芸能SELECT

芸能についてまとめたブログです。 興味を持ってもらえるように頑張ります。 暇つぶしにどうぞ!

    ドラマ



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    現在ドラマ「海月姫」(毎週月曜夜9:00 フジ系)に出演。ファッション誌では女性の憧れの的、青年漫画誌のグラビアでは抜群のプロポーションで男性を魅了している泉里香。しかし、デビューしたてのころは、芸能界自体に興味がなかったという。

    「スカウトされてこの世界に入ったのですが、最初は全然興味がなかったんです。『美少女戦士セーラームーン』('03~'04年TBS系)でデビューしたのですが、14歳だったので、当時はまだ何も考えてなくて。漠然といい大学に行って、いい会社に入ろうと思ってました(笑)」

     しかし、オシャレな母に育てられた泉はモデルの仕事を通して、意識が変化。モデル、グラビア、女優と活動の幅を広げていった。

    「普段の私はすごく普通です。何かにハマったりもしないので、今、ハマれるものを探してます。食べることは好きですし、自分磨きをしたりしますが、それは仕事の一部なので。トレーニングも食事制限も習慣になっているので、ハマるのとはちょっと違いますよね?」

     では、泉が日ごろ美容のために習慣にしていることは?

    「温かいものを常に飲んでます。冷たいものは夏には飲みますが、基本的には常温。今はとても寒いのでマグを持ち歩いてます。お風呂は大好きなので長めに入りますし、ショウガなど風邪をひかない免疫力が上がる食材を食べるようにしています。食事は家でするようにしてますね。スケジュールが不規則なので、体を壊さないために。今の時期はおみそ汁とか、体が温まる汁物が増えているかな?」

     そんな彼女が「海月姫」(フジ系)で演じているのは、主人公・月海(芳根京子)ら尼〜ずが暮らす天水館を狙う、色っぽい稲荷翔子。プロジェクトを成功させるためには女の武器も繰り出す、百戦錬磨のデベロッパーだ。

    「監督とお話しさせていただいた際、稲荷さんはとにかく“圧”強めで、声を低くしてSっ気たっぷりでと言われたので、そこを存分に出そうと頑張ってます。それから、天水館のメンバーに負けないで、とも言われました。稲荷さんの見た目は普通のOLなので、彼女たちのような衣装ナシでいかに対抗できるか。5対1で頑張ってと言われたので、負けないようにそこも頑張ってます」

     泉演じる稲荷は、東村アキコの原作マンガを超える強さを誇る。

    「撮影前からある程度のセクシーさは予想していましたが、強さは自分が思っていた以上でした。現場でも『もっと“圧”! もっと“圧”!』と指導されてます。普段の私はわっと騒いだりもしないし、怒らないし、あまり声を出さない方なのですが、稲荷は低い声で怒鳴るシーンも多いので、喉がつぶれそうです(笑)。でも、やり始めたら楽しくなってきました」

     そんな稲荷だが、月海に恋する蔵之介(瀬戸康史)の弟・修(工藤阿須加)の誠実さに心打たれたことで、行動がちょっとずつ変化していく。

    「第3・4話ぐらいから鉄の女が動き始めるんですよね。今後、どうも稲荷さんが月海ちゃんになる展開もあるらしいですよ。これまで通り、女っぽく責めるのではなく、男を落としたことのない月海ちゃんみたいな人がどういう行動を取るのか実践するらしいんです。でも、私もまだ詳細は知らないので、乞うご期待です!」


    ▼プロフィール

    ●いずみ・りか=’88年10月11日生まれ、京都府出身。A型。ファッションモデル、バラエティータレントとしても活躍。ドラマ「カンナさーん!」(’17年TBS系)などに出演。「indeed」「からだ巡茶」などのCMが放送中(ザテレビジョン・及川静)

    ドラマ「海月姫」で稲荷翔子を演じる泉里香


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【女優】泉里香「海月姫」で強烈キャラ熱演!】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



     朝の情報番組「あさイチ」を3月をもって卒業することが発表され、“井ノ原ロス”が叫ばれている中、ファンにとっては喜ばしいニュースが飛び込んで来た。4月からスタートする連続ドラマ「特捜9(とくそうナイン)」(テレビ朝日系)の主演に井ノ原快彦が起用されることが明らかになったのだ。

