芸能SELECT

芸能についてまとめたブログです。 興味を持ってもらえるように頑張ります。 暇つぶしにどうぞ!

    スポーツ



    (出典 geinou-japan777.com)




    浅田姉妹と言えば、フィギュアスケートの一時期アイドル的・カリスマ的存在でありましたが、現在はアマチュアを引退し、タレント活動などをしております。スポーツという結果を出さなければならない業界から、芸能界という熾烈な好感度争いをしなければならないという、違う土俵で戦う彼女らの活躍が昨今非常に目を見張る物があります。


    さて今回話題となっておりますのは、メンズファッション雑誌「GQ JAPAN」に登場する浅田真央さんと、浅田舞さんです。リンクの上では魅せない、違う意味でのセクシーさが妙に大人っぽさを演出しております。

    もちろん彼女らは立派な大人ですので、それなりの「大人っぽさ」が出てくるのは当然なのかもしれませんが、どうしても小さい頃からのイメージが有るためここまで成長したのか、と感慨深いものがあります。

    浅田舞さんは現在、スポーツキャスター・タレントとして活動しており、今後浅田真央さんも同様に活躍の場を広げるでしょう。このように姉妹で元フィギュアスケート選手というタレントはなかなか少なく、ビジュアル的にも美しいので今後さらなる活躍が期待できるでしょう。

    コメントでは「可愛すぎる」「大人っぽくなった」「セクシー過ぎる」と今回のグラビアに好評のようです。


    画像掲載元:Instagram

    (秒刊サンデー:たまちゃん

    画像が見られない場合はこちら
    これが「浅田真央」だと!?グラビア登場した浅田姉妹がセクシー過ぎると話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【話題】これが「浅田真央」だと!?グラビア登場した浅田姉妹がセクシー過ぎる…】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



     開幕から快進撃を続ける、エンゼルス・大谷翔平に全米は騒然としている。

    「すでにゴシップ紙が契約ライター・カメラマンに『オオタニに懸賞金をかける』『写真込みでオオタニのネタを持ってくればビッグマネーを支払う』と、日本円で言えば100万円単位での報酬を出すからと指令を出しているんです。日本人メジャーで言えば、これまではワールドシリーズでMVPを獲った松井秀喜ですらローカルスターだったのですが、大谷はシーズン開幕してわずか1カ月も経過しないで全米が注目するスターになりました。かつてAロッドも餌食になっていますが、懸賞金がかけられたら大谷も大変です。酒、女がらみには要注意で、大谷がスキを見せないからエンゼルスも安心はしていますが、一方で『徹底ガードしろ』となっています」(現地ジャーナリスト)

     規格外のスターはつらい。このほかにも衰えを隠せないイチロー、ダルビッシュの夫婦に降り注いだブーイングと、日本人メジャーの貴重な舞台裏を、4月24日発売のアサヒ芸能5月3・10日GW合併号で詳報している。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【メジャー】懸賞金もかけられて…大谷翔平がパパラッチのエジキになる!】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



     ゴールデンウィーク中も休戦なしでバッチバチ。「顔も見たくない」とばかりに、各界の有名人が、テレビ画面の裏側で火花を散らしまくっているという。

     たとえば、人気急上昇中の女優・広瀬アリス。出演しているドラマ「正義のセ」(日本テレビ系)で主演を務める吉高由里子とのピリピリムードが、もう一触即発の状態だというのだ。また、アリスの妹である広瀬すずがバラエティ界の“無双”である小島瑠璃子にバラエティ番組で、コテンパンにやり込められ、その後も尾を引いているとか。

     アスリートに目を移せば伊調馨へのパワハラ問題で気になるのが、沈黙を守っている吉田沙保里。実は2人の間には「浅からぬ因縁」があるのだという。4月24日発売の週刊アサヒ芸能5月3・10日合併特大号では、さらに阪神の金本監督のベテラン鳥谷敬への「飼い殺し」本音がわかる両者の関係や、美男美女の役者夫婦の夫婦ゲンカの目撃談まで、足で稼いだ最新11組の犬猿ドラマを詳報している。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】吉高由里子と広瀬アリス、伊調と吉田…有名男女11組の最新ケンカが暴かれた!】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



