26289c5e-2017_nissan_juke_01-copy


日産のコンパクトクロスオーバーSUV "Juke (ジューク)" が、米国の同社のSUVラインナップから姿を消そうとしている(※画像:米国仕様の現行ジューク)。

米国市場には2010年に導入された「ジューク」であるが、最近の販売結果から非常に厳しい状態となっている。

2010年の導入時では3万5000台を販売し、2013年と2014年には年間3万8000台以上の売り上げを記録し、好調な滑り出しをみせていた。しかし、2015年は2万7000台、2016年は2万台、昨年は1万台を切りそうな状態に。更に今年6月の米国での販売台数は僅か41台で、前年同月比の900台や3年前の同月の2,500台と比べると急激に落ち込んでしまったことが明らかだ。

また、日産は英国のサンダーランド工場で100万台目の「ジューク」を生産し、米国市場とは裏腹に「ジューク」の販売が好調な欧州市場に供給したと発表した。昨年、欧州市場では約9万5000台を販売した。これは、米国市場での販売台数の約10倍相当である。