55cd6_1581_55d45d5081c6d127893e44f11c496669



--------------------------------------------------


人気ブログランキングへ  ブログランキング←応援してくださいね




映画を見に行く前には必ずチェックしてます。

★前田有一の超映画批評★




tumblrも見てくださいね。  

worldwalker's tumblr(・∀・)!



--------------------------------------------------

pb_p_200gana-1489


Capture 2



--------------------------------------------------


紀州のドンファンと妻のツーショット画像モザイクなし



--------------------------------------------------


野崎幸助氏の妻が応じた単独インタビュー 発言に潜む2つの矛盾点 - ライブドアニュース


 「紀州のドン・ファン」と称された資産家で酒類販売会社社長の野崎幸助さん(享年77)が5月24日に不審死を遂げた事件で、野崎さんの22歳妻が15日、フジテレビ系「バイキング」の単独インタビューに応じことを受け、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏はデイリースポーツの取材に対し、発言に潜む「2つの違和感」を指摘した。

 まず一つは、野崎さんについて自殺の可能性が「なくはない」と言及したこと。妻は、野崎さんが愛犬の死後、「社長はペットロスでずっと泣いていた。部屋からイブちゃんのお墓を見ながら『早く死にたい』と言っていた。『そんな気ないでしょう』と流していたが、本当に死んでしまったので、それ(自殺?)もあったのかなと思ってしまう」と語り、インタビュアーの坂上忍に「事故死か、自殺か、他殺か?個人的にどう思うか」と問われて「自殺はなくはないと思う」と答えた。

 小川氏は1週間前に発売された一部週刊誌での妻の発言に注目した。「その掲載記事では、信頼できる記者の取材に対して『自殺はないと思います』とはっきり答えています。それが坂上さんの質問に対しては『なくはない』と、短期間の間に発言を翻している。そこに違和感があります」と矛盾点を挙げた。

 もう1点は、野崎さんが亡くなった日の物音について言及した内容。小川氏は「妻は『ドンドンという音は毎日聞こえる。日常茶飯事』と言いながら、『夜8時頃に2階から大きな物音がした』と時間まで覚えている。『日常茶飯事』ということは『しょっちゅう』ということですから」と、その時間帯だけ記憶が鮮明であるという違和感を語った。

 一方で、「坂上さんから自殺か、他殺かと質問された時、口ごもったところには、彼女が慎重に答えようとしている気持ちを感じた。何か思うところがあっても、それをそのまま言ってしまったら、どう思われるか分からないということを考えながら、しゃべっていると感じました」と妻の心理を分析した。



--------------------------------------------------

結末を誘導するような流れ 野崎幸助さんの事件めぐる報道に違和感 - ライブドアニュース

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助さん(77歳)が、5月24日に急死してから約3週間。その間、メディアであまりに多くの報道が飛び交っています。

最初は「美女4000人に30億円を貢いだ資産家・紀州のドン・ファンが亡くなった」という穏やかな報じ方でしたが、すぐに論調が一変。「55歳年下のモデルと今年2月に結婚したばかり」「愛犬のイブも5月6日に急死していた」「警察が死因を『急性覚せい剤中毒』と発表」などのキナ臭い続報が次々に報じられました。

この手の過激な報道は、週刊誌ではごく当たり前のことであり、特に驚きはありません。しかし、ワイドショーの各番組が、「まるで刑事ドラマでも見ているか」のような報じ方をしていることは看過できないのです。

容疑者候補の人物が次々に登場
ワイドショーの各番組には、司会者とコメンテーターのレギュラー陣に加え、「元刑事」「元麻薬取締官」「弁護士」などの専門家が登場。これを刑事ドラマに置き換えると、司会者・コメンテーター・専門家は、刑事と捜査協力者に当たり、事件を解決するためにさまざまな考察を展開していきます。

刑事ドラマにおける事件解決への第一歩は、「死因の確定」と「容疑者の浮上」。ワイドショーの各番組も、当初から死因にふれてから、「覚せい剤を自分で打つ量にしては多すぎる」などの不自然な点を指摘することで、さまざまな人物を浮上させていきました。

