芸能SELECT

芸能についてまとめたブログです。 興味を持ってもらえるように頑張ります。 暇つぶしにどうぞ!

    議員



    (出典 img.recordchina.co.jp)



    「黙っていてもよかったんだけど、嘘つき呼ばわりされたり、金目当てと言われるのは嫌だった」

     3月25日、米報道番組「60ミニッツ」でそう語り出したのは、ポルノ女優のストーミー・ダニエルズ氏(39)。

    「かねてからトランプ大統領との不倫関係が報じられていましたが、本人が初めて口を開くというので、注目を集めました」(現地芸能記者)

     ルイジアナ州の田舎町で貧しい家庭に育ったダニエルズ氏は、17歳でストリップダンサーとしてデビューした後、アダルト映画に出演。またたく間に人気を博した。

    「近年は監督、脚本家としても活動して数々の賞を受賞するなど、米国のアダルト業界で最も成功した人物の一人です。そんな彼女が番組でトランプ氏との一夜を赤裸々に語ったのです」(同前)

     彼女によると、トランプ氏と関係を持ったのは、06年7月、あるゴルフトーナメントに参加した際のこと。彼女はトランプのズボンを脱がせて四つん這いにさせると、「彼の顔が表紙の雑誌で尻を叩いてやった」という。

     現地紙記者が指摘する。

    「彼女がトランプ氏からのセクハラ被害を訴える他の告発者と異なるのは、『私一人で彼の部屋を訪れるというミスを犯したのだから仕方ないこと』と“被害者”ではないことを強調している点です。むしろ彼女が問題視しているのは、トランプ陣営の悪質な隠蔽工作の方なんです」

     11年にトランプ氏との関係をメディアに語ろうとした際には、駐車場で見知らぬ男に声をかけられたという。

    「男は『トランプ氏から手を引け』と言い、傍らにいた娘を指して、『お母さんの身に何かあったら、大変だ』と脅したそうです」(同前)

     さらにダニエルズ氏は、米大統領選の直前に、トランプ氏の顧問弁護士、マイケル・コーエン氏から13万ドル(約1400万円)の口止め料を支払われたと語った。

    「トランプ氏側の弁護士は、ダニエルズ氏が秘密保持契約を破ったとして損害賠償を求めていますが、ダニエルズ氏側は『契約書にはトランプ氏のサインがないので無効』と徹底抗戦の構え。最強の刺客となりそうです」(同前)

     “春の嵐(=ストーム)”を前に、トランプ氏本人は沈黙。

     ダメージは深刻そうだ。

    (「週刊文春」編集部)

    かつては政界進出を試みたことも ©共同通信社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】彼を四つん這いにさせて……ポルノ女優が告発したトランプ氏との一夜…】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    フリーアナウンサーの加藤綾子が、きょう31日(23:40~24:35)に放送される東海テレビ・フジテレビ系単発バラエティ番組『ご本人をさらに深掘り!ニュースな主役』で、お笑い芸人の小薮千豊とともにMCを担当する。

    この番組は、ニュースな主役をゲストに招いて直接話を聞き、知られざるニュースの裏側を深掘りしていくというもの。今回は、番組では不倫で世間を騒がせたイクメン元代議士・宮崎謙介氏とその妻・金子恵美氏の今の生活を直撃し、あの騒動の裏話、真実をスタジオで語っている。

    収録後、小籔は「僕は不倫を肯定しているわけではないのですが、この番組を見ていただいた方は、宮崎さんそのもの、あのご夫婦の印象が変わると思います。おふたりの過去、現在を深掘りすることによって宮崎さんの理知的だと思う一面や、金子さんの女っぷりを覗くことができました(笑)」と感想。

    加藤も「宮崎ご夫婦の報道されているところだけを見ると、なんとなくお2人の本当の姿が見えなかったのですが、お互いを思いやるとても素敵なご家族で固い絆を感じることができました」といい、「相手を思いやり自分の気持ちを後回しにできたときは、人として大きくなれる時だと思うので、やっぱりパートナーがいた方が人生の歩み方も変わってくるのだなと思いました」とコメントした。

    また、今後の希望ゲストを聞かれると、小籔は「籠池夫妻とか暴言はいた豊田真由子さん。あとは、カメラを盗んだとして窃盗の罪に問われた競泳の冨田尚弥選手とか」という名前をあげ、加藤は「絶対に無理だと思いますが(笑)、安室奈美恵さんに出演していただきたいです。そして、もう少し落ち着いたら、貴乃花親方にも来ていただきたいな…」と話していた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【女子アナ】加藤綾子、不倫イクメン議員夫妻に感心「パートナーがいた方が…」】の続きを読む



    (出典 data.jisin.jp)