     4月9日、対アスレチックス戦で毎回連続の12奪三振、7回1死まで完全試合の快投を演じたエンゼルス・大谷翔平は、米メディアからこぞって賞賛の嵐で迎えられた。まだ始まったばかりとはいえ、昨オフに大争奪戦を制して大谷を獲得したエンゼルスは笑いが止まらないだろう。というのも、そもそも「カネよりも夢を選んだ」と賞賛された大谷だが、25歳以下でのポスティング入団は「マイナー契約」スタートで、球団は若きスターに最低保証額しか支払わなくてよいのだ。

    「かねてからメジャー挑戦を熱望していた大谷を意識したかのように昨冬から導入されたこの“大谷ルール”により、今季の大谷はたとえメジャーで大活躍しても、昨年の推定年俸2億7000万円を大きく下回る最低保証額54万5000ドル(約6000万円)しか得られません。エンゼルスはルール上、6年間は条件のいい金額で保有権を持つことができ、契約が決まった時から現地では、どれだけ働いても金額が変わらず、ケガをしてもマイナーに放置する余裕がある“奴隷契約”と陰口を叩かれていた。あと2年待って25歳になってからメジャーに挑戦すれば『総額2700万ドル(約300億円)』契約と言われていたのにですよ」(現地ジャーナリスト)

     この“奴隷契約”について、米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏が説明する。

    「米国で『史上最大のバーゲンセール』と報じられたように、この契約によって大谷は3年目までは50数万ドルの最低保証金でプレーすることになります。これは、MVPやサイ・ヤング賞を獲っても変わることはない。ちなみに、かつてドジャースのクレイトン・カーショー(30)も最低年俸でプレーしている。4年目からは年俸調停権を得られますが、FAほど金額は跳ね上がりません。例えば4年目で700万ドル(約7億円)、5年目で1500万ドル(約16億円)、6年目で2000万ドル(約22億円)と徐々に上がる仕組みです。ようやくFA権を行使して本来の評価通りに複数年200億円クラスの契約を勝ち取るためには7年目まで待たなければなりません」

     奴隷契約も辞さない大谷には「禁欲」生活も待ち受けていた。そんな大谷をとりまく衝撃の最新事情の全貌を、4月17日発売のアサヒ芸能4月26日号で詳報している。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【メジャー】大谷翔平の「奴隷契約」がエグい!】の続きを読む



    (出典 i2.wp.com)



     13日に放送された『エゴサーチTV』(AbemaTV)に3児の母になったインリンが登場。エロテロリスト時代の話や、恋愛にまつわる噂の真相を語った。


     キングコング・西野亮廣がMCとなり、ゲストの人たちを「エゴサーチ」しながら、インターネット上に流出する様々な噂が本当か嘘か? その場でゲストに問い質していく同番組。この日は、3児の母となり今年から芸能界に復帰したインリンが出演した。


     かつて金城武と台北市内の同じマンションに住んでいたという噂について、インリンは事実であると明かす。2人はたまたま同じマンションに住んでいた幼馴染だそうで、小さい頃からドッヂボールなどをして遊んでいたらしい。


     金城武も彼の兄も昔からカッコよく近所でも目立っていたが、ちょっと崩れた人がタイプのインリンは、金城ではなく同じマンションの別の人を好きになったとのこと。決してインリンが相手にされていなかったわけではないそうだ。

     さらに、インリンをしつこく口説いていた「芸人W」については、実はワッキーであることを暴露。誘いも多かっただろうと予想する西野だが、10年近く彼氏がおらず、モテなかったと話すインリン。「彼氏いない」と周囲に漏らすも、ワッキー以外からは電話番号も聞かれたことがなかったとか。


     また、当時の女性マネージャーがインリンよりもM字開脚(う◯こ座り)が似合う茶髪のヤンキーだったらしく、そのせいでインリンへの誘いがブロックされていたのでは?と推測していた。


    (C)AbemaTV



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【グラビア】インリン、しつこく口説いてきた「芸人W」とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