55歳年下妻、溺愛されていた愛犬・イブ、ホステスのような派手な服を着た家政婦、つい最近まで会話を交わしていた近隣の友人、野崎さんの会社に勤めていた元従業員、親交の深かったデヴィ夫人。刑事ドラマで言えば、容疑者候補のキャストを登場させ、視聴者に「この人があやしい」「きっとこいつが犯人だ」と予想させる段階です。

ただ、本来ならこのあたりで報道は、いったん終了。他にも報道すべき多くの事件・事故、社会問題などがある以上、「事件が解決したら」、あるいは「解決しそうなほど事態が大きく動いたら」再び報じるのが普通です。

しかし、ワイドショーの報道は、ますます刑事ドラマ化の一途をたどり、過熱していきました。

多くの刑事ドラマでは、序盤から中盤にかけて、さまざまな情報を交錯させたり、いかにも伏線のように見せかけたり、それを一変させる強烈な証言をつかませたり、ミステリーの色を深める脚本・演出が施されています。今回の事件では、ワイドショーの各番組も、かなり似たようなことをしているのです。

たとえば、「野崎さんには注射器を使った形跡がなく、大量の覚せい剤は口から摂取した可能性が高い」「警察は野崎さんの会社から中瓶のビール瓶約2400本を押収した」「野崎さんは毎日中瓶2~3本のビールを早い時間から飲みはじめる」などの覚せい剤や接種方法に関わる情報。

「生前、野崎さんは『イブちゃんはなぜあんなに苦しんで死んだのか。イブちゃんは私の胸をかきむしって死んでいった』と訴えていた」「イブちゃんの埋葬方法で野崎さんと妻がもめていた」「警察が土葬されたイブを掘り起こして成分を調査している」などの愛犬に関わる情報。

「通夜のときスマホをいじってばかりいて親族に怒鳴られた」「出会いは、昨年秋に羽田空港で転んだ野崎さんを妻が助けたことから。ただ、転んだのは野崎さんの計算だった」「プロポーズは『君の人生をピンク色に染め上げたい。僕の最後の女性になってくれませんか?』」「妻は野崎さんが亡くなる前に離婚話を切り出されていた」などの妻にまつわる情報を報じて、ミステリーの色を深めました。

さらに、妻が雑誌『FRIDAY』のインタビューに答えると、ワイドショーの各番組が一斉報道。「警察の聴取はもう7回も受けていて、私を疑っているのは間違いない」「ウソ発見器にかけられて覚せい剤に関する質問をしつこく聞かれた」「毛髪検査のために髪の毛を100本くらい切られた」「『結婚してくれたら毎月100万円渡す』と言われ、『美味しい話』と思って結婚した」「月100万円をお得だと思っていたのだから、私がやるわけない」などの詳細をたっぷりと報じました。

刑事ドラマなら、まだ中盤にすぎない
ここまで読んで「もうお腹いっぱい」という心境になったのではないでしょうか。この3週間、朝から夕方まで各局のワイドショーが、これらの情報を報じ続けているのです。

しかし、ここまでの報道を1時間の刑事ドラマにたとえると、まだスタートから30~40分の中盤にすぎません。犯人逮捕、犯行方法や理由の解明は、まだ先であり、私たちはそれ以前の段階を長々と見せ続けられているのです。

まるで、毎日朝から夕方まで同じ刑事ドラマの中盤までを見せられているような……。たとえば、「『相棒』『科捜研の女』のある1話を、しかも中盤までのシーンばかりを繰り返し見せられている」ことになります。

まもなくイブの鑑定結果が出ますが、もし覚せい剤の成分が検出されたら事件は大きく動くでしょう。しかし、それでも「誰がどう摂取させたのか?」という謎解きが必要です。また、もし真実がこれまでの情報とは全く異なるものだったら、まだ刑事ドラマのスタートから10~20分程度の段階かもしれません。

残念ながら殺人事件は多く、目を覆いたくなるようなニュースが次々に飛び込んでくる中、バランスを重視するなら今回のような偏った報じ方はしないでしょう。各局のワイドショーがこぞって報じているのは、「紀州のドン・ファン」というフレーズを見ればわかるように、キャッチーでエンタメ性が高い事件だから。さらに、「刑事ドラマを思わせる、あやしげな背景や関係者をフィーチャーしやすい」という点も考えられます。

