アラサー女性の婚活を男目線で考える

アラサーの女友達が婚活をしていて、「彼氏ができない」と言っているのを聞いて、男として思うこと・考えることを書いていくブログです。

カテゴリ: 年齢

私はブログの中で、これまでに何回か、婚活する女性の年齢に関することを書いてきました。

マッチングアプリをしている人であれば、(年齢制限で切られやすくなってしまうので) 33歳ぐらいまでが良いと思っていますし、
また、男性も同様で、女性自身も薄々感じていることかと思いますが、30歳を超えると女性としての価値が下がる、と一般的に思われているようなので、できれば30までに結婚相手を見つけられる方が良いのかもしれません。
(個人的には、30歳を過ぎた女性の方が、人間としての深みが出てくると思うので、別に20代でなく32歳ぐらいでも全然良いと思いますが、まあ、それはあくまでも私の感覚です。男性としては、一般的には女性の年齢が若ければ若い方が価値を感じているように思います。女性の薄っぺらい部分しか見られない男の人というのも結構いると思いますので)


また、別の記事では、そういう実年齢よりも見た目年齢の方が大事だ、という話も書きました。
マッチングアプリではなくて、実際に会ってデートして付き合い始める、というパターンもあるわけですし、そういう場合は、33であろうが35であろうが、付き合い始める時点ではそこまで年齢って大きな意味を持たない気がします。(特に相手が40代など、それなりの年上男性の場合)

男性にとって大事なのって、恐らくですが、

女として好きになれるか (もっと突っ込んだ表現を使うと、抱けるか)

が先に来て、その後に、年齢の話になるのかなと思います。

まあ、もちろん、「女として好き」というのは外見だけではなく内面性や知性みたいなものもあるでしょうし、「年齢」と言ってもそれはそれでその男性によって限度はあるので、全体のバランスですが。


そう考えると、33歳とかまでに急いで婚活をしなければいけないというわけでもないですし、
もし婚活をスタートしたのが32~33歳ぐらいなのであれば、むしろ腰を落ち着けてじっくり取り組んだ方が良いです。
もちろん、付き合うなら結婚を念頭に入れて、1年で結婚するぐらいのスピード感はあった方が良いと思いますよ。結婚する気のない男性にだらだら付き合ってあげる必要もないわけですし。
でも、結婚を意識し始めた時に「すぐに相手を見つけなきゃいけない」みたいな変なプレッシャーを自分にかけてしまうと、本来結婚を通して実現したいものが見えなくなってしまうと思うんです。だから、そういうプレッシャーを自分にかけない方が良い。

結婚で実現したいもの、それは、一生のパートナーと幸せに生きていくことではないでしょうか。
これ、ある意味、家を買うことよりも大事な決定です。
(まあ、だめだったら離婚という手段も取れるには取れますが、普通の人はそれは嫌だと思うので)

その意味で、年齢的なプレッシャーに負けて満足のできない結婚をするよりも、多少年齢が上がってしまっても、ちゃんと自分が納得できる婚活をする方が正解かと思います。


ただし、再三書いていますが、やはりそこには努力が必要です。

自分を磨く努力、自分を高める努力、日々の中で頑張ること、美に関しても健康に関しても人間性に関しても仕事に関しても。
そして、自分に合っている相手を見定める目を養うこと。

こういうのを全て努力と言ってしまっているのですが (若干暑苦しいw)、故事にもありますように

「敵を知り己を知らば 百戦危うからず」

というやつです。
自分自身を知って、高める、というのが、自分が幸せになるための第一ステップかなと思います。


こういう努力をしないでだらだらと婚活をしていると、やはり上手くいかないかもしれません。

昨日の記事では、主に外見について書いたのですが、

じゃあ、外見年齢だったら、どちらの方が大事かって話です。


年齢と婚活についての記事は、先月とか結構書いたのですが、以下ご参考までに (宣伝w)

33歳の女性が狙える男の年齢ゾーン

32歳 - 33歳 - 34歳の間には高いハードルが聳え立っている


でもまあ、私、ひどいこと書いてますね・・・(笑)

33歳過ぎちゃったら、もう人生終わり、ぐらいのこと書いてますからね・・・。
(…そこまではひどくないか?)

