2009年08月

2009年08月31日

cb91b5d1.JPG

現在台風が関東に接近中のため、銀座は大雨ですが
夕方には電車が止まったりするのでしょうか?
皆様も暴風や足元にお気をつけ下さい。

さて、先日もブログに書きましたとおり
『 Gainer(ゲイナー)10月号 』に
ワールズビスポークのハウスモデルが4型掲載されましたが
多くのお問い合わせをいただいておりますので
改めて各ラインの特徴を詳細にご説明していきます。

で、第一回目となる今回は、ワールズビスポークが開店して以来
継続して高い人気を誇る【 コンケーブ・ライン 】です!
4種類のハウスモデルの中では一番モード色が強く、華やかなラインです。

イメージとしては、当社が国内で展開しているモダンブリティッシュブランドの
『 ティモシーエベレスト 』をモード寄りにした感じで
『 トムフォード時代のグッチ 』や『 ドルチェ&ガッバーナ 』などが
お好きな方にオススメです。
かくいう私も、自分用のシングルスーツはすべてコンケーブラインで作っています。

その特徴を大まかに挙げると
コンケーブショルダー
最大の特徴はコンケーブした肩のラインですが
首の付け根から肩先までが弓なりに湾曲し、肩先で高くそり上がった形状になっており
エレガントさと力強さを強調するシルエットです。
高い技術を必要とするため、国内のイージーオーダー工場でこれを再現できる所は
ほとんど無いそうです。

深いVゾーン
深いVゾーンがシャープさを演出します。

スラックス
スラックスはベーシックな『 テーパードシルエット 』に加え
『 セミフレアタイプ 』もご用意していますので、とことんモード系にこだわりたい方にも
ご満足いただけると思います。
ちなみに、ワールズビスポークのハウスモデルのジャケットとスラックスの組み合わせは
自由にお選びいただけますので、『 バックシェイプライン 』などの別のハウスモデルの
ジャケットに、コンケーブラインのセミフレアパンツを組み合わせて
スーツとしてご注文いただくことも可能です。

このモデルは、肩のラインを男らしく見せてくれるので
どちらかというと、撫肩気味の方やスリムな体型の方によく似合います。
私もやや撫肩なのですが、前述のとおりコンケーブラインを着慣れているせいか
通常のスクエアショルダーやナチュラルショルダーのスーツをためしに羽織ってみて
鏡に映る自分の体のラインを見ると、どうしても貧相に見え、「ショボっ!!!」っと
思ってしまいます(笑)

「 自分を『 男らしく・凛々しく・華やか 』に見せたい!! 」という方は
ぜひ一度サンプルに袖を通してみて下さい!
きっと、ご自身の新たな一面が発見できるはずです!!


《 MORI 》


ワールズビスポーク
にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 15:42コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月11日

0720ec74.JPG
まことに勝手ながら、ワールズビスポークは
明日8/12から8/16までお盆休みをいただきます。

で、休み明けの8/17(月)から9/6(日)までの期間
2009A/Wシーズンの早期受注会を開催致します。

商品の一例ですが

■ エルメネジルド・ゼニア:¥89,250−
■ ロロ・ピアーナ:¥89,250−
■ フラテッリ・タリア・ディ・デルフィノ:¥78,750−
■ ドーメル:¥78,750−
■ スキャバル:¥99,750−

(以上すべて税込・お仕立て上がり価格)

上記以外にも各種有名ブランド生地を取り揃えております。
(もちろん、今回もワールズビスポーク会員様限定特典があります!)

ワールズビスポークのスーツは、すべて自社直営工場の
『 国内縫製 』で丁寧にお仕立てしており
また、伝統的な『 毛芯仕立て 』を採用しているため、耐久性にすぐれ
高級感のある立体的な仕立て上がりを実現しています。
「まだワールズビスポークに行ったことがない」という方も
一度お気軽に覘いてみて下さい。

P.S.昨日発売の「 Gainer(ゲイナー)10月号 」のオーダースーツ特集に
ワールズビスポークが掲載されています。(P92)
今シーズンから新しく登場するモデルも紹介されていますので、ぜひご覧下さい。


《 MORI 》

にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 17:47コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月09日

58e80588.jpg私たちのショップのスーツを作っている大賀の直営工場は
『ペコラ銀座』で有名な日本を代表するサルト『佐藤 英明』さんの指導を受けています。
工場にお供した時の画像とコラボレーションで作られたスーツ、展示会の様子をまとめてみました。


熱く語る佐藤さん、真剣な表情のスタッフ、モノ作りの現場の雰囲気をこちらのプロモーションスタッフのブログからご覧になって下さい。
                〈T.SHUKU〉

にほんブログ村 オーダーメード



worldsbespoke at 17:10コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
  • ライブドアブログ