ブログランキング・にほんブログ村へ

「長谷山彰」の画像検索結果
慶應義塾新塾長
長谷山彰法学博士



法学部教授・弁護士




何が言えるか?

*任期満了の清家塾長に代わり、2017年5月より慶應義塾塾長に就任。
(任期4年。大学だけではなく、幼稚舎から一貫教育全ての塾長)

*「世界から高く評価される大学に成長できるよう各学部の国際化プロジェクトを推進する」
「学生の7割が首都圏出身であり、多様性が薄れている。 地方や海外からの学生を迎えることで多様性を高めたい」
と抱負を述べた。

*早稲田大学総長の鎌田 薫氏も法律関係で法学部教授。
鎌田総長は再任され、任期は2014年11月5日 から2018年11月4日まで
(早稲田もグローバル化に熱心・真剣に取り組んでおり、約5000人の留学生を擁する。)

*1975年に慶應義塾大学法学部法律学科卒業
 1988年に『律外科刑の基礎的研究』で法学博士(慶應義塾大学)を取得
(法制史上の制定法と慣習法の関係や日本の前近代の裁判制度を日中の制度的比較によって研究している。)


*1987年から
駿河台大学法学部専任講師、助教授を経て、1994年に教授

*1979年に慶應義塾大学文学部史学科を卒業
 1984年に慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得満期退学
 1997年に慶應義塾大学文学教授
 2007年から慶應義塾大学文学部長
(法学博士だが慶應義塾では法学部教授ではない。笑い)


*候補者を3人に絞るための慶大教員らによる2度の選挙でいずれも得票数が2位だったが、各学部長・評議員などで構成する選定委員会が長谷山氏を臨時評議員会に推薦した。
(2016年司法試験慶應義塾大学1位、
2013年司法試験慶應義塾大学1位や、塾生(学生)に犯罪不祥事が有ったことも、法律関係者2位を1位に押し上げるのに若干影響したと思う。

*早稲田大学K総長やM 元首相も早稲田らしさが薄まったことへの懸念を口にしていたのを、同じ私学共有の懸念としてA元慶應義塾塾長に私が伝えた。