京都グローバル株式投資倶楽部

大学生から日本株式投資を開始!アベノミクス以前は低位株を中心に投資、その後興味の対象は割安成長株へ!そして今は世界中の株式に投資対象拡大中!経済的自由を目指して、京都の地から株式投資ライフを提唱します!

本日も四季報2018年秋号からオススメ銘柄を紹介していきましょう。

クリックして協力お願いします(^^)/
にほんブログ村 投資ブログへ

プロネクサス(7893)

上場企業のディスクロージャーやIRの支援を行う会社です。業績の安定度が魅力で、毎期10%未満のことが多いですが、増収増益を達成しています。直近でも、IPO案件やIRのWebサービスが堅調の模様で、開示支援システムも安定の伸びです。配当は2.5%そこそこ、優待もクオカードがもらえたりと、なかなかGood。私が結構前から良いなと思いつつ買えていない銘柄です(>_<)

日本BS放送(9414)

BSデジタル放送11チャンネルの番組を放送している会社です。主な収益源は広告収入で、手堅く視聴者を集め、毎期増収増益増配を達成している優良企業です。TV放送関連の株では間違いなくNo.1買いたい株でしょう。現在は知名度向上に向けて広告宣伝費を積極的に投下しており、それが抑制されればもっと増益が期待できるはずです。親会社がビックカメラなので、そのお買物券が年2回貰える嬉しい優待銘柄でもあります。


話は変わりますが、地元神戸の有名パン屋さん、ブランジェリー コム・シノワのランチに行って来ました!サーモンときのこのパスタセット1,296円です。写真はコチラ!

IMG_1597
IMG_1596

ここのお店は食べログで3.59の高得点を獲得しているので期待して行ったのですが、パスタはイマイチ。。。(>_<)パンが有名なので、そちらがオイシイのかもしれません。。。今度はパンを買いに行きます(^^)/

さて、今日はまずは届いた優待から紹介します。すかいらーくホールディングスから食事券9,000円分です!写真はコチラ!

FullSizeRender

私は300株ホルダーなので、9,000円いただいております。すかいらーくの優待は充実しているので、非常にオススメです。優待内容は、こちらのYahoo ファイナンスに掲載されているので、ご確認ください。

クリックして協力お願いします(^^)/
にほんブログ村 投資ブログへ

今日の四季報オススメ銘柄を紹介!


すかいらーくホールディングス(3197)

優待が来て、改めてオイシイ銘柄だなと思い紹介させていただきました。ガスト等を運営するファミレス大手ですね。業績は、人件費高騰などの影響で昨年比減益で、また優待費用が想定以上でそれもまた業績を悪化させているとのことですが、それでも安定的に利益を稼いでいますし、盤石です。優待株は、業績悪化時にも株価がそれ程下がりません。特にすかいらーくではその強さを現在身をもって思い知っております。優待廃止のリスクも当面無さそうですので、優待目当てで買いましょう。



SFPホールディングス(3198)

こちらも外食企業。優待目当てで買える銘柄です。磯丸水産、鳥良を中心に運営する居酒屋チェーンです。以前の出店ラッシュはもう無くなりましたが、既存店が検討しており収益的には安定しています。新業態の餃子居酒屋の開発など、なかなか順調の模様。100株から優待で年二回、4,000円の食事券はオイシイです。私は人にあげています(^^)/


四季報もほぼ全て読み終わりました!今日も朝からスタバに行ってもくもくと読む。周りは高校生、大学生が勉強をしていましたが、一人だけ大人が混じって四季報を読んでいたのでちょっと浮いてしまいました笑。今どきの学生さんはスタバで勉強するのが流行っているのですかね??私の学生時代はスタバは高かったので、絶対行かなかったのですが。社会人になってようやく躊躇することなく入れるようになりました(笑)。

クリックして協力お願いします(^^)/
にほんブログ村 投資ブログへ

さて、四季報オススメ銘柄をこれから毎日紹介していきますが、やっぱりざっと見た感じではなかなか買いたい銘柄を見つけるのは難しくなっていますよね。割高なものが多かったです。なので、その中でもまだ比較的変えそうなものを選んだつもりです。これ絶対買い!というの感じでは無いので、そこは了解いただければと。


それでは紹介していきましょう!