実際、すでに犯人が逮捕されている事件は、今回ほど多く報じられることはありません。「紀州のドン・ファン」事件と他の事件との落差が、エンタメ重視というワイドショーの報道姿勢を裏づけているのです。

現在、民放各局ともに、早朝5時から夜19時の大半の時間帯で、情報・報道番組(事実上のワイドショー)を生放送しています。まさに、「各局横並びの放送」であり、視聴者にとっては「どこも似た番組ばかり」なのですが、より深刻なのは「扱う事件や報じ方も、かなり似ている」こと。つまり、どの局のテレビマンも、かなり似たマーケティング感覚で番組を制作し、そこから抜け出せずにいるのです。

また、「『紀州のドン・ファン』のニュースが、民放各局の大半の時間帯で報じられている」という異様な状況は、そもそも「平日の日中はワイドショーばかり」にしてしまった各局の編成方針が問題とも言えるでしょう。

結末を誘導するようなストーリーテリング
連日の大量報道以外で、もう1つ気になる点がありました。

それは、視聴者を誘導するような報じ方。真実はどうあれ、現段階では「妻や家政婦が犯人であるか」のような報道姿勢は、ミスリードの危険をはらんでいます。刑事ドラマなら「多くの登場人物をいかに犯人のように思わせるか」が重要ですが、ワイドショーでも似たようなことをしているのです。

ワイドショーが報じているのは、フィクションの刑事ドラマではなく、ノンフィクションの事件。現段階では、妻も家政婦も疑いこそ受けているものの、被害者である可能性もあるのです。たとえば1994年の松本サリン事件で第一通報者の男性は、みずから不調を訴えたほか、妻が重体に陥るなどの被害者だったにもかかわらず、メディアは犯人扱いの報道を繰り返して世間の見方を決定づけてしまいました。

今回の真相はわかりませんが、現時点で明らかなのは、「すでに妻と家政婦が社会的に葬られそうな状態」にまで追い詰められていること。決して擁護する気持ちはありませんが、まだ逮捕されているわけでもない人の過去やプライバシーをさらし、結末を誘導するようなメディアのストーリーテリングには無責任さを感じてしまうのです。

この無責任さの一因として考えられるのは、週刊誌に頼りがちな制作スタンス。近年のワイドショーは、週刊誌の報道に専門家やコメンテーターの見解を加える形の構成がすっかり定着してしまい、当事者を直撃すること以外の独自取材は、あまり見られません。もともと強烈な切り口と見出しの多い週刊誌報道をベースにしている以上、ワイドショーの内容が過激なものになるのも自然なことなのです。

また、過激になればなるほど飛び交いがちなのは、故人に対する敬意を欠いたコメント。今回の事件でも、「女癖の悪い男性だからこうなってしまうこともある」「(愛犬へのこだわりや家の外装が)僕には理解できない」と一笑するコメンテーターがいました。これらは報道の自由や事件の公共性とは別次元の主観にすぎず、死人に鞭打つような悪意の自覚なきコメントには首をかしげてしまいます。

日大の騒動は「勧善懲悪ドラマ」風の演出
最後に話を少し広げると、いまだ収まらない日大の騒動に関するワイドショーの報じ方にも似た現象が見られます。

選手、監督・コーチ、学長、理事長と、次々に悪役を登場させ、一人一人成敗していくような展開は、まるで勧善懲悪のドラマ。事実、最初に行われた選手の謝罪会見では、ワイドショーのリポーターたちが、怒りや憎しみを引き出すような質問を繰り返して、巨悪をあぶり出そうとしていました。その質問内容はジャーナリズムというより、ドラマ演出のようだったのです。

2013年に社会現象となった「半沢直樹」(TBS系)の大ヒット以降、勧善懲悪ドラマが量産され続けていますが、それがワイドショーの演出にも波及しているということではないでしょうか。勧善懲悪ドラマで、真っ先に思い浮かぶのは時代劇。かつて「水戸黄門」などが再放送されていた時間帯に放送しているワイドショーは、時代劇の代替品となっているのかもしれません。

刑事ドラマにしろ、勧善懲悪ドラマにしろ、ワイドショーが文字通りドラマティックな演出で視聴者を引きつけようとしているのは間違いないでしょう。懸命なビジネスパーソンのみなさんは、「これを信じていいのか」「ミスリードかもしれない」という視点を持つことをおすすめします。