    1 ひかり ★ :2018/03/30(金) 16:15:06.88 ID:CAP_USER9.net

    「捜査を受ける身です。刑事訴追を受ける恐れがあるので答弁は差し控えたい」

     3月27日、衆参両院で行われた証人喚問で、森友学園問題の財務省側の責任者である佐川宣寿・前国税庁長官(60才)はそう繰り返した。

     240分にわたる証人喚問は「なぜ、土地を安く提供したのか」「決裁文書の書き換えを誰が指示したのか」という根本的な謎はまったく解明されずに
    終わった。

     各マスコミの世論調査で安倍内閣の支持率は軒並み30%台にまで急落。国民の怒りは沸騰していて、国会周辺や首相官邸前では連日、「安倍首相と昭恵夫人は
    責任を取れ」とのプラカードを掲げた抗議デモが繰り広げられている。

     芸能界でも声が上がり始めている。小泉今日子(52才)が代表を務める会社の公式ツイッターは、安倍政権批判や抗議デモに関するツイートに次々と
    「いいね!」をつけた。たとえば、有名舞台演出家のこんなツイートだ。

    《どうして世間ではまっっったく通用しない非常識が政権中枢では当然のようにまかり通るのか。佐川が書き換えやったって、自分にはひとつも得がないのは
    全員わかりきってるはず。誰に言われたかも、或いは誰に忖度したのかも。まさにカフカ的な不条理。もう、あとは、国民が本気で怒るしかない》

     自宅前で小泉本人に話を聞くと、「この件については私の言葉では語るつもりはありません」と語るのみだった。

     この森友騒動は元を辿れば、すべて昭恵さんの振る舞いが原因であることは、連日ワイドショーが報じている通り。

    「籠池泰典理事長の森友学園が9億円以上と目される国有地をタダ同然で手に入れた。その土地に建つはずだった小学校の名誉校長が昭恵夫人でした」
    (全国紙政治部記者)

     この3月半ばに明らかになった財務省の決裁文書改ざんでは、2014年4月に昭恵さんが籠池氏に「いい土地ですから、前に進めてください」と
    話したとされるくだりや、昭恵さんが森友学園の教育方針に感涙したことなどがそっくり削除されていた。

     どうして昭恵さんはそんな怪しい学校の名誉校長になってしまったのか、「土地を安く売って」と財務省に働きかけをしていないのか、昭恵さんの口から
    ちゃんとした説明が聞きたい、すなわち証人として国会に出てくるべきだという声が高まっている。佐川氏じゃない、昭恵さんなのだ。

    ※女性セブン2018年4月12日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00000023-pseven-ent


    【【女優】小泉今日子、政権批判ツイートにいいねも「語るつもりない」】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    (C)まいじつ

    安倍晋三首相がフェイスブックで、朝日新聞の学校法人『森友学園』を巡る報道の検証記事に、あるコメントを残したことが、インターネット掲示板などで話題になっている。

    【関連】 安倍昭恵氏が「ワイセツ画像」を投稿して炎上 ほか

    朝日新聞は2017年5月、森友学園の籠池泰典前理事長が小学校の設立趣意書に『安倍晋三記念小学校』との校名を記して財務省に提出したと証言したと報じた。このことを受け、財務省は同年11月、立憲民主党に設立趣意書を開示。実際に書いてあった校名は『安倍晋三小学校』ではなく『開成小学校』だった。

    安倍首相は2月5日の衆院予算委員会で、この報道の件に触れ「裏取りをしない記事は記事とは言えない」と朝日新聞を批判。同紙が翌6日の朝刊で一連の報道経緯を振り返ると、自民党の和田政宗参院議員が同6日、フェイスブックの個人用アカウントで《謝れない朝日新聞》と投稿した。これに安倍首相が《哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした。》とコメントをしたのだ。

    このことはネットで拡散され、《いいね!どんどん批判すべき》、《おっしゃる通り》と賛同の投稿があった一方で、《これが一国の総理の言動か?》、《何かもう人として小さ過ぎて》と非難の意見も寄せられているという。

     

    安倍晋三首相のSNSコメントが「人として小さい」と話題に

    国会答弁の矛盾は説明されていない

    だが、果たしてこの1点をもって朝日新聞の報道姿勢を問う方向に流れがいくことが、森友学園問題、加計学園問題の真相究明につながるかは疑問だ。例えば朝日新聞の記事をもとに質問し、安倍首相に名指しで批判されたこともある福島伸享前衆議院議員は、2月6日にフェイスブックを更新して、次のように投稿している。

    《私は朝日新聞の「フェイクニュース」に騙されたり、記事を下に質問したのではありません。それなりに独自の内部情報を得て、事前に財務省とさまざまなやりとりをした上で質問しているのです。》

    このように安倍首相の批判を否定した上で、さらに財務省の姿勢を追及している。

    《私の質問の趣旨は設立趣意書の名前を批判しているのではなく、学校名すら黒塗りにする財務省の情報公開の姿勢について議論しています。当日の議事録を読んでいただけたらわかるでしょう。》

