2010年11月

2010年11月30日

DSC01487
だんだんと寒くなってまいりました。この季節になるとインフルエンザが流行の兆しなんて言われます。くれぐれもご注意なさって下さい。
11月13日(土)~11月28日(日)まで開催していました<モダン
クラシックコートフェア>が好評でした!ご来店でオーダーして下さったお客様ありがとうございました。

昨年と比べるとコートをオーダーされるお客様が多く、中でもトレンチコートに人気がありました。ビジネスとカジュアルの両方に使用するという目的と重なったように思います。
最近の傾向ですが、カジュアルスタイルも「上品」がキーワード!
それだけに兼用コートを上手く活用して冬の上品カジュアルを楽しんで下さい。

※12月4日(土)~12月19日(日)の期間<カジュアルコーディネートフェア>
を開催致します。詳細はホームページ上の<カジュアルコーディネートフェア>のページをご確認下さい。

ジャケット用の生地には期間限定特別ご提供品をご用意してお待ちしています。
ジャケットとあわせてスラックスも是非どうぞ!!!
オーダーで究極の1着と究極のコーディネートをご堪能下さい。

※メールマガジン会員様限定特典としまして
フェア期間中にジャケットをご注文いただいた<メルマガ会員>の方全員にニットタイ(イタリア製)またはパターンオーダーシャツ(生地は無地ロイヤルオックスフォード素材・全10色の中からお選び頂きます。)のいずれかお好きな方を1点プレゼント。
※ オーダーシャツのオプションにつきましては別途料金を頂戴します。
※ ニットタイ(イタリア製)在庫につきましては数に限りがございますのでご容赦下さい。
※ メールマガジン会員ご登録されていない方でも大丈夫。受注時までにご登録いただければ対象とさせていただきます。

「コーディネートなんて面倒。」なんて言わないで楽しみの一つに加えちゃって下さい!!!ご来店お待ちしています。

※ 写真のコーディネート
ジャケットは葛利毛織製ウール100%の生地をNEW REGEND(EX-Fold Line)
で仕立てました。ジャケットお仕立て価格\69,300(税込み)。
パターンオーダーシャツ:インディゴ染めの糸を使用した綿100%の生地をスタンダードワイドカラーで仕立てました。シャツお仕立て価格\11,550(税込み)。
ニットタイ(イタリア製)\7,350(税込み)。メールマガジン会員様限定特典対象商品です。

《OHKAWA》

にほんブログ村 オーダーメード



worldsbespoke at 13:17コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月18日

DSC01219

後ろ姿が綺麗な女性を見かけると
顔も美しい女性だと勝手にイメージしてしまうのは
私だけではないハズ…。
もしかして、世の女性方も後ろ姿がカッコイイ男性を見ると
イケメンを想像していたりするのでしょうか???

さて、今回このブログを書くにあたってネットで検索してみると
「 男は背中で語る 」
「 男の価値は背中に現れる 」
「 男の背中には人生が凝縮されている 」などなど
昔から『 後ろ姿は男の象徴 』として扱われていたことが伺える記述がたくさん出てきました。
今回は男性服の中でもダンディズムの象徴として取り上げられることが多い
オーバーコートの後ろ姿についてお話したいと思います。

「 ビジネススーツはオーダーだけど、コートは既製品 」という方も多いと思いますが
基本的に既製品は、メーカーやブランドごとに想定するターゲットの
平均的な体型データをもとに商品を作ります。
平均的ということは、誰にでも「 ある程度 」サイズが合うということで
「 既製品でジャストフィット! 」という方は案外少ないものです。
( 例えばテストの平均点が70点でも、実際にピッタリ70点を取っている人は
クラスに数えるぐらいしかいないようなものです…かね…?違うか? )

お一人お一人のご体型に合わせて作ったオーダースーツは
肩幅・胸周り・ウエスト周りなどのサイズは当然一着一着バラバラです。
その上に、平均的な数値で作られた既成のコートを羽織ると
どこかにきつい、あるいは緩い箇所が出てきますので
大半の方はどこかを妥協しなければならず、結果として後ろ姿もイマイチ美しくありません。

また、最近の既製服はかなりタイトに作られているものが多いので
慎重に選ばないと下に着ているスーツがシワだらけになったり
無理をして着続けると肩や立体的な胸周りなどが型崩れしてしまう恐れもあります。
(「 既製のスーツでサイズがバッチリ! 」という方の場合は
同じブランドのコートを購入すれば間違いないと思います。
ただし、同じブランドの同サイズのアイテムでも
シーズン毎に微妙にサイズを修正している場合がありますので注意が必要です。)

その点オーダーのコートなら、ご本人の体型はもちろんのこと
お手持ちのスーツの上に羽織ることを想定してお作りしますので
画像のように、流れるような美しいラインを描く後ろ姿に仕上がります。

せっかく身体に合ったスーツをオーダーでお作りいただいているのですから
コートもジャストフィットのものを仕立てて
背中でダンディな男を気取ってみてはいかがでしょうか?
…ダンディとは程遠い風貌の私が言っても説得力に欠けると思いますが…


《 MORI 》



にほんブログ村 オーダーメード



worldsbespoke at 17:33コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月12日

840ecc08


明日から【 モダンクラシックコートフェア 】を開催しますが
すでに多くの方からお問い合わせをいただいております。
特に、特別提供品の英国製カシミア100%など
数量限定のものを狙っている方は
現品限りですので、お早めにご来店ください。

さて、皆様はビジネススーツの上にどんなオーバーコートを
お召しですか?
ワールズビスポークがオススメするのは
『 チェスターフィールドコート 』です!
チェスターフィールドコートといえば
最もクラシックなコートですので
お堅いイメージをお持ちの方も多いですが
本来の『 フライフロント 』ではなく、ボタンが見える『 打ち抜きボタン 』のデザインにして
身体に適度にフィットさせたヒザ上丈のスリムなシルエットで仕立てれば
程よいカッチリ感がありながらも砕けすぎない、シャープな一着が出来上がります。
また、キレイめのカジュアルスタイルにもコーディネートしやすいので
オンオフ兼用コートとしてもお使いいただけるという点でも優れモノです。

画像は2年前に作った私の私物ですが、オン・オフに大活躍しています!
( 着丈は私の好みでヒザ丈ですが…
実際、昨年・一昨年とご注文いただいた方々も、正式なディティールである
「 フライフロント 」よりも、ブログや実物をご覧になられて
「 打ち抜きボタン 」でご注文された方のほうが多かったぐらいです。

オールマイティーに使えるこのモダンクラシックなコートを
ぜひ一度お試しください!!


《 MORI 》


にほんブログ村 オーダーメード


worldsbespoke at 18:14コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
  • ライブドアブログ