ただ、本ブログの趣旨としては、誰もが言いたくないようなことでもズバズバ言う、ということなので。
でも、そこには一応ちゃんと「愛」を持ってやっておりますので、喧嘩売ってこないでいただけると大変助かります m(__)m



で、アラサー女性の婚活の年齢についてですが、
これって、絶対的なものではないんです。当り前ですが。



極端な例を出しますけど、
たとえば、34歳の石原さとみ30歳の安藤なつ (メイプル超合金) だったら、
(まだ石原さとみは34歳にはなっていないものの) 恐らく34歳の石原さとみが選ばれるんです。

あまりに極端な比較なのは、重々承知していますが。


つまり言いたいのは、外見は年齢を凌駕する、ってことです。



年齢も、勿論重要な要素なんですよ。

でも、男が女性を初めて見る時・会う時、その人を判断できる材料は外見しかありません

なので、実年齢が30歳であっても、35歳みたいな恰好や体型している人はモテませんし、
実年齢が40歳であっても、30歳に見られてもおかしくないような外見の人は、モテます。

これ、女性が男性を見る時でも一緒じゃないでしょうか。

40歳男性でも、身だしなみを整えていて、かつ仕事がデキる人は、20代女子にすらモテると思いますし、20歳そこそこでも服装がよれよれで清潔感のない男性は、誰にもモテない(笑)
(ここでの「モテる」は、「多くの異性に『いいな』と思われる」という意味)


アラサーの女性でも、同じ理屈が通用します。


で、私はなにも女性に「無理に若作りをしなさい」と言っているわけではありません。
むしろメイクにしても服装にしても、「若作り」はイタい以外の何物でもない。

でも、体型を綺麗にするとか、肌を綺麗にするとかは、努力です。
そして、美貌だけでなく、健康にも良い


だから、年齢がいくつであっても、自分を良く見せるための努力はしましょうね。
ということを言っております。

なんか当たり前のこと、書いてますね。



そして、ここで一つ思うのは、
「年齢が◯◯歳だから」ということを自分への言い訳にしないで欲しいということです。

もちろん、アラサーになり、33歳も超えてくると、婚活はどんどんハードルが高くなっていくとは思うんですが、、、

外見 (特に体型) を気にしている人は、何歳になってもチャンスが残ってると思うんですよ。

40歳になった女友達がいるんですが、
彼女は、その年齢とは思えないほど綺麗で、40歳過ぎてから付き合い始めました。
(同棲はしているものの、結婚するかどうかはまだ分かりませんが)


女性にとって「綺麗」というのは恋愛における最大の武器です。
また、その「綺麗」は顔面偏差値に限定されるものではない、ということです。




それと、それを踏まえた上で、実際の出会いの場において二つ大事なこと。


一つ目は、年齢が上がるほど、

年齢で足切りされやすい出会いのチャンネルでの成功確率

が低くなるということです。



私なんかは、マッチングアプリをめちゃくちゃ推してますが (絶対的に効率が良いので)
こういうアプリって、男性側も出会いたい女性の年齢をフィルタリングしてますので (「26歳~33歳」とか)
必然的に、そこで足切りされやすくなります。


外見が年齢を(良い意味で)凌駕してしまっている女性って、これで、だいぶ損してるんです。


なので、そういう場合は、直接会える場所に出向いて行った方が出会いの可能性は上がるかもしれないですね。
お見合いパーティみたいなやつです。

男性も、年齢よりも外見優先で、声を掛けてくれる可能性が出てきます。


つまり、33歳くらいまではマッチングアプリ一択で全然戦えるんですが、
33を超えてきたら、マッチングアプリを補強する形で実際の出会いの場にも顔を出すと良い、という感じでしょうか。
あくまでも、外見を磨いている人が、補強するという目的のために使う、というスタンスですが。



あとは、これは完全なる裏技ですが、
Facebook認証を必要としないマッチングアプリで、年齢詐称して出会ってしまうのもアリです。

Facebook認証って? という人もいるかもしれませんが、

マッチングアプリというのはたくさんありまして、Facebookと連動させることで自分の年齢・素性を担保させるものと、Facebookと連動させなくても良い (年齢なども自己申告制) ものがあるんです。

