2019-hyundai-lafesta-1
 

中国の北京汽车工业控股有限责任公司(北京汽車工業控股有限責任公司、Beijing Automotive Industry Holding Co., Ltd.;BAIHC)とヒュンダイ(現代自動車)との合併会社である北京現代の新モデル "Lafesta (ラフェスタ)" の生姿が中国において発見された(※画像上と下方は発表時のヒュンダイ ラフェスタ)。

今年4月のオートチャイナで発表されたこの新しい「ラフェスタ」は、今年3月のジュネーブモーターショーで披露されたコンセプトモデル "Le Fil Rouge Concept (ル・フィル・ ルージュコンセプト)で導入された「感性的なスポーティーさ」という意味の新しいデザイン哲学 "Sensuous Sportiness (センシュアス スポーティネス)" を具現化した最初のモデルとなる。

また、コンパクトセダンの "Elantra (エラントラ)" とDセグメントセダンの "Sonata (ソナタ)" の中間に位置づけられる他、「エラントラ」のプラットフォームを基盤としたシャシーを採用する。全長4,660mm × 全幅1,790mm × 全高1,425mm、ホイールベース長2,700mmのサイズに設定されたボディに、LEDヘッドライトや "Cascading (カスケーディング)" グリル(オプション:水平スラット状またはスポーツメッシュ状)、クロームメッキが配されたドアハンドル、18インチアロイホイール(その他16/17インチアロイホイールも選択可能)、LEDリアコンビネーションランプ、デュアルオーバルエキゾーストテールパイプなどの新しいデザイン要素を採用し、スポーティーなセダンに仕立てられているのが特徴。

パワートレインに関しては、7速デュアルクラッチトランスミッションが組み合わされた、最高出力103kW(140ps)の排気量1.4L "T-GDi" ガソリンエンジンや最高出力140kW(190ps)の排気量1.6L "T-GDi" ガソリンエンジン、最高出力150kW(204ps)の排気量1.6L "T- GDi" ガソリンエンジンの計3種がラインナップされるようだ。



Hyundai-Lafesta-front-three-quarters

Hyundai-Lafesta-rear

Hyundai-Lafesta-front-fascia-and-rear-fascia

Hyundai-Lafesta-headlamp-and-roof

Hyundai-Lafesta-wheel-designs-and-mirror

2019-hyundai-lafesta-2

hyundai-lafesta

2818953

2818962

2818966