2007年05月

2007年05月25日

ここ最近、いつにも増して「トラッド」「プレッピー」「アイビー」という言葉をよく目にするようになりました。

流行は輪廻しますが、確かにトラッドは私のような20代には新鮮に思えますし、VAN世代の方には懐かしく感じられるのではないでしょうか。

最近ではトム・ブラウンが面白いコレクションもしてますしね。


話は変わり、私がまずトラッドと聞いて思い浮かべるのが、VANでもJプレでもなく、「ルパン三世」の次元大介。ひげ面で、いつもシケモクを吸っている彼です。

いつも同じような格好をしている彼ですが、着こなしにはかなりのこだわりが感じられます。

黒(濃紺?)の細めスーツ(ゴージラインがかなり低いがそれがカッコイイ)にシャツはアイビー御用達のブルーのボタンダウンを愛用。白または黒のタイをピンでとめます。スラックスは股上が浅くかなり細めで、丈は靴下が見えるくらい短め。

そして何よりトレードマークのあの帽子。

帽子の数は4個あり、すべて58.25インチ。つばの長さは8.6センチで素材はオスの象アザラシ4歳の腹の皮使用しているそうで。(もっともこのこだわりようは、拳銃を撃つ際、帽子のつば先で狙いをつけているので帽子がないと全然当たらないため)

男臭くて少しカワイイ次元の着こなしは私だけでなく、皆さんの心をくすぐりませんか?(ちょっと押し付けがましいですね)


もし彼の着こなしに共感された方は私が責任をもってコーディネートをさせて頂きますので、是非ご来店下さい(笑)

                     written by yamamoto

worldsbespoke at 15:44コメント(1)トラックバック(0) 

2007年05月08日

先日スパイダーマン3を観ました。
スピード感があるアクションはやはり大きなスクリーンと迫力のある音響効果で映画がより引き立ちますね。
途中、登場人物の性格や感情を表す手段としてでしょうか?主人公のピーター・パーカーが黒いシャツに黒いスーツを着て登場するシーンがありました。
そのシーンで改めて関心させられたことはスーツを着ることによって体型がまるで違って見えるということです。
ピーター・パーカー演じるトビー・マグワイヤは一般的な日本人と比べるとかなり筋肉質(CGかもしれませんが)で、スパイダーマンでいるときはもちろんTシャツを着ているシーンでも結構な身体でした。
しかしそのシーンではなんとスマートなことでしょう。
体型を補う効果がはっきりとみられました。
きっちりとサイズがあっているスーツを選ぶことは当然のことですが
今でも政治家や各界のエライ方々なんかは自分を大きく見せ、相手に威厳を与えるようなスーツ、いわゆるパワースーツを着ていらっしゃいますのでTPOに合わせてスーツを選ぶことも必要なのでしょうね。
たまには、いつも着ないような色、柄を選ぶと気分一新で新しい自分を発見できるかもしれませんよ。
Designer's  Recommend



worldsbespoke at 19:52コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
  • ライブドアブログ