現在文字通りのタイムマシンは存在しないが、高校の同窓会は一種のタイムマシンと言えるかもしれない。

 私立ではないのに156名出席で、出席率はかなり良い。
中には外国から「この出席だけのために帰国した」と明言した人もいた。


東大→高級官僚のM君
「官僚は政治家に弱い、政治家は国民に弱い、国民は官僚に弱い」

高校(別の高校)の校長のY君
「学校ではタバコは吸わない、もう授業は持ってない」
 
慶応→何でも「我慢します」と言っていた三井物産のF君
「イタリア・ミラノと中国・上海に行った。日本はいいよ~」

千葉大→ソニー→LGのS君
「現在韓国在住だが、韓国の人の感情は起伏が激しいなど様々な点で違いは有る。仕事や日常生活する上では反日的な問題はないが、日韓関係の正常化は簡単とは言えない。」
「今のソニーは韓国勢、台湾勢等に対し価格競争面で苦しい戦いをしている。」

1級建築士のM君
「日弁連のビルをぼくたちが創った。東弁はOO、一弁はOO、二弁はOOという傾向が有るのに同じビルに入るから・・・」

サッカー部のK君
「今日来た人の半数は顔と名前が一致するよ。」

早稲田→ジャーナリストのEさん
「OOO の事件はもう追っていない」

早稲田→写真を仕切ったN君
昔も今も面白いことを言う。

親が医者で医者になれるか心配してた医者志望のS君
「無事に医者になったよ」

東工大→川崎製鉄→医者のY君
中学も一緒で親友だが、今回欠席
(理科系だし、家も近かったので、ある時流れ星を見ることを誘われ夜に野原で一緒に横になって空を眺め流れ星を見たが、さすが理科系! 考えることが違う。お父さんも理科系で自宅にテレビが複数置いてあったのも驚いた。現在、私も真似している。笑い)

上智→柔道部でもスマートだったが、かなり体型が変わったI君
→「ぼくが正義感が強かった? 何故そう思われたんだろ?」

同じく柔道部のK君にあることを謝ったら
「大丈夫だよ(笑い)」

筑波大→同じく柔道部で母校の教師になったT君
開会の辞を務める。
T君を含め柔道部は全体の同窓会でも活躍しているので全ての卒業生が対象の同窓会にも出やすい。

一橋→複数の共通の関心事項も有って距離が近い弁護士のT君
「(君は社会常識は豊かだし判断は的確だが、ある意味で普通の人じゃないし、独身だから)、君の名前を冠した基金の法人を創ったら? ぼくが手伝うよ。来週空いてるよ~(笑い)」

 


 毎年クラス替えが有ったし、顔と名前が一致する人は10人位と言う人が多かったのに156人出席は凄い。
(私が一致するのは30人位。 私のクラスは一番出席率が良かった。 開会の辞を述べたのもクラスメイト、写真撮影を仕切ったのもクラスメイト)

 同じ時代・社会でニュースやアニメも同じものを見て共に成長したことも有るだろうし、地域を代表する名門校という愛校心も有るのだろうし、受験を背景にしながらも、多感な時期に机を並べて共に勉強したり、修学旅行やスポーツ大会や文化祭や合唱祭その他共に青春時代を過ごしたことも大きいのだろう。

 1クラスだけ3年間クラス替えがなかったクラスが存在したが、そこが圧倒的に一番出席率が低かった。笑い。
(早稲田・慶応は一貫教育を重んじるが、その視点観点だと3年間同じクラスの方が出席率が良いことになるがそうなっていない。 それとも単に幹事の資質・意欲や当該クラスの特殊事情の問題なのか。笑い)

 公立だから大学も様々、就職先も様々だ。
名門私学中高一貫校は独自の良さが有るが進路は一部の大学や職業に固まることもあるので、公立だと
進路の大学や職業やバラエテイに富む所が魅力だ(女性もいる)。

 久しぶりだが、殆どの人が校歌も歌詞を見ないで二番迄歌えた。
(早稲田・慶応なら校歌・応援歌を歌えて当然だが、公立なら立派なこと)
 
 同一年齢に見える人も勿論いるが(笑い)、我々より年上に見える人もいるし、我々より年下に見える人もいる。笑い。

 一部、原型を留めていない人もいるが(笑い)、大部分は当時の面影を残しているのも当然とは言え興味深いことだ。

 じっと見ていると、話していると、昔の顔・言動などの過去の記憶が蘇って来る。
しかも人により覚えている内容も異なる。笑い
(何故覚えているのか、忘れた部分は何故忘れたのか、フロイトの精神医学・精神分析を思ったり、「あいつ今何してる?」というテレビ番組を思う。)

 タイムマシンも相対性理論を前提にすると理論的には可能だということだが、タイムマシンのように過去に戻れ笑顔になれる不思議な時間空間だ(関係者の尽力にも感謝)。