芸能SELECT

芸能についてまとめたブログです。 興味を持ってもらえるように頑張ります。 暇つぶしにどうぞ!

    アイドル



    (出典 www.zakzak.co.jp)



     6日、『矢口真里の火曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。矢口真里と芸人の岡野陽一がMCを務め、アイドルをスタジオに招いて本音を引き出すトークバラエティ番組だ。


     ゲストには「まるごみJAPAN公認 南房総発! 歌って・踊って・拾って・潜れる海女さんアイドル」がコンセプトのWHiTE BEACHが登場。メンバーのATSUKOへ視聴者から「アイドルなのに、鼻クソ大好き」という“チクリメール”が届くと、なぜかメンバーは爆笑するが、岡野は「よくわからん」と困惑する。


     WHiTE BEACHの曲にそのような歌詞があるというのだが、ATSUKOは実際に人に鼻クソをよくつけるそうで、本人が「つけますし、よく舐めます」と認めると、当然ながら矢口も岡野もドン引き。

     ATSUKOはヤバ過ぎる空気を察知したのか、「違う! AIKAが先に舐めてくるんですよ!」とメンバーのAIKAを巻き込み、異常とも言える弁明を開始。「手とか顔とか足とか舐めてくるんで、やっぱその等価交換で私も舐めなきゃなって思って」と言い訳するも、岡野は「なに言ってるの?」と一蹴する。


     絶句していた矢口が「鼻クソのくだりで『舐めてます』って言ったら、鼻クソを舐めてるみたいになるけど、それは違うのね?」と確認すると、ATSUKOは「鼻クソつけた上で舐めてます」と答えた。


     「やべーよー! 怖いよー! ガキでもやんねーよ!」と叫んだ矢口は、「もう止めよ、この話」と話題を強制終了させていた。


    (C)AbemaTV



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元モー娘。】矢口真里、暴露話を強制終了「もう止めよ、この話」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



     語学留学のため、去年8月から芸能活動をセーブしてきた女優の大島優子(29)が、来年1月に本格復帰することがわかった。


     復帰作は、三浦春馬(28)主演の舞台『罪と罰』で、三浦演じる正義の為に人を殺した主人公の青年と心を通わせる娼婦のソーニャを演じる。大島は「英語を勉強したい」という理由から去年夏に渡米。今年の秋には帰国する予定で、帰国後初の舞台となる。


     「芝居をすることからしばらく離れていましたが、この作品に、そしてソーニャへの情熱を傾ける時間に一意専心したい」と意気込みを語った大島。一方、今回初共演となる三浦は、大島について「繊細かつパワフルな演技をされる方。どんなやりとりができるか、今からとても楽しみ」とコメントしている。

    (AbemaTV/『AbemaNews』より)


    最新ニュースはAbemaNewsチャンネルで放送中。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元AKB】大島優子、来年1月に本格復帰へ 舞台『罪と罰』で三浦春馬と初共演…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



     元AKB48のタレント小嶋菜月が、1億円のためなら「夢が痛さをとかを感じさせないと思うから、1億円もらえるなら痛いことは絶対に我慢できる」と、胸を張った。

     小嶋は、AbemaTVの人生逆転リアリティーショウ「リアルカイジGP」の第7回に出演。放送終了後に取材に応じると、参加者たちが次々と過酷な課題にチャレンジしていく様に「お金の力って、すごい迫力がありますね。人の心をいろいろ動かす力があるんだなあ」と、思わずため息をついた。それでも1億円のためにどこまでできるか、という質問に対しては「ビンタに無反応とか、あれならできる。やりたいことが山ほどあるので、絶対に我慢できます」と、おそらく未体験の痛さ我慢にもきっぱりと言い切った。


     1億円を使う大きな夢があるだろうと質問が続くと「現実的なところはハワイ旅行。でも欲を言えば、今のお仕事は大好きなんですが、仕事もしないで家から一歩も出ない生活を1年間くらいしてみたい」と、華やかな世界から一転、ニート生活への憧れを語った。


     15歳からの芸能の世界に飛び込み、常に人の前に出続けた影響なのか「家で、自分の手の届くところに大好きなお菓子とジュースと、テレビのリモコンを置いて、その場から一歩も動かないのがいいです」と、まさかのニート願望の告白。それでも最後には「卒業してから、今までとは全く違ったお仕事もさせてもらっているので、毎日楽しいですし、高校生の頃に戻ったような、ウキウキ気分です」と前向きだった。

    (C)AbemaTV


    ▶6/3(日) 22:00~ △ランニング・デッド▼『人生逆転リアリティーショウ』リアルカイジGP#8


    ▶6/10(日) 22:00~ 人生逆転リアリティショウ リアルカイジGP#9




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元AKB48】小嶋菜月、1億円のためなら「痛いことは絶対に我慢できる」と自信 夢は「家から一歩も出ない生活」】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



