2009年01月

2009年01月30日

d7e0533d.JPG

今回はタイトルのとおり、半年に一度のモードの祭典
『パリコレ&ミラノコレクション』の
次の秋冬シーズンのお話です。
(春夏が立ち上がったばかりなのに、気が早いですが…。)

ここ数日、毎晩ネットでチェックするだけでも楽しくて
寝不足気味でした(笑)
一度くらいは実際に見に行きたいものです。
(まぁ無理でしょうけどね…。)

モードの世界の話ですので、あまりビジネススーツには関係ないと
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
ビジネススーツにおける、その時代毎の『流行』や『クラシック』の定義は
モードやストリートファッションの影響を受け、徐々にではありますが変化していきます。

例えば、近年ビジネススーツでは『ライトグレー』がトレンドカラーとされていますが
『 Dior Homme(ディオール オム) 』の現デザイナーでもある
『 Kris Van Assche(クリス ヴァン アッシュ)』が2005AWのパリコレで
グレー系(特にライトグレー)を多用したコレクションで
華々しくデビューしたことに端を発していると思われます。

個人的には昔から、他のコレクションよりもパリコレが一番好きです。
パリコレは新人や若手デザイナーの参加が多く、若々しさというか
パワーや新鮮さに溢れていて、斬新なコレクションが多いからです。
一方、ミラノコレクションは比較的ビッグメゾンが多く参加しているため
貫禄やゴージャスさを感じさせます。

で、肝心の内容ですが
.轡襯┘奪
伝統的なテーラリングを基にしたクラシックなスタイルが多く
ジャケットはキツすぎない程度の、ほどよいタイト感のものが主流。
着丈はやや長めのものも徐々に増えてきていますが、まだショート丈が主流のようです。
(あくまでモード服の世界ですので、ビジネススーツの参考にするには限度がありますが…。)
ちなみにヨーロッパでは、『モード服=オシャレ用の服装』とされているため
クラシックなビジネススーツとは別物と考えられており
ビジネススーツのジャケットの長さはお尻が隠れるぐらいが適正とされています。
そのため、お尻が丸見えになるぐらい短い着丈のスーツをビジネスシーンで着ていると
同性愛者の方だと思われる可能性があるということですので
海外の方とお仕事で会う際には気をつけた方がいいかも…?
(雑誌等の情報ですので、真偽のほどは定かではありませんが…。)
また、スラックスはリラックス感のあるややゆったりしたモノから
再びスリムなシルエットが主流に戻ってきています。

▲ラー
世界的な不況のせいか、圧倒的に黒・チャコールグレー等のダークトーンが目立ちました。
(アパレル業界では「不況の時には黒が売れる」と言われるそうです)
ただ、その中で目を惹いたのが、皆さんよくご存知の
『Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)』です。
美しいモダンクラシックなシルエットのスーツやコートに
ブラウン系(特にベージュ)を多用したコレクションで、秋冬を感じさせる
温かみのある色彩が印象的でした。

1儿馗
こちらはここ数シーズンのトレンドキーワードですが、今回はミラノコレクションでさえ
英国スーツの特徴である『スラントポケット』や『チェンジポケット』を採用している
ブランドが多く見られました。

ぅ瀬屮襯后璽弔料加
例年、秋冬のコレクションではちらほらとダブルスーツが出ていましたが
今回はいつも以上にダブルスーツを多く打ち出しているブランドが多かったです。
ちなみに、この春夏はレディースでダブルのジャケットが流行の兆しがあるようですので
今回こそ本当に、メンズにもダブルブームが来るかも?

とまあ、かなり大雑把ですが全体的にはこんな感じのコレクションでした。
前述のとおり、あくまでモード服の話ですのでビジネススーツの流行に反映されるには
ある程度時間がかかる場合もありますが、他人より2〜3歩先に流行を取り入れたい方は
ぜひ一度、ネットで見てみてください。

次回は、皆様が気にされているでしょう『この春夏のトレンドカラー』を
ご紹介する予定です。

P.S. 春夏物の第一弾のバンチ(生地見本)が入荷しました。
『DORMEUIL(ドーメル)』の春夏生地を代表する
『TROPICAL AMADEUS(トロピカル アマデウス)』です。
フランスの色彩感覚とイギリスの織物技術が融合した逸品ですが
昨今の円高ユーロ安の影響で、昨年よりもお求めやすい価格になっておりますので
仕立てるなら今シーズンがチャンスかも!?


《 MORI 》

にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 18:46コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月27日

6ecb6468.JPG
気がつけば、もう1月も終わりです。
年々、月日の流れが速く感じるようになっていくのは
歳をとった証拠でしょうか…。
いや!『毎日が充実しているから』と
前向き(楽観的?)に考えるコトにします!!