当然ですが、前者の方がアプリとしての安心度は高いです。

ただし、ぶっちゃけ、結果を出した人が勝ちですからね。
最悪、ナシではないと思います。


出会って、良い感触を得られた時点で、

「ごめん、アプリに登録する時、間違えちゃって、今◯◯歳なんだよね・・・」

と早い段階でカミングアウトして、男性的にそれでokなら、詐欺にはなりません(笑)
恐らく。

まあ、誤魔化すとしても1~2歳が限度でしょうし、諸々自己責任でお願いしますというところではありますが。




もう一つ大事なことは、

やはり、だいぶ年上の人もターゲットとして考えた方が良いってことでしょうか。


たとえば、34歳とか35歳とかって、

40代の男性からしたら、まだまだ全然若いんですよ。


でね、実際、あなたがその40代男性に会ってみたら、

「あれ、全然『おっさん』ぽくない・・・」

って感じるような人、それなりにいると思うんですよね。



そう考えると、37~39歳ぐらいのギリギリ30代ゾーンを狙う必要性って、たぶんそれほどないです。

付き合い始めた彼氏が、付き合い始めた時点では38歳であっても、
付き合って2か月したら39歳になり、
結婚するころには40歳になってるかもしれないじゃないですか?

40歳と42歳の男性の差、ってそこまではないです。

むしろ、年齢よりも、外見的なスペックだったり、内面だったりの方が大事なわけで。


そういうわけで、40代の男性を狙いにいくというのも、ナシではない。
そんな感じです。

私のブログなので、どの記事も全体的に私の独断と偏見に満ち溢れているのですが、


この記事は、特に私の独断と偏見によって書きます!(笑)
(何の宣言だ、って感じですが…)


その前に、「アラサーとは」何歳のことなのかを説明した記事を探してみましたので、ご参考までに。


この「アラサー婚活Web」というサイトによれば、アラサーは以下のように考えられているようです。
_________________

アラサーとは、「around 30(アラウンドサーティー)」の略です。

直訳すると「30周辺」という意味になり、つまり30歳前後の人という意味です。

「30歳前後」をどこまでの範囲を指すか明確な定義はありませんが、近年は四捨五入して30歳になる25歳~34歳を指すケースが増えてきています。

もしくは、よりターゲットを狭めて27歳~33歳の人をアラサーと呼ぶこともあります。

_________________


・・・なるほど。

まあ、「アラサー」って、"around 30" のことですから、普通に考えれば30前後ですよね。

で、しれっと書かれていますが、

よりターゲットを狭めて27歳~33歳の人をアラサーと呼ぶこともあります

実際は、こっちの方が実態は近いですね。



25歳は、まだアラサーじゃないし、

35歳も、もうアラサーと言うには苦しい感じ。




で。ここからが私の独断と偏見です。


この「アラサー」って、なんだか優しい雰囲気を持っているような気がしません?



・・・どんな感じかと?



言ってみれば・・・


まだ30前後だから、大丈夫だよ」



みたいなやつです。




アラサーに入っていく27~28歳女性からしてみると、

「あぁぁ・・・私ももうアラサーかぁ・・・」

ってなもんでしょうが、


30を超えると、

「私もアラサーだし、婚活頑張らないと!」



みたいな意識に変化してくるかと思います。
(むしろ、その意識すらない人は危ないっす!)




男性の場合は、まあこれでも良いんです。

言うても、33、34、35歳くらいまではまだまだモテますから。


まだアラサーで結構です。





女性の場合は、30過ぎたら、自分のことをアラサーとか思わない方が良いですね。



代わりに、もうオーバー30、って思った方が良かろうと。




これ、危機感の問題です。




アラサーっていうと、

ふわっと、28でも、29でも、32でも、33でも、なんでも一緒みたいな雰囲気になりますが、


30超えたら、既にアラウンド (およそ) じゃねーっす。



すっかり、オーバーです。




そんぐらいに思った方が、危機感持てるんじゃないでしょうか。




女性の婚活ってことについて言えば、


30超えたら、ガチの危機感がないと結果出ません。



結構、「私は大丈夫」「いずれ結婚できると思う」

とか、全く根拠のない自信を持ってる人、結構多いんですが、




付き合い始めて結婚するまでに1年間かけるとしたら、

 1) 正解の人に出会う →  2)1年間付き合う


の2つのステップそれぞれにそれなりの時間をかけることを想定したら、


ぶっちゃけ、全然時間なくないですか?



