先般、WoT開発陣と著名なプレーヤー・ユーチューバー・配信者らによる会談があり、今後のWoT開発の方向性について話し合いがもたれた。
日本で著名な参加者は、NaViの元キャプテンであったLeBwaなど

-目次-


■ マッチング優遇車両
Q: マッチング優遇車両の将来について教えてほしい
A: (車両性能を維持したまま現メタでは活躍しづらいという問題点を解決するための)いくつかの手段を検討したが、うまくいかなかった。先日のWG Festで告知した通り、KV-5を皮切りに、これら車両の性能調整を行うことになる。
 車両の性能調整にあたっては現在の所有者をがっかりさせることなく、新規購入者を満足させるだけの性能も持ち合わせるよう調整する必要がある。ことKV-5については多くの考慮すべき事項があり、象徴的な副砲塔(R2-D2)のほか、不十分な貫通力等も挙げられる。
 Sandboxにおいて多くの選択肢を試したのちに、現在の所有者に新KV-5を提案することになる。この進め方でユーザの合意が得られると信じている。また、現在の所有者へは、Goldによる返金、調整後の新車両の所有、調整前の車両そのままを維持の3つの選択肢が与えられる予定である。

Q: 車両の「再構成」という話もあった。R2-D2とBL-9砲ではないKV-5もありうるということか?
A: 決定はなされていない。副砲塔の装甲を増厚することは選択肢の一つだし、ほかの選択肢としては主砲の貫通力を引き上げる代わりに砲塔側面装甲を引き下げるものもある。残念ながら主砲の変更についてはあまり多くの選択肢はない。低い貫通力については全般的な金弾を取り巻く仕組みの変更とともに修正されることになるだろう。
 なお、KV-5が最優先課題である理由は、経験の浅いユーザがこの車両で苦しんでいるため。その次はおそらくIS-6になるだろう。


Q: いつ頃実装か?今年中?
A: そうだ。これ以上この問題を放置することはできない。
 また、他に問題がある車両としてはM6A2E1が挙げられる。神がかり的であった従来のMMからすれば、現在はやや劣っている。とはいえ現在のMMを維持するとすれば非常に強力であることは確かで、これは見過ごせない問題である。

Q: 将来的にマッチング優遇車両はすべて再調整ということだが、どのようなペースで調整をしていくことになるのか。例えば、パッチあたり1、2輌とか、目安として教えてほしい
A: Tier8におけるMMを壊さないよう、徐々に進めていく予定。

Q: 今現在の所有者はどうするべき?ガレージに置いておいた方がよい?
A: もちろん。売却取り消しシステムも万能ではないし、衝動に任せて売り飛ばすのはおすすめしない。

Q: 再調整となった車両は、下取りできるようにすればよいのでは?
A: そのようにする予定。下取りに出す車両に応じて、いくつかの優れた選択肢があるようにするつもりだ。Defenderは無理だけどね。

Q: どれだけの車両を再調整しようと考えているのか?
A: マッチング優遇がある車両は全部。それぞれ個性的であり、ひとつひとつ時間をかけて行う必要がある。最も物議をかもしている車両から順に取り掛かっていく。

Q: 再調整はTier8だけ?それともほかのTierも?
A: マッチング優遇車両は、Tierを問わず、全部。最初の車両で手法を確立して、ユーザ層の反応も見つつ進めていこうと考えている。

Q: 調整後の車両は通常マッチングになるということか?
A: マッチング優遇は廃止したいと考えている。Tier10軽戦車を登場させたのも、特殊マッチングを廃止するため。

Q: でも例えばMatildaなんかはマッチング優遇車両なのに高Tier相手だと弱いよ。
A: Tier3~5については、また別に計画している。


■経験値計算
Q: ランク戦が開催中だが、0ダメ・0観測・0跳弾のユーザが、他のユーザより経験値が高いといった事象が発生している。経験値計算がどのようになされているか気になるところ。
A: 多くの要素が関係しており、一概には言えない。戦闘に関与していれば経験値が入るような仕組みになっている。割と複雑なアルゴリズムになっている。

Q: 取得経験値を戦闘中にリアルタイムで表示するのはどうだろうか。
A: リアルタイムで計算されていないので、できない。戦闘後の他のユーザに関係するパラメータもある。

