アメリカ発ラーメンドーナツが話題! マンネリ化したドーナツ業界の革命なるか

アメリカ発ラーメンドーナツが話題! マンネリ化したドーナツ業界の革命なるか



 昨年の暮れ、タイム誌『2013年の新製ベスト25』の一つに認定されたクロナッツ。クロナッツは、クロワッサンとドーナッツを一緒にしたペストリーのこと。
NYでは毎朝これを手に入れるためにベーカリーの前は長蛇の列、独占生産の限定品販売なのでプレミアがついて1つ100ドル(実際の値段は1つ5ドル)もした時期があったようだが、現在はかなり落ち着きを見せている。

そんなクロナッツに挑戦状を出しているのは、カリフォルニア在中の大学生ジョッシュさん(21歳)。
なんとジョッシュさんは、“ラーメン”とドーナッツを合わせた「ラムナッツ」(Ramen+Donuts=Ramnuts)を作り上げてしまったのだ。
インスタントラーメンをドーナッツにしてしまうアイディア、さすがアメリカの大学生!

こちらはラーメンを茹でて、混ぜて、凍らせて、揚げる、とかなり手が込んだレシピ。完成まで正味12時間かかったとジョッシュさんは言う。

気になるラムナッツの味はというと、
「粉っぽい感じはするものの、クリスピーさは残っているよ。カスタードクリームが挟まって、アイシングがしっかり上塗りされていているしね。って、ここまでだな、僕が言えることは。口の中で本当に楽しんだよ、でもさ、絶対に試してみなくちゃ! 作ってみて」とブログでかなりプッシュしている。
“粉ものの感じはするものの、クリスピーさは残っている”

袋入りのインスタントラーメンをドーナッツにしてしまうアイディアは、さすがアメリカの大学生といったところ。
というのも、即席ラーメンはアメリカの大学生、寮生活に欠かせない食品の一つというイメージが大きいから。


一袋25セントもあれば買えてしまう格安さや手頃さが魅力なのだろうと思う。

このラーメンドーナッツ商品化されれば面白いが、まだその予定はないようだ。
ラーメンドーナッツ商品化されれば面白い

ジョッシュさんは少し風変わりな人物だ。
ある日ジョッシュさんが飲料の「レッドブル」でフレンチドレッシングを作っていた時に、「それってうまいの?」などと友人にからかわれてこう言ったそう。「うまさなんかはどうだっていい。これは科学のためにも未来のためにも必要なんだ!」と。

「数々の無名ソーダブランドは、コーラやペプシと同じような味を出しているにもかかわらずシェアが全然取れていないことからも分かるように、“味”は重要視されてないんだ」ということで、彼自身は人の味覚を信じてはいないらしい。そして、このラーメンドーナッツを作るのに費やした12時間さえも、決して美味しさを追ってしているわけではないという。
ラーメンドーナッツの制作にはかなりの時間を要するようだ

ジョッシュさんの料理ブログには他にもさまざまなアイディア料理がたくさん。「消費だけの食文化にしたくない、何かを作り上げたい」というジョッシュさん。興味野在る方は、ぜひチェックしてみてほしい。



 

隕石か、UFOか、ミサイルか!? 怪しすぎる光にロシア当局はコメント拒否!!

隕石か、UFOか、ミサイルか!? 怪しすぎる光にロシア当局はコメント拒否!!


 

 現在、とあるロシア人ドライバーによって撮影された1本の動画が、世界中で様々な憶測を呼んでいる。まずはその衝撃の映像をご覧いただこう。


【映像はこちらから→http://tocana.jp/2014/11/post_5231.html】

 今月18日、ロシア紙「The Siberian Times」が報じたところによると、この光景は先週14日(金曜日)の17時40分ごろ、同国中央部エカテリンブルク近郊から、レジュという街へと向かう道路を走っていた自動車のドライブレコーダーが捉えたものだ(タイムスタンプは1時間ずれている)。

 真っ暗な夜の闇。街灯もなく、見えるのは前方を走る自動車のテールライトだけ――。すると突然、空にオレンジ色の光が出現! それは燃え広がるかのように、みるみる黄金色へと変化し、辺り一面を明るく照らす。わずか11秒ほどの出来事ではあるが、まるで一瞬のうちに夜が明けて昼が訪れたかと勘違いするほどの明るさだ。しかも、辺りには何の音も響いていなかったという。

「ニュースは、この出来事について何も触れていなかった。他に見た人はいるかい?」

 撮影者は、この不思議な光の正体を求めて動画を公開した。その後、地元テレビ局が動画について報じ、他の目撃証言も得られたが、科学者や気象学者はこの現象を解明できずにいる。一般的には隕石などの可能性を考えるのが妥当だが、まったく音がしなかったことや、光の広がり方など、2013年2月にチェリャビンスクで発生した隕石落下とは異なる点が目立つという。



 

ラピュタのように緑に包まれた神秘的な漁村

ラピュタのように緑に包まれた神秘的な漁村


 ラピュタのように緑に覆われた神秘的な漁村© TABIZINE 提供 ラピュタのように緑に覆われた神秘的な漁村

(C)flickr/Viaggio Routard

一見、ヨーロッパの名もなき小さな村かと思えば、ここは中国東部、東シナ海にたたずむションスー列島(嵊泗列島)という場所。無数の緑におおわれて山に溶け込む家々は、見る人の心に神秘と幻想を抱かせます。

こんな村に住んでいる人々は毎日どんな暮らしをしているのだろう、と思ったのですが、実はここは無人島。

かつては漁村だったこの村に、今住む人はいません。

ラピュタのように緑に覆われた神秘的な漁村© TABIZINE 提供 ラピュタのように緑に覆われた神秘的な漁村

丘に登って見渡せば、のどかな田園風景が広がります。こうして見ると、まだまだ緑に飲み込まれずに残っている家がたくさんあります。

無人の廃墟となった人間の建造物を、緑が守るように包み込んでいく場所。異世界へ通じるようなこの村の雰囲気が映画「天空の城ラピュタ」の世界を想わせるのは、そんな共通点があるからかもしれません。

[Photo by shutterstock.com


 

プロフィール

worldnews13



カテゴリー
ギャラリー
  • 【画像】アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライヴァーの間に生まれた長男が「奇跡のイケメン」だと話題に
  • 【画像】アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライヴァーの間に生まれた長男が「奇跡のイケメン」だと話題に
  • 【画像】アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライヴァーの間に生まれた長男が「奇跡のイケメン」だと話題に
  • 【画像】アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライヴァーの間に生まれた長男が「奇跡のイケメン」だと話題に
  • 【画像】アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライヴァーの間に生まれた長男が「奇跡のイケメン」だと話題に
  • 【画像】アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライヴァーの間に生まれた長男が「奇跡のイケメン」だと話題に
  • 【画像】アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライヴァーの間に生まれた長男が「奇跡のイケメン」だと話題に
  • 【画像】アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライヴァーの間に生まれた長男が「奇跡のイケメン」だと話題に
  • 【画像】アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライヴァーの間に生まれた長男が「奇跡のイケメン」だと話題に
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
  • ライブドアブログ