芸能SELECT

芸能についてまとめたブログです。 興味を持ってもらえるように頑張ります。 暇つぶしにどうぞ!

    映画



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



     長澤まさみ主演ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)の第9話が6月4日に放送され、平均視聴率は自己最高の9.5%をマークした。また、この日放送のラストでは、映画化されることを発表。これに対し視聴者からは「月9よりも映画のほうが向いてるかも。一般受けよりも好きな人がハマるタイプの作品」「長澤まさみの綺麗さがよくわかった。演技も上手い。映画楽しみ」との意見もあれば、「映画化するほどの内容のドラマではないと思う」「確かに面白いけど映画にするほどのものではない」など賛否が分かれた。

     この発表に、芸能ジャーナリストは「懸念は東出昌大の声」という。

    「主人公のダー子(長澤)やリチャード(小日向文世)に振り回される小心者のボクちゃんを演じている東出ですが、とにかく声に魅力がない。視聴者からも『寝起きみたいな声で、キレがない』『何言ってんだか聞き取れない』『ノドの奥から変な声を出す東出が苦手』など、不評です。あの声を映画館のスピーカーで聞くのはキツイ」

     平均視聴率が10%にも満たない作品の映画化には、興行的に首をかしげざるを得ない。だが、平均視聴率12.5%だった同局の小栗旬主演ドラマ「信長協奏曲」は、興行収入が46億円超えした前例もある。映画「コンフィデンスマンJP」がどれほどの成績を残せるかに注目したい。

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【俳優】東出昌大「コンフィデンスマンJP」映画化で不安視される“あの部分”】の続きを読む


    長澤まさみ主演ドラマ『コンフィデンスマンJP』映画化が決定 | ニコニコニュース



    (出典 yamazaki-kento.xyz)



     女優の長澤まさみが主演するドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系/毎週月曜21時)が映画化されることが4日、第9話放送後の次回予告で発表された。

    【写真】『コンフィデンスマンJP』第9話フォトギャラリー

     次回11日放送の最終話の予告の直後、「映画化決定!」とのみ短く告知され、ドラマの公式ツイッターも放送終了直後にこの件について「#コンフィデンスマンJP 映画化決定 続報を待たれよ!!」とのみ伝えている。

     同作はダー子(長澤)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)という3人の信用詐欺師たちが、金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界など、毎回、さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる痛快エンターテインメントコメディー。脚本はドラマ『リーガル・ハイ』シリーズなどで知られる古沢良太が務めている。

    引用:https://twitter.com/confidencemanjp
    ドラマ『コンフィデンスマンJP』ビジュアル(C)フジテレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【注目】長澤まさみ主演ドラマ『コンフィデンスマンJP』映画化が決定!!】の続きを読む



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



     2008年に連続ドラマとしてスタートした『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)の劇場版が7月27日に公開する。第一作から10年を経て主演俳優・山下智久(33)はどのように主人公・藍沢耕作を演じ、映画作品としての『コード・ブルー』に向き合ったのか。「最後のつもりで演っている」という山下が感じる藍沢の内面における変化やメインキャラクターを演じるほかの4人のキャストとの関係性など、撮影の間に行ったインタビューでその胸の内を語った。

    【動画】劇場版『コード・ブルー』 予告映像

    ■映画だからこその『コード・ブルー』を模索「映画用の見せ方があってもいい」

     昨年末、撮影現場を訪れると、スタジオにはリアリティー溢れる『海ほたる』のフェリー内車両甲板が再現されていた。山下は何十台も並んだ車両の端っこのひとつに入って台本を読む。「このくだりは緊迫感があるシーンってのもあるし、この3日間くらいはあそこにこもってました。なんとなくあの後ろの端っこで、一人でずっと過ごしていましたね」と集中力を絶やさない環境でスタンバイしていた。