--------------------------------------------------

野崎幸助氏の妻が挙式を突然キャンセル「週刊誌も呼んだって」 - ライブドアニュース

 紀州のドン・ファンと呼ばれた酒類販売会社社長の野崎幸助氏が不審死を遂げた事件で、野崎氏の22歳の妻が15日、フジテレビ系「バイキング」の単独インタビューに応じ、3月に予定していた結婚式をキャンセルした理由を語った。

 番組では、14日夜に坂上忍がインタビュアーとなって妻に取材。その中で、3月に予定していた挙式を突然キャンセルしたことにも触れた。

 妻は「社長の希望で、形だけでもやりたいって言われてて。2人で静かにやろうねって話をしていたんですけど」と、具体的な日にちは決めずに希望を語っていたという。だが「2、3日後ぐらいに、結婚式決めたからって言われて。週刊誌も呼んだって言われたんですよ」と、野崎氏が相談もなく詳細を決めてしまったと明かした。

 急に日取りを決められた事に、妻は「私も予定があったので、ちょっと待ってとなって。私が週刊誌嫌いなのを知ってて何で呼んだの?とか…」と困惑。「それで、もう一回改めて話し合って決めようってことで、キャンセルしてもらいました」と理由を説明した。

 坂上は、野崎氏は落ち込んでいなかったか?と質問したが「落ち込んではいない。いつにする?いつにする?って…」と挙式を楽しみにしていた様子を明かしていた。


--------------------------------------------------

資産家妻の「無防備」インタビューに驚き 弁護士も「妻は無関係」 - ライブドアニュース

 紀州のドン・ファンと呼ばれた酒類販売会社社長の野崎幸助氏が不審死を遂げた事件で、野崎氏の妻が15日、フジテレビ系「バイキング」のインタビューに応じた。生放送には妻の代理人である佐藤大和弁護士が出演。妻の事件関与について、改めて「やっていないと思う」と訴えた。

 番組では坂上忍がインタビュアーとなり、妻に単独取材。野崎氏との出会い、事件が起こった当日の様子、なぜ結婚したのかなど、赤裸々に語った。

 VTRを終えた坂上は「何が一番驚いたかって、このタイミングでインタビュー引き受けてくださるからにはもっと準備されてるだろうと思った。質問NGもなかった」と、あまりにも自分の言葉で赤裸々にしゃべった妻に驚いたと告白。それほど“無防備”なインタビューだった。

 佐藤弁護士は「見ている方が疑問や聞きたいことは、協力できることはしていく」とした上で、今回のインタビューについて「代理人として深く回答にタッチしていない」と、あえて想定問答などは用意しなかったと明言。「というのは、代理人の立場で恐縮ですが、本人と会った時に、ぼくはやってないと思いましたので、だからこそありのままに真実を語ってと」と、無実だからこそ何も準備しなかったと説明した。

 これに東国原英夫は「やってないというのは、実行犯という意味ですか?それとも関与していないと…」と確認質問。佐藤弁護士は「関与していない。まったく関与してない。これは本人の口から明確に申し上げる」と力強く答えていた。



--------------------------------------------------



「紀州のドン・ファン」の妻「和歌山では月の半分自由にさせて」と入籍条件 - ライブドアニュース

 紀州のドン・ファンと呼ばれた酒類販売会社社長の野崎幸助氏が不審死を遂げた事件で、野崎氏の22歳の妻が15日、フジテレビ系「バイキング」の単独インタビューに応じ、結婚するにあたって出した条件を明かした。

 番組では、坂上忍がインタビュアーとなって、14日夜に妻を単独取材。その模様を放送した。

 妻は、野崎氏との出会いは、妻の友人の知り合いの男性から紹介されたと説明。会った日から「結婚したい」と迫られたといい、「私も『はい、はい』と流したところがあって。でも『はい』と言ってくれる人がいなかったみたいで…」と、野崎氏が妻の流した言葉を気に入ってしまったという。

 もちろん野崎氏のことは何も知らなかった妻は「本気にしていなかった」というが「先が短いから若い女の子と一緒にいたいって。それで話し相手になって下さいって言われて籍を入れました」と説明した。

