省の「いじめの防止等のための基本的な方針」でも、予防教育は「学校が実施すべき施策」の1つにあげられている。

    一方で、その出発点で失敗するケースも後を絶たない。

    ある小学校で、DVD教材を使ったいじめ予防教育を行ったときのことだ。DVDのストーリーの中で、会員制交流サイト(SNS)のアイコンを自分の顔写真にした少女が、クラスメイトに勝手にアイコラ(編集部注:顔写真と別人のヌード写真などを組み合わせた合成写真)を作られ、それを拡散されるいじめを受けたという話が出てきた。

    ストーリーの核心にあたるこの部分で、クラスの担任教師は「誰の行為が一番悪いと思いますか?」と生徒たちに訊(き)いた。「アイコラを作ったクラスメイト」か、「それを面白がって拡散したクラスメイト」が悪いという意見が多数だろうと、担任は予想していた。

    だがこのクラスでは、生徒たちの大半が「最初に自分の顔写真をSNSに掲載した子」が悪いと答えたのだ。「なぜ?」と問う担任に生徒たちが返したのは、「意図しない使われ方をするかもというところまで考えが及ばなかった、本人の責任」という理屈だった。

    ここで質問を変えたり、世の中のアイコラ写真問題を取り上げたりすれば、話の流れを変えられたかもしれない。だがこの担任教師は、授業の進行に気を取られるあまり、事前の想定を超えた展開に気が動転し、そこからどう話を進めればいいのかわからなくなってしまった。

    そうこうするうち、授業終了を告げるチャイムが鳴った。これでこのクラスでは、「いじめの主な原因はいじめられる側にあり、いじめる側は本能に従っているだけなのだから仕方がない」という結論で、「予防教育」の時間を終えてしまったのである。大人の間でも見られる勝手な理屈だが、特に当事者世代である子どもは、この理屈でいじめ被害者に残酷に対応することが多い。

    ■うわべだけを見て現実を見ない担任

    学校のいじめ対策においては、最も生徒に接している各クラスの担任教員が現状の把握を行い、その状況に合わせて学校全体がいじめ予防策を企画し、実施していくというのがセオリーだ。問題は、「私の児童/生徒はこうあるべきで、クラスはこうあるべき」という思い込みのあまり、現実を見ようとしない教員がしばしば存在することだ。クラスの児童や生徒はそうした教員の心理を見越し、担任がいるときだけは担任の望むように動くが、いないときには本来の姿に戻り、悪口もいえばいじめもするし、怠惰な様子を見せて不平不満も吐く。

    そうした現実をより深く知り、クラスの様子をよく観察し、それぞれの児童生徒の動向を確認するようにしていれば、このクラスに性善説が通じないことは理解できたろう。だがこの担任教員は、子供たちのうわべばかりを見て、相手の真意を察することができていなかった。人を教え導く立場にあるにしては、人間への経験が浅いと言わざるをえない。

    実際このクラスでは、目立った非行こそ見受けられないものの、複数件の陰湿ないじめが横行していた。いずれも加害者は同一グループのメンバーで、いじめが問題化すると、加害者は自作自演で自らも被害を受けたと言い張り、教員らの介入を困難にしていた。

    いじめの加害者たちが何の罰も受けず、反省も促されず、のうのうとクラスに居座る一方で、ひどいいじめを受けた児童や、それを止めようと仲裁に入った児童らはさらにいじめられ、不登校に至ったり、自らの存在を極力消すことでクラス内でどうにか生き永らえていた。

    それでも担任教員の目には、全ての児童たちは自分の受け持つかわいい教え子であり、話せばきっとわかってくれる相手のように映っていたのである。

    いじめ予防教育が失敗する要因は、担任の経験不足だけではない。担任や学校管理者がいじめについて無関心で、かつ子供たちとの接触不足や思い込みによって、クラスの「真の姿」を知らない場合に起きることが多い。前提を誤れば、どんなに努力しても結果はゼロになる。こうした学校では、1人の保護者がどう動こうが、奇跡的な出来事でもない限り、何も変わることはない。

    ■予防教育がうまくいく条件とは

    いじめ予防教育は、その学校の現状の環境に適合したものを行うことが第一で、どんなやり方が一番かなどとは簡単には言いにくい。学校全体で具体的な取り組みを行っていること、学校長がさまざまな反対意見をのみ込んで、先頭に立って積極的に活動を行っていることなどは、最低限必要な条件となろう。

    児童自らが積極的にいじめ防止活動を展開する、足立区立辰沼小学校の「辰沼キッズレスキュー」のような事例もある。保護者としてはPTA活動などに積極的に参加し、懇談会や研修会などの行事の際、適切な講師を呼んで学校に意見してもらうなど、地道な活動をしていくことが正攻法となるだろう。

    *本コラムへのご意見、取り上げて欲しいテーマ、ユースガーディアンに相談したい事例等ありましたら、下記URLにぜひお寄せください(ご相談へのお返事については、お時間をいただく場合があります)。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeeAI2nGm9-UKz9XTN_ngXmvjkWHA5ErugiIOg_1yHd9jlmUg/viewform?usp=sf_link

    ----------

    阿部泰尚(あべ・ひろたか)
    NPO法人ユース・ガーディアン代表理事
    1977年、東京都生まれ。東海大学卒業。T.I.U.総合探偵社代表。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。教員免許あり(社会科)。2004年、探偵として初めて子供の「いじめ調査」を受件し、解決に導く。以後5000人以上の相談を受け、重大な問題があり、関係各所が動きが取れない状態であった330件(2015年12月現在)に上るいじめ案件を手がけ収束・解決に導き、今も精力的に「いじめ問題」に取り組む。著書に『いじめと探偵』(幻冬舎新書)など。

    ----------

    写真=iStock.com/hxdbzxy


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】「悪いのはいじめられた方」と言い放つ子…】の続きを読む

    このページのトップヘ