芸能SELECT

芸能についてまとめたブログです。 興味を持ってもらえるように頑張ります。 暇つぶしにどうぞ!

    映画



    (出典 www.hazardlab.jp)



    Image: Shutterstock

    少なくともまだ「ひどいガラクタ」ではないでしょう。

    映画『スター・ウォーズ』シリーズを代表する宇宙船、ミレニアム・ファルコン号。これはハン・ソロが若い頃、ランド・カルリシアンから賭けに勝ってブン取ったものとして知られていますよね。

    最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』では、そのランドも登場しますし、この一連の流れも描かれることになっているようです。

    きっとオンボロのファルコン号も、若かりし頃のハン同様ピッカピカの新品なんじゃ? なんて思いがちですが…実はこのときすでに、そこそこ古い機体だったらしいのです。

    Entertainment Weeklyにて、共同脚本家のジョン・カスダンがこのように話してくれました。

    ファルコン号が映画に登場する時には、すでに長い歴史があることを知っておいてください。造られてから数十年も経ち、オリジナル・デザインからかなり手が加えられているのです。新作では それを当たり前のことと捉え、愛情を持ってファルコンを一新させるよう努めました

    元々ランドと相棒ドロイドL3-37が乗っていたファルコン号ですが、ランドが所持していた数十年間に内装も外装も彼好みにさまざまな改造を施し、ボディーの塗装もしていた(だから新車に見えた?)のだそうです。「椅子張り黄色だった」と驚いているツイートも。

    レイとチューイが操縦する『最後のジェダイ』の時点で、『シスの復讐』のカメオ出演から50年ほどが経過しているファルコン号。最低でももう1作はシリーズが続きますし、まだまだ現役引退は先の話になりそうです。

    『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、6月29日(金)公開 です。


    Image: Shutterstock
    Source: Entertainment Weekly, YouTube (1, 2), Twitter

    James Whitbrook - Gizmodo io9[原文
    岡本玄介



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】ハン・ソロが乗るミレニアム・ファルコン号は思ってたより古いらしいぞwww】の続きを読む



    (出典 daily.c.yimg.jp)



     元SMAPの稲垣吾郎主演、阪本順治監督・脚本映画「半世界」が2月14日からクランクインすると、前日の13日に発表された。

     物語は、地方都市で炭焼き職人として生きる紘(稲垣)のもとに、学生時代を共に過ごした同級生3人組のうちの1人で元自衛官の瑛介(長谷川博己)が突然、田舎に帰って来る。これをきっかけに、瑛介と紘、もう1人の同級生・光彦(渋川清彦)が、残りの人生をどう生きていくのかというもの。紘の妻・初乃を池脇千鶴が演じる。

     阪本監督と初タッグとなる稲垣は、13日に更新した自身のブログで「僕が今まで演じた経験のない役柄、世界観。素晴らしいシナリオです」と意気込みを綴った。映画関係者によると「撮影スタートは三重県の山間で、撮影の無事を伊勢神宮で祈願すると聞いています」とのこと。

     阪本氏と言えば、吉永小百合主演の「北のカナリアたち」や真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一など錚々たる俳優が顔を揃えた「亡国のイージス」、オダギリジョー主演の「エルネスト もう一人のゲバラ」など数々の作品を世に送り出している人気監督の1人。

     稲垣がジャニーズ事務所から離れて、初めての主演映画という話題性や阪本監督作品ということを考えれば、もっと大々的に報じられてもよさそうなもの。だが、ワイドショーなどは軒並み完全無視だ。

    「平昌五輪の最中とはいえ、まったく触れないのは不自然。ですが、ジャニーズを出た草なぎ剛は主演舞台が決定したし、稲垣と香取慎吾は大手飲料メーカーのCMに出演と順調な仕事ぶりです。これらの活躍を苦々しく思う人からの妨害と思うのは穿ちすぎでしょうか」(芸能記者)

     大手事務所の影響力が強くなったテレビ界。ワイドショーに公平なニュース展開を望むほうが難しいのかもしれない。

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元SMAP】稲垣吾郎の「主演映画」がテレビで完無視されるのはワケ…】の続きを読む



    (出典 i.pinimg.com)



    1 おうか ★ :2018/02/18(日) 16:38:11.69 ID:CAP_USER9.net

     サスペンス・アクション映画「マンハント」(ジョン・ウー監督)の公開記念舞台あいさつが18日、大阪・TOHOシネマズ梅田で行われ、主演の福山雅治(49)、桜庭ななみ(25)が登壇した。

     9日に封切られ、これが最後の舞台あいさつ。映画のロケ地・大阪で福山は「帰ってまいりました!」。撮影にエキストラで参加した観客も多く、「こんなに出演者がいらっしゃる舞台あいさつは、なかなかない」と喜んだ。

     福山の大阪滞在中の楽しみは、日没の撮影終了後に堪能した「牛皿とビール」だったと明かし「吉野家も他の牛丼店もいいんですけど、松屋がおいしい。ビールが安くて、スーパードライが150円(小ジョッキ)。それと牛皿を食べるのが楽しみでした。東京ではほとんど行かないですけど、楽しかった」。CM出演する銘柄をPRしつつ、庶民的な横顔をのぞかせた。