 その際、妻は「和歌山では月の半分自由にさせてくれ」と、条件を提示。野崎氏側も「月に何回か(東京から)通えばいいよと。全然(和歌山で一緒に)住むとかそういう条件ではなかった」と快諾していたという。

 週刊誌などで報じられた「月100万円」というのは「社長がくれるっていうからありがとうっていうことで条件にいれた」と妻側からの申し出ではないとした。

 坂上からは「籍を入れることをよく決断しましたね」と聞かれると「遺産目当てと言われるが、社長の経済面に対してそれも社長の魅力の一つ」「経済面しっかりしてるって所は結婚する条件として大事」と、経済面に魅力を感じたことは否定せず。「怒られたこともない」という優しさも魅力の一つだったとした。



--------------------------------------------------


ドン・ファン妻が2階に上がらなかった理由 坂上忍に明かす - ライブドアニュース


2018年6月15日 12時51分 デイリースポーツ
 紀州のドン・ファンと呼ばれた酒類販売会社社長の野崎幸助氏が不審死を遂げた事件で、野崎氏の22歳の妻が15日、フジテレビ系「バイキング」の単独インタビューに応じた。野崎氏が亡くなった日に、2階で大きな音がしたにも関わらず、2階に上がらなかったのは「よくつまづいていたので流してしまった」など理由を語った。

 番組では14日夜に坂上忍がインタビュアーとなって妻に話を聞いた様子を放送。今回インタビューに応じたのは「潔白を証明したい?そうですね。あることないこと書かれて、追いかけ回される状況で、家族や友人にも迷惑をかけた。自分から真実というか、自分の言葉で伝えなきゃと」と理由を説明した。

 亡くなった24日は、午前中は野崎氏と妻は一緒に行動。昼過ぎに帰宅し、午後4時頃に家政婦が外出し、その後約3時間半程度、妻と野崎氏は自宅で2人きりの時間があった。午後6時に相撲を見終わり、野崎氏から「ご飯に行こう」と言い、1階に降りたところ、家政婦が作ったうどんと置き手紙が机におかれており、食欲がなかった野崎氏はビールとお菓子を、妻はうどんを食べ、30分ほどで再び2階へ。「社長がテレビを見始めた」ことから、妻は下に降り、シャワーを浴びてリビングでテレビを見ていたという。

 7時30分ごろに家政婦が帰宅し、一緒にテレビを見ていた8時頃に2階から大きな物音がしたが、妻は、物音がしてすぐに2階へ行かなかったことに「社長は足がすごく悪くて、歩き方ひょこひょこ歩きなのに、すごい急いで歩こうとするので、つまづいて歩く人だったんですけど、ドンドンという音は毎日聞こえる。日常茶飯事。トイレ行ったのかなと気に止めずに流してしまった」と説明した。

 10時半頃、2階へ行ったところ、全裸で野崎氏はソファにもたれかかっていたといい、声をかけても無反応だったことから、「不気味だなと怖くなり」家政婦を呼んで、119番通報をしたという。当時の心境を聞かれた妻は「かなりビックリしました」と振り返った。


--------------------------------------------------

「紀州のドン・ファン」妻 死因について問われて心中を告白 - ライブドアニュース

 15日放送のフジテレビ「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、急性覚醒剤中毒で亡くなった和歌山・田辺市の酒類販売会社社長で資産家として知られる野崎幸助さん(享年77)の妻への独占インタビューを放送した。

 55歳下の妻がテレビのインタビューに応じるのは初めて。聞き手の坂上忍(51)から野崎氏の死因についてどう思っているか問われると「自殺も私はなくはないと思ってて」といい、「でも他殺で考えるんだったら、社長は結構恨みを買ってるというか。過去に刺されたりとか、金融業関係でもめてたりとかもあったので。恨みをかってるだろうなと思ってて」と心中を告白した。

 「家に誰でも出入りできるというのもあって。私がいないときは結構、社長のほかの女の人が何人も出入りしてて、私も東京から帰ってきたときに、今日から家政婦ですって知らない女の人がいたりとか」と明かし、結婚後も女性の影があったか聞かれると「ずっとありました」と語った。