Q: 最終的に取得経験値がある特定の値に定まった計算経緯は表示してほしい。現在のところ、答えは闇の中だ。
A: 戦果画面の拡張は、困難な課題ではあるが、検討する。経験値計算アルゴリズムの見直しについては、検討の俎上にあげないこととしたい。今後、異常値が出てくるようであれば、修正をする。直近での計画は固まっていないが、ランダム戦における経験値計算には目を配っていくこととしたい。

■MM
Q: 10戦してTierトップは2回しかない。どうしろというのか。
A: 待機時間を考慮すると、多少は致し方ない。1/3ずつ均等にマッチングさせようとしたら、RUサーバですら4,5分の待機時間はザラだろうし、他のサーバについては言うまでもない。多くのユーザは感心しないだろう。一方で、9.18により細かなチューニングが可能になったのは事実であるため、注意深く運用していく。

Q: Tier10車両の置き換えに関して異論が多い。置き換え前の車両を目指してツリーを進めていたユーザからは怒りの声が届いている。
A: 9.22でやるべきことは概ねやりきった(ので今後はあまり発生しないだろう)。

Q: どうして車両を置き換えてまでツリーを作り変えているのか。
A: ルートを一貫性のあるものとするためだ。例えばFV215b(183)についていえば、後部砲塔戦車を突撃戦車ルートから分離するためである。9.22でやりたいことの85%くらいはやり切ったので、いったん落ち着いて状況を見守るつもり。

Q: IS-4とST-1の入れ替え(IS-4をTier9に、ST-1をTier10にする計画が昨年リークされている)については?
A: あと6ヶ月程度で発表する。
Q: 将来的な可能性として検討中という程度の理解で正しいか?
A: 正しい。

Q: 今のMMは強車両とその他の微妙な車両の二極化が激しい。一方でバランス調整は気の長い話だ。ずっとこれを続けるのか?
A: Obj.268v4の成績が非常に優れていることは認識している。注視が必要。
Q: Obj.268v4は強すぎる。側面が弱いとはいえ、Foch BやT110E3より優れているとは…。
Q: 10人中10人がランク戦で乗るとしたらこれに乗ると答えるだろう。
A: 次のシーズンでは変わっているはずだ。

Q: 車両性能、インフレ起こしすぎじゃない?
A: 新車両を登場させ続ける限り、似たようなことは起こるだろう。
Q: つまりこれが普通だと?
A: 逆に、常に継続的にバランスがとれているゲームをひとつでも挙げてほしい。

Q: 最近登場した車両の装甲が少しばかり厚すぎるという話に尽きる。
A: 新しいオモチャはよく見えるものだ。特に、現在は優秀なユーザばかりが乗っている状態であり、しばらく待って一般ユーザのデータも収集する必要がある。

Q: それはつまりSupertestでのテスト不足ということなのでは?
A: 新しい車両を試すため、勝率48%程度のユーザの動きをするbotは開発中である。


■金弾
Q: 金弾についてはどのような計画があるか。
A: 1.0以降、金弾をGoldで購入できなくする予定。課金により購入されるコンテンツについて法律上の制約がある国が多いため。Goldによる販売の取りやめに続いて、バランス調整も予定している。

Q: どのような調整か。
A: ひとつの選択肢は、金弾を完全になくすこと。もうひとつは、新しい弾種を導入すること。Silverで購入した際、現在の金弾は高価すぎることは認識しているため、Goldによる販売を停止したのちに再調整する。最初に行うことはSilverでの価格調整だろう。
 最終的には、砲弾を取り巻く価格設定を完全に見直すことも一つの考えだ。ある砲弾が他の物の25倍以上の価格である現状を見直すことも必要。

Q: 装備取り外しの際のGoldは要求されなくなるか。
A: それは維持される予定。

Q: 車両の収益性は、砲弾価格にも影響されている。この点はどう考えているか。
A: 収益性については一定の閾値を設ける必要があると考えている。

Q: 見直しはいつ頃の予定か。
A: 今年中には実装したい。一方で、影響は慎重に見極める必要があるとも認識している。
 最終的には、GoldからSilverへの変換レート変更や、定期セールの内容、車両価格にまで踏み込む必要があるかもしれない。

