自動車ニュースサイトの「Response(レスポンス)」が、新型 "Insight (インサイト)" について、開発責任者である堀川克己氏へインタビューをしてくれました。


c80b7fbc

堀川氏によると、新型「インサイト」ではプライムセダンを目指したというが、そのコンセプトキーワードとなる「プライム」とは「上質な」という意味合いがあり、先代モデルの「グローバルハイブリッド戦略車」というコンセプトとは全く異なる志向で開発が進められたそうだ。

そのため、トヨタ「プリウス」が最大のライバル車であると思われたり、また同モデルと比較されがちだが、全く意識はしていないという。

『インサイトは環境車を意識していません。プライムな走り、長く使ってもらうこと、単に高価なクルマではなく、自分に合ったクルマであることを目指しています。…』レスポンスホンダ インサイト スペシャルタイアップより(※前述の引用文は堀川氏の言葉の一部)




ちなみに私がディーラーで新型「インサイト」のライバル車についてお話をさせてもらったところ…
 
新型インサイトの実質的なライバル車はございません。「インサイト」=トヨタ「プリウス」のように認識される方が多いかもしれませんが、コンセプトが全く異なるのでライバル車というものは存在しません。アコードに関してはトヨタ「カムリ」を意識していますが、新型「インサイト」も「カムリ」を意識してしまうと、車格が「アコード」と重複してしまいます。一応、新型「インサイト」は「シビック」と「アコード」の中間に位置づけられているモデルとなります。」 と詳しく説明してくれました。

ちなみに「グレイス」に関しても実質的なライバル車はないとのことでした。