「AKB総選挙」の画像検索結果
「指原莉乃」の画像検索結果

「渡辺 麻友」の画像検索結果
AKB48の第9回選抜総選挙結果

1位  246,376票 指原莉乃(HKT48 Team H)
2位  149,132票 渡辺麻友(AKB48 Team B)
3位  113,615票 松井珠理奈(SKE48 Team S)
4位  82,803票 宮脇咲良(HKT48 Team KIV)
5位  73,368票 荻野由佳(NGT48 Team NIII)
6位  63,124票 須田亜香里(SKE48 Team E)
7位  58,314票 横山由依(AKB48 Team A)
8位  52,475票 惣田紗莉渚(SKE48 Team KII)
9位  48,143票 岡田奈々(AKB48 Team 4)
10位 45,684票 北原里英(NGT48 Team NIII)
11位 42,663票 高橋朱里(AKB48 Team 4)
12位 41,491票 白間美瑠(NMB48 Team M)
13位 41,230票 本間日陽(NGT48 Team NIII) 
14位 40,202票 古畑奈和(SKE48 Team KII)
15位 38,576票 高柳明音(SKE48 Team KII)
16位 35,540票 吉田朱里(NMB48 Team M)          
     
ーーーーーーーーーーーーー
何が言えるか?


  • *多くの女性に公平に実力を評価しアイドルになれるチャンスを与える場であることは良いと思う。

    *総選挙と言っても、政治家の当選落選コメントとかなり違う。笑い
    (例えば相対的一般的に女性はやはり自分の話が多いし感情の起伏が激しい。)

    *さっしー三連覇
     しかも大差の勝利
     ①さっしーはまゆゆより日頃のコメントが評価されたと思う。
    (コメントに誤魔化しが少なく具体性有り)
     ②弱点を有利な材料に転化できることを知っている
    (自分をブスと言うことのメリットを知っている。)
     ③さっしーももう総選挙は出ないらしいが、卒業するまゆゆと違って、総選挙は出なくても卒業はしないのか?
     
    *まゆゆは又さっしーに敗れる。
     正統派が敗れたと考えるべきではなく、総合力で敗れたと考えるべき。
     相対的にまゆゆは日頃のコメントに魅力が弱いと見なされてしまった。
    (①無難さを求める人というイメージが定着したかも
    ②保守政党だから必ず勝つ、保守政党だから必ず負ける、リベラル政党だから必ず勝つ、リベラル政党だから必ず負けるということはいずれもない。 長短全てを足して引いた総合力で決まる。)
     まゆゆは遂に卒業宣言。
    (まゆゆは卒業後はドラマに出る?)

    *珠理奈は又さっしーとまゆゆの厚い壁に阻まれる。

    *出来たばかりの新潟AKBのメンバーが速報1位で本番でも一躍5位
     顔は美人とは言えないが、話の内容はとても良かった。
     こういう人を応援したい。
     みんなもよく分かっている。

    *乃木坂のメンバーは総選挙に出ていない模様

    *アイドルの総選挙と言っても、言動や人柄をよく見て投票しているようだ。
    (政治の総選挙でも、法廷の弁論でも類似点は有る。)

    *結婚宣言をした人もいるが、喜ばしいことでも、仮にこれが投票者に隠され完全に不意打ちの事実なら、議論の余地も有ろう。

    *明確な卒業年齢は存在しないが、25歳前後が意識されているようだ。
    (しかし、若くなければアイドルができないというのは良くないと思う。)

    *「卒業」という表現は女性的だ。
    (100%90%自分が決めたのにも拘わらず、「引退」という表現を用いず、自分が決めたわけではない・やむを得ないという形にしている。笑い)

    *イベントが雨等で中止ということだが、6月という梅雨時期のリスクを考慮しなかったのか?
    (イベントは中止になったが、観客なしで開票・テレビ生中継は実行)
     
    *全体のことを考える総監督横山由依が7位に入れたのは喜ばしい。

    *中国
    AKBや韓国AKBを創り、メンバーの交流・イベント等が有れば、日中関係や日韓関係に好影響を及ぼすと思う。