Q: 車両のバランス調整は通常弾を基本に行われるなかで、金段の性能が飛び抜けているために環境を破壊しているのが問題。
A: 各弾種がそれぞれ有意義に使い分けられるような仕組みとしたいと考えている。


■搭乗員スキル
Q: 搭乗員とそのスキルについて、新システムはいつ頃になるのか?どのようなものになるのか?
A: 搭乗員スキルについては大幅な変更を予定している。特定のスキル構成がテンプレ化している現状は望ましくない。
 搭乗員と兵舎の仕組みも、わかりづらいので見直したい。
 基本的な考え方としては、パーク/スキルの数を増やすことで選択肢に幅を持たせたいということ。問題は、現在の仕組みが長期間続きすぎており、多くのユーザには、既に莫大な時間を注いできた搭乗員が手元にいるということだ。新システムにおける変化は非常に大きなものになるため、既存ユーザが騙された、奪われたと感じないような解決策が必要。2018年中にはテストに投入したい。

Q: 搭乗員の国籍変更は可能となるか?
A: 検討はされていたが、上述の新システムを優先したため、現在のところ予定はない。

Q: イタリア国籍の女性搭乗員はいずれ入手可能となるか?それとも年始のイベント報酬で入手したほうが良いか?
A: そもそも今は入手できないはずだ。いずれイタリア国籍の女性搭乗員が入手可能となる機会も設けられる。

Q: 「第六感」を標準搭載とする計画はあるか。
A: 新システムの実装とともに、そのように変更する可能性もある。


■Mod
Q: 戦闘中にユーザ名を隠すことは可能になるか?
A: 現在のところ検討してはいないが、将来的にもないは言えない。

Q: ゲームにおいて使用できるModを制限することは考えているか?
A: その方向で進んでいる。

Q: 進捗は?2年前もそのような話をしていたが…。
A: 現在のところ、Modが改変できる領域を減らしていっているところ。複数のMod製作者と協力して取り組んでいる。最終的な実装時期は明言できる状況にない。

Q: CWでは、敵チームの編成が見えない「戦場の霧(Fog of War)」システムが採用されている。ランダム戦でも実装すればどうか。
A: サーバ負荷が高いため、難しい。ランク戦について適用することは検討中。

Q: CW以外への「戦場の霧」の導入は、ユーザの動きをより不適切にしてしまいはしないか。
A: 可能性はある。詳細は隠し、車種のみ表示するといったことも考えられる。


■悪意あるユーザ
Q: 味方と戦う羽目になっていても、処分対象になるから撃ち返せない。
A: 悪意あるユーザの問題については認識しており、チーム内ダメージ無効化の実験も行ったところだ。とはいえ、スタンは仕組み上無効化できないが…。
Q: それだけではケツブロ・押し出しされるだけなので、根本的な解決になっていない。
A: 認識している。リプレイを活用した手動判定など、考えられる方法はある。

Q: 味方に感謝するコマンドがあってもよい。
A: 通報システムを拡張して「サンキュー」ボタンを作ることも計画はしている。ユーザの言動が改善されれば、チーム間チャットの解禁もありうる。

Q: 模範的なユーザを表彰する制度があってもよい。
A: ユーザ層の言動が改善された暁には、考えてもよい。

Q: 禁止Modへの対処については?
A: 使用できなくするよう、対処を進めている。

Q: 許可されたModを示す電子証明書のような仕組みを実装しては?
A: 問題のない、歓迎すべきModについては良いかもしれない。
Q: 例えばどのようなModならよいのか?
A: 戦果画面の拡張、ズームアウトMod、照準の変更、ミニマップの改善…いろいろある。人気のModについては承知しているし、継続的に使用できるよう対応したい。

Q: いろいろ変更が予定されていることはわかったが、どうしてWoT 1.0にあわせて導入しないのか。
A: 技術的には複雑な問題。1.0ではグラフィックス、ゲームエンジン、音楽の変更を目指して実装を進めてきた。ここに新要素を投入することは安定動作を妨げるかもしれない。
1.0を実装して、一段落してから次に進みたい。グラフィックスの大幅変更は、WoTを基にした新しいゲームを作るのに匹敵する変化だ。各種最適化と問題の修正後に、新要素を検討する。