そんなわけで、「アラサー」という優しい言葉に騙されないようにしてください、という話でした。




ちなみに当ブログのタイトルにある「アラサー」というのは、
主に、オーバー30のことを意味しています。



これは、ブログタイトルのネーミング上、「オーバー30」だと収まりが良くないという理由によります。
悪しからずご了承くださいm(__)m

これ、私の奥さんからの報告です。

あ、私と奥さんは、婚活アプリのwithで知り合ったのですが、

彼女は、それ以外にもたくさんやっていたらしく、


それらをずっと放置していて、いい加減通知がめちゃくちゃ来るんで、


全部解約する!!


ってことで、それらのアプリを確認しておりました。



彼女、現在34歳なんですよね。




アプリを放置しておいても「いいね!」が届き続けるのですが、


久しぶりにアプリを開いてみてどんな状態だったか、見てみたんですね。




まあ、1年ぐらい開けてなかった冷蔵庫を久しぶりに開ける、みたいな感じですよ。



ドキドキしますよね?(笑)





34歳になっていた彼女のアカウントには、大量の「いいね!」が届いていたんですが・・・



50代とか、中には60代の男性からも届いていた



そうです(笑)


彼女、衝撃を受けてました(笑)



いや、2年前、我々が出会った頃は、


彼女のところに届く「いいね!」も、同年代~40代くらいまでがメインだったみたいなんです。



これが、この2年のうちに・・・


「いいね!」の年齢層が、飛躍的に上がっていた!!!



ということのようです(笑)




これ、ほんとに以前書いた記事通りだと思いますよ。




ぶっちゃけ、本気で婚活、本気で結婚するつもりなら、


今、ガチでいきましょう。


今だったら、ターゲットの選択を誤らなければ、引く手あまたです!!



ガンバッテクダサイm(__)m

こんばんは。ひろ丸です。

女性の婚活における年齢問題について、思うところを書いてみます。

というのも、男でもそうなのですが、
女性でも自分の年齢を過信している人が多いんじゃないかと感じることがあったからです。

過信しているというよりは、、、 危機感が足りない、でしょうか。
(こういうことを書くと、「危機感はある!でも、どうやって相手を見つけたらいいか分からないから、困っている!」と言われそうですが、それについてはまた後ほど書きます)

でも、根底にある問題として、

「私は、◯◯歳だから、まだ大丈夫…」

という意識が一番危ないのは確かです。


思うのですが、

アラサーの婚活は、男女ともに、エネルギーをかけて努力をしなければ目標達成できないと考えた方が良かろうと思います。
20代ぐらいまでの恋愛とは、質が違うのです。

婚活=結婚活動、ですからね。
就活とかと一緒のテンションです。


尚、この記事を書くにあたって、朝日新聞の記事を見つけましたので、ブログ内に転載しておきました。(いずれ削除されてしまうと思ったので)


が、
女性の年齢というタブーの領域に踏み込む前に。。。
私自身の経験を書いてみようかと思います。
さすがに、いきなり世の女性たちを敵に回すのは得策ではないと考えまして・・・


私自身は、39歳という年齢でようやくめでたく結婚できたわけですが、
彼女がいないという時期が長かったです。

本当にモテず、大学生だった19歳から30歳を過ぎるまで彼女がいませんでした。


一時期は、

「彼女いない歴をどこまで更新できるか!?」

みたいな自虐的なことも言っておりましたが(笑)、
私自身のスペック自体は、そこまで低くありませんでしたので (多分)
ある時期に、考え方を変えてからは、ほぼ彼女がいる状態にはなったのですが…