    「テレビ朝日系の水曜夜9時のドラマ枠で、“9系”の愛称で愛されてきたドラマ『警視庁捜査一課9係』の新装版です。2006年から長年係長役を演じて来た渡瀬恒彦さんが、去年の3月に逝去。12年築き上げてきた番組の歴史に幕が降ろされるのかと思っていたら、9系に所属していた井ノ原、羽田美智子、吹越満、田口浩正、津田寛治演じる刑事たちが新しい部署『特別捜査班』に再集結、新たな班長に寺尾聰を迎えてスタートを切ることになりました」(テレビ誌記者)

     これには“井ノ原ロス”を心配していたファンからも〈イノッチの特捜9、楽しみだ〉〈井ノ原くん、ゴールデン帯連ドラ 単独初主演おめでとうございます!〉とお祝いの声が寄せられた。しかし喜んでいるのはファンだけではない。

    「週5日のレギュラーがなくなって困るのは、なんといってもイノッチ本人。妻の瀬戸朝香が火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)に出演して、徐々に女優として返り咲きつつありますが、子供が長男8歳、長女5歳とこれからが大変な時期。そういった意味でもシリーズ化が見込める連ドラの主役を演じるメリットは計り知れません」(エンタメ誌ライター)

     さらに、こうした気の早い見方もある。

    「『特捜9』で主役として成功を収めれば、NHKの朝の顔を8年も務めた井ノ原ですから、論功行賞で大河ドラマの話が来ても不思議ではない。そうすればV6では岡田准一に続く快挙です」(スポーツ紙デスク)

     ちょっと気は早い気もするが、井ノ原にとって大きなチャンスが巡って来たことだけは間違いなさそうだ。

    (窪田史郎)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ジャニーズ】井ノ原快彦、巡ってきた大チャンスとは…】の続きを読む



    (出典 i0.wp.com)



    NHK大河ドラマ『西郷どん』で主演を務める俳優の鈴木亮平が19日、自身のオフィシャルブログを更新。同作との不思議な縁を明かした。

    同ドラマは、薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し、3度の結婚を経験し、幕末志士の一人として「勇気と実行力」で時代を切り開いた男、明治維新の立役者でありながら最期は新政府との戦いに散った西郷隆盛の生涯を描く。鈴木は、西郷隆盛の18歳から死没する49歳までを演じる。

    第七回(2月18日放送)は、吉之助(鈴木)の祖父の龍右衛門(大村崑)が労咳で死去。母の満佐(松坂慶子)は、嫁取りをせかすが斉彬(渡辺謙)と共に江戸に行きたい吉之助は結婚を拒んだ。吉之助は父の吉兵衛(風間杜夫)から母が死病を患っていると聞かされる。吉之助はしぶしぶ伊集院家より須賀(橋本愛)を嫁にもらったが、須賀は不器用で全く無表情、飲みっぷりだけはいいという嫁だった。そんな中、大山(北村有起哉)と俊斎(高橋光臣)の江戸詰めが決まり、吉之助は人選から落ちたことが分かった。母の満佐の容態が悪化し、最後に桜島が見える浜にもう一度行きたいというと、吉之助は満佐を背負って浜を訪れる。そこで満佐は吉之助の背中で息を引き取った、という内容だった。

    「須賀さんとの不思議なご縁(西郷どんこぼれ話7)」と題して更新したブログは、「ほんの一年の間に三人もの家族を次々と亡くしてしまったことは、史実ではありますが、あまりにも悲しい。ただ、母上と別れた海辺でのあのシーンでは、僕は身を切られるほど悲しいながらも、同時にとても幸せな感覚になったことを覚えています。背中の母。この両親が居て、この大家族があり、たくさんの愛情を受けて育ったからこそ、後に「大西郷」と呼ばれるような人物が育まれたのかなと、今となっては思います」と、松坂演じる母・満佐への思いを綴った。

    続けて、「そして! 吉之助がとうとう祝言をあげました! お相手は、橋本愛ちゃん演じる須賀さん。そういえば昨日父親と連絡を取っていたら、『亮平のひいおばあちゃんも、スガさんって名前やで』と衝撃の事実が」と、鈴木の親族にも『スガ』がいたことを明かし、同作との縁に驚いた様子を綴っている。

