「ビキニ環礁水爆...」の画像検索結果


何が言えるか?

*北朝鮮の主張の真偽は別として、水爆は広島・長崎級原爆の数十倍〜数百倍の爆発エネルギーを持たせうるとされている。
(マグニチュードからは水爆成功主張を100%否定できず、本当かどうか別として有り得るという受け留めが一般的だ。但し、マグニチュードからは160キロトン・広島に投下された原子力爆弾は15キロトンで約10倍程度)

*事実なら大変なことだ。

*即ち、仮に本当に大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する水爆実験に成功したなら、例えば北朝鮮の1か所の核施設を破壊したら次の瞬間に原子爆弾より遥かに破壊力のある水爆が東京やニューヨークやソウルに落ちて広島原爆より遥かに多数の死者が出る現実的な可能性が生まれたということだ。
(①しかし、このようなことを日米韓に想起させて脅すことで優位に立つことを狙っているのも事実
②一方、歴史的に当初は双方が戦争する意思がないのに、双方が軍拡をエスカレートした結果ふとした弾みから戦争開始に至ったことが多い。)

*少しずつ見逃している内にここまで来てしまった。
(北朝鮮が上手かったとも言えるが(笑い)、第二次世界大戦では英仏がヒトラーに融和的でありすぎた結果、戦争に因る被害が大きくなった。)

*しかし一連の北朝鮮のミサイル騒ぎは、支持率がかなり落ちているアメリカと日本には支持率回復要素だ。笑い

*防衛省キャリア組某幹部と大陸間弾道弾ICBM成功報道後、水爆成功前報道前に会話したが
「ICBMを日本に向かって打って来たら撃ち落とせるの?」と聞いたら、
「高度が高い内は不可能だが、高度が下がり落ちるちょっと手前なら不可能ではない」と言っていた。
「日本も先進国なんだから、日本が核を持とうと思えばすぐ持てる技術は有るんでしょ?」と聞いたら
「大丈夫だと思うよ」と言っていた。

*北朝鮮が9/3に核実験したのは、9/2アメリカの対日勝利記念日、9/3中国台湾の抗日戦争勝利記念日を踏まえてだと思う。
(因みに北朝鮮の解放記念日は日韓同様8/15で、9/9が北朝鮮建国記念日)

*円上昇(ドル円)。
 円上昇というのは、少なくとも外為市場は対北朝鮮で日本よりアメリカの方が軍事的当事者と見ているということだ。
(しかし、それはあくまでもアメリカとの相対的な話に過ぎない。大局的に見て日本も危険だ。笑い)

*一方、日経平均株価が下がっているのは東証の懸念を示している。
(但し、大きな下げではなく、大きな懸念とは言えない。)

*仮に北朝鮮の主張通りICBM保有・水爆保有ということなら、日本がアメリカの核の傘の下にいるから安全という核の傘論も色褪せることになる。

*北朝鮮のミサイルは中国・ロシアは狙っておらず、アメリカ・日本・韓国を意識しているわけだから、日米韓の連携をより緊密にすべき
(仮に水爆が、ニューヨークや東京やソウルに投下されたら死者は歴史上初めての凄い数になるだろう。)

*簡単ではないが、中露の少なくとも一方は取り込むか分断するよう努力するべき。
 そうすれば他の一方も孤立し折れざるを得まい。
 そして中露双方の後ろ楯を失えば、北朝鮮も此処までやりたい放題はできなくなる。

*こういう時期、プーチン大統領とコミュニケーションを取る機会も増える。
 日露平和条約締結に向けて前進するチャンスである。
(但し、日露平和条約締結が出来ても、発表は衆議院選挙直前に行いたいだろう。笑い)

*北朝鮮ミサイル問題について、安部首相とトランプ大統領はかなり緊密に連絡を取り合っているが、贅沢に見えるゴルフ会談も役に立っている。笑い

*韓国は北朝鮮との関係も悪く、日本との関係も悪く、中国との関係も悪いが、北朝鮮はもっと孤立している。
 打開策を講じるべき。
(但し、打開策というのは、甘い融和策を必ずしも意味しない。冷静対応は必要だが、ならずものに得をさせてはいけない。)

*軍事的対応も勿論排除せず、十分に事前準備するべきだが、同時に政治、外交、経済、民間等あらゆる角度から打開策を講じるべきである。

*石油禁輸策というと第二次世界大戦時に日本を戦争に追い込んだABCD包囲網石油禁輸を思い起こさせ嫌だが、甘くない策で他に手段が無いなら仕方ない。笑い
 しかしロシア、中国が協力するか?

*核兵器が絡むので、キューバ危機も思い起こさせる。

*イスラエルがイラクの原子炉を爆破したことも思い起こさせる。

*北朝鮮の行動はとても支持しがたいが、強いて北朝鮮の立場に立つと、為政者が安楽な気持ちで油断するのではなく最高の危機感を持ち常在戦場の気持ちでいることは望ましいし、一般国民も危機感を共有すると国が大いに引き締まるのも事実だ。笑い

*北朝鮮のエンドレスの挑発行動には、孤立感だけではなく、韓国にも日本にも核がないからということもあるだろう。
 日本が敗戦国のために核をもちずらい、そして平和憲法で核を持ちずらい、唯一の被爆国のために核を持ちずらいということなら、現実の牽制・選択肢として核シェアリング論も面白いと思う人も増加しても可笑しくない。

*法の支配の下、憲法が最高法規であること及び現行憲法の明文と自衛隊の現状に乖離が存在することは与野党共に認める所だ。

北朝鮮のエンドレスの挑発行動が続くと、憲法改正を選択肢と考える人も増えても可笑しくない。

*北朝鮮の兄貴分の中国が殆ど動かないのも北朝鮮がエンドレスで暴走する要因の1つ。
(朝鮮戦争では共に血を流して戦った間柄だし、1国2制度の中国は綱渡りを続けている中で数少ない共産主義国を手放したくないのだろう。それは理解できるし、孤立している北朝鮮の焦燥感も理解できるが、北朝鮮の挑発はエンドレスだし、今度は水爆だし、日本の忍耐にも限界は有る。)