     またもやお相手はIT長者なのか。小嶋陽菜が5歳年下のIT企業社長と半同棲状態にあると、5月31日発売の「週刊新潮」が伝えた。その“IT社長”を巡っては最近、女優の剛力彩芽がネット通販大手「ZOZOTOWN」の前澤友作社長と、そして女優の石原さとみが動画配信サービス「SHOWROOM」の前田裕二社長と交際しているとして話題になっている。

    「小嶋のお相手はスマホ向けアプリの制作会社『ピックアップ』の宮本拓社長。まだ25歳ながらIT社長歴4年という若き起業家です。報道ではDMMグループ子会社の社長という側面で切り取られがちですが、実際には彼が創業した会社にDMMが目を付けて17年に買収したものであり、DMMの稼ぎ頭だった成人向け事業にはまったく関係ありません」(IT系のライター)

     そんな若きIT社長とアメリカでの音楽フェスを楽しんできたという小嶋。ファンからは石原や剛力の例も交えて「結局、金ですか」「オレも理系になればよかった」という妬みも伝わってくる。だが小嶋の彼氏選びを、剛力の例と同列に並べるべきではないというのだ。前出のIT系ライターが指摘する。

    「世間ではIT社長に対して『最新ビジネスにいち早く食いついた目先が効く人』というイメージを持ちがち。しかし宮本氏は、代表的製品の『POOL』を開発したきっかけが好きな女の子からの相談だったというエピソードでも分かるように、発想や生き方からしてスマホ世代そのものです。その点でネット以前に始めた通販ビジネスから会社を発展させた前澤氏とは大きく異なっています。活躍のフィールドがたまたまITなだけで、宮本氏は25歳なりの等身大の感覚を持っており、そこがなにより小嶋を惹きつけたのでしょう」

     そして石原が選んだSHOWROOMの前田社長もまた、ZOZOTOWNの前澤社長とは世代も感覚も違うIT起業家だというのだ。

    「前田氏は『エンターテインメントを武器に、地球上の機会格差を無くす』ことを企業理念にあげており、最初にビジネスありきではない点が前澤氏との大きな違いでしょう。会社を大きくすることよりも自らの理念を拡げることに腐心しており、その姿勢に共鳴した秋元康氏が48グループの参加を決めたとも言われるほど。そのエンターテイメントファーストの姿勢が、芸能界の厳しい競争を生き抜いてきた石原に響いたのかもしれません」(前出・IT系ライター)

     では前澤社長を選んだ剛力は、まだ25歳の若さながら、その男選びは旧来のパターンということなのだろうか。

    「紗栄子との交際や自家用機の所有などから、前澤氏を金満家のIT社長とみなす向きもありますが、それは短絡的でしょう。高価な絵画に惜しみなく私財を投じたり、地元の千葉から本社を動かさない姿勢はむしろ欧米型の成功者スタイル。IT分野には社会貢献などには目もくれず、ぜいたくな生活ばかりが目的意識の低い起業家も少なくありませんが、前澤氏はチャリティにも力を入れるなど『金持ちの果たすべき使命』を意識した活動も少なくない。そういった姿に剛力も惹かれたのではないでしょうか」(週刊誌記者)

     三者三様のIT社長だが、いずれも人を惹きつける魅力にあふれているのは確かなようだ。

    (白根麻子)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元AKB48】小嶋陽菜の「IT社長交際」が剛力彩芽や石原さとみと同列視できないワケ…】の続きを読む



    (出典 im7-a.mbokimg.dena.ne.jp)



    5月29日(火)放送の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)では「芸能人なのにバイトしている女子SP」と題し、元AKB48の西野未姫や元SKE48の佐藤聖羅らが出演。過去に家賃21万のタワーマンションに住んでいたという西野が、アルバイトをして生活せざるを得ない現在の状況を赤裸々告白した。

    【写真を見る】次はアイドルではなく芸人として再浮上を目指す?

    現在、西野は週3回時給1000円の焼肉店でアルバイト中。「バイトは楽しくやっているので、苦じゃない」とオーバーリアクションでアピールするが、有田哲平は「じゃあ、芸能界をやめてください!」とピシャリ。

    AKB48卒業前は、品川区の家賃21万円のタワーマンションに住んでいたとも明かし、その「マンション(での生活)に戻りたい」と芸能界への返り咲きを熱望した。

    さらに、西野が現在の住まいである荒川区の家賃8万円の1DKについて「お風呂に追い炊き機能がない」と不満を漏らすと、菊地亜美は「喋れば喋るほど、炎上しそう。スゴイ好き♪ 追い炊きとかもっと言っていったほうがいいと思う」とせせら笑った。

    次回の「有田哲平の夢なら醒めないで」は6月6日(火)夜11:56より放送予定。「ここが変だよ!東京女子SP」と題し、西脇彩華、久住小春らが出演する。(ザテレビジョン)

    AKB48時代に住んでいたタワマン生活への返り咲きを夢見る西野未姫


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元AKB48】西野未姫、21万円タワマン生活からの凋落に嘆き節】の続きを読む

    このページのトップヘ