賃貸借契約や賃借人・不動産仲介・大家などについてアップしようかとも思ったが、ライオンズクラブを優先することにする。

 昨今、国際フェスタというものに行ってみようとして、その近くでたまたまライオンズクラブ゙の方に出会って色々とお話しをし、その際にライオンズクラブ゙に誘って頂いた。

 ライオンズクラブは著名な団体であり、読者の中にもライオンズクラブやロータリークラブの会員も複数存在するとは思うが、読者で全く知らない方及び少し知っているがあまり知らない方も少なくないと思われるし、当ブログの方向性と共通部分も多いので、
ライオンズクラブについて概要を説明したい。


[ライオンズクラブとは?]

 ライオンズクラブは世界最大の社会奉仕団体の1つである。

 全世界で205か国・地域に45,740クラブ、会員数は約134万人。
日本国内で3,311クラブ、会員数約10万9000人(2010年3月31日現在)。

 単一クラブは地域の名称を冠していることが多いが、その地域に居住地や事業所を有している会員の集まりというわけではない。
 単一クラブの会員数は、平均的には約30人~60人だが、30人より少ないクラブもあれば、60人より多いクラブも存在する。

スローガン
Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety
(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全を図る)
※LIONSの一文字ずつを取り入れたもの。

モットー
We Serve(われわれは奉仕する)

ライオンズの誓い
「われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」

社会奉仕活動

  • 高齢者福祉対策
  • 精神障害者・身体障害者対策
  • 献血献腎献眼骨髄移植推進
  • 視覚障害者・言語障害者・聴覚障害者対策
  • 青少年・薬物乱用防止対策
  • 環境保護対策
  • 社会福祉対策
  • 国際協調
  • YCE(Youth Camps and Exchange 青少年海外派遣及び受け入れ)

 以前は金持ちクラブという批判も有ったが、今は誰でも入れるようになったようだ。
(但し、それでも会費は、法律系学会や早稲田稲門会・慶応三田会や教会等に比べると依然としてかなり高い点は間口が狭いと言えるだろう。)
 しかし、ボランテイアの歴史が浅い日本において、I Serve(私は奉仕する)のロータリークラブと共に、ボランテイアの規模は大きく、質も素晴らしく、日本のボランテイア・世界のボランテイアを大きくリードする団体だと言えるだろう。
 ライオンズクラブは、社会奉仕活動をロータリークラブのように職域や個人で行うだけでなく、ライオンのように、チームワークを発揮して行うことによって有意義な効果をあげるように組織された団体である

(ライオンズクラブはロータリークラブより後発ではあるが、現在、会員数は凌いでいる。) 

 
個人主義、自由主義憲法下では、ライオンズクラブのように「We Serve」、ロータリークラブ「I Serve」「超我の奉仕」(Service Above Self)「最も良く奉仕する者、最も多く報いられる」(He profits most who serves best)のような観点が望ましいだけでなく、社会の崩壊を防ぐために必要不可欠だと思う。






☆国際赤十字、ユニセフ(=国連児童基金)、ロータリークラブ、国連WFP(≒飢餓援助)、青年海外協力隊、宗教のボランテイア、その他については他日に待ちたい。

☆ボランテイアと法・判例などについては他日に待ちたい。