で、私はずっと「彼女を作る」とか「女の子と遊ぶ」みたいな発想はあったのですが、
結婚に関して言うと、

「付き合って、上手くいって、結婚できれば良いなぁ」

ぐらいに考えていました。


なので、

「とにかく結婚したい!」

とは考えていなかった
わけです。


ですが、前の記事でも書きましたが、
結婚というゴールを明確に意識している女性からすると、こういうスタンスってちょっと甘いのですよね。

ただ、男は女性よりも「まだ結婚できるでしょ」って思える期間が長いのです。
事実、36歳ぐらいになっても、マッチングアプリとかで探していて20代の女性とマッチングしたりデートできたりします。

そういうわけで、高をくくっていたわけですね。



「こりゃ、40前ぐらいまでは大丈夫そうだぞ?」



と。


男は、私も含めてですが、
「できることなら結婚は先延ばししたい」って思っている人が多いと思いますよ。


結婚=自分の時間(人生)が制限される=やりたいことができなくなる

と考えてしまうためです。
自分でやりたいことがある人もそうですが、
自分のやりたいことがまだ見つかっていない人や自分の生活に不完全燃焼を感じている人も、そう考えがちです。


俺、まだ、結婚するための準備ができてねえ!


と思ってしまうんですよね。 (そんなの、いつになったら「準備」できるんだよ?、って話なんですが…)

自分がやりたいことをやって、自分に余裕ができてから結婚したい

とか、ムシの良いことを考えて、ダラダラと婚活をするわけです。
(女性でもそういう人はいると思いますし、だから結婚を先延ばしにするのではないかと思いますが)


また、実際女性と付き合ったり、結婚したりというのは、
自分の人生が大きく制限されてしまうのは、その通りだと思います。
(これも、女性もそうだと思います)


そういうこともあって、私も36~37歳くらいまではダラダラと婚活らしきもの(ユルい婚活、とでも言いましょうか)をしていたわけです。


そして、35~36歳くらいまでは、まだ良かったのです。

ペアーズを使っていても、かなりマッチングするんです。
20代の女性ともマッチングしましたし、
実際に、奥さんの前の彼女は10歳年下の女性でした。

当時の年齢、26歳!!(笑)


男としては、余裕を感じちゃいますよね・・・。



実際、女性でこの記事を読んでいる方も考えていただきたいのですが、
20代半ば~後半 (26~29歳ぐらい) の時、35歳・36歳ぐらいの年上の男性は「アリ」じゃなかったですか? 雰囲気が良かったり、スペックが高かったりすれば。


さて、前置きが大変長くなりました。

その10歳年下の彼女と別れたわけですが、
その後に再びマッチングアプリで新たな出会いを探していた時のことです。

私は37歳になっていました。



で。



一気に自分の市場価値が下がっていることに気が付きました!!(笑)





恋愛市場にて、

36歳 → 37歳の1年で、私の価値は大暴落しておりました。



何でそう感じたか・・・?



マッチングしないのです。


マッチングアプリは、いいなと思った相手に「いいね!」と送って、
お互いに「いいね!」を送るとマッチングして、そこからやり取りできるようになる仕組みですが、

37歳の私には、「いいね!」が来ません!!
(かわりに、40オーバーの女性からは以前よりも「いいね!」が来るんですが、基本的に年上の女性に興味がないので…)




恐らくですが、


女性の感覚として、「36歳の男」「37歳の男」との間に、大きな差を感じているんでしょうね。


つまり、「37歳以上はターゲット外、36歳ならギリギリOK」・・・のような。


一昨日書いた記事で書いたように、「自分より一つ年上の男性までしかダメ」みたいな女性もいるみたいですし (それもそれで無謀だと思うのですが、恐らくそう考えている女性もかなり多いのでは)