ヨシックス(3221)

毎度おなじみの居酒屋チェーン銘柄です。成長良し、直近の業績良し、優待良しと、なかなかオススメの銘柄です。既存店の客足も悪くありません。新規出店は、東京、埼玉、千葉、神奈川に重点を置き、北関東にも進出姿勢を示しています。直近で300店舗達成。22年3月期も500店舗目指す中期経営計画ありです。PER20倍程度では買いでしょう。



セントケア・ホールディングス(2374)

訪問介護・入浴が主体のデイサービスセンターを経営している会社です。新規出店は、前期の29から今期14に減少しますが、前期分の上乗せで今年最高益予想です。訪問介護事業も伸びを示しており、今後の成長のためには是非とも経営資源を振り向けてほしいところです。100株から優待のクオカード1,000分が貰えるため、とりあえず100株の打診買いもありと思います。


三か月に一度の恒例行事、四季報の熟読をやっております。昨日から通算で十時間ほどかけて読んでいますので、さすがに目が痛くなってきました

クリックして協力お願いします(^^)/
にほんブログ村 投資ブログへ

まず、一つのターニングポイント。私が以前に運営していたHP「低位株の攻略法」四季報オススメ銘柄にで毎度紹介しておりました、駐車場運営のパラカ(4809)を、今回の四季報秋号からのオススメ銘柄から除外したいと思います。


理由としては、この前に18年9月期間の業績を下方修正し、毎年の増収増益基調が途切れたことが原因です。前期辺りから増益基調に陰りが見え始めていたので、今年の減益もちょっと納得です。


私も先月?に利益確定していますので、今後は他の割安増収増益銘柄を探そうと思います。


話は変わりまして、カナレ電気(5819)の株主優待が届きました!

IMG_1606


6月末、12月末が権利獲得日で、100株で1,000円、200株以上で2,000円のクオカードがもらえます。現在の株価は2,000円程度なので、なかなか良い優待だと思います(^^)/

本日は四季報秋号の発売日でした。例にも漏れず、会社から帰宅した後はペラペラめくりながら有望株を探しています。


最近の四季報の楽しみ方として、新規上場銘柄が新たに四季報に掲載されるので、それを見て有望なIPOセカンダリー銘柄が無いかチェックすることが定番となっています。新規上場して間もない銘柄は、玉石混合ということで良い銘柄も悪い銘柄も入り混じっていて、選ぶのが困難です。また、過去の業績予想とその実績なども無いので、その会社が強気で業績予想を発表しているのか否かということが分りかねます。


それでもIPOセカンダリー銘柄で、伸びる株は何倍にも株価が上昇しますし、夢がありますよね。最近では、プレミアグループ(7199)をIPOセカンダリー銘柄として購入しましたが、何とか買値よりも上回っています(その代わり香港株でボロ負けしているので、含み益など消し飛んでいますが笑)。


プレミアグループ(7199)は成長力と収益性、株価を比較して割安だったので買いやすかったのですが、やはり何倍もの短期で上昇する銘柄は年に30~50%以上利益成長する銘柄です。それらはPERでいうと、50~数百倍と超高値まで買い進められているので、手が出せません(>_<)。ただ、こう言った銘柄に投資してこそ莫大な利益が得られるのが最近のトレンドですが。。。


この三連休を利用して
、買いたい銘柄を見つけたいと思います!ブログでも紹介して言います(^^)/

最近、新聞の証券・銀行の株価欄を見ると、毎日コンスタントの数の銘柄が年初来安値を付けています。銀行業界の経営が厳しくなっているのは、大手銀行が人員の削減を発表したり、日銀の金融緩和政策によるマイナス金利導入、また追い打ちをかけるようにスルガ銀行の不正融資と、逆風が吹きまくっているのが原因であることは容易に想像できるかと思います。