    森友学園問題は佐川理財局長(当時)の答弁とは違う証拠がいくつも出てきている。安倍首相が朝日新聞の報道姿勢を問う前に、財務省がなぜ当時と違う答弁をして証拠を隠したのかを説明させることが、首相が疑惑解明に向けて取り組むべきことだろう。

    安倍首相は国会で、疑惑の渦中にある昭恵夫人の活動を自粛させると表明したが、昭恵夫人はいまでも個人活動を続けている。早く止めないと首相自身が惨めな言い訳をしなくてはならなくなるかもしれない。

     




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【政治】安倍晋三首相のSNSコメントが「人として小さい」と話題に…】の続きを読む



    (出典 news.happy-affiliate.com)



    1 きのこ記者φ ★ :2018/01/20(土) 10:54:12.10 ID:CAP_USER9.net

    新年早々、有名芸能人たちと銀座で会食をして上機嫌な笑みを浮かべた安倍晋三総理。
    今年は宿願である「憲法改正」を実現させるため、党の改正案の取りまとめに動く一方、
    国会の外では「闇」コネクションを使って大物芸能人の囲い込みを始めていた! 総力取材で判明した、知られざる野望とは──。

    1月5日、自民党の新年仕事始めで挨拶をした安倍晋三総理(63)は憲法改正について触れると、
    「時代に対応した国の姿、理想の形をしっかり考え、議論するのは私たちの歴史的使命だ」
    と、あらためて強い意気込みを見せた。

    その同日の午後5時38分に官邸を出た安倍総理が向かった先は、新春ムードに包まれ、買い物客でにぎわう東京・銀座。
    ブルガリ銀座タワーの宴会場「プライベートルーム」だ。そこで安倍総理が会食した相手は、
    俳優の津川雅彦(78)、六平直政(63)、中井貴一(56)、女優の米倉涼子(42)、木村佳乃(41)、佐々木希(29)、
    歌手の宇崎竜童(71)、泉谷しげる(69)、タレントの松村邦洋(50)ら、20名ほどの豪華メンバーだった。

    「津川は日本文化を海外発信するプロジェクトの座長を務めていて、7月からパリで開催される日本博『ジャポニスム2018』の
    意見交換をするために呼ばれました。会食の出席者は津川が声をかけて集めたそうです。和やかな雰囲気に気分が高揚したのか、
    会食後に宴会場を出た安倍総理は、沿道に集まった人たちと握手やハイタッチまでしてご機嫌な様子でした」(政治部記者)

    政府のプロジェクトに関わっているとはいえ、なぜ一介の俳優である津川が、安倍の「芸能人交流会」を仕切るような
    立場にあるのか。前出の政治部記者が続ける。

    「芸能界の中でも津川は保守系の論客として舌鋒鋭く、安倍総理とウマが合うようです。これまで何度も会食を重ねていて、
    靖国神社に関する話や日本文化の議論を深めたり、ふだんからメル友で誕生日のお祝いをするほど仲がいい。
    津川の意見には素直に耳を傾けるようで、『ジャポニスム2018』の開会式への出席を提案されたことで、安倍総理は
    パリ行きを前向きに検討しています」

    仕事への影響を考慮して、特定の「政治色」がつくことを嫌がる芸能人は多いが、津川は以前から安倍総理に
    期待を寄せる発言をしていた。産経新聞のインタビューで、
    〈アベノミクスや安全保障関連法の成立など、いろんな画期的なことをしたわけだし、名宰相になれる器だと見込んでいます〉(16年1月9日付)
    と賛辞の言葉を贈っている。

    昨年だけを見ても、1月と5月に津川と会食している安倍総理の芸能界交遊録はこれだけではなかった。
    2月24日には西麻布のフランス料理店で俳優の岡田准一(37)、鈴木亮平(34)と会食。
    12月10日は丸の内の中国料理店で歌手の松任谷由実(63)と食事をともにしている。
    10月30日には日本財団が主催するアート企画展「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」を訪れ、作品を出展した
    元SMAPの香取慎吾(40)との2ショットが報じられて話題になった。

    「日本財団の会長と安倍総理はプライベートで親しい関係ということもあり、安倍サイドからイベントへの来場を打診しています」(政治部デスク)
    北朝鮮リスクなど政治課題が山積みの中、安倍総理がこれでもかと有名芸能人との親密ぶりをアピールするのは、
    「憲法改正に向けた“足がかり”だ」と永田町ではささやかれている‥‥。

    http://www.asagei.com/excerpt/96840


    【【政治家】安倍総理が牛耳る芸能界「“闇”コネクション」 米倉涼子や佐々木希らの顔も!】の続きを読む

    このページのトップヘ