画像
サルマン国王
「ビン・サルマン...」の画像検索結果
ビン・サルマン皇太子
「サウジアラビア...」の画像検索結果
「サウジアラビア...」の画像検索結果


アルワリード・ビン・タラル王子
「サウジアラビア...」の画像検索結果

クリックすると新しいウィンドウで開きます
「サウジアラビア...」の画像検索結果
クリックすると新しいウィンドウで開きます

何が言えるか?

*汚職容疑というのは日本欧米から見ると大義名分的なもので、国王死後の後継者問題による大きな混乱を防ぐために、別件逮捕どころか、実質無罪のところを強引にやったということだろう。

*約200人逮捕か。

*逮捕者には6/21解任された前皇太子も含まれる。
(58才。同母兄の息子で、実子ではないし、兄弟も大勢いるので遠慮が無いのだ。笑い。)

*第3世代となる初代国王の孫の世代は男性だけでも254人が公式に確認されており、王位継承問題が深刻化すると見られていたし
現国王のサルマン国王は初代国王の25番目の男子で81才高齢で認知症でもあり、32才ビン・サルマン皇太子が若く後継不安があるので権力基盤固めか。

*ビン・サルマン皇太子は第一副首相・国防大臣。
(攻めるためにも守るためにも、サウジアラビアに限らず、こういう時に軍を握っていることは多い。笑い) 

*日本欧米から見るとかなり乱暴に見えるが(笑い)、中東では革命がかなり多いことも考慮するべき。

*一夫多妻制のため子供が多い。

*それは主要部族全てと仲良くするためと言われている。
 一説には41人の妻がいるとされるが、有力部族の部族長の娘に子どもを産ませるため、100回以上の結婚を余儀なくされたとも言われているため、百数十にも及ぶ主要部族全てに妻が居たとすれば百数十人の妻が居たことになる。
(但し、イスラム法では四人迄の正妻しか許されない。)

*日本にとってサウジアラビアは石油輸入その他で大いに関係有り。

*原油の恩恵でサウジアラビアは税金は無いし、医療費や教育費も無い。

*しかし電気自動車の普及や各種温暖化対策その他で原油価格が下落したし、税金等も無いので、財政難。
 この財政難とも今回の大量逮捕は関係があると思う。


*即ち、約3兆7千億円の資産凍結。
没収資産約90兆円という報道も有る。
 総資産166億ドルの投資家・多額の寄付をする慈善家として世界的に著名なアルワリード・ビン・タラル王子も含まれている。
(①昨年、アルワリード王子は同じく大富豪であるビル・ゲイツが主唱し、大富豪ウォーレン・バフェットが賛同した「個人資産の大部分をチャリティーに寄付する」というGiving Pledgeに参加した
②大富豪として著名であり、慈善家として著名であることは為政者から見れば目障りでもある。笑い)

*アメリカ同時テロの首謀者オサマ・ビン=ラデインもサウジアラビアの大富豪

*サウジアラビアはイスラム諸国でも穏健派と呼ばれ、海外で学ぶ留学生が多く15万人に及び、アメリカへの留学生も中国、インドに続き3番目に多い。

*今年サウジアラビア国王が46年ぶりに来日した。
(去年、ビン=サルマン皇太子が国王来日の事前準備のため来日)

*サウジアラビアにはメッカ、メデイナ等のイスラムの聖地が有り、中東の中でもイスラム法を厳格に適用する国である。
(国際人権規約を批准しておらず、窃盗罪に対し指・腕を切り落とす刑も存在する。
 但し欧米からの批判もあり、実際には懲役を科すことが増え、イスラム法の厳格適用は少なくなって来ている。)

*そのため、女性の人権その他欧米日本等に比べ改革の遅れも課題になっていた。

*そこで最近、サウジアラビアでも女性の運転解禁が行われた。
 このような改革を行いたいサウジアラビアにとって体制強化が緊急を要する課題になっている。

*サウジアラビアは高速鉄道建設計画も有る。

*逆オイルショックも厳しく、脱石油、即ち石油に依存しない国家作りもサウジアラビアの緊急を要する課題

*但し、トルコその他に見られる世俗的改革を望む声が有る一方、イスラム国等厳格にイスラム法を適用実施することを望む声も有るので、微妙なバランスを取る綱渡りを強いられる情勢

*政治も裁判も連立方程式であり、その他、スンニ派とシーア派のバランス、アラブと非アラブのバランス、金持ちと貧者のバランス、各部族間のバランス、王政と民主政とのバランス、対イスラエル等を考慮しなければならない。

*サウジアラビアはG20加盟国。
 G20加盟国でイスラム教国はサウジアラビアとインドネシアとトルコ。
(インドネシアとトルコはアラブではないので、21カ国のアラブ諸国ではサウジアラビアが唯一のG20加盟国)

*日本では未だイスラム教徒が少ないが、欧州はかなり多くなった。
(それ自体は良いことだが、同時にテロ・極右台頭の1つの要因にもなっている。)
 日本でも徐々に増加し、モスクやハラル商品も増加中。

*カリフ(約16億人50カ国を越えるイスラムの最高権威者=預言者ムハンマドの代理)空席の現在において、サウジアラビア国王の存在はかなり大きい。

*憲法は一応有るが、憲法1条に「憲法はコーラン及びスンナ(スンニ)である」と書いてあるので、憲法は実際はコーラン。

*市場やサウジアラビア内外に衝撃が走っている。