    最後は、「来週はいよいよ、薩摩青春編の最終章。グワッとお話が動きます。大切な回になります。熱いです。観てたもんせ!!」と熱いメッセージをファンに呼びかけた。



    ブログには、風間、松坂との親子ショットや、松坂との2ショットなども公開している。

    ファンからも「良かったです、とても。私も泣けました」「泣きもんした」「今週も感動と優しさをあいがとさげもした」「昨日の回は、涙・涙でした」「7話も、素晴らしい内容でした」「さかまさかの立て続けに家族が亡くなってしまうという怒涛の展開に、いちいち泣き崩れてしまいました」「涙なくしては観れませんでした」と涙した声が相次いでいる。
    関連画像キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【俳優】鈴木亮平、NHK大河『西郷どん』との不思議な縁を明かす…】の続きを読む



    (出典 www.kinokuniya.co.jp)



    AAAの宇野実彩子が、18日、自身のInstagramアカウントに写真を投稿した。

    【写真】AAA宇野実彩子、初のフルマラソン完走後の驚きの写真公開

    宇野は「クランクインしました! #会社は学校じゃねぇんだよ #華子役 #明日も頑張ります」とコメントを添え、出演ドラマの撮影が開始したと報告した。

    この投稿にコメント欄には「絶対見る! 宇野ちゃん!ファイト!」「楽しみにしてるよ〜」「どんな作品なのか今からすごく楽しみです」「これから地上波で宇野ちゃんが観れると思うとすごく楽しみで仕方ないです」「台本1〜4ってなってる、ほんとに連続なんやね嬉しいな」など、応援と期待のコメントが続々と寄せられている。

    宇野は先日、自身のInstagramアカウントに「AbemaTVオリジナルドラマ  #会社は学校じゃねぇんだよ に出演させて頂きます。#4月から放送#撮影頑張ります」とドラマ出演に関するコメントを添え、自身の写真を投稿しており、これにも応援のコメントが数多く寄せられていた。

    画像出典:AAA宇野実彩子オフィシャルInstagramより

    AAA・宇野実彩子が台本を手にクランクイン報告


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドラマ】AAA・宇野実彩子 台本を手にクランクイン報告…】の続きを読む



    (出典 zenmai-tokyo.com)



     近未来のデトロイト。警察から治安業務を請け負っている民間の巨大複合企業オムニ社は、殉職した警官・マーフィをロボコップとして生き返らせた。オムニ社の役員であるディック・ジョーンズは、実は警察組織にも裏から手を回し、街を牛耳る大悪党。そんなジョーンズを追い詰めたマーフィだったが、「オムニ社の役員に危害を加えることができない」というプログラムのため、ジョーンズに引き金を引くことができない。オムニ社の会長を人質に取るジョーンズ。しかし、会長が機転を利かせ「ディック、おまえはクビだ!(You are fired!)」と叫ぶと、その瞬間にオムニ社の役員ではなく失業者となったジョーンズは、マーフィによる正義の銃弾に撃ち抜かれるのだった……。

     というのが、1987年公開の映画『ロボコップ』のラストシーンでした。今回の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)におけるキムタクの見せ場は、ここからの引用です。

     クライアントからの命令を遵守すると決めているキムタクは、その仲間から凄惨なリンチを受けても、手も足も出しません。ひとしきり殴られた後、クライアントに「私をクビにしてください」と告げ、「とっくにクビだ」と吐き捨てられると、まるで覚醒した「ED-209」のごとき無敵のミラクルアタックで、一味を一網打尽にするのでした。

     そのほかにもいろいろあったんですが、実に象徴的な描き方だったので、今回は、だいたいこのシーンのお話だけで済みそうです。

    (前回までのレビューはこちらから)

     

    ■結論から言って、『BG』は人間の感情を描こうとしてないわけです

     

     ロボコップとなったマーフィは、人間として生きていたときの記憶と感情を完全に取り戻しています。だから、自らの利益のために街の治安の悪化を利用し、警官たちの身を危険にさらすジョーンズを絶対に許せない。100%、完全に許せない。許せないけど、自分の意思ではどうしようもない無慈悲なプログラムによって身動きを封じられているわけです。そこに人造人間としての葛藤と悲しみがあり、意識と実存の間で引き裂かれる感情がある。だからこそ、ジョーンズが「fired!」された瞬間にカタルシスが生まれる。ドラマとして、華やかに昇華する。