     一方、世界的巨匠の作品への出演でうれしかった事として、「そりゃハトです」と、ウー作品おなじみのシンボルを挙げた。「(共演の)チャン・ハンユーさんとのアクションで、2人の間を通して飛ぶよう、“ハト師”が2人、ハトを持って待ってるんです。ハトと一緒に映るのが夢だっったから『飛べよ、飛べよ』と。自分に『おめでとう』と思いました」と裏話を披露した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000155-sph-ent


    【【俳優】福山雅治「マンハント」ロケ地・大阪での楽しみは「松屋で牛皿とビール」】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/19(月) 20:35:46.88 ID:CAP_USER9.net

    大泉洋「のび太くんこそ金メダリスト」国民的キャラクターたちの活躍を絶賛
    2018年2月19日19時1分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180219-OHT1T50140.html

    先行上映会に登壇した(左から)高橋茂雄、大泉洋、川村元気

    (出典 www.hochi.co.jp)


    俳優・大泉洋(44)が19日、都内でアニメーション「映画ドラえもん のび太の宝島」(3月3日公開、今井一暁監督)の大人だけの先行試写会に登壇。同作の登場キャラクター・野比のび太の活躍ぶりを「のび太くんこそ金メダリスト」と太鼓判を押した。

    人気アニメ「ドラえもん」の劇場版シリーズ38作目となる本作は、太平洋上に突如現れた宝島を巡ってドラえもんたちが大冒険を繰り広げる物語。映画プロデューサーで小説家の川村元気氏(38)が初めて脚本を手掛けた。

    大泉は宝島の秘密の鍵を握る海賊船の船長・シルバーの声優を担当し、「今までドラえもんの映画を通らずにいた。なんぼのもんじゃいって思っていたけど、ま~シルバーがいい。これは泣けるな。初めてドラえもんの映画の良さに気付いた」としみじみ語った。

    同作のクライマックスでのび太がとる行動に感動したとし、「今この世で一番尊敬するのはのび太くん」と大興奮。2年連続でゲスト声優を務めたお笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(42)から「今回(平昌五輪で)たくさんのメダリストが生まれましたけど、のび太くんが一番ですか?」と問われると、「のび太くんこそ金メダリスト!その後、しずかちゃんがさらりと同じことをしていたので、しずかちゃんも銀メダリスト」と国民的キャラクターたちの活躍を絶賛した。


    【【俳優】大泉洋「のび太くんこそ金メダリスト」】の続きを読む



    (出典 im2-a.mbokimg.dena.ne.jp)



    画/彩賀ゆう (C)まいじつ

    昨年12月に女優の宮崎あおいと結婚した『V6』の岡田准一が、2019年公開予定の映画『来る』に主演し、ホラー作品に初挑戦する。同作は妻夫木聡や黒木華など、日本アカデミー賞各賞受賞経験者が集う豪華なキャストも話題だ。

    【関連】 宮沢りえ「話が違う!」岡田准一と結婚の宮崎あおいに激怒 ほか

    「露骨過ぎるほど映画の賞を狙った作品で、出演者は日本アカデミー賞の受賞経験者ばかりです。岡田自身は『永遠の0』で最優秀主演男優賞を、中島哲也監督は『告白』で最優秀監督賞などを受賞しています。ほかには妻夫木も『悪人』で最優秀主演男優賞、黒木は『小さいおうち』と『母と暮せば』で2年連続の最優秀助演女優賞を受賞しました。どの出演者が主役になっても映画が成り立つくらいです。岡田はジャニーズ事務所の計らいで“超VIP”の脇役陣を手に入れることができたわけです」(芸能関係者)

    原作は『第22回日本ホラー大賞』に輝いた作家の澤村伊智氏の小説『ぼぎわんが、来る』。得体の知れない脅威と人間の怖さを描いた怪作で、正体不明の“それ”に狙われるサラリーマンの田原秀樹(妻夫木)から依頼を受けるフリーライターの野崎を岡田が演じる。

    ホラー映画初挑戦の岡田は「怖くて脚本を読むのも大変ですが、野崎として生きていけるように頑張ります」と恐怖を抱えながら意気込みを語った。

     

    V6・岡田准一主演ホラー映画が「露骨賞狙い」キャスティング

    ジャニーズとして失敗できない映画

    「岡田は俳優部門ではジャニーズの稼ぎ頭です。そのため、事務所を挙げてこの映画に入れ込んでいます。もちろん失敗はできないので、映画の賞狙いの露骨なキャスティングをしてきたというわけです」(同・関係者)

    岡田は「同世代の妻夫木聡さん、初めてご一緒させていただく松たか子さん、小松菜奈さん、何度かご一緒させていただいている黒木華さん。皆さまと中島監督の世界でお芝居ができることをいまから楽しみにしております」とコメントしている。

    かなり期待値の高いこの映画、気は早いが観客動員数がどのくらいになるのか楽しみだ。

     


    画/彩賀ゆう


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ジャニーズ】V6・岡田准一主演ホラー映画が「露骨賞狙い」キャスティング !?】の続きを読む

    このページのトップヘ