MS Office 365 Solo 最安値で購入·認証 プロダクトキー 価格の通販ショップ

Office 365 サブスクリプション 個人版 家庭版 PCとMac ダウンロード版

管理人はこの前長年使ってきたWindowsシステムを諦め、Mac Bookを買いました。もともとマイクロソフト社のOfficeを買おうとしなかったが、Pagesで文書を作成してみると、Pagesに不慣れなのか、Officeに慣れすぎたか(正しくはOfficeの使用習慣が身に付いているかから)、一部の機能が見つからない或いは使い方がわからないことがあります。それでMac Bookofficeをインストールしようと思いました。

office 365

ついで管理人はYahooのショッピングセンターにてoffice macのファミリーバージョンの価格を検索してみました。  フルのファミリーバージョンは37584円かかり、安いとは言えません。Mac Bookを買ったばかりだし、懐が寂しいです…

office 365 プライベートバージョンをちらっと見てみると、驚きました。1台のPC或いはMac1台のタブレットと1台のスマートフォンにインストール可能で、年間サブスクリプション価格は12744円です。即ち、月々1274円で正規版のOfficeが使えますが、サブスクリプション料金は月々発生するので、Office2013を一括購入するより、やや割に合わないような気がします!

ssss


この点について繰り返して考えた結果、office 365プライベートバージョンを購入することにしました。ただし、販促バージョン或いは年間サブスクリプションではなく、月々自動サブスクリプションのプランにしました。即ち月々1274円払ってoffice 365プライベートバージョンを購入しました。もともとの考えは非常に単純で、最低限のお金でoffice 365をすぐ使えればとのことです。このようなプランは最低1ヶ月サブスクリプション必要だが、随時キャンセル可能(プライベートバージョンとファミリーバージョンにのみ適用で、企業バージョンはまた違います)です。それで、使わない時にキャンセルし、使う時にサブスクリプションを続ければよいです。

更に、もう一つの考えとして、office 2013セットバージョンの価格がoffice 365二年間サブスクリプション料金に相当するので、二年間はofficeの新しいバージョンの発売時期にも当たります。一方、office 365はサブスクリプション制度で、サブスクリプションを続ける間に、バージョンのアップデートが可能です。

office 365 solo


5分で料金を支払い、20分でダウンロードとインストールしたら、Mac BookにもOfficeが使えるようになりました。そしてIpad AirAndroidのスマートフォンにもoffice for Moblieバージョンをインストールしておきました。同じ文書の同時編集に対応しているため、大満足です。

ユーザーがパスワードを忘れたり、パスワードの有効期限が切れたりしたときは、パスワードの再設定を行います。再設定時に発行された一時パスワードをユーザーに伝え、パスワードの再設定を促します。
ユーザーとグJレーブの管理画面を表示する
20161125161618
ユーザーがパスワードを変更するパスワードを再設定すると、一時パスワードが発行されるので、管理者はユーザーにアカウントと一時パスワードを伝えます。ユーザーが一時パスワードを使用してログインすると、パスワードの設定変更画面が表示され、独自に新しいパスワードを設定できます。パスワードは定期的に変更することを推奨しています。以下の方法でパスワードを変更できます。
20161125161747
パスワードを再設定する
20161125161849
パスワードを再設定したいユーザーにチェックを付ける「パスワードの再設定」をクリックする複数ユーザーの
パスワード再設定複数のユーザーにチェックを付けて「パスワードの再設定」をクリックすると、一度にパスワードを再設定することができます。
20161125162019
一時パスワードをメールで送信自分を含む5人までの受信者に一時パスワードを送信できます。複数のメールアドレスを入力する場合は、「;」(セミコロン)でメールアドレスを区切ります。メールアドレスが入っていることと、「電子メールを送信する」にチェックが付いていることを確認する「パスワードの再設定」をクリックする
 
20161125162218
「完了」をクリックする


 


 


通常はユーザーの新規登録時にライセンスを割り当てますが、ここで 。は、登録済みのユーザーに後からライセンスの割り当てを設定する方法について紹介します。ユーザーの設定変更を開始する
20161124204731
20161124204830
ライセンスを割り当てる
20161124205004
複数のユーザーにライセンスを割り当てるには
管理者は複数のユーザーに対して、ライセンスを割り当てることができます。 Office 365の管理センター画面の下にある「ユーザーとグループ」をクリックした後、以下の操作を行います。
20161124205137

 ライセンスの追加方法として、「現在のライセンス割り当てを保持する」「既存のライセンスの割り当てと置き換える」「既存のライセンスの割り当てに追力lする」のいずれかを選択します。






↑このページのトップヘ