43119092_504336896719012_3358487792474366252_n

ヒュンダイ(現代自動車)のフラッグシップモデルであるDセグメントセダン "Sonata (ソナタ)/Sonata Hybrid (ソナタ ハイブリッド)" の次世代モデルの開発車輌が韓国の公道や立体駐車場で一般のカメラに捉えられた。

2020年モデルとして第8世代目へ世代交代するこの次世代「ソナタ」のスタイリングは、昨年3月のジュネーブモーターショーで披露されたコンセプトモデル "Le Fil Rouge Concept (ル・フィル・ ルージュ コンセプト)" でプレビューされている。




そして、同コンセプトモデルでプレビューされた最新デザイン哲学 "Sensuous Sportiness(センシュアス スポーティネス)—感性的なスポーティーさ" と、最新デザイン言語 "Fluidic Sc​​ulpture 3.0—流体の彫刻3.0" を初めて流用する他、同社のデザインアイデンティティーである "Cascading (カスケーディング)" グリルと呼ばれる大型のラジエーターグリルや、おそらくは次世代「ソナタ」のハイブリッドモデルないしはプラグインハイブリッドモデルでのみルーフに装着することが可能となるソーラーパネルなども初採用する。

次世代「ソナタ」に提供されるソーラーパネルについての詳細は明らかではないが、トヨタ「プリウス PHEV」で提供されているソーラーパネルでは、十分な電力を供給し、リチウムイオンバッテリーパックをオート充電することができ、さらには1日あたり最大+3.7マイルの航続距離を提供する。

さらに興味深いことに、次世代「ソナタ」には欧州市場専売となるワゴンバージョンが存在するという。
現在ヒュンダイは同社のDセグメントミドルセダン/ステーションワゴン "i40 Sedan (i40 セダン)" と "i40 Wagon (i40 ワゴン)" の廃止を計画しており、その代わりに、今流行りのSUVよりもワゴンが高い需要にあるドイツやベルギー、スカンジナビアのような欧州市場でセダンの販売を支援するために、派生モデルとなるステーションワゴンを準備しているそうだ。

その他、現在ヒュンダイのハイパフォーマンス専門のサブブランド "N" で開発中だが、次世代「ソナタ」のハイパフォーマンスバージョン "Sonata N (ソナタ N)" が新設定されることも判明している。

パワートレインに関しては、CVTを組み合わせた排気量2.0L 4気筒エンジンを含む、アップデートされた新しいエンジンユニットがラインナップされることに加え、排気量2.0L "T-GDi" エンジン(N-ライン用)と、最高出力280hp以上を発揮する新しい "Theta-3" 排気量2.5L ターボ "GDi" エンジン(Nモデル)がラインナップされるものと予想されている。

なお、次世代「ソナタ」の生産は2019年3月15日に開始される予定であるため、2019年4月19日~28日の日程で米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー2019においてワールドプレミアされる可能性が高い。また、次世代「ソナタ」のステーションワゴンバージョンは、次世代「ソナタ」がデビューした約1年後の登場となる。



Photo Gallery
 
《一般の方々による次世代ソナタ/ソナタHVのスパイショット》

 jhka1541206096jhka1541206107WVV5bb75f4070c6e
WVV5bb75f40903fbWVV5bb75f40c3484WVV5bb75f40e2869
WVV5bb75f40a965644835961_361405484610864_2057268525650766407_n45347368_277965366192489_4662211506891390976_n
43913293_344594602777309_3900436535106863104_npz2LeSOvj9xive
47693539_2328941113803009_953930100672256646_n45389942_1227955437362498_7311283915027708114_n41304937_1630818280357247_1721994730018747546_n
45449857_523073918193535_8628780207610620172_nrkdw1545879213rkdw1545879286
rkdw1545879292








Source: bobaedream