     一方のキムタクは、なんやかんやで「クライアントには絶対服従」と自分でも言うし、仲間たちも「こいつは絶対服従してる」と言葉で強調してますが、別にプログラムを仕込まれたサイボーグでもなんでもなく、生身の人間です。なので、マーフィのケースとは「絶対服従」の意味が、まるで違います。

    『ロボコップ』を引用するなら、キムタクの「絶対服従しなきゃ」という決意に、サイボーグにとっての「仕込まれたプログラム」と同等の強制力・拘束力を与えなければならない。物語によって、そのキムタクの決意に説得力を持たせなければならない。それができなければ、今回の「私をクビにしてください」という展開は成立しないわけです。

     結果、当然ですが、成立してません。なぜならマーフィは半人半ロボで、キムタクは人間だからです。

    『ロボコップ』のラストシーンが美しいのは、人間が抱き得る葛藤の範疇を超えるロボなりの悲しみを描こうとしているからです。作り手が一生懸命、必死になって「ロボでコップなマーフィ」の深淵に潜り、その本質を探り当てる努力をした結果に、たどり着いた結末だったからです。

     一方で『BG』は、何をしてるのか。安易に設定だけ借りてきて、直前のシーンとのギャップだけで納得させようとしてる。キムタクの感情がどう動いて、なぜリンチに耐えているのか、考えることを放棄してる。

     初回からずっと言い続けてますが、『BG』というドラマでは、完全にキムタクを接待するためだけの脚本が作られています。1話にひとつキムタクの見せ場を作るために、全員を感情のないロボとして扱い、適当に配置して、キムタクが目立つためにジャマだと思えば画面から追い出して、ひとしきりカッコつけさせたらまた呼び込んで、そういう繰り返しを延々と見せ続けている。にもかかわらず、主人公のキムタクたったひとりに対してでさえ、真剣に向き合おうとしてない。このドラマにとって、主人公・島崎章という人物がどんな人間なのかよりも、キムタクにウサギちゃんの変なパジャマを着せて「ねむねむ……」って目をこすらせるシーンを編み出すほうが、ずっと優先順位が高いのです。

    ■念のため、キムタクは悪くないですよ

     

     今回、キムタクの芝居そのものは、わりとよかったと思います。以前「カッコ悪いキムタクがいないから、逆転劇なのに逆転劇に見えない」と指摘したことがありましたが、今回はキッチリ逆転劇になっていました。もとより、全然悪くないんですよ、キムタク。

     それに『BG』は、撮影もいいんです。シーンごとで、画面の意味がすごくわかりやすい構図になってるし、光もきれい。役者もよくて、意味がわかりやすくてきれいな画面が次々に現れるのに、次のシーンでそれを裏切る、ウソにする、なかったことにする、そういう脚本なので、余計にストレスなんです。全部が全部ダメダメだったら、もうちょっと気楽に鼻くそほじりながら見られるんですけど。ちなみに今回の視聴率は14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だそうです。みんな、どんな顔して見てるんだろう。

     と、今回はそんな感じでしょうか。いいかげんあらすじも紹介したいんですが、物語を追っていくと書いたそばから矛盾が発生するので、説明できないのです。今回のクライアントは悪に手を染めた元有名サッカー選手でしたが、「ホテルで注意深く証拠を隠滅している」というシーンの後に「証拠は全部、カバンに入ってる」と言い出したり、「選手時代にイタリアの永住権を取った」と言ったのに「選手として海外進出していない」ことになったり、もう無茶苦茶なんです。無茶苦茶なんですよ!

     あと、脚本家の人が『ロボコップ』見てなかったら、この文章は全部見当外れですから、そのときはスミマセン……。
    (文=どらまっ子AKIちゃん)

     

    テレビ朝日系『BG~身辺警護人~』番組サイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドラマ】『ロボコップ』丸出しの木村拓哉『BG』見続けるのが“ストレス”になるワケ…】の続きを読む

    このページのトップヘ