「こりゃ、40前ぐらいまでは大丈夫そうだぞ」


なんて考えていた自分も、この時点ではっきりと気付きました。



あれ?ちょっとヤバい状況になってきたみたいだぞ?、と。


それで「婚活」をより本気で考え始めたわけです・・・



ここまでが私のケースです。
そして、私のようなケースは決して少なくないと思われます。m(__)m



全く同じことが女性に対しても言えます。



転載した記事では、「33歳が年齢の壁」とか書いてありますが・・・


これ、実際そうなんじゃないかと思うわけです。


男の頭の中で考える計算は、こんな感じです。


1) 35歳から高齢出産だから、最悪奥さんには35歳で子供を産んでもらえば良い

2) 付き合い始め → 結婚には、大体1年ぐらいは「猶予」が欲しい

3) 結婚 → 出産の期間も、お腹の中で育てる時期も含めて、大体1年くらいは必要だと思う。

4) 逆算すると、付き合うのであれば33歳ぐらいがギリギリかな。上のそれぞれの期間をそれぞれ短縮したとして、34歳ならまあギリギリでなんとかなるかな…。



なんとも、男の自己中心的な発想ですが…
でも、女性だって年齢に関しては男性のこと言えないと思いますので、そういうもんだと受け入れてください。


そう考えるので、男性がマッチングアプリで女性の年齢を設定する場合、


「◯歳~33歳 (34歳)」


とかにする男性が多いような気がします。


もっとはっきり言ってしまうと、(私も含めて)そういう男性は、


「34歳以上の女性は、(よほど外見的なスペックが高いとかでもなければ) 対象外」


と考えているってことです。


(これを読むと、イラッとされる方もいらっしゃると思いますが、
40歳の男性を「対象外」と考える33~34歳の女性もおりますし、そういう意味ではおあいこです。
それに、全員がそう考えているわけではないので、絶望する必要もないかと思います)



これは、あくまでも確率論なので、

「こんなのは信じない!」と思ってくださってもまったく問題はないのですが、

もし、「そうなのかぁ・・・!」と前向きに受け止めてくださるようであれば、

有用なアドバイスは、以下の通りです。(偉そうですみません)


[1] 年齢が 33 歳までの方は、34 歳になるまでに(年齢が 33 歳のうちに)全力で結婚相手を探す。

この 1 年がラストチャンス、という気合いが大事です。

後はありません。

まあ、「後」が無くはないですが、

ここからの戦いの難易度は急加速度的に上がっていきます

この 1 年で片を付ける!!という気概が、人生のトータルコストを確実に下げます。



なので、32 歳以下の方。。。

早めに勝負をかけに行った方が良いですよ。本当に。



[2] 年齢が 34 歳以上の方は、40歳以上の相手をターゲットに入れて探す

これ、マストです。

別に 40 歳以上の男性に限定する必要はありませんが、40 歳以上の人も結婚対象と考えるべきです。

(運が良ければ、ギリギリ 30 代の人と付き合えて結婚できる可能性もあります。)


[1] でも書きましたが・・・  33 歳を過ぎたあたりから、女性の市場価値は劇下がりしていきます。

私が、36歳 → 37歳 の 1 年で感じた大暴落感と同じようなものを感じるのではないでしょうか。(むしろ、貴女がその大暴落感を感じていないのであれば、貴女のスペックはかなり高いのでしょう。そういう方は、多分ここで書いている内容は全く関係ないですね)


実際、34 歳も 35 歳も、まだ十分イケます。
(上げたり落としたりですみません)


ただ、ターゲティングの問題だってことですよね。



極端なことを言いますと、

イイ歳にもなって、20 代美男子を追いかけようとしたら、

そりゃ、結婚なんて遠ざかるよ、って話なんですよ。


女性も、男のことをバカにするでしょう。

「40のオヤジにもなって、女子大生とか、大学卒業したぐらいの歳の女の子と付き合おうとしてるヤツは、イタい」

とか。

まるっきり一緒です。

勿論、そういうのはあり得ない話ではないんです。


ただ、結婚というゴールを達成させるためには、

確率的に高くないよね、という話なのです。



もし、「婚活」をして、「結婚」をしたいのであれば、


そのゴールを達成させる確率が高い選択をすべき


という話なのでした。


結婚に夢を見て、その夢を実現できるのは、20代まで。

30代にもなったら、現実見ないと、何も達成できません。



と、相変わらず身も蓋もない内容でしたが、私の独断と偏見も多いので、あくまでもご参考までにということでよろしくお願いします。m(__)m

↑このページのトップヘ