(この記事は、モテる女性なんてアホくさいと思っている女性向けです。既に頑張っている方には関係ないかもしれません)

私の奥さんが、時々こんなことを言います。

「男の人って、ブスとデブの女に厳しいよね~」


えーと・・・
そんなこと言われても、私としては「うん」としか答えようがないのですが、これは残念ながら事実かと思います。ただ、これは生物学的・生理学的な現象なので、男性に「どうにかしろ!」「えこひいきするな!」とか言ったとしても、どうしようもないんですけどね。

私たち男性は、意識的に好きな女性と好きじゃない女性を選んでいるわけではなくて、脳が勝手に判断して、女性の外見だけでアリかナシかのフィルターを掛けてしまっているんです。
ごめんなさい。悪いのは(?)、男の脳なんです。

ただ、一部(大部分?)の女性はそのことをちゃんと分かっているので、自分の外見的なスペックを客観的に把握し、それが足りないと思えば、メイクするなりダイエットするなりして、自分のバリューを上げるべく頑張っています。
男からの評価を意識しているとか、男のために努力している、とは恐らく言わないと思いますが。

こうした結果として、モテる女性とモテない女性の差が出てきます。
そして、ここでは女性について書いていますが、逆も同じ。
男の場合でも、モテる男性とモテない男性がありますが、これも努力によるものです。
先日、こんな情報を入手しました。
→ メンズ専用 眉サロン プラスエイト
日本初上陸!糸脱毛 美眉スタイリング apish
apishの方は、本来女性が行くような場所ですが、実際は男性も受け入れているわけで、実際、ここまでやる男性もいるということに、最近この情報を仕入れてびっくりした次第です。
モテる男は日焼けサロンだけではなく、眉毛のサロンにだって行くってことですね。

男性ですらこういうことをやっている人がいるわけですから、女性のモテ努力というのは、恐らくハンパないことは想像に難くありません。
恐れ入ります。


ただ、モテるからといって、その女性が相手の男性に「大事にされる」かというとまた別の問題なんですよね。
「モテる」ということはあくまでも外見の話。「大事にされる」というのは内面の話だからです。


1.モテたとしても、大事にされる保証はないし、結婚できるということでもない

「モテる」「大事にされる」「結婚できる」ということは、全て違う次元の話です。
なので、モテる女性が、イコール、男性に大事にされる女性というわけでもありませんし、ましてや結婚できる女性だというわけでもありません。

たとえば、女性のファッション雑誌などで「モテ◯◯」「愛され◯◯」というフレーズがあります。
こういう場合、「モテメイク」というものはあり得ます。
メイクを変えたら、男性からモテるようになる、ということは十分あり得るので。
でも、「愛されメイク」という言葉については微妙なところです(そういう言葉があればですが)。
メイクを変えて、男性から「愛される」可能性が高まるかどうかは微妙だからです。

メイクは、外見を魅力的に見せるための技術です。
もっと言ってしまえば、自分の魅力を【かさ増し】する技術、【盛る】技術です。
相手の第一印象を良くし、男性を自分に惹き付けるために威力を発揮しますが、基本的にはプリクラなどを加工するのと同じです。

だから、それで「モテる」ようになったとしても、すっぴんになった時でも「愛してくれるか」、あるいは「大事にしてくれるか」は分からないわけです。

正直に言うと、女性慣れしていなくて、女性がすっぴんになった時のイメージができない男性相手であれば、メイクは有効に作用します。ただ、そういう男性は女性のメイクという幻想を理解していないので、付き合ってからすっぴんを見た瞬間に絶望する可能性も高いですが。そして、そういう目に遭った男性は「メイク=詐欺」みたいな反応をしがちです。
逆に、女性のすっぴんを見慣れている、またはイメージできる男性からしてみると、メイクを頑張っている女性のことは分かりますし、その女性と付き合うとなれば、そのことを理解した上で付き合うと思うので、すっぴんも好きでいてくれている場合が多いではないかと思います。恐らく。

つまり、メイクは一つの「モテる」ためのテクニックであって、このようにメイクをして「モテる」としても、そのメイクで「愛される」とか「大事にされる」というわけではないということです。

では、「モテる」と「愛される」「大事にされる」の差は何か、です。


2.「モテる」は上っ面で惹き付けていること、「愛される」は心を大事にされていること

「モテる」というのは上っ面を評価され、チヤホヤされることです。男性の場合でも女性の場合でも、あくまでも男女関係の取っ掛かりの部分の話でしかないと思います。
なので、「モテる」技術というのは、多くの異性を引き寄せるための技術です。
より正確に言えば、引き寄せるためだけの技術です。
動物がフェロモンを振りまいてオス(メス)をたくさん引き寄せるのと一緒です。たくさんオスを引き寄せられれば、より多く交尾でき、より高い確率で子どもを産めるからです。