クリックして協力お願いします(^^)/
にほんブログ村 投資ブログへ

四季報をペラペラめくってみると分かるのですが、地銀の財務状況は至って良好なところがほとんどです。低収益が株価の低迷をもたらしているのです。1株あたりの純資産と株価を比べる指標であるPBRは、0.5倍を下回る水準に低迷している地銀が8割。


さて、ここで地銀株を買えるかというところですが。。。


地銀の再編が進んで経営効率が上がり、また規模のメリットが活かせるようになれば先回りして今の株価水準で買うのはオトクかと思います。また金利上昇の兆しがあれば、一気に買われるでしょう。ただ、それがいつ起こるのか分かりませんよね。地銀株の上昇は、上記二つのニュース待ちでしょう。


豪州のウエストパック銀行の株価もすこぶる軟調ですし、今は世界的に銀行業への逆風が吹いています(>_<)

居酒屋を経営するヨシックス(3221)ですが、8月月次売上高が前年比101.8%と、良い数字を発表しました。7月月次が、台風の影響ありですが94.6%と不調でしたので、今月の数字で安心した投資家も多いのではないでしょうか。

クリックして協力お願いします(^^)/
にほんブログ村 投資ブログへ

このところ小売、外食業界は人件費の高騰や人手不足で、業績悪化が懸念されています。それを見越し、株価が軟調な銘柄が多いですね。ヨシックスも先日、ボックス圏の3,000~4,000円のレンジを下にブレイクして2,000円台の攻防に突入していますので、このニュースをきっかけに再び3,000円以上を目指してほしいですね。


外食銘柄の中では、ヨシックスの店舗拡大のペースと利益の安定性は抜群ですのでオススメです。株主優待も100株から20%オフ券10枚と3,000円の金券がいただけるのは非常にお得です。



さて話は変わりますが、日経平均株価の動きとは別に年初来安値の銘柄が毎日コンスタントに出ています。ちょっと日経平均株価と個別銘柄の動きに乖離がるように感じます。日経平均株価よりも、個別株の値動きが弱いですね。2018年四季報秋号も14日(金)に発売されることですし、四季報をしっかり読んで銘柄発掘したいですね!


また四季報からオススメ銘柄も紹介していきたいと思います(^^)/

株式投資をやっている方が新聞を読むといえば、大半は日経新聞だと思います。もちろん私も日経新聞を読んでいますが、それとは別に地元紙も読みます。

クリックして協力お願いします(^^)/
にほんブログ村 投資ブログへ

私は神戸に住んでいるので、神戸の地元紙である神戸新聞を読んでいます。地元紙で注目すべきは、その地方でユニークな取組や活動をされている団体、個人の記事です。そういった記事で紹介されている団体、個人の方が企画されるイベントや講演会に行くのは、案外オススメです。新たな知見が得られますよ!


神戸新聞を例に挙げると、最近私は神戸R不動産という、地元不動産会社の企画する講演会に行って来ました。代表取締役の小泉寛明さんがスピーカーで、神戸における農と住のお話をされました。お話の内容は、ご自身の興味のある農を神戸でもっと身近な存在にしたい、といったものでした。


神戸に土地勘のある方ですとご存知かもしれませんが、神戸市は海側の港エリアだけでなく、北の山側にも拡がっています。あまり知られていませんが、そこでは農業がさかんで特に脱サラで農業に従事されている方が多いとのこと。跡継ぎもいないので、高齢の農家の方が無料で農地を脱サラ組に貸し出しているケースも多いのだとか。


また。兼業農家でライトな農業を楽しんでいる方は、山奥だと不便なので、電車アクセスのある場所に家と農地を購入し、農業をされているとのこと。電車徒歩圏内でも、神戸市北区の山間であれば、数百万円から一戸建てと農地が購入可能だそうです。


私、はじめて知りました!興味すごくあります(^^)。電車徒歩圏内の家が農地付きで格安で買えるとは!みんな知らないだけで、需要は結構ありそうな気がするのですが。。。


他にも、神戸北野地区の外国人居留地区の空きマンションを積極医的に仲介することにより、新たな人気エリアにした話などなど。。。


このように、地元紙を読めば地域で活動しているユニークな団体や個人の方を知ることができ、また距離が近いですので講演会などでお話を聴くことが可能ですよね。自分の知らない、新たな価値観に触れる最高の機会だと思いますよ!

