2007年09月

2007年09月21日

 お久しぶりです。スタッフの前川です。みなさん素敵な夏休みを過ごされましたか?私は、久しぶりに地元の札幌に帰ることが出来ました。帰るたびに札幌のすばらしさを感じてしまいますね。東京もとてもいい街だと思うのですが、やはり私は札幌が一番ですね。みなさんは地元に思い入れはございますか?

 さて、今季のワールズビスポークのキーワードのひとつは、『スリーピース』であると前回のブログで紹介させて頂きました。実はもうひとつキーワードがございます。それは『ショルダー』です。
 みなさんご存知のように、当店のラインには肩線が湾曲したコンケーブショルダーのラインがございます。それと対照的に今季はナチュラルショルダーが登場します。
 これは、従来のスーツには必須とされている芯地や肩パットなどを極力省略したタイプで日本ではアンコンスーツとして知られています。イタリア語でそのままセンツァ・インテルノ(芯の無い)などと呼ばれたりもしていますよね。ちなみにアンコンはアンコンストラクテッドの略で、非構築的なという意味です。さらに、このナチュラルショルダーのラインは袖付けがマニカ・カミーチェ(雨降り袖)といって、袖山のところにプリーツが入る形になっています。マニカは袖、カミーチェはシャツの意味で、つまり着やすさを追求する目的でシャツのような袖付けになっているんです。
 このナチュラルショルダーのラインは来月のあたまに型見本が全サイズ完成します。着やすさが抜群でとても軽く着ていただけるので、ジャケットとしての使い勝手はかなりいいと思います。もちろん上下で着ていただいてもソフトな印象で良いと思いますよ。

 つたない説明で申し訳ないのですが、ナチュラルショルダーに少しでも興味をもたれましたら、是非一度型見本をを見にいらしてください。来月の上旬には揃っていますので、是非!

 それではみなさまのご来店、心よりお待ちしております。



worldsbespoke at 19:59コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
  • ライブドアブログ