人間の場合、動物ほど単純ではありません。他の動物ではあり得ないほど、人間の子育てには時間がかかるからです。
馬だとかキリンだとかについて言えば、子どもは産まれて間もなくしたら歩き始めますが、こういう場合、オスの親は「子育てに参加」する必要がありません。あとは、子どもが勝手に成長するので。
人間の場合、特に現代人は社会の中で生きているので、食べ物を取ってくるにも、住む場所を確保するにも、労働したり経済活動をしたりしなければなりません。馬のように裸で生活するというわけにもいきません。
つまり、男親が長い間、子どもや母親を庇護する必要があるわけです。

こうなってくると、女性としても、モテて多くの男性を惹き付けるだけではどうにもなりません。
モテるだけの男性とセッ◯スして子どもを産んだのに、その男に逃げられてしまったら、自分で働いて子育てもしなければならなくなります。
だから、男性を選ぶ時は、自分(女性)を「大事にしてくれる」ことが大事になってくるわけなのですが、一方で逆の立場の男性からしても、同じことが言えます。
男性は、結婚してしまったら、その女性だけを愛さなければいけないという社会的な束縛に遭ってしまうので、変な女(一緒に暮らすに値しない女)とだけは結婚したくないと思っています。(時々、変な女に捕まって結婚し、結婚生活を通して生命力を吸い取られる男もいますが、それはその男性に女を見る目が無かったということです)

なので、「大事されること」というのが「愛されること」だとするならば、「モテること」と「愛されること」の間には大きなギャップがあります。

 「モテる」>>>「      」>>>「愛される」

こんな状態です。

この真ん中の空欄に入るのは、
 「自分の内面を深く理解してもらうこと」
といったようなことでしょうか。
つまり、表面的にモテても、その相手が好ましいと思ってくれる人間性を自分自身が持っていて、それを上手く伝えることができなければ、相手から愛してもらえない、大事にしてもらえないということです。
なんとも当たり前のようなことを言っていますが、

 外見的な好ましさ(モテ)+内面的な好ましさ(人間性)

が、相手に愛されたり、大事にされるための必要最低条件です。


3.「モテる」努力は大切なのか

このように書くと、外見的にそれほど綺麗じゃなくても彼氏がいる人はいる、とか、モテる努力よりも内面の方が大事なんじゃないですか、とか、そういうことを言う人もいるのですが(モテない男性はよくこういうことを言います)、

実際、私もその考え方自体には賛成です。

モテるタイプでないとしても、彼氏(彼女)を作れる可能性はありますし、
引き寄せるためだけの技術であるモテ力を磨くことは、人間が生きていく上では本質的なことではありません。


が。

それでも、モテるための努力は大切です。
つまり、外見のレベルを上げて、より多くの異性を惹き付けるために、意識的に努力するということは大切、ということです。
必要以上に盛って、男性を騙すような詐欺メイクまでして多くの男性を惹き付ける必要はありませんが、詐欺にならない程度で自分の魅力を最大化するのは、自分がすべき努力の範疇です。


というか、特に男性の場合、好みの女性を選ぶ時、外見という最初のハードルが高いので、それを超えない限り、女性の内面を見ようとか深く理解しよう、となりません
女性の場合でも、男性を選ぶ時に、男性の外見も選択基準になると思いますが、男性の女性に対する外見ハードルはそれ以上に高いです。

そういう意味で、男性のこの外見ハードルを超える程度には「モテる」力を付ける必要があるんじゃないかと思います。


4.女性の「モテる」努力があまり必要ない場合

とはいえ、確かに、そんな努力が必要ない状況も存在します。
例えば、以下のような状況です。

1)男性が仏様のような人で、女性の外見を全く気にしない場合

「女性の外見なんか全然気にしないよ」というタイプの男性も、存在します。そういう男性とであれば、別に女性が「モテる」努力をする必要はないと思います。
残念ながら、世の中の多くの男性は、その男性本人が「モテる」努力をしていなくても「モテる」タイプの女性を狙いたがることが多々あるので、なかなか見つからないかもしれませんが…。

2)男女が昔からの知り合いなどの関係で、「一緒にいるのが当たり前」「一緒にいるのが自然」という状態になっている場合

付き合いが長いと、外見なんかよりも内面の結びつきで一緒にいることが自然になってくるケースというのもあると思います。こういう場合は、女性も余計な努力をする必要がないかもしれません。
ただ、知らない男性と新しく会う、というシチュエーションでは当てはまらないですね。

3)男性自身が、「モテる」タイプの女性と付き合うこと自体を諦めている場合

1)のパターンに似ているものの、1)のタイプの男性がもともと外見を気にしないのに対し、このタイプは諦めているパターンです。ただ、選ばれている女性は消去法で選ばれていますので、ちょっと複雑な気持ちかもしれませんが。