--------------------------------------------------

「紀州のドン・ファン」妻が遺体発見時の状況明かす「全裸」「不気味」 - ライブドアニュース


 15日放送のフジテレビ「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、急性覚醒剤中毒で亡くなった和歌山・田辺市の酒類販売会社社長で資産家として知られる野崎幸助さん(享年77)の妻への独占インタビューを放送した。

 55歳下の妻がテレビのインタビューに応じるのは初めてで、聞き手の坂上忍(51)に対し「覚醒剤が出るなんてこともビックリですし、こんな大きな事件になると思ってなくって」と戸惑いを吐露。亡くなった5月24日の午前中は野崎氏を裁判所に送るなど行動を共にしていたとし、午後7時半頃に帰宅した家政婦とテレビを見ていたところ、野崎氏の部屋がある2階から「ドンドン」という物音が聞こえたと振り返った。

 「ドンドンは毎日聞こえる音で日常茶飯事だったので、トイレに行ったんだなとか気に留めなかった」といい、午後10時半に2階に上がると「全裸で。ソファにもたれかかって倒れていて」と告白。「まだ起きてたの?」と声をかけたが、無反応で動かない状態だったため、「不気味」だと思い、家政婦を呼んで119番通報したという。救急隊からのアドバイスで社長を横にするなどしたが「足とか上げたんですけど、固まってて。硬直してて」と振り返った。


--------------------------------------------------


「紀州のドン・ファン」の妻 葬儀後に「お墓なんて守らないもん」 - ライブドアニュース

 被疑者不詳の殺人事件へと急展開した「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)の怪死事件。一夜にして人生の支えを喪ってしまった幼妻Sさん(22)の心中や如何ばかりか。

 野崎氏の知人が言う。

「通夜は5月29日、葬儀は翌30日に営まれたのですが、Sさんは当初、自身が『喪主』であることの意味すら理解できていないようでした。愛する夫だというのに遺体に触れようともせず、葬儀では、用意された通りいっぺんの挨拶を二言三言述べただけ。火葬場では号泣していましたが、詰めかけたメディアに写真を撮られそうになると、素早くサングラスをかけて防ごうとする姿が目につきました」

 さらに、こんなやり取りもあったという。

「葬儀が終わって、周りの人がSさんに『これからは(野崎氏の)お墓をみていかないとね』と声を掛けたら、あっけらかんと『私、お墓なんて守らないもん』と言い放ったのです」

 こうした言動を見るにつけ、周囲はひたすら奇異に感じていたという。

 とはいえ、いまやSさんは総資産50億円の相続人である。

「野崎さんの、最も多い資産は不動産です。田辺市を中心に、隣の白浜町も含めて三十数物件を所有している。また、証券会社に約4億円を預けて株の運用もしているし、JAバンクには1億円が預金口座に入っている。さらに、自宅のリビングには、約5000万円の価値があるシャガールの風景画のほか、2億数千万円のルノワールの美人画も飾ってあります。でも、野崎さんは、“100歳まで生きるから遺書は書かない”と豪語していたのです」(同)

今後の捜査は
 その結果、2人の元妻との間に子どもはいないため、法定相続に従い、「夫の墓なんて守らないもん」とあっけらかんと言ってのけるSさんに50億円の4分の3が入り、残り4分の1はきょうだい6人に分けられることになる。

 夫婦になってから3カ月半、一緒に暮らすようになってわずか1カ月半で、莫大な遺産を手にするSさん。

 それゆえ、和歌山県警が疑念を抱き、殺人容疑で彼女の「新宿マンション」を家宅捜索したり、事情聴取を繰り返すのも致し方ないところか。

 今後、捜査はどのように進展するのか。

「田辺署だけでなく、県警捜査1課が総出で、『紀州のドン・ファン』事件の捜査に当たっています」

 と解説するのは、和歌山県警詰めの記者。

「差し当たって、妻と家政婦への任意の事情聴取は一区切り。今後、2人の供述に食い違いがないかを検証し、同時に押収品の分析が進められることになる。現段階で、警察は捜査対象を妻と家政婦の2人に絞り込んでしまっています。もし、これで確たるものが見つからなければ、捜査の長期化は避けられません。逆に、証拠固めができれば、一気に捜査は急展開することになるはずです」

