ブログランキング・にほんブログ村へ
.
クリックすると新しいウィンドウで開きます画像


クリックすると新しいウィンドウで開きます
何が言えるか?

総長決定選挙結果

田中 愛治 政治経済学術院教授 1,899票
島田 陽一 法学学術院教授 1,692票
得票総数 3,591票※

※各総長候補者の得票数は、専任教職員および評議員の投票数に1.5を乗じた数と、他の決定選挙人の投票数を合計した数。

*現在の鎌田総長の任期は11月4日迄
(二期8年)


*田中愛治次期早稲田大学総長
①早稲田大学政治経済学部卒業
(博士課程はアメリカ。オハイオ州立大学博士。政治経済学部出身総長は約50年ぶり)
②総長選挙はTwitterで支持を訴えた。
「総長選挙で、負けた方の候補を支援した職員が左遷されたり、降格されたりすることはあってはならない。」
③政治学が専門。世界政治学会会
④空手部OB。空手五段
⑤父親は
共産主義運動家(日本共産党中央委員長)から反共に転向した田中清玄
⑥鎌田総長同様に早稲田大学の国際化を訴え、総長就任後は全学生に海外留学を経験させる制度を導入する予定


*早稲田総長と慶應義塾塾長は異なる。
①選挙も慶應義塾は相対的にOBの評議員の力が強い。
②慶應義塾塾長は幼稚舎から大学迄トップを兼ねる。


*早稲田の看板学部である早稲田政経が数学必修化した。
(良い点もあるが、早稲田を受けたくても受けられない学生が想定され、早稲田志望者が減りはしないか懸念も有る。)