久し振りにオススメ本を紹介したいと思います!「いま君に伝えたいお金の話」村上世彰著です。実はまだ読んでないのですが笑、村上氏の全著「生涯投資家」が個人的ベストセラーだったため、期待を込めてオススメしたいと思います。

クリックして協力お願いします(^^)/
にほんブログ村 投資ブログへ

amazonの商品説明を読んでみると、15歳向けに書かれた本とのこと。村上さん、池上さんのようなことを始めましたね笑。日本人の金融教育は欧米に比べて遅れていることから、15歳向けと言いつつも、大人が読んでも十分満足する内容の本になっていると思います。実際に、世界の時事関連につい中高校生向けに書かれた池上さんの本を読んでも、知らないことがいっぱいで勉強になりますし。


村上さんは現在、日本人の金融リテラシーを高めるためにはどうすれば良いか、ということをいつも考えているそうですが、私も日本人の金融リテラシーを高めるのは必須だと思っています。株式投資を一部のマニアだけの娯楽としないで、日本人全員が興味を持ってやるべきものと考えています。


株主がもっと知識を持ち、経営陣を監視することで馬鹿みたいな株主軽視の経営もできなくなると思います。日銀のETF買いで日銀が大株主になる企業が増え、規律が緩みつつある昨今、ある意味、村上さんのように経営者に圧力をかける存在が必要なのでしょう。


一度、読んでみてから感想を書きたいと思います(^^)/

投資倶楽部員が、またまた株主総会に参戦してきました。今回は、福井地盤のドラッグストア、Genky drug storesです。福井県民ご用達の店ですね。ドラッグストアというよりも、地域のディスカウントスーパーのようなイメージの店舗をチェーン展開しています。

クリックして協力お願いします(^^)/
にほんブログ村 投資ブログへ

今回の総会のポイントは以下の二つ。

Q1. 増資による資金調達を考えているか

Q2. 今後の成長戦略


1.に関しては、昨年の増資で大ダメージを負った個人投資家も多かったので、皆さん要注目だと思います。2.に関しては、飽和が叫ばれているドラッグストア業界で今後どのような成長戦略を描いているのか、は成長期待で保有している株主にとっては、これもやはり気になりますよね。


それに関して、社長の答えは以下でした!

A1. 今後の増資は当面考えていない。昨年調達した資金、または営業キャッシュフローの範囲で投資を考えている。今後追加で資金調達の必要がある場合、借入金を基本とする。

A2. まずは福井、岐阜、石川、愛知でドミナント出店を実施し、地域No.1シェアを取るまで他県に出店しない。それだけでも当面は十分に成長できるし、逆に今は他県に出店するほどの余裕がない。


増資しないというのは、投資家にとっては良いニュースです。私も最近、外国株を含めて増資による株価下落のダメージを存分に食らっているので、これでGenkyに対する不安要素第一位が消滅しました(^^♪。また、今後の成長戦略も、以前とぶれてないので今のところ順調なのでしょう。


後、印象に残ったこととして、社長がポロっと一言。愛知県はスギ薬局の本拠地なので、後から進出してくるゲンキーは不利なのでは、と思われていますが、意外とそのような地域のほうが利益率が高くて儲かるのだとか。。。意外ですね。確かにゲンキーは他のドラッグストアの目の前に出店したりしているので、そのようなコバンザメ商法を得意としているのかも。


また、増資した時の株価よりも1割以上現在の株価が低いので、社長は増資時の株価を机のPCの横に貼っており、最低その時の株価まで戻すように経営したいと!


私は引き続き保有です。毎年15%前後の成長をこれかも期待して保有したいと思います!がんばれGenky(^^)/



最後に総会のお土産は、ゲンキーで使える2,000円の金券でした^ ^


IMG_1580


↑このページのトップヘ