4)男性自身が地元などのコミュニティから抜け出すという発想がなく、そこにいる女性の中からパートナーを選ぶことが当たり前になっている場合

そもそも住んでいる場所に女性の選択肢がない場合、あるいは、男性がわざわざ選択肢を探しに行こうと思わないような場合です。女性も必要以上に努力する必要ありませんが、だからといって、男性がそこにいる女性を選ばなければいけない理由もないので、結局、男女がいても付き合うことも結婚することもなく終わる可能性があります。
これ、田舎とかでは見られている状況で、男女ともに魅力的な相手がいないのに、男性も女性もその場から移動しないので、ずっと彼氏・彼女なし+未婚のまま、で、地域の未婚率が上昇していきます。

つまり、男性も女性も、魅力的な相手が見つからなければ、敢えて付き合ったり結婚したりしなくても良いかなと考えるんですね。特に現代は、男性も女性も結婚しなくても、一人で働いて生活していけますので、そうなるのも当然なのかもしれません。


以上のような状況であれば、女性側は「モテる」努力があまり必要ありません。
つまり、別に彼氏ができないならできないで良いし、結婚もできないならできないでも構わない、と思うのであれば、モテる努力をする必要なんかない、ということです。
ただ同時に、女性がモテる努力をしなければ、男性から選んでもらえる可能性は低いままなので、彼氏ができる可能性も結婚できる可能性も、上がることはありません。むしろ、外見は基本的に経年劣化しますので、その可能性は下がるのみです。

そう考えると、基本的に「モテる」ための努力をしないのであれば、付き合うことも結婚することも、基本的には諦めた方が良いです。
諦めておいて、運が良ければ相手が目の前に現れたら、おめでとうございます、という感じです。
私は、少なくとも外見は努力で改善でき、モテる力も自分で改善でき、その努力は自分の人生を変えられる努力だと思っています。


余談になりますが、以前一時期アメリカのLAに住んでいたんですが、日本(東京)に帰ってきた時に、日本の女性のレベルの高さにびっくりしました。
みんな、なんだかんだで細いんです。
アメリカ行ってみると分かりますが、低所得層は、バーガーキングとかマクドナルドみたいな、ほとんど炭水化物だけでできたものを食べて生きているので、太った人が多いです。そして、周りが太っているので、自分が多少太っていても全然気にしません。

日本って社会は、ちょっと美の競争が過剰なんだと思うんですよね。
「美しくなきゃいけない」「痩せなきゃいけない」「ちゃんとメイクしなきゃいけない」という強迫観念があって、「綺麗・可愛い人が勝ち組」みたいなプレッシャーがあって、誰もがそれに踊らされています。だから、極論、その流れに乗るか、その流れには乗らないか、です。

ただ、日本人は、男性も女性も洗脳されていますので、「美しいものが正義」「若い方が正義」と考えている人は多いと思いますし、実際、美の過当競争になっている東京のみならず、私の地元の地方都市でさえも、やっぱり綺麗な人・可愛い人の方がモテます。

だから、アメリカに住むのであれば、日本にいるほど痩せている必要もなく、服装を気にしなくても、彼氏を見つけたり結婚することも簡単だと思います。


5.「モテる」方が、単純に選択肢は増える

そんなわけで、「モテる」ための努力をするかしないかは個人の自由なので、私がどうこう言うことではありませんが、それでも、私としては、やはりその努力をした方が、より良い彼氏を見つけたり、結婚する可能性は上がると考えています。

それは、単純に選択肢が増えるからです。

モテるというのは、あくまでも上っ面の話ですが、でも、上っ面であっても、自分に興味を持ってくれる数が増えた方が、自分と合っている相手を見つけられる可能性は確実に上がります。

 「モテる」>>>「内面を深く理解してもらう」>>>「愛される」

と書きましたが、これは男性視点で考えると、

「可愛い・綺麗だな」>「付き合いたい」>「付き合う」>>「内面を理解するようになる」>>「愛する(大事にする)」

ということで、赤の太字で示している部分は、男性が外見的に好ましいと思うかどうか、なので、1人の男性だけに「付き合いたい」と思ってもらうより、10人の男性にそう思ってもらえた方が、より自分に合った相手を選べることになります。

結果的に、付き合うにしても結婚するにしても、よりマッチング精度の高い相手を見つけられることになります。

マッチング精度、とか、「1人より10人」みたいな確率論とかを、男女の付き合いに持ち込むことに拒否反応がある人もいるかもしれませんが…


それでも、異性と長期的にパートナーになる(付き合う・結婚する)には、お互いに内面の部分がマッチしていなければ難しいです。
内面がマッチする相手を探すために、、、より多くの人にモテる努力をする。もちろん、内面を磨くことも忘れずに。