 悲劇の幼妻は、疑いの目を撥ね除け、一生遊んでも有り余る夫の遺産を手にすることができるか。それとも、別の悲劇に見舞われることになるのか……。

「週刊新潮」2018年6月14日号 掲載


--------------------------------------------------


全てを激白60分…坂上忍「紀州のドン・ファン」55歳年下妻を直撃 - ライブドアニュース

 15日放送のフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、“紀州のドン・ファン”こと先月、急性覚醒剤中毒で死亡した実業家・野崎幸助さん(77)の妻へのインタビューを放送することがわかった。インタビュアーは番組MCの坂上忍(51)が務める。

 55歳下の妻は先日、一部週刊誌の取材に対して「警察が私を疑っているのは間違いありません」と語っていた。インタビューに応じるのはテレビでは初となる。番組の公式サイトによると、事件当時の状況、警察の事情聴取、愛犬・イブの死、夫婦生活についてなど、「全てを激白60分」するという。

 野崎氏は5月24日午後10時半ごろ、自宅寝室のソファで倒れているのを妻が発見し、その後死亡が確認された。外傷はなかったが、解剖で体内から覚醒剤の成分が見つかった。

 野崎さんは田辺市で酒類販売業や金融業を営む資産家で、2016年に自身の女性関係や半生を本に著し、「紀州のドン・ファン」などと呼ばれ、テレビや週刊誌にも取り上げられ話題となった。



--------------------------------------------------


急死した野崎幸助氏の家政婦と接触「もう無罪放免なんです」 - ライブドアニュース

“紀州のドン・ファン”こと和歌山県田辺市の資産家で酒類販売会社社長の野崎幸助氏(享年77)が変死を遂げた事件で、当時の状況を本紙やテレビ局の取材に語っていた遺体の第一発見者の一人である家政婦Aさんが、3日に行われた和歌山県警による自宅の家宅捜索の後、メディアの前から姿を消している。所在について様々な情報が流れるなか、元警視庁刑事で犯罪心理学者の北芝健氏が、都内でAさんとの接触に成功した。Aさんは警察から「無罪放免された」と語ったというが――。

 野崎氏の妻Sさん(22)とともに、遺体の第一発見者となった家政婦Aさんは「悪いことをしてないんだから、本当のことを言った方がいい」とテレビ局関係者を野崎邸に招き入れ、死亡時の様子を再現。ド派手な服装と、メディアによって微妙に異なる発言内容が、かえって視聴者の関心を集めた。しかし、東京・港区にあるAさんの自宅で3日に行われた家宅捜索以降、報道陣の前に姿を現していない。

 野崎氏の会社の従業員は「連絡は取れてるけど、向こうから一方的。こちらから呼び出しても出ない。電話を切ってる」と言い、Aさんの行動については「しゃべり過ぎ。『私は無実を話すんだから』って言ってたけど、つじつまの合わないことばっかりやから『しゃべるな』って怒ったんや。結局、バッシング浴びとるやろ。アホや。後で『すいませんでした』って電話掛けてきたけどな。もう遅いわ」と吐き捨てた。

 その所在については、「和歌山にいる」「東京の友人宅を転々としている」などの情報が乱れ飛ぶなか、北芝氏が知人を介しAさんに接触。12日に東京都内でAさんと、その娘のBさんに話を聞いた。

 北芝氏は「Aさんは、東京に住んでいるBさんの自宅に身を寄せていたそうです。警察から携帯電話などの私物を返され『もう無罪放免なんです。パスポートも返してもらったし、外国だって行けますよ』と話していました」。疑念が晴れたと確信したためか、Aさんはニコニコしながら話していたそうで「私、歌が好きなんですよ」とカラオケで演歌まで披露。歌手のBさんも「美声をとどろかせた」と北芝氏。

 事件の核心部分、野崎氏の死については、こう語ったという。

「死因の覚醒剤の入手経路は『分からない』と言っていたが、野崎氏は精力剤に目がなかったそうで、社長の周りには『この精力剤がよく効きます』と売り込んでる人がいた。そういうものをビールと一緒に飲んで死んじゃった可能性はあるんじゃないかと推理していた。社長が亡くなったことで『報酬がなくなり、失うものの方が多い。Sさんも月100万円をもらえなくなって困るんじゃないか』と擁護するような話しぶりもしていた」(北芝氏)