Q: つまり、もういろいろ取り掛かっていると。
A: どちらかというと、終わりに近づいている。ゲームの安定化には時間がかかるということ。ただ一つ言えるのは、パーソナルミッションの第2ステージが10月には解禁予定であり、すでに2ヶ月前に作業に取り掛かっているということ。他にも多くのこまごまとしたことをやりたいと考えている。


■車両の性能調整
Q: 車両性能のインフレがひどい。新車両の性能が既存車両を大きく上回っている。何か変えたいなら、既存ツリーの見直しと並行して行うべきだ。
A: 難しい問題。今回の一連のツリーの組み換えは、各ルートにおいて一貫性を持たせるためだった。現行ツリーに対して考えられる改善はいくつかあるが、結論を急ぐことなくよく考えて対処したい。

Q: 特定の車両が強くなるあまり、片方のチームが圧勝するケースが稀でなくなった。
A: 平均戦闘時間だけを取り上げれば、過去一年半でむしろ戦闘時間は伸びる傾向にある。数字では4年前6.5分だった平均戦闘時間が、現在は7分40秒もある。

Q: メタが変わった。
A: それはもちろん。スウェーデンツリーの実装時には、新しいメカニズムの導入について非常に注意深く検証した。イタリアツリーがこれに続くことになる。

Q: ランク戦は強車両で埋め尽くされている。
A: 認識している。一方で、大きく物事を変えることは困難を伴う。
 過去を振り返れば、Mausで封鎖されたHimmelsdorfや、Erlenbergの橋封鎖などの出来事もあった。新車両が登場すれば、メタも変わる。
 ランク戦のメタも変化している。いくつかの車両はめったに見られなくなった。逆にObj.907は確固たる地位を築いている。直近ではIS-7が増え、新しい車両からはObj.268v4が頻出だ。


■自走砲やマップ
Q: 自走砲の与ダメージ削減はいい変更だったが、精度向上と爆風範囲の引き上げ、スタン効果の付与は余計だった。せめて複数の自走砲から集中砲火を浴びているときはスタン効果を軽減してほしい。
A: スタン効果が自走砲を有効たらしめている。現時点では問題は沈静化しており、中~低Tier帯以外では大きな問題はないと考えている。これらのTierについてもいずれ解決するだろう。
 一方で、スタン効果については装備品や搭乗員スキルで軽減することもできるかもしれない。次のSandboxで試してみたい。

Q: WoT 1.0ではモミの木が植生として新登場した。サイズによっては、車両を完全に隠すことも可能だ。隠蔽効果も高そうだ。実装意図は。
A: 現段階では推論の積み重ねにしかならないため、Sandboxでの状況を見守りたい。

Q: 対称なマップにすればよいのではないか。
A: 実験済みだが、期待した効果は得られなかった。ユーザの挙動は対称なマップであったとしても安定しないという結論である。

Q: 「鉱山」や「エンスク」のような狭いマップにTier10戦場でマッチングするのはなぜか。
A: 今後もマッチングを変更する予定はないが、エンスクとカレリアについては1.2km四方への拡大を検討中。
 WoT 1.0においてはマップ変更のツールも多く導入されることから、より迅速で優れた変更が可能になるものと期待している。


■eスポーツ
Q: WoTにおけるeスポーツは、いったん幕を閉じた。選手はなにを期待していればよいのか?
A: 現行の仕組は古臭く、これを置き換える新鮮な空気を取り入れたかった。WGLを置き換える新しい枠組は準備中であるが、現在のところは何も公表できない。賞金や、定期的なオフラインイベントと、決勝となるGFについては継続する。

Q: 新情報はいつ頃公開されるか。
A: 早ければ、今夏。今年の終わりまでには、新フォーマットを試し、最初の数戦を始めることを目指している。より一般視聴者に近い目線のものを目指し、何かを学んで実際に活用できるものとしたい。一人称視点などの新機軸も導入したい。

Q: 今のところ、WGLの代わりにCWの配信がコンテンツとして盛り上がっている。
A: 支援の準備はある。

Q: チームトレーニングで、新しいことを試したり、大会を主催したりする環境が整っていない。
A: グローバルマップにおけるトーナメント制においては、似た仕組みは既に存在するが、一般に使用可能になっていない。とれる方策を検討したい。