     映画では成田空港や海ほたるを舞台にした大規模事故が描かれる。カメラや機材などは連ドラの時とは変わるものの演技自体に特に意識していることはないそう。撮影前には白石恵役の新垣結衣、緋山美帆子役の戸田恵梨香、冴島はるか役の比嘉愛未、藤川一男役の浅利陽介と増本淳プロデューサーとで、トータル7、8時間にも及ぶ話し合いを行った。そこではストーリー展開について山下が「映画なので映画用の見せ方があってもいいのかな」と提案したという。

     「例えば映画の世界では『ドラえもん』のジャイアンがいいヤツになっちゃう…みたいな…映画として捉えたときに必要なんじゃないかと思った。キャラクターのブレが出てきちゃうかもしれないけど観てくれる人の環境が違うわけだから2時間を存分に楽しめる設定を重視したほうがいいのかなと。たくさんの人に届けたいというのが一番の目的なのでそのためにどういった手段をとるのがいいのか」とスタッフとともに、映画だからこそ描ける『コード・ブルー』の世界を模索していった。

     結果的には映画用に設定の改変は行わなかったものの、「僕も集大成のつもりでやっているので10年間演ってきたものに対して今の自分の感覚含めて伝えるべきだなと。5人それぞれ意見が違うけどみんなのバランスが一番いいところってなんだろうねと、ケンカするわけでもなく話し合って、お互いの心を知るきっかけにもなったし、それだけ想いが強いことがわかってよかった」。

     そんな5人の関係性を表すなら「親戚」。「なにもしゃべらなくてもそこにいることができる…、みたいな。楽屋で同じ夕方のニュースを見てああだこうだ言ったり(笑)。5人僕らの空気感があるんだと思いました。フェロー(有岡大貴、成田凌、新木優子、馬場ふみか)も溶け込むのも早かったし、彼らも僕らもいいタイミングで出逢ったんだなと」。

    ■藍沢は10年経て成長「誰かのために頑張れる男になった」

     映画として特別な設定の変更はないとはいえ、この10年間の集大成となる今回。連ドラでも大規模事故や災害は幾度も描かれてきたが、スクリーンで観ることを意識されたスケールの大きさはみどころとなっている。その一方で、5人の医師・看護師の日常を丁寧に紡いでいった同作だからこそ、藍沢の内面における成長は演じている本人も感じている。

     もともとは貪欲で野心家だった藍沢。そんな藍沢もさまざまな患者と関わることで「自分のために現場にいようということしかモチベーションのなかった男が誰かのために頑張ってみようと変化した。自分のためだけというのは限界があるんですよね。そこに『誰かのために』というのが加わればもっと頑張れると気づいたのかもしれないし、すごく成長したのかもしれない。誰かのために頑張れる男になった」としみじみ。

     「彼がよりたくさんの命を救うということをやっていることは変わらないけど想いが変わったんだと思います。スキルをあげるためだったのがスキルをあげることでもっと医療のレベルがあがる。そうすることでたくさんの人を救えるというところに行き着いたのかもしれないですね」。

     3rd season(2017年7月)では、翔北病院の脳外科のエースとなった藍沢はトロント大学への推薦候補にもあがっていたものの、人手不足に陥り未熟なフェロー(フライトドクター候補生)たちへの指導もままならない救命センターの窮状を目の当たりにしたことで、推薦獲得のための症例数稼ぎも兼ねる形で救命に戻ることとなった。「3rd seasoでは約10年間を通しての、先生として人間としての成長が明確に現れた」と振り返る。

     1st seasonの時と比べるとドクターヘリの認知度も向上。役柄を飛び越えて視聴者に届いたものは決して少なくない。10年を通して山下自身もまた役者としての成長を遂げている。

     「10年間やってきて病院で撮影していると周囲で生死をさまよう患者さんがいたりして、その時はなにもできないな、と。結局、まね事をしているだけだ、と落ち込むんです。でもその後、手紙などで『あなたのドラマを観て、息子がお医者さんになろうと猛勉強しています』といただくと、これが多分、僕らのやっていること、誰かを救うってことなのかなと思います。情熱が燃え上がってきました。存在する意味はそういうところにあるんだと自信を持ってしっかり取り組んでいくことが自分にできることなのかもしれないですね」と前を向いた。
    『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の予告映像が公開 (C)2018「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ジャニーズ】山下智久、『コード・ブルー』で芽生えた情熱 劇場版は「最後のつもりで演っている」】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    (C)まいじつ
    瑛太

