にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

BlogPaint







しがち











BlogPaint



















 

産経新聞:

 経営再建中の東芝が米原子力子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)への支援を技術協力関係にある韓国電力公社に要請したことが27日、分かった。
 WHは28日にも米連邦破産法11条の適用を申請する方向で調整する。
東芝は破産法適用後にWHの株式を売却し、海外原発事業から撤退する方向だ。
 WHは破産法の申請に向け、現地時間27日に米電力会社や銀行などの債権者と事前調整の会合を開催。債権者の理解が得られれば、WHは28日にも破産法を申請し、東芝も週内にも開く取締役会で承認する。
 計画通りに進めば、WHは裁判所管理となり、東芝の連結対象から外れる。
WHは債権者と協議する再生手続きの中で債務を整理し、新たなスポンサー企業のもとで再建を目指すことになる。
 東芝がWHの支援先として韓国電力に協力を打診したのは、同社が原発事業での海外進出に意欲的で「以前からWHに興味を持っていた」(東芝幹部)ことが背景にある。
 関係者によると「東芝と韓国電力の担当者の間で交渉があったのは事実」という。
 東芝は英原発事業会社の株式売却も韓国電力に打診しており、韓国電力側も英原発事業の買収には意欲を示している。
 だが、韓国では、韓国電力がWHの買収判断を当面留保するとの現地報道もある。
朴槿恵前大統領が弾劾で罷免されたことで、リスクのある原発をめぐる取引に政治的な後押しが困難になっているといい、買収が実現するか不透明な部分もある。
 東芝はWHによる米国での原発工事をめぐり、7千億円超の損失を計上。
破産法で総額1兆円規模に膨らむとの見方もあるが、WHを連結から切り離せば、損失が膨らみ続けるリスクを遮断できる。
ーーーーーーーーーーーーーー
何が言えるか?

[米連邦破産法申請で存亡危機の東芝が韓国電力に支援要請]

*土光さんという名経営者もいた日本を代表する電機メーカー東芝が存亡の危機
(但し、ずっと以前から存亡の危機で、小田原評定的色彩有り)

*日米韓に関係
(未だ打診の段階だが、いずれにせよ今後はこういう多国間にわたる経済関係が増えるだろう。 法律関係もだ。)

*損失が1兆円を超える可能性も有り
(損失が確定しないと救済する気持ちが有る会社も救済しづらい。)

*サムソンや鴻海が支援・救済すると日本の最大手企業情報流出が国家的損失として懸念されるが、電力会社なら問題が少ないということも有るのだろう。

*会計士も大変だったのではないか?
 即ち、東芝の意向に沿わないと逆鱗に触れたり仕事を下ろされる可能性が有り、一方、東芝の意向を丸呑みすると粉飾決算・不正会計になるという二律背反に苦しんでいたのではないか。
(会計士は地味だが、会計事務所は弁護士事務所に優るし、弁護士に決して劣らないと思う。)

*粉飾決算絡みの事例は東芝に限らずとても多い。
理由は
①相対的に株主を重んじないから
②①と類似するが市場を軽視し透明化を軽視するから
③会計士や監査役と経営者・経営陣がなあなあで公正厳正にやらないから
(会計士がもっと仕事しやすいように会計士にヒアリングし法改正すべき)

*東芝問題が表面化した直後、会社法に詳しい久保利英明弁護士は、
「新日本監査法人は、東芝に『だまされた』か『グルだった』かのどちらかだ。『無能』であるなら話は別だけど」
とインタビューで答えていた。


*強い会社とは、ミスを隠す会社ではなく、トヨタのように自らのミスを認め反省し改善する会社だ。
(しかし東芝にせよ、オリンパスにせよ、カネボウにせよミスを隠した認識は無いのだろう。
反省を重んずる気持ちが弱いと、隠す気持ちが全く無くても、ごく自然に隠してしまうものなのだ。)

*経済産業省は通商を巡る国家間の紛争対応を充実させるため、幹部ポストの「法務官」を4月にも新設する方針
(外部弁護士登用見込み)

*6502東芝は監理銘柄移行の話も有る。
 時間はもう無い。

*韓国も苦しいが、日本も苦しい。
 東芝も苦しいが、ソニーもパナソニックも日立も嘗ての栄光の面影はなく、みんな苦しい。
 此処が頑張り時だ。

*3/30に東芝の臨時株主総会が千葉市の幕張メッセで行われる予定



[核兵器禁止条約不参加]
①日本の置かれている国際環境を考慮すると現実的な対応でやむを得ないと思う。
②しかし日本は唯一の被爆国でもあり、一般には分かりづらい対応なのも事実


[高浜原発大阪高裁逆転判断]

*原発は慎重派知事も存在し賛否両論あるが、高浜原発に関し高裁は再稼働を認める決定を出した。

*原子力やエネルギーと関係する話でもある。
 大震災が有った後なので原子力発電に懸念が有るが、日本は資源小国で、原油も近い将来世界的に枯渇するのは明らかだし、原子力の重要性はエネルギー的に重要であることに変わりはない。

*ロケット発射や尖閣その他日本・世界の安保環境が厳しさを増す中で、安全保障上も原子力が重要になる可能性が少なくとも潜在的には存在