さて、来たる2/1に、ワールズビスポークは3周年を迎えます
これもひとえに、日頃ご愛顧いただいております皆様のおかげです。
なお、今年はワールズビスポークの運営会社である、大賀蠅眩篭90周年を迎えます。
これからも『 カッコよく・着やすいスーツを・お求め安い価格で 』皆様にお届けできるよう
伝統に培われた技術を基に『 メイドインJAPAN 』にこだわり続け
スタッフ一同、邁進していきますので
さらに発展し続けるワールズビスポークをよろしくお願いします!!

今回は、3周年の感謝を込めて2/7(土)〜3/1(日)の期間に
『3rdアニバーサリーフェア』を開催します。
詳細はHPとブログで順次お伝えしていきますので、今しばらくお待ち下さい。

ここ最近、春夏生地の入荷状況のご質問を多くいただくようになりました。
楽しみにしていただいている皆様をお待たせしてしまい、大変申し訳ありませんが
アニバーサリーフェアに合わせて、『春夏物第一弾』が入荷しますのでお楽しみに!!

ちなみに、アニバーサリーフェア直前までは『サンプルセール』も継続中です。
おかげさまで、多くの方にご来店いただいておりますが
諸事情によりHPに掲載できないような『超目玉商品』もまだ残っていますので
お近くに来られた際は、お気軽にお立ち寄り下さい。
(中には春夏物もありますよ!)


《 MORI 》

にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 18:56コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月18日

54849721.JPG
今回は『サンプルセールのオススメ商品:第4弾』です!

『お洒落は足元から』とよく言いますが
電車や街中で周りを見回してみても
スーツスタイルで実践されている方は
かなり少ないように思います。
だからこそ、きちんと手入れされた靴を履いている人を見ると余計にお洒落に見えますし
それだけでスーツも値段以上に高級に見えます。

で、画像の商品ですが、今月号の[ MEN’s EX ]に掲載されていた
『 宮城興業(ミヤギコウギョウ) 』製の『ブラウンのスウェードシューズ』です。

本来はスウェード靴というと、カントリー(田舎)で履くイメージですが
ここ数シーズン続くトレンドキーワード『英国調』にピッタリの一足です。
ストライプスーツにハズシ技として合わせても
チェック柄のスーツに合わせて、カントリージェントルマン風にキメてもOKです。

スウェードは秋冬用の素材というイメージが強いですが
実はオールシーズン使えたりもします!
秋冬には、特にフラノ等の紡毛素材と相性が良いですし
春夏は薄手の生地に対して素材感に変化が出るため、良いアクセントになります。

また、スウェードは通常のカーフやキップ等の皮革素材よりもメンテナンスが簡単で
日常のお手入れは、専用のブラシで汚れやホコリを取ってやるだけで十分です。
あとは時々、栄養・補色スプレーを吹き付けてやれば完璧です。
(汚れがよほどヒドイ時はシャンプーしてあげて下さいね。)

画像のサンプル商品のサイズは25.5cm・ウィズ2Eです。
(通常はパターンオーダーで受け付けていますので、ピッタリの一足が出来上がりますよ!!)

価格(すべて税込)
スウェードシューズ:¥37,800−  ⇒  ¥16,800−
ネクタイ【Robert Fraser(ロバートフレイザー)】:各¥10,500−  ⇒  ¥5,250−


《 MORI 》

にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 17:53コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月15日

97c1488d.JPG
ここ数日、特に寒い日が続くと思っていたら
関東地方では最低気温が氷点下となった所も多かったとか。
冷え込みで体調を崩された方は、早く治してくださいね。
(そういう私は鼻炎持ちのため
ここ数日鼻水がとまりませんが…。)

さて、今回は『サンプルセールのオススメ商品:第3弾』です!

ここ最近、雑誌[ MEN’s EX ]で頻繁に紹介されている
日本が世界に誇る『 葛利毛織(くずり毛織) 』製の
ライトグレーのフラノ生地を使用したスリーピースです。
こちらも今シーズン店頭で展示していましたので、多くの方からご注文をいただきました。

色だけで見ると寒々しい感じがしますが、フラノ特有の暖かさを感じさせる生地感とあいまって
冬に着られる絶妙な風合いのライトグレーの生地に仕上がっており
昔の洒落者が好んで着ていたようなスーツを髣髴させます。

この生地を使って、ワールズビスポークの一番人気である
『バックシェイプライン』で仕立て上げました。
見た目は比較的構築的な肩ですが、通常の半分の薄さの肩パットを使用しているため
英国的な雰囲気でありながら、軽い着心地を実現した理想的な一着です。
また、型紙の段階で前身と背中側のバランスを調整して
背中が綺麗なS字カーブを描くように設計されていますので、後ろ姿も美しく決まります。