 警察は、野崎さんの愛犬イブの死因について鑑定中だ。イブの死に際、Aさんが野崎氏から強い言葉で叱責されたことについては「私は何も変なものを食べさせていない。気をつけてご飯を作っていたのに…」と話していたという。

 そんなAさんが、最も強い口調で話していたのが、某週刊誌の記者に対するものだった。

「『今回の事件に火をつけて大きくしているし、ひつぎの写真を撮ったりして死者の尊厳を踏みにじっている』と、憤まんやる方ないといった感じで強調していました」

 Aさんとの面会を終え、北芝氏は「明るく正直に状況描写しており、シロの印象が強い」と感想を語った。

 警察は第一発見者の2人に集中して捜査を展開しているとみられており、Aさんの証言通り、警察がAさんを「無罪放免」としたのならば、捜査はSさんに集中することになる。

 北芝氏は「死因が覚醒剤中毒である以上、それが野崎氏の手元に行かなければならない。家の中だと疑われるのは2人だが、そのうちの1人を県警が外したとなると意味は大きい。Sさんにもおかしなことがないなら、“第3の存在”がカプセルを事前に渡していた可能性もあり得る。どんな県警にも捜査の神などいないし、初動を誤ったことも含め全体を考えないといけない」と指摘した。

 また、Aさんは「記者会見を開いて全部お答えしたい」との意向を示しているという。真相解明の糸口となるのか。


流出した野崎幸助氏葬儀

--------------------------------------------------

紀州のドン・ファン怪死「22歳幼妻」がセクシービデオに - ライブドアニュース

 5月24日に、和歌山県田辺市の自宅で急死した野崎幸助さん。77年の人生で、4000人の女性に貢いだ性豪、「紀州のドン・ファン」が亡くなって、20日近くが過ぎた。6月6日、和歌山県警は、その死因を「急性覚醒剤中毒」と結論づけた。

 誰が覚醒剤を摂取させたのか。謎が謎を呼ぶ事件の渦中にいるのは、22歳の妻・Sさん。2018年2月に結婚し、50億円ともいわれる資産の相続人となった「悲劇の幼妻」である。一夜にして、人生の支えを失った彼女の過去が、捜査で明らかになったという。 

「結婚前の2017年、少なくとも4本のビデオに出演していた」と話すのは、前出の捜査関係者だ。野崎さんの死後、県警は、野崎さんが経営していた会社関係者への家宅捜索、取調べを開始。従業員の携帯電話を押収したところ、出演作品のデータが複数見つかった。

「社長が亡くなる少し前に、Sさんがビデオに出ていたことが社内で話題になったんです。みんなその映像を持っていました」(会社関係者のA氏)

 本誌が入手した画像は、“素人”を謳ったモデル体型の美女が登場する「MGS動画」で配信されたシリーズ作のひとつ。これに、Sさんが出演していたのだ。「遺体の第一発見者だから、経歴を調べられるのは無理もない」(社会部記者)というのだから、Sさんの心中は穏やかではないだろう。

 Sさんはほかに、素人女性が駅でナンパされてホテルに連れ込まれる作品にも登場している。この作品の制作に関わった業界関係者が明かす。

「おとなしくて優しいコ。撮影時にはわがままも言わず、しょうもない会話にもつき合ってくれていた。素人ものは人気が高く、街を歩いていたら誰もが振り向くほどの美人でないと起用されません」

 このメーカーに問い合わせると、「いっさいお答えすることはありません」と答えた。

 札幌から上京後、モデル事務所にスカウトされていたというSさんに、野崎さんはとにかくゾッコンだった。

「Sさんとのツーショット写真を会社のあちこちに貼っていました。社長は、Sさんを嫉妬させたくて、ほかの女性に自分とのツーショット写真を自宅や会社に送らせることも。それだけに、Sさんのビデオ出演を知った社員は『気の毒だね』と言って、内緒にしていたんです。亡くなるまで知らなかったと思います」(同前)

 Sさんは、野崎さんの資産の4分の3、金額にして約37億円もの資産を相続する権利を持つ。警察やメディアが、その一挙手一投足に注目するのも無理はない。

(週刊FLASH 2018年6月26日号)


--------------------------------------------------

さっちゃん