    先日、明治大学の明治大学文学部文学科文芸メディア専攻の学生に対して映画『友罪』(瀬々敬久監督)に関する特別授業がおこなわれ、同映画に出演する俳優の生田斗真と瑛太がゲストとして登壇した。

    この映画は少年犯罪を扱った作品で、学生たちも授業で少年犯罪をテーマに学んでいることから実現した授業だった。それだけに真面目なトークが多かったが、就活中の学生からは生田と瑛太に俳優になったきっかけについての質問が飛んだ。

    生田は「母親がSMAPが大好きで何となく事務所に履歴書を送って、僕は部活の延長のような感覚で毎日楽しいなという思いで続けていました。高校生のときに演劇に出合って、お芝居の世界で生きていこうと決意しました」と語った。

    一方、瑛太は「高校にサッカー推薦で入ることができたんですが、1年で挫折して、趣味で映画を観ていたんですけど、現実逃避できるのは俳優なんじゃないかと思って、そこから何となく進んでいった感じですね」と俳優になった経緯を明かした。

     

    瑛太、生田斗真…人気俳優たちの意外な「芸能界入りのきっかけ」

    実家でドラマ撮影したときにスカウト

    このふたりのほかにも、意外な芸能界入りのきっかけを持つタレントは多い。

    「最近、IT企業社長との熱愛が報じられた石原さとみは、2002年にホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞しましたが、出場した動機は“告白したのに振った先輩を見返すため”だったそうです。本田翼は小学校六年生のときに渋谷と原宿で、同じ事務所の別々の7名のスタッフからスカウトされたといいます」(芸能ライター)

    俳優ではこんな例もある。

    「先日、前田敦子との熱愛が報じられた勝地涼は実家がおしゃれな花屋。彼が中学校一年生のときに店でドラマが撮影され、主演の瀬戸朝香のマネジャーが現場を見学していた彼をスカウトしたといいます。また、いまはワイルドなイメージの山田孝之ですが、中学三年生のとき、原宿で姉の買い物の荷物持ちをしていたとき、女の子と間違われてスカウトされたそうです」(同・ライター)

    いろいろあるが、皆さん、原石の頃から光っていたのだろう。

     





    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【俳優】瑛太、生田斗真…人気俳優たちの意外な「芸能界入りのきっかけ」】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



     ツッコまざるを得ないほどのそっくり具合だ。

     アメリカの人気映画「ターミネーター」の最新作が来年11月に全米公開されるが、新たに登場するキャストがこのほど発表された。新ターミネーター役に選ばれたのは、米人気ドラマ「エージェント・オブ・シールド」にゴーストライダー役で出演していた俳優のガブリエル・ルナ。詳しいポジションこそ明かされていないが、アーノルド・シュワルツェネッガーと敵対するキャラクターを演じるという。

     そんなガブリエルだが、日本でこのニュースが報じられると、その顔がある男性アイドルにソックリだと大いに話題になった。

    「文句なしにイケメンなガブリエルですが、関ジャニ∞の錦戸亮にとにかく激似なんです。目、そして眉毛と目の間隔など目元付近のパーツが似ているのでしょうが、錦戸のファンでなければ、錦戸と間違ってしまうレベル。錦戸のほかには玉木宏や勝村政信にも似ているという声も上がっていますね」(エンタメ誌ライター)

     ネット上でも「もはやどっちが錦戸か分からん」「錦戸がターミネーター役でいいだろ」「主題歌は関ジャニで決まりだな」と、錦戸一色で盛り上がっている。

     PRで来日した際には、ぜひ錦戸との共演に期待したい。

    (田中康)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】新作「ターミネーター」の役者が錦戸亮に激似と騒然!】の続きを読む

    このページのトップヘ