■その他雑多な情報

Q: 今年のお遊びモードは。
A: 計画中。会社としても、新要素を試せるため有意義な場である。6-7月と、新年合わせと、その間にと考えている。

Q: HDクライアントにおいて、スケーリングは機能するか?
A: 対応中

Q: Bondsで車両を購入可能にする計画は?
A: 現在のプレミアム車両をそのまま購入可能にすることは検討していないが、Bonds用の車両を実装することは検討中。

Q: 待機時間なんとかして。
A: ミニゲームを追加してもよい。とはいえ、他ユーザのロード待ち時間はそれによってさらに伸びるだろうが。

Q: 特定の時間数や、戦闘数といった単位でプレ垢を販売したりしない?
A: リザーブがあるので、予定はない。

Q: 年末年始のガチャの総括を
A: 受けは良かったが、特別なタイミングでしか今後もやらない予定

Q: 貫通判定の乱数をWoTBみたく+/-15%にしない?
A: しない。

Q: スナイパー視点で照準が跳ねるんだけどなんとかして
A: 厳しい

Q: PvEの計画はある?
A: ある

Q: Enskでbotのテストしてたけど、うまくいった?
A: 結果には満足している。

Q: 他のユーザのリプレイを見れるようにしてほしい。
A: eスポーツで必要になることは認識している。コンソール版にはすでに実装されているので、機能は借りてこれる。

Q: キルカメラも欲しい
A: 上の回答と実は同じ技術になる。とはいえ、クライアントとサーバ間の通信に手を加えることになるので、注意が必要

Q: 五式重戦車の脳死榴弾なんとかして
A: 今のところなにも計画はない。実験と議論をしているところ。

Q: 横転のときに修理きっと使えるようにして。味方待つのはアホらしい。
A: あまり好きな考えではないが、横転時の問題点については検討する

Q: Bonds専用装備の値段高すぎない?
A: 全体的な調整が進行中

Q: Tier10を持つだけ持ってなにやればいいかわかってない人多すぎじゃない?Tier8~10で勝率40~44%とかの人についてどう考えているのか
A: 遊び方は人それぞれ

Q: 勧誘制度を変更する予定は
A: 新しい制度を導入する予定

Q: ヒストリカルバトルの復活は
A: PvEだけでね

Q: ピコピコ野郎なんとかして
A: なんとかしないといけないのはわかってるが、WoT 1.0では無理

Q: 「自走砲のない日」イベントやろう!
A: そんなことしたらキミたち芋るでしょ

Q: プレ垢なしでTier8以上って利益出すの無理ゲーじゃない?
A: そういうゲーム設計だから

Q: Tier10での収支変更の予定は
A: 今のところない

Q: T-22sr.について一言
A: その話は終わった

Q: 改良型車体をモジュールとして購入できるようにする話はどうなったか
A: 車両のカスタマイズ(予備履帯の搭載など、3Dのカスタマイズ)の一部として取り込んだので、あわせて実装予定

Q: 特定のマップにマッチングしないようにできる仕組みについて
A: MMがぶっ壊れるから、いまのところあり得ない

Q: 改良装備品(Bondsで獲得できるもの)まわりでなにか変更の予定は
A: 今のところない

Q: 改良装備品、買うべき?
A: 買えるなら、もちろん。タイマンで勝負を分けることになるかもしれない。

Q: 車両の3Dカスタマイズは、性能に影響を与えるか
A: 車両のHD化の際、予備履帯が装甲として判定されていた車両については、衝突モデルを修正してただの飾りに変更した。3Dカスタマイズによる変更も同様の考え方とする予定

Q: パーソナルミッション(現行名称「キャンペーン」)2.0は、第1期のそれに影響を与えるか
A: 与えない。並行して実装される

Q: 上述の第1期の報酬車両についてbuffの予定は
A: CW報酬戦車と同時に見直し予定


default_image-e1519587377849[1]

Q: これ何が隠れてるの
A: すぐわかるよ

Q: 照準拡散や地形抵抗はクライアント内で見れるようにならないのか
A: 画面表示の見直し中なので、その実装時には。

Q: Tier10以外でのランク戦の予定は
A: ない

Source: TAP ; TAP ; TAP ; TAP ; TAP ; TAP ; TAP ; TAP ; TAP ; TAP; TAP ; TAP