にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ

「コビンド」の画像検索結果

朝日デジタル: 

  インド大統領選の開票が20日行われ、与党・人民党が推すカーストの最底辺層「ダリット」(被差別民)出身のラム・ナト・コビンド前ビハール州知事(71)が当選した。
 野党候補も被差別民出身で「ダリット選挙」と呼ばれた。

 プラナブ・ムカジー現大統領の後任を選ぶ選挙で、上下両院議員と州議会議員による間接選挙で、17日に投票された。
 首相が政治の実権を握るインドでは大統領は国家統合の象徴的な存在で、ダリット出身大統領は1997年に就任したナラヤナン氏以来2人目。

 コビンド氏は弁護士や上院議員を務め、ダリットの権利保護の活動を続けてきた。
野党の国民会議派も、ダリット出身の元下院議長を擁立した。

 インドでは、カーストに基づく差別は憲法で禁じられているが、差別は根深く残る。
 ダリットは国民の2割近くを占めるとされるが、具体的な地位向上策を双方が訴えたわけではなく「カーストが票のために利用されている」(政府関係者)との声があがった。
(ニューデリー=奈良部健)
ーーーーーーーーーーーーーー

何が言えるか?

*新インド大統領は弁護士
(ガンジーも弁護士)

*新インド大統領は不可触民出身
(対立候補も不可触民なので、どちらが勝っても新大統領は不可触民)

*不可触民の最高裁長官も誕生した。

*インド憲法はカーストによる差別禁止、不可触民を意味する差別用語も禁止。

*不可触民自身は自らをダリットと呼ぶ。

*ガンジーは不可触民をハリジャン(神の子)と呼んだ。

*ダリットは約2億人いる。

*インド憲法はダリットに公的雇用、教育、議会の議席の3分野について優先枠を与えている。
(留保制度という。)

*1950年の優先枠は約20%だったが、1993年には49.5%になり、ダリットが各分野に進出するようになった。
(但し指定カーストの指定を受けられない最下層カーストが未だ約1億人いるが、彼らは優先枠の恩恵に与れない。)

*平等原則は重要だが、現在のインドの原型が形成されたのはアーリア人がインドの西北から新入しヒンズー教・カースト制度の元になったバラモン教を原住民に教えたためであり、カースト制度はかなり古い歴史的背景・深い意味が有るので根強いのも事実。

*日本でお馴染みの七福神の内
大黒天はヒンズー教のシヴァ神の化身マハーカーラ神から、
毘沙門天はヒンズー教のクベーラ神から
弁財天はヒンズー教のサラスヴァーテイ神から来た。

*インド憲法は約100回改正されている。

*インド最大の材料であるタタ財閥の創業者はインドのメイン宗教で約8億人いるヒンズー教徒ではないし、インドに2億人弱いるイスラム教徒でもなく、少数派のゾロアスター教徒。
(前首相も少数派のシーク教徒で少数派が結構活躍している。)

*インドをカースト制度の国だと侮ってはならない。
 インドは現在大改革をし、急成長をしているし、公用語22言語、紙幣17言語の多様性に富む国で、人口もいずれ中国を超えると推測されているし、いずれGNPも日本を抜くと推測されている。
 日本が明治時代に大きく発展したのは、因習・既得権益等に囚われず、「よきをとり、あしきをすて」(明治天皇)実力を重視し比類なき大改革を断行したからだ。 
 先進国だと思い、既得権にしがみついているとどんどん差を縮められ追い越されるだろう。
(大人になってから水戸黄門の劇をやり水戸黄門を演じたが、水戸黄門の主題歌の「追い越され~🎵」にならないように官民・産官学を挙げて努力しよう。
「泣くのが嫌なら、さあ歩け~🎵」)