2008年03月

2008年03月30日

01f85c57.JPG 先週25日に放送された日経スペシャル『ガイアの夜明け』。ファッションブランドビジネスの舞台裏に密着ということでとても興味深い内容でした。(とか言って、たまたまテレビをつけたらやっていただけだったりして…!?) 百貨店やセレクトショップのバイヤーは海外の未開拓ブランドをいち早く仕入れ、自分のお店でしか買えない商品を扱う事でライバル店との差別化を図ろうとしています。その舞台裏となるのはニューヨークでした。ニューヨークのコレクションはミラノやパリのそれと違って、すぐに着られる服(リアルクロージング?)が求められており、世界中のバイヤーや買い付け担当者が新ブランド発掘のために訪れるます。そのため、ファッションビジネスの本場はニューヨークであるとも言われていますよね。(たしか) ちなみに、私がニューヨークコレクションと聞いてパッと瞬時に思い浮かぶのはラルフローレン、トミーヒルフィガー、ダナキャラン、トムブラウン、ラコステなど。(というより有名なものしかわかっていない) 各バイヤーたちは新ブランド発掘のため、まさに真剣勝負といった感じでショーを見つめています。その一方で商社は海外のブランドそのものを買収し、そのブランドを世界で独占する事で大きなマーケットを築こうとしています。
 百貨店にしろ、セレクトショップにしろ、何かのブランドショップにしろ、ここでしか買えないものがあるということが大切。つまりは、他店との差別化。ということが、番組を通じてのメッセージだったような気がします。

じゃあ、ワールズビスポークと他のオーダーショップとの一番の違いは何?と聞かれたら、『対応力』と私は答えます。今まで当店はたくさんのお客様のワガママに応えてきました。(工場のみなさんにはどれだけ迷惑をかけたことか…。)一部はオーダー事例に紹介させていただいてますので、是非ご覧になってみてください。
それから、他のお店ではできないと言われてしまったことでも、ワールズビスポークでなら可能かもしれません(無理なことも、もちろんあります) とにかく、当店は全てのお客様に満足していただくことを目指しています。(本当ですよ〜) それがワールズビスポークのスタイルです。

さぁ、4月ですね!気を新たにがんばりましょう!前川でした!


にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 20:02コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月12日

611eae79.jpgHPでご紹介しましたJAZZボーカリスト、牧野 竜太郎さんのアルバムの詳細がわかりました。『asuka + eRika』というアルバム名でIRMA初の女性アーティスト/プロデューサー sakai asuka さんとスウェーデンのシンガー、eRikaさんとのコラボレーション・ミニアルバムです。(詳細はこちらをご覧下さい。)IRMA Recordsらしい内容ですね〜、楽しみです。先日、竜太郎さんが表参道【Jazz Bird】でのライブでワールズビスポークを着て登場してくれました、その写真を添付します。

新しいライン エドワーディアンラインもなかなか好評!
私たちも負けないように頑張りたいと思います。

にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 13:48コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月11日

9c476a81.jpg みなさんこんにちは、前川です。今日はとても天気がいいです。それに暖かいです。もう春はすぐそこに!って感じですかね??明日も今日くらい天気が良かったらお布団を干そう♪そして、まだ太陽のぬくもりというか匂いが残っているうちにその布団で一眠りするのが最高に気持ちいいんです。至福のときというやつでしょうか笑 まぁ、ちょっと大げさですけど。

 さて、話は変わりますが今週末ついにF1が開幕します!!スーパーアグリの参戦も決定した事ですし一安心ですね。今シーズンはアロンソがルノーに戻ったのでその辺がひとつ見所なのではないでしょうか?でも個人的にはまたライコネンにチャンピオンになってほしいかな〜。って、なぜいきなりF1の話をしたかといいますと、実はまたちょっと小ネタを…笑
 ドライバーが着ているレーシングスーツがありますよね。昔のそれは、実はウールでできていたんです。今は高性能の人工素材等が使われているものと思いますが、かつてはウールだったんです。その理由は、発火温度が高く燃焼熱が低いから。つまりウールは燃えにくいんです。ウールを燃やすとメラメラと勢いを上げて燃えるというふうではなく、だんだんと炎は消えていき炭になります。このウールの難燃性がドライバーを火の危険から守っていたんですね。
 そう考えるとウールは暖かくて清潔で安全でいいことづくめですね!ただ水洗いは難しいですけどね!


 今回は、大学のときに所属していた研究室で飼っていた羊たちの写真を載せました。よ〜く見るとみんなお腹のところだけ毛が無いのがわかりますか?実はこれ、毛狩りをした直後の写真なんです。彼らはコリデールという種類で肉、毛の兼用種なんです。だから、メリノとはちょっと違うんですけどね〜。でも、なかなかかわいいですよね?? ちなみに、刈った毛は自由に持って帰っていいのですが、正直誰も持って帰りませんでしたね。だって汚いんだもん。



ワールズビスポーク

にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 16:04コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月01日

3134ffba.JPG みなさん、お久しぶりです。前川です。ちょっとの間、ブログさぼっちゃいました。ごめんなさい!

 
 昨日、私はお休みだったので栃木にある商品センターに行ってきました。ワールズビスポークの店内には現物の生地は50〜60個ほどしか並べていないのですが、ここには何千(何万??)もの種類の生地が置いてあります。せっかくの休日になぜセンターに行ってきたのかというと実は、自分の春夏のスーツをそろそろ一着つくりたいなと思って生地を見に行ってきたのです。(早い話、安くつくれる良い生地を探しに行ったんです!)だいたい2時間くらいかけていろんな生地を見てまわり、何個か気に入ったものを選び、さらにその中から一つに決めました!  …チェック柄にしました!!
 ところで、みなさんはチェック柄はお持ちですか?チェックってちょっと抵抗を感じてしまう人もいることと思います。しかし、『今風の細身のシルエットで、若い人が着ないようないかにも昔っぽいチェック柄やクラシックな柄の生地でつくるスーツがかっこいい』とは、当店スタッフ山本の口癖!?です。私も何度聞いたことか…。現に山本は、クラシカルな柄のスーツばかり着ているような気がします。まぁ、そんな彼に影響されたわけではま〜ったくないのですが、チェック柄も私が着たらかわいいような気がしてつくってみたくなりました。(←勘違いもいいとこですよね!)

 予定では、今月の下旬には、私はチェック柄のスーツを着ているはずです。かなり楽しみです!今までチェックを着てみたかったんだけど、まだお持ちでないという方は是非私と一緒に挑戦してみましょう!あ、ちなみに何かの雑誌に今年のトレンドはチェックだと書いてありました。(本当ですよ!)


 本当はセンターの写真を載せたかったのですが、カメラを持っていくのを忘れてしまったので今回も生地の写真で!イタリアはレッソーナというブランドの生地です。なかなかかわいらしいチェックじゃないですか?



それと、山本さん。このブログを読んで怒らないでくださいね…


にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 17:04コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
  • ライブドアブログ