『フラノ』&『ライトグレー』&『スリーピース』とトレンドが凝縮された一着ですので
これだけでお手軽にオシャレ度がアップするスグレモノです。

サイズは【46−ドロップ8】で、身長170cm前後・ウエスト76cm前後の方にオススメです。
ちなみに、同素材の色違いの生地で『エドワーディアンライン』で仕立てたものも
ご用意しております。

価格(すべて税込)
スリーピース:¥78,750− ⇒  ¥39,375−
シャツ(ロイヤルカリビアンコットン使用):¥13,650−  ⇒  ¥6,825−
ニットタイ【FRANCO BASSI(フランコバッシ)】:¥18,900−  ⇒  ¥9,450−
スウェードシューズ:¥37,800−  ⇒  ¥16,800−


《 MORI 》

にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 13:51コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月08日

bd6ef7e4.JPG
相変わらず寒い日が続きますが
天気予報では今夜から初雪が降るそうですね

個人的には雪がほとんど降らない町で育ったため
雪が降ると、年甲斐も無くはしゃいでしまうのですが
実際に雪が積もってしまうと
お気に入りのスーツや靴が使えなかったり
電車のダイヤが乱れたり大変ですよね。
皆様も明日は足元にお気をつけ下さい。


さて、今回は『サンプルセールのオススメ商品:第2弾』です!
今シーズン店頭で展示していましたので、目にされた方も多いと思いますが
イタリアの『 Lessona(レッソーナ) 』製のスーパー120‘s
薄手のフラノ生地を使用したスリーピースです。
イギリス製のフラノよりも軽くて柔らかいので
気軽にトレンドのフラノ生地を楽しむことができるアイテムです。
(ちなみにこの生地はかなり人気があったため、すでに品切れになっています。)
色柄はイタリアらしいきれいなネイビーのストライプです。
サイズは【46−ドロップ8】で、身長170cm前後・ウエスト76cm前後の方にオススメです。
価格(税込):¥89,250− ⇒  ¥44,625−

雑誌や街中を見回すと、グレーやブラックのスーツが全盛ですが
あえて今ネイビーのスーツを着ると、とても新鮮です。
もともとスーツの王道色のネイビーですが、個人的にも一番カッコイイ色だと思います。

そういえば、10年ぐらい前によくファッション雑誌に掲載されていたパリコレのデザイナーで
『黒は一切使わない』という人がいました。(靴などの小物類は別として。)
その人いわく、「黒は誰でも無難に着こなせる色だから面白みに欠ける」とのことで
ネイビーやブラウンなど、黒以外の色を基調としたコレクションを発表していました。
決して派手ではありませんが、フランスのエスプリを感じさせる上品な華やかさで
私も当時はよく色使いを参考にしたものです。
(記憶違いの箇所があったらごめんなさい…なにせ10年ぐらい前の話ですから。)

この他にも、スーツ各種¥23,625−からご用意しております。

【 画像の商品 】
ピンホール・ダブルカフスシャツ:¥14,175−  ⇒  ¥7,087−
ネクタイ:¥12,600−  ⇒  ¥6,300−
ストレートチップシューズ:¥37,800−  ⇒  ¥16,800−


《 MORI 》

にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 16:49コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月04日

c6c18852.JPG

皆様、明けましておめでとうございます。
昨年以上に、お客様にご満足していただけるような
カッコイイスーツを一人でも多くの方にご提案していけるよう
スタッフ一同頑張りますので
本年もワールズビスポークをご愛顧いただけますよう
よろしくお願い申し上げます。

さて、HPのトップページでご案内しているとおり
本日より『サンプルセール』を開催します!!

オーダー品とアクセサリー類(カフリンクス・時計など)以外の商品が
全品50%OFFでお求めいただけます。

【 商品の一例 】(全て税込価格)
スーツ:¥23,625〜
ジャケット:¥23,625〜
トレンチコート:¥34,125均一
カシミアコート:¥70,875均一
シャツ:¥5,775〜
ネクタイ:¥4,620〜
シューズ:¥16,800均一
ベルト:¥6,300均一

で、今回のオススメ商品の第一弾は、画像のジャケットです。
以前『ジャケット&スラックスフェア』のDMに掲載していた商品ですが
イタリアの『 WILLIAM BROWN(ウィリアム・ブラウン) 』製の
ブラウンベースのグレンチェックにピンクのオーバーペーンをのせた生地を使用した
アンコンジャケットで、革ボタンを使用しています。
サイズはASSですので細身の方にオススメです。
価格:¥28,875−

ほとんどの商品が一点物ですので、色柄・サイズに限りがあります。
気になる商品がある方はお早めにご来店ください。


《 MORI 》

にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 12:59コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
  • ライブドアブログ