4ba842cf-hyundai-cradle-1-768x704

ヒュンダイ(現代自動車)は、2019年1月8日〜11日の日程で米国ネバダ州・ラスベガスで開催される見本市 "2019 International Consumer Electronics Show (CES)" において、通ることが困難とされるがれきの道や最も危険な地形を運転したり、歩いたり、さらには登ったりすることが可能な、地震などの災害に対応できる新レスキューコンセプトモデル "Cradle Concept (クレイドル コンセプト)" を初公開することを明らかにし、そのティーザーイメージを公開した。

映画「スターウォーズ」で登場する "AT-AT Walker (AT-AT ウォーカー)" に驚くほど似ていると言われているこの「クレイドル コンセプト」だが、現時点では完全な詳細は未開示となっている。

なお、断片的ではあるが、ロボット式の脚(格納式?)に車輪を取り付けた "ウォーキングカー" としてアナウンスされている他、ロボット工学と電気自動車技術を組み合わせた全く新しいコンセプトモデル(究極のモビリティーカー)であること、地震などの災害に対応できる救助手段であること、さらにがれきの山や最も危険な地形を難無く乗り越